| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

井上 美千子 写真展 木隠の聲をひろう

東京で大好評のうちに幕を閉じた井上美千子 写真展
満を持しての大阪開催です!
大阪展情報を再掲載させていただきます(追記あり)

井上 美千子 写真展 木隠の聲をひろう
クリックで画像拡大

某所で知り合った写真家 井上 美千子さんの初個展。

ジャンルを問わず、他のアーティストからは様々な刺激を受けるのだが
絵を描くわたくしにとって、写真家はまた特別な存在だ。
写真がこの世に登場するまで、絵には記録としての大事な役割もあった。
ところが写真登場以降、絵の世界には写実から離れるというルートができた。
その一方、写真を絵画制作に利用するという流れもでき
いろいろな意味で「写真」と「絵画」はいわば親友でありライバルでもあるというような
密接な関係があったりする。
絵画が絵画にしかできないこととしてマチエールを選択したように
写真は写真でまた絵画とは違う表現方法を選んでいたりする。

以前お聞きした話では、井上さんが最初に「死」を意識したのは
幼い頃、土葬の風習がある地域に滞在した時のことだそうだ。
埋葬した土の上に石(墓石ではなく、目印的な石)を載せてあるが
これが時間経過とともに土と石の位置が下がり
遺体が「土に返った」ことを感覚的に理解したのだそうだ。

この強烈な原体験が彼女の中で形を変えていき、現在のテーマとなった。

精力的に活動を続ける彼女の作品展。
是非、会場にてお楽しみください。

-----------------------------------------------------
死は突然に現れ、愛しい人を連れ去っていきます。
だから、私は死を忌み嫌い、畏れ、老いることも恐れてきました。
子ども達が巣立ち、両親を見送ると時間が止まったかのように
ゆっくり流れ始めました。見慣れた風景の中に、
いつもそれはあったはずなのに、すっと立ち上がってきました。
死は身近にあったのです。死は、生から隔離されるものでもなく、
特別な出来事でもなく、むしろ死は生に含まれ、
一部であると思うのです。
展示とともに写真集もご高覧ください。
ひとつひとつ見つけ拾い集めた私の視線を、
ページを繰ることで感じていただけたら幸いです。
(井上 美千子)
-------------------------------------------------------

追記:東京展を見て

油絵を描いていた頃、技巧の良し悪しではなく
「あなたの目というファインダーを通した世界を見せろ」
とよく言われた。
たとえ写実であっても、自分が何に感動したのか
何を見せたいのかを突き詰めていくことが表現なのだと。
同じものを見て描いても現れてくる
他人と違うそのあなたなりのものを見せなさい、と。

写真の場合、(特殊な加工をしなければ)事実をそのまま
切り取っているはずなのだが
だからこそ現れてくる撮影者の視点というものを
井上美千子展で強く感じた。
モノクロームで撮影された世界は
特殊なものというよりは日常に近いところにある。
だが、明暗の世界に入り込むことでより絵画的に感じられたり
その中に写真家が感じたであろう魅力や衝動を
追体験していくような、不思議な感覚を味わった。

夏のひと時、静かな、でもどこか秘めたエネルギーのある世界を
楽しまれてはいかがだろうか。

■ 大阪展 ■
2017年8月21日(月)~30日(水)10:30~18:30
最終日15:00まで
日曜休館

大阪ニコンサロン
〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-2
ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階
06-6348-9698

大阪ニコンサロンMap
クリックで地図拡大

フォトギャラリー連絡会の申し合わせにより、祝花は堅くお断り申し上げます。

'17 Aug.18 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

井上 美千子 写真展 木隠の聲をひろう

井上 美千子 写真展 木隠の聲をひろう
クリックで画像拡大

某所で知り合った写真家 井上 美千子さんの初個展。

ジャンルを問わず、他のアーティストからは様々な刺激を受けるのだが
絵を描くわたくしにとって、写真家はまた特別な存在だ。
写真がこの世に登場するまで、絵には記録としての大事な役割もあった。
ところが写真登場以降、絵の世界には写実から離れるというルートができた。
その一方、写真を絵画制作に利用するという流れもでき
いろいろな意味で「写真」と「絵画」はいわば親友でありライバルでもあるというような
密接な関係があったりする。
絵画が絵画にしかできないこととしてマチエールを選択したように
写真は写真でまた絵画とは違う表現方法を選んでいたりする。

以前お聞きした話では、井上さんが最初に「死」を意識したのは
幼い頃、土葬の風習がある地域に滞在した時のことだそうだ。
埋葬した土の上に石(墓石ではなく、目印的な石)を載せてあるが
これが時間経過とともに土と石の位置が下がり
遺体が「土に返った」ことを感覚的に理解したのだそうだ。

この強烈な原体験が彼女の中で形を変えていき、現在のテーマとなった。

精力的に活動を続ける彼女の作品展。
東京展のあと、大阪でも開催。
是非、会場にてお楽しみください。

-----------------------------------------------------
死は突然に現れ、愛しい人を連れ去っていきます。
だから、私は死を忌み嫌い、畏れ、老いることも恐れてきました。
子ども達が巣立ち、両親を見送ると時間が止まったかのように
ゆっくり流れ始めました。見慣れた風景の中に、
いつもそれはあったはずなのに、すっと立ち上がってきました。
死は身近にあったのです。死は、生から隔離されるものでもなく、
特別な出来事でもなく、むしろ死は生に含まれ、
一部であると思うのです。
展示とともに写真集もご高覧ください。
ひとつひとつ見つけ拾い集めた私の視線を、
ページを繰ることで感じていただけたら幸いです。
(井上 美千子)
-------------------------------------------------------
■ 東京展 ■
2017年7月26日(水)~8月1日(木)10:30~18:30
最終日15:00まで
会期中無休

銀座ニコンサロン
〒104-0061
東京都中央区銀座7-10-1
STRATA GINZA(ストラータ ギンザ)1・2階
03-5537-1469

銀座ニコンサロンMap
クリックで地図拡大

■ 大阪展 ■
2017年8月21日(月)~30日(水)10:30~18:30
最終日15:00まで
日曜休館

大阪ニコンサロン
〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-2
ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階
06-6348-9698

大阪ニコンサロンMap
クリックで地図拡大

フォトギャラリー連絡会の申し合わせにより、祝花は堅くお断り申し上げます。

'17 Jul.19 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

Open Garden

この展覧会は無事終了いたしました。ありがとうございました。
この記事は5月27日までTOPに表示されます

Open Garden
クリックで画像拡大

毎年この時期に素晴らしいお庭を開放されている
M's Garden さんに、ボタニカルアート作品を
教室の先生や先輩方と一緒に出品することになりました。
若々しい緑と花、それに美しい花の肖像画を楽しみに
ぜひお出かけ下さい!

2017年5月13日(土)~27日(日)
10:00am~5:00pm

M's Garden
〒337-0014
埼玉県さいたま市見沼区大谷1854-50
phone 048-683-5172

M's garden Map
クリックで地図拡大

電車 ・東武野田線「七里駅」より徒歩18分
バス ・JR大宮駅東口高島屋向かい7番乗り場より
     国際興業バス「大谷県営住宅」行き 終点大谷県営住宅下車
    ・JR北浦和駅東口クイーンズ伊勢丹前5番乗り場より
     東武バス「宮下・岩槻駅」行き 下田入り口下車

☆会場は一般の住宅街にあるため、専用駐車場はありません。
  公共交通機関を使うか、近隣コインパーキングをご利用下さい。

2017.5.10 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

アンサンブル教室展

先日、ポーセリンペインティングの教室展が無事終了した。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

さて、会場より一部ご紹介。

まずは共同制作のディナーセット。

ディナーテーブル

実は、前回展示会で生徒さんズからディナーセットを作りたい、
と提案があったときにわたくしは一度この案を却下した。
というのは、ディナーセットには実は

「同時に出す皿は同じもの」

というルールがある。
スープ皿とディナープレートは違うデザインでも構わないが
スープ皿が人によって違う、というのは正式ルールではNGなのだ。
かといって、正式ルールにのっとって
同じ柄のディナーセットを並べても見る人は

「ふーん」

で通り過ぎてしまうのが関の山だ。
あえてルールを崩して、尚且つディナーセットとしてのまとまりを出すためには
同じ食器セットを揃え、色調やモチーフを統一させて各々デザインを考える
という手順を踏む必要があり、前回提案があった時点でこの作業をすると
どう考えても展示会に間に合わなかった。
そこで前回は代替案としてトリオ(ケーキセット+カップアンドソーサー)を
それぞれに描いていただいた。
これなら食器選びから個性を出すことができ、見るお客様にも楽しんでいただける。

2年後の今回、彼女達は前回却下した案を温めてリベンジした。
デザインもタッチも違うのだが、事前に打合せして
使う色、モチーフ等を統一したことで
素晴らしいディナーセットが仕上がった。

そして今回、わたくしから全員に課題としてお出ししたのが
「ある特定のメニューのための器」だ。
本来食器はある程度の汎用性を持っているが
今回は逆にまずメニューを決定しておいて
その食品に相応しい器はどんなものかを考え
皿を探してデザインを考える、ということに挑戦してもらった。
日頃「こういうのを描いてみたい」と言うモチーフやデザインが先にあって
どの更に描こうかな?というアプローチが多いので
その逆アプローチを体験してもらうことで
生徒さんズのデザインの幅を広げること、そして
食品あっての食器、ということを再確認してもらうのが狙いだ。

こちらはその中の一つ。作品名は「春のかおり」

春のかおり

黒の角皿に桜の小枝と懐紙。
黒い部分は漆をイメージしてある。
これは何かと言うと、桜餅専用皿。

桜餅を載せてみました

この企画を話したら、粘土で人形やアクセサリーを作っているお友達が
フェイクの桜餅を作ってくれたそうで、展示会でも実際に
このフェイク桜餅を載せて展示した。

また、全員に制作コンセプトと完成品に
実際に想定したメニューを載せた写真入の
コンセプトボードを作ってもらい、食器と一緒に展示した。

コンセプトボード

今後、授業の中であらためてプレゼンテーションしてもらう予定。
実はものすごく深く考えているのだと言うことを
ご本人達にしっかり実感していただくつもりだ。

副産物としてこのコンセプトボードはお客様からも好評だった。
やっぱりどうしてこうなったかって、興味があると思うのだ。

もうひとつ、ちょっと異色の作品を。作品名「たけのこTIME」。

たけのこTIME

竹林のかぐや姫と竹取の翁。そしてこっそり覗いているモグラとウサギ。
※わたくしがウサギを描くように強要したわけではありません。作者の意図です(^^)

なんとこれ、たけのこの里専用皿!!

たけのこの里専用皿

特定のメニュー、といって「たけのこの里」が出てくる発想がすごい。
さすが、教室最年少。頭が柔らかい(笑)
最初にデザインの相談を受けたとき、「枯れ葉」というキーワードがあったので
「たけのこは春だから、枯れ葉を描きたいならきのこの山にしたら?」
と提案すると
「あ、枯れ葉やめます。たけのこの里で(きぱっ☆)」
・・・彼女はきっぱり「たけのこ派」だった(笑)

前回より期間が短かったのにも関わらず、500名近い来場者があった。
皆様からぐっと腕が上がった、とお褒めの言葉を戴き
生徒さんズの自信になってくれていたらこれほど嬉しいことはない。

ただ、ひとつ予想外なことが。

「こんなにみんなの腕が上がるなんて、きっと先生が厳しいんだね(^^)」

・・・ひどいわ、こんなに優しいわたくしを捕まえて(TT)
じゃあご期待に応えてこれからも鞭を振るうかな?←おい!!

我と思わん方は是非教室へ。生徒募集中です。
よく「絵心がないから・・・」と二の足を踏まれる方がいらっしゃいますが
絵心より「こんな食器でケーキを食べたい」「紅茶を飲んでみたい」
といったイメージができることが大事。
わたくしを信じてついてきていただけるなら
親身の指導で上達をお約束します(ニヤリ☆)
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

アンサンブル教室作品展

この展覧会は無事終了いたしました。ありがとうございました。
この記事は4月23日(日)までTOPに表示されます

アンサンブル教室作品展


伊勢崎Ensenbleのポーセリンペインティング教室で
陶芸教室・カリグラフィー教室と合同の生徒作品展を行います。
わたくしの作品も少々・・・。

会場は、前橋の音羽倶楽部
元々はプラス株式会社さんの研修施設兼保養所だったというこちら。
文具マニアのわたくしなどはプラスさんと聞いただけで
思わずドキドキしてくる感じなのだが(笑)

あらかじめ予約しておくと、レストランでフレンチのコースが楽しめるので
お時間があればぜひ。
ただし、場所柄こちらへのお出かけは車でないとかなり厳しい。
よろしければ、生徒さんズの力作をぜひご覧ください。

アンサンブル教室作品展

4月18日(火)~23日(日)
10:00~17:00
音羽倶楽部ギャラリー
群馬県前橋市神沢の森1番地
0120-843-663

※カーナビゲーションでお越しの方は
【027-280-1212】で検索してください。

※レストランは完全予約制です。

音羽倶楽部MAP
クリックで地図拡大

展覧会のお問い合わせ
廣田京子:090-7703-8616

会場の都合により、お花・お菓子などの志はご遠慮いたします。

2017.4 13
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

佐々木正子ボタニカルアートグループ展

この展覧会は無事終了いたしました。ありがとうございました。
この記事は12/1までTOPに表示されます

佐々木正子ボタニカルアートグループ展
画像クリックで大きく表示します

ボタニカルアート教室のグループ展に出品します。
毎回ご紹介しておりますが、とにかく先生といい先輩方といい
実力派揃いなので見て損はさせません!
色とりどりの植物の肖像画を
ぜひごゆっくりお楽しみください(^^)
今回、たかのはし りか名義で出品しています。

☆ ご来場の場合、なるべく画廊に出向きますので
  よろしければお知らせくださいね(^^)

佐々木 正子ボタニカルアートグループ展

2016.11.25(金)-12.1(木) 11:30-18:00
初日14:00から 最終日13:30まで
※11/27(日)は休廊日です

入場無料

山脇ギャラリー
〒102-0074
東京都千代田区九段南4-8-21
Tel 03-3264-4027
Fax 03-3264-4025

山脇ギャラリーMAP

2016.11.18 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

窯出し市

先日参加させていただいた、窯出し市のミニレポート。
まず、メインとなる陶芸作品。

こちらの建物ではジャズが流れる

普段はろくろのある制作工房だが、見事に展示会場に変身。
会場に静かに流れるジャズも雰囲気バッチリ。

掘り出し物

第一会場の2つの建物のあいだには、掘り出し物コーナー。
さまざまな理由で破格の安値になっているので
お気に入りを見つけたら超お買い得。

陶芸作品

こちらの建物も普段は陶芸教室になっている。
先ほどの建物とはまたちょっと違うが良い雰囲気。
お手頃な普段使いの器から、芸術品な花器まで多種多様な作品が並ぶ。
ここでは絵付けの一日体験もできる。

アクセサリーコーナー

この奥の一角に、アクセサリーコーナーを作っていただいた。

ア○タ風?

クロスが紺なので

『ア○タみたい!』 ← 店舗カラーが紺のアクセサリーブランド

と、内心喜ぶ(笑)

家具

裏手の坂を上ったところにある第2会場は、普段はインド雑貨を扱う会社。
その手前半分にばーん!と並ぶダイニングテーブルや椅子、カップボードは
木工家具作家さんの作品。ほかに一枚板のカッティングボードも。

和風小物

こちらは折り形をはじめとする和風雑貨。
この手前には手作りのオルゴナイトペンダントが並んでいる。
どちらのテーブルもとても素敵。

カフェ

そしてカフェ!
器は陶芸作家の、テーブルとイスは木工家具作家の
コースターは和雑貨作家の作品という
素晴らしいコラボレーション。
ちなみにカフェを主宰するのは木工家具作家の奥様。
ロシア人で(美女だ!)来日五年とは信じられないほど日本語が上手。
上の画像で、スプーンが入っている器には
手作りプリンが入っていたのだが、写真を撮り忘れて
ぺろりと平らげてしまった。
このプリンは大人気で、連日3時前に完売。

雨が心配だったが3日間お天気に恵まれ
(3日目は恵まれすぎてむしろ暑いほどだった!)
たくさんの人に見ていただくことができた。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

来年は未定ですが、開催するなら同じ時期とのこと。
よろしければ、ぜひ遊びにいらしてくださいね。
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

しもつけ窯 窯出し市

この展覧会は無事終了いたしました。ありがとうございました。
この記事は10/2(日)までTOPに表示されます

しもつけ窯 窯出し市

このたびご縁がございまして
足利在住の陶芸作家・金田晃先生主催のしもつけ窯での
窯出し市に出展させていただくことになりました。
やきもの、ウッドクラフトと家、アクセサリー、雑貨が並ぶ
楽しいアートマーケットです。
足利方面にお越しの節は、是非お立ち寄りください。

しもつけ窯 窯出し市
2016年9月30日(j金)~10月2日(日) 10:00~18:00

326-0845
栃木県足利市大前町1488-5
TEL 0284-63-0565(金田)

http://www.shimotuke-gama.com/
窯出し市情報はこちら(ブログ)

出展作家

陶  芸 金田晃
木  工 神田信雄
銀粘土 Rika-C
雑  貨 Wacomomo
喫  茶 Cafe Dascha

・Cafeあります
・陶芸絵付け体験が出来ます

・駐車場はありますが、台数が少ないので乗り合いでお越しいただけるとスムースです。
 満車の場合は係員が誘導いたします。

しもつけ窯MAP

わたくしは9/30,10/1の2日間現場におります。
10/2は銀粘土のクラスがあるので終了後に間に合えば。
よろしければ、是非遊びにいらして下さいね!!

2016 9/26 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

第6回.kom(ドットコム)展

この展覧会は無事終了いたしました。ありがとうございました。
この記事は8月27日までTOPに表示されます

わたくしの参加する油絵のグループ展です。

第6回.kom展

大人になってから油絵を始めた9人が
常に進化する事を目指し、年に一度全員での発表の場を設けています。
サムホールサイズの小品から100号クラスの大作まで
それぞれの作風をお楽しみください。

こちらでは たかのはし りか 名義での出品です。
記事掲載時点で当番日が決まっていませんが
22(月)と27(土)の午後は全員が会場におります。
お時間がありましたら、是非遊びにいらして下さい。

☆ 当番日以外でも、いらしていただける旨ご連絡いただければ
  なるべく会場に行きますのでお知らせくださいね(^^)

第6回.kom展

2016年8月22日(月)~27日(土)
11:00am~7:00pm(初日1:00開場 最終日5:00pmまで)
☆8月22日(月)3:00pmより画家・甲田洋二氏の講評会

ギャラリー暁
〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-6
商工聯合会ビル2F

Phone:03-6264-1683
Fax  :03-6264-1684

ギャラリー暁MAP

地下鉄銀座線・丸ノ内線・日比谷線銀座駅A3出口より徒歩4分
地下鉄日比谷線・都営浅草線東銀座駅A1出口より徒歩2分

なお、わたくしはこの展覧会をもって
ひとまず油絵の制作活動は中止する予定でいます。

銀粘土、ポーセリンの教室は維持したまま
充分な制作時間を捻出することが難しくなり
自分の今後を考えた時、すべてが中途半端になるよりは
ボタニカルアートに専念しよう、と決断しました。

油絵を勉強したこと、.kom展に参加したことで得たものは数え切れません。
今後は学んだことを教室やボタニカルアートの方に生かしたいと思います。

油絵での出品はこれが最後となりますので
お時間がありましたら是非遊びにいらしてください。

2016.8.15 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

であい展

であい展

勉強会でご一緒させていただいている田中千尋さんが出品される展覧会。
先月出品されたPearl collection 2016に引き続き今月も展覧会、と
乗りに乗っている大注目作家。
前回は銀粘土作家3人の展覧会だったが
今回は同級生3人によるシルバーアクセサリーと裂き織りの展示会で
お花や動物をモチーフにしたアクセサリーや
古くて新しいデザインのバックやスカーフなどの販売もあるそう。

展示会も大変興味深いのだが
会場のGallery銀座一丁目がある奥野ビル自体が
「知る人ぞ知る」隠れた名所。
民間の建物ではじめてエレベータを採用した
かつての超モダンデザイナーズマンションだった建物で
現在は数多くのギャラリーやデザイン事務所、ショップが入居している。
歴史のロマンを感じさせる建物のつくりや
ドアを手動で開閉するエレベータなど見所満載。

梅雨のお楽しみとしてシルバーアクセサリーと裂き織りの展示会
ぷらす歴史を感じる建物探訪なんていかがだろうか。

2016.06.16(木)-21(火)
12:00-18:30 最終日は17:00まで
Gallery銀座一丁目
 中央区銀座1-9-8 奥野ビル4F
 03-3535-0522
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT | NEXT