| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

干物ノ宴

先日、友人Happyちゃんとピアニストちゃんと一緒に銀座の高級干物店に行った。
ケーキを食べながらおしゃべりするのがケーキミーティングなら
今回はさしずめ 「干物ノ宴」。
ただし、同行者二人とも干物女ではなく素敵女子だと念を押しておこう(@ホタルノヒカリ)

さて、向かったのは銀座伴助さん。
場所は銀座3丁目。創業昭和6年の老舗キャバレー「白いばら」のお隣。

まずはお通し。これはお酒を頼まなくても出てくる(^^)
蛸と鮑と帆立の干物の盛り合わせ。

お通し

見た目も美しいがお味も素晴らしい!
このお店を紹介してくれたピアニストちゃんが前回来た時
一杯目にビールを頼んだ人が多かったそうなのだが
このお通しを食べて

「日本酒にすれば良かったー!ずっとしゃぶっていたい(><)」

と悔しがっていたそう(笑)
というわけで、Happyちゃんとピアニストちゃんはスタートから日本酒で。
わたくしは車だったのでアイス緑茶を(^^;)
残念ながら日本酒はあまり得意ではないので、車じゃなかったらワインだったかな?


秋田 比内地鶏卵の出汁巻き。

出汁巻き卵

わたくしは甘い玉子焼きも出汁巻き玉子もどちらも好きだが
これはもうもう、幸せなお味だった。

干物盛り合わせ

鯖と赤魚とほっけの干物盛り合わせ

ああもう、日本人でよかった!大人でよかった!!なお味(笑)
塩味控えめなところが大変美味。
うーむ、これが高級干物ということなのだろうか(*^^*)

写真を撮り損ねたが、烏賊の干物もいただいた。
ほんとうは柳かれいの丸干しが食べたかったが
この日は在庫がなくて残念。

かなりお腹が一杯になるので3人で出かけて大正解。
2人だとあまり種類が食べられなそうなので。
なにせ〆のご飯ものどころかデザートすら入らなかった(笑)

1階がショップになっていて、干物を買うことができる。
フリーザーが鮭の切り身で一杯になっていなかったら
買って帰りたかったなあ(^^;)

夜はそこそこのお値段がするが(なにせ高級ブランド干物だし!)
ランチはお手ごろ価格で楽しめる。
しかも定食は、急須で出汁が供され
出汁茶漬けが楽しめるそうだ。
これはランチタイムもぜひ行ってみなくては!!

日本酒党ならかなり楽しめるはずだし
お酒なしでも大変楽しめた伴助さん。
お財布の事情でしょっちゅうというわけにはいかないが、おススメです。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ふわっとろ宇治抹茶わらび

ふわっとろ宇治抹茶わらび

セブンイレブンさんの新発売ふわっとろ宇治抹茶わらび黒蜜入り
・・・これはもう、買ってしまうよなあ(笑)

断面図

パッケージに断面図で商品の内部構造(?)が示されている。
「そーす」「くりぃむ」の平仮名表記は和風へのこだわりか(笑)
そしてこのパッケージの色も「抹茶色」。
うん、わかりやすくて大変よろしい(^^)

美しい佇まいv

中にソースとクリームが入っているので
ころん、とした丸い形に仕上がっていて
知らずに見たら抹茶のおはぎ?という形状。
それではいただきましょう!

・・・画像で菓子楊枝を添えてあるが、これは失敗。
というか、菓子楊枝では歯が立たないのだ。
ふわふわとろとろなので面白いほど逃げられる。
ここはもう、一思いにパクリと行きましょう!

食べてみての感想。
「ふわっとろ」という商品名に偽りなし。
本当にふわっとろという感触が楽しめる。
抹茶と黒蜜という間違いのない組み合わせに
クリームとわらびもち。
このキーワードにピクリと反応するあなたなら絶対好きだと思う!
わたくしは大好き!!
これ、季節品で構わないので定番化してくれないかしら。
自分ではあと2,3回リピートしそうな予感。
お好きな方は、お早めに。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

クレームブリュレ氷

5月だというのに肌寒いほどだった先週に比べ
昨日は暑かった!というわけで食べちゃったのがこちら。

クレームブリュレ氷

セブンイレブンさんのクレームブリュレ氷。
去年ご紹介したティラミス氷の仲間だ。

カラメルチップ

表面中央にカラメルチップ。
これがクレームブリュレの硬いカラメル層のイメージなのだろう。
食感として楽しいし美味しいのだが
「クレームブリュレをアイスクリームで再現」となると
かつてのハーゲンダッツの名品に軍配かな。
もっともそれは硬いカラメル層だけの話で
味としては文句なく美味しい。

カラメルソース!

食べ進めていくと中からもカラメルソースが。
キャラメル好き、プリン好きな方には是非お勧めしたい。

そういえば友人に約一名
クレームブリュレはあの「硬いカラメル以外が好き」という人が。
あのパリパリが醍醐味なのに(^^;)
彼女はこちらだったら好きなのかな?
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

RED FRUITS SODA

RED FRUITS SODA

この薄いピンクのドリンクは、赤いフルーツのソーダ。

ストロベリーミックスシロップ

こちらのストロベリーミックスシロップをクラブソーダ(甘くない炭酸水)で割ったもの。
結構使ってから撮影したので量が減っているが、勿論最初はたっぷり入っていた(^^)
Afternoonteaさんのサイトで見かけたのだが
既にオンラインショップでは売り切れになっていたので
移動途中にある店舗を覗いてみたら運よく見つけることができた。
他にオレンジシロップ、ダブルピーチシロップがあって
それぞれお勧めフレーバーの水出しアイスティーと合わせるほか
水やソーダと合わせても、と紹介されていた。
紅茶は甘くしないほうが好みなのでソーダで割りたい!と買ってみた。

さて、お味のほうは。
苺たっぷりのあま~い香り漂うソーダ。
もちろん、シロップをもっと入れればもっと赤いソーダになるはずだが
この色味でもかなり甘い!!
無糖の炭酸で割って大正解だ。
この際、もっとうす~いピンクでもいいかも。

そしてこのシロップの味、まさにゆるめに炊いた苺ジャムと言う感じ。
材料がいちご、りんご、パイナップル、レッドカラント、
ブルーベリー、甜菜糖、いちご果汁、レモン果汁で
いちご、砂糖、レモン果汁なら家庭で作る苺ジャムそのものだものね。
このままヨーグルトにかけても美味しそうだなあ。
自分で苺ジャムを炊く時、あまり煮詰めずシロップ状態で止めるのが好きなので
こんな風にソーダ割にしてもいいかもしれない。

オレンジシロップ、ダブルピーチシロップはまだオンラインショップでも購入可能。
ご興味のある方は是非実店舗を覗いて下さい。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ニューヨークキャラメルサンド

ニューヨークキャラメルサンド

先日購入したニューヨークキャラメルサンド
わたくしは知らなかったのだが、友人ROMちゃんに教えてもらった。
大丸東京店では購入のための行列ができているらしい。

「キャラメルをチョコでコーティングしてクッキーでサンドしてるの。
 りかしは絶対好きだから!」

さすがは魂の双子。しかも、彼女もわたくしと同じく
「三度のゴハンよりオヤツが好き」
なタイプ。彼女の意見は信用する以外ない(笑)
というわけで、並ぶのが嫌いな私としては珍しく
購入の行列に並んでみた。
でもこの時並んだのははせいぜい15~20分くらいで
教えてくれたROMちゃんとおしゃべりしながら待っているとストレスがなかったな。

ブック型ケースが素敵

このブック型ケースが一番小さな4個入り。
素敵なパッケージだが、惜しむらくはこのレイアウトだと
本文縦書きだよね?洋書っぽいのに惜しい!
パッケージバージョン変更する時は是非逆向きにして欲しい(笑)

ゴールドパッケージ

中にはこの金色のパッケージで個包装されたキャラメルサンドが4個。
高級感あるなあ、ドキドキ。

クッキー!

焼き色も美味しそうなバタークッキー。
良く見るとN.Y.の地名や建造物の名前が。

チョコレート!キャラメル!!

実際に食べてみるとクッキーとチョコレート、そしてトロトロのキャラメルクリームと
口の中が大変贅沢なことに。
これは美味しい~!!
濃厚なので、1個食べたら充分満足感がある。

自分のおやつにするにはちょっぴりお高いが
ギフトにするにはめちゃくちゃリーズナブル。
ただし、現在のところ行列必至なのでお時間のあるときに。
ギフトにするには「わざわざ並んだ」というのも特別感があっていいかも。
情報では混むのは夕方、一番空いているのは閉店間際らしいのだが
閉店間際って結構難しいような・・・。
要冷蔵ではないので、ご興味のある方はお時間のあるときに是非。
常設店は大丸東京店
期間限定で2017年4月26日〜5月2日まで大丸心斎橋店
2017年9月30日まで羽田空港に出展しているそうなので
お近くでご興味のある方は時間に余裕を持ってGo!
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギの和菓子

濱うさぎ

友人・千尋さんからいただいた横浜の創作和菓子店濱うさぎさんの「濱うさぎ」。
千尋さん、ありがとうございます!(>▽<)
美しい和柄のウサギ型パッケージ。
ウサギストとしてはツボをつかれまくりである(*^^*)

美味しそうv

中はこんな感じのお菓子。焼き色としっとりした感じが美味しそう!

林檎入り白餡

中は白餡なのだが、ほんのり香る林檎が大変爽やか。
これは横浜土産にお勧めしたいなあ(^^)

ウサギのお菓子に敬意を表して、お盆も菓子器もウサギ!

ウサギの半月盆
ウサギの菓子器

懐紙は以前ご紹介した、Happyちゃんにいただいたウサギ柄懐紙
ウサギまみれのティータイム、しあわせ~♪
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

カプリコスティックシャンパン仕立て

カプリコスティックシャンパン仕立て

ドラッグストアにてひときわ輝くパッケージの
カプリコスティックシャンパン仕立て。
金色に輝く高級感あるパッケージがシャンパンイメージなのかな。
ダメ押しするかのように、お店のスタッフさん手描きで

「本当にシャンパンの香りがします!」

とのPOPが。
ほほう、それは試さねばなるまい!←あなた、誰?

個包装

箱の中には、個包装のカプリコスティックが9本。
この包装を開けてみると何やら濃厚な香りが。
ただ、残念ながらわたくしには

「おお!シャンパンの香り!」

とはわからなかった。

さて、お味のほうは・・・。

控えめに洋酒の効いたカプリコ

と言う感じで、美味しいことは美味しいのだが
「シャンパンだ!」「すごい!」
と、わたくしは感じなかったと言うのが正直なところ。
「普通に美味しい」って、こういう時に使うのかなあ(苦笑)
あ、食べている時より食べ終わった後のほうが
「洋酒が効いてる」感が強いのは特徴かも。

ただ、そもそもわたくし自身さほどお酒に強くはないので
ワインやシャンパンに明るい方が召し上がると
また感想が違うのかもしれない。
ご興味があればぜひお試しを。
美味しいことは間違いなくおいしいので(あまり説得力がないな・苦笑)

どうやら他にも「シャンパン仕立て」があるらしいので
他も試してみたいのだけど、見つかるかな?
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ボンボンショコラ

気がつけば、世間は今日からクリスマスまで3連休だ。
パッションな恋人達(意味不明)はきっと大喜びだろうなあ。
結婚前の若かりし日のことを思い出してみると・・・ダメだ、どう考えても
かなりの高確率で休日出勤している自分の姿しか想像できない(涙)

さて、気を取り直して(^^;)
銀粘土の勉強会でご一緒している千尋さんから頂戴したボンボンショコラ。
千尋さん、ありがとうございます!!
ボンボンとはフランス語の形容詞bon(=良い)を二つ重ねたもので
元々は一口サイズの砂糖菓子を指したらしいが、そこから派生して
一口サイズのチョコレートをボンボンショコラと呼ぶらしい。

ボンボンショコラ

市ヶ谷のホテルグランドヒルのものだそうだ。
市ヶ谷にはポーセリンの材料を扱うお店があるし
ボタニカルアートの展示会でお世話になっているギャラリーもあるし
ご縁のない場所ではないのだが、ホテルなんてあったかしら?と地図を見たら
このホテル前の道路、材料店に行くのに普段通ってるところだった!!
まあ反対側を通ってはいるのだが、日頃の余裕のなさを反省してしまった(--;)

再び気を取り直して、高級感溢れる黒い小箱を開けてみると。

美しい・・・!

・・・美しい・・・!
やはりボンボンショコラって、見た目の美しさもかなり重要。
ペーパーで隠れてしまっているが、上段中央のピラミッドもかなり
心ときめく造形になっている。
こういうチョコレートの型って、どうやって作るのだろう?
アクセサリーなら作家が原型を作るのはわかるのだが
ショコラティエのイメージスケッチをもとに型を起こす
原型師さんとかがいらっしゃるのだろうか。
もし、そちらの事情をご存知の方がいらしたら是非ご一報ください。

さて、たっぷり目で楽しんだ後は一つずつゆっくり楽しんだ。
(全部味わいたいのでダーリンと半分ずつにした・笑)
それぞれ味、香り、テクスチャが違っていて
美味しいやら嬉しいやらでもう大変。
こういうアーティスティックなショコラティエのボンボンショコラは
なかなか自分のために買うことはないので、至福のときを過ごせた。
ああ、まさにBon-bon!
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

兎ケーキ

兎ケーキ

Leoさんに頂戴した白金堂さんの兎ケーキ。
Leoさん、いつもありがとうございます!(>▽<)

おお~、なんとも洒落たパッケージ!
超有名グラフィックデザイナー、永井一正さんのデザインだ。
このウサギさんは1991年の永井一正展ポスターの一部かな。

箱を開けると、色とりどりのウサギさんがずらり。

ぴょこぴょこ♪

ああっ、たまらない~~!!
実際のウサギもこうやって隅っこにぎゅうぎゅうに集まることがよくある(笑)
ちなみにケーキは左からチョコ、苺、プレーン、抹茶。

ウサウサ♪♪

袋から取り出すと、なんともお饅頭チック。
和菓子を思わせる佇まいだ(^^)
バターたっぷりのマドレーヌと思えばいいかな、大変美味。

Leoさんに『こんな(素敵な)ケーキがあるとは知りませんでした!』と
お礼のメールをするとLeoさんからの返信は

「貴女の知らないウサギがあったとは(^-^)」

・・・いや、最近むしろLeoさんの方が
ウサギレーダーの感度が良いのでは?という疑惑が。
わたくしとしては疑惑をぜひとも確信にしたいところである(笑)
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

I love it !!

バトンドール・ブラックティ

当実験室で過去にも愛を叫んでいるバトンドール
友人てんちゃんのお土産。
てんちゃん、ありがとう!
別グループにてんちゃんと天ちゃんという友人がそれぞれいるのだが
こちらのてんちゃんがバトンドール販売エリアに住んでいるため
※バトンドール取扱店は2016年11月現在大阪、京都、博多のみで
グリコさんでは通信販売をしていない

上京時にお願いしたら、いろいろな種類を買ってきてくれて
友人達と一箱ずつお土産にいただいた(^^)
どれをいただいても嬉しかったのだが、わたくしがいただいたのは
期間限定のブラックティ。
鼻の奥にたちのぼる紅茶の香りがもうたまらない!!(>▽<)
ああもう、大好きだわコレ。
いただいた友人一同、あっという間に食べつくしたことは言うまでもない(笑)

本日ポッキー・プリッツの日と言うことで
販売エリア外の群馬からバトンドール愛を叫んでみた。

大阪・京都・博多エリアの方は是非お試しを!!
本当に美味しいです(^^)
web拍手

| 食べちゃいました | 11:11 | TOP↑|

| PAGE-SELECT | NEXT