2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

筆入れでスタンバイ

チーム筆記用具

文房具が好きだ。
特にこういう仕事をしているとデザインやネタ(ええっ!?)は
思いついたときに書いておきたいのでシャープペンシルは必須。

1番上 伊東屋オリジナル ヘルベチカ2+1multiペン
三色ボールペンやボールペン+シャープペンシル、のような
多機能ペンがあまり好きではなかった。
便利なのだけど、ボディが太くてあまり美しくない(と思って)
そんな思い込みを払拭するかのようなこのスリムなボディラインに一目ぼれ。
しかも伊東屋と来たら買わずにいられない!
シャープペンシルと赤・黒ボールペン、やはり便利(笑)

2番目 METAPHYS locus 3wayペン
デザインが気に入ったのも大きいのだが
シャープペンシル+黒ボールペン+スティック消しゴムの組み合わせ
尚且つこの細さ、にノックアウト。
細ければいいかというと、手帳用の極細ペンは好きではないので
手に馴染む好みの細さというのがあるのだと思う。

ところでこのペンは渋谷の東急ハンズで買ったのだが
売り場のお兄さんがやはり文具好きだったらしく
消しゴムつきってイイですよねぇ。
消しゴムついてるんです、って自慢したかったんですが
なかなかこれを指名してくださるお客さんがいなくって
と、変な盛り上がり方をしながら楽しい買い物をした(笑)
文具好きでハンズにお勤め、って夢のような職場ではなかろうか。

3、4番目 PILOT 2020
2020と書いて「フレフレ」と読む。
持ち替えて後ろをノックしなくても、握ったままペンを振ると
芯が出てくるタイプのシャープペンシル。
ずーっと書き続けているときに、芯を出すために持ち替えずに
振れば出てくる、というのはかなり合理的。
ただし、これに慣れてしまうと普通のノック式シャープペンシルでも
とりあえず振ってしまう、という危険があるのだけど。

4番目のは中学生の頃から使っている年季物、ヤング2020。
当時1000円くらいして、その頃の1か月分のお小遣いだったので
子供には結構な額の買い物だったのだが
いまだ現役ということを考えるとめちゃくちゃなコストパフォーマンスの良さだ。
最近、2020の廉価版が200円くらいで出ていてかなりびっくりした。
そしてこのヤング2020は廃盤になったらしい、寂しいな~。


5番目 MONTBLANC Sライン 万年筆
大学に入る時、入学祝ということで母方の祖母から1万円もらった。

「お小遣いに混ぜてなんとなく使っちゃうんじゃなく
 何か残るものにしておきなさい」

と母に言われ、それもそうかな、と買ったのがこの万年筆。
当時ジャスト1万円だったし、ぼってりしたフォルムが多い万年筆の中で
このストレートなフォルムと細さがたまらなくスタイリッシュに見えた。
万年筆がちょっと大人っぽいかも、というこの時精一杯の背伸びが
あまりにコドモコドモしていて今から考えると気恥ずかしいことこの上ないが
祖父母が亡くなった今、あの時母の言うことを聞いておいて正解だったと思う。
祖父母にもらったものは他にもたくさんあったし
(小学校入学時の学習机とか結婚した時の冷蔵庫とか)
物以外にももちろんたくさんあるが
手元においておける小さな物があるのもちょっといいな、と。
最近水性ボールペンばかりで万年筆にはちっとも出番がないのだが
また復活させようかな。

★ ★ ★ ★ ★

並べると見事に赤と黒ばかりなのだが
「赤・白・黒が<りかし3原色>」と友人達に言われていることもあり
(元々好きで持ち物に多いからなのだが)
色鉛筆やカラーペンは仕方ないとして
あまりたくさんの色が氾濫すると筆箱の中が美しくないので(笑)
選択の余地があるなら赤・黒・白・シルバーから選んでいたらこんなことに。

ちなみに赤・白・黒はコーポレート(スタジオ?)カラーとしても
ロゴマークその他に使用している。

情熱の赤
柔軟性の白
ゆるぎない信念の黒

制作や指導の意識としても大切にしています(^^)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ポチっとな

ポチっとな

マクドナルドのハッピーセットのおまけ。
手前が「ポチっとな」奥が「おしおき爆弾」
・・・こんなの出されたら買っちゃうじゃないの!
マックの卑怯者~!
マックが卑怯なのではなくあなたが振り回されすぎです、りかしさん

テレビCFを見て「こ、これは~!」とハートを鷲掴まれていたところに

「これは行くしかないでしょう!」

とダーリン。ええ、行きますとも家長命令なら!
かなり違うと思います

というわけで、二つ手に入れるために
ハッピーセットを2回食べに行った。
フレンチフライの量は普通のセットよりむしろこちらの方がありがたい(笑)

「ポチっとな」はオリジナルヴォイスで

「やぁあっておしまい!」
「アラホラサッサー」
「ポチっとな」

と3パターンの音声が。
お仕置き爆弾は

「お仕置きだべぇぇぇぇえ!」←エコー

の音声とともに、例の3人乗り自転車のイラスト付き
円形カードが発射される。

持っていても何の役にも立たないのだがなんだか嬉しい(笑)

車に乗せておいて、運転マナーの悪い車にイラッと来た時に
おもむろに

「お仕置きだべぇぇぇぇえ!」

なんて言わせるのはどうだろうか。
イライラが思わずクス・・・ってならないかしら。

皆様、今日もどうぞ安全運転で
web拍手

| 買っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

チャームスワップ 「Stressed Heart」

Stressed Heart

作品タイトル「Stressed Heart」
作者 友代さん
この作品をもらったラッキーな人 良子さん

2009年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちらを参照。

乾燥体を磨いている間に割れてしまい
つないで乾燥させて、磨きをかけてはまた割れて・・・
という気の遠くなるような作業を繰り返していた友代さん。
まだ銀粘土を始めたばかりだったので
こういう地味な作業は辛かったはずなのだが
弱音を吐かず黙々と作業をこなした頑張り屋さんである。
あまりの頑張りに何度「今回はつないであげましょう」と言いかけたことか。
だが、今後銀粘土を続けていくのにこの「つなぎ」の技術は
必ず習得して欲しいのと
今回のように誰かにプレゼントする作品の場合
やはり「自分でつくりあげる」ということが肝心なので
そこはじっと我慢。
無事完成したときは心底嬉しかった(笑)

今回の頑張りは確実に本人の腕を上げている。
次につなぐ時はもっと楽にできるはずなので
楽しみにしていてください、友代さん(^^)

余談だが、わたくしが銀粘土を始めたばかりの頃
教室で師匠から頂戴した二つ名は

「修正の女王」

しょっちゅう壊しては修正ばかりしていたため
妙に修正「だけ」得意だったから(爆)
師匠からは

「これが直せるなら本来壊さずに作れるはずなんです。
 なんで壊すかな~?」

と呆れられていた。
しかし、修正が得意というのはいまや一つの武器になっている。
りかしの「りか」はリカバリーの「リカ」
皆さん、最後まで諦めてはイケマセン(笑)

ちなみに、このクラスは先輩チームも
もれなく修正上手に育っています。
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

拍手を押してくださってありがとうございます!
一人じゃないって~素敵なこと~ね~♪
意味が違うし若い人にわからないネタ

ネットを通じてどなたかが見てくださってるということがわかって
とてもとても嬉しいですし励みになります。
よろしければまた遊びにいらして下さいね。

コメントへのお返事は追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

至福のマカロン

お菓子やデザートにも流行はつき物だが
マカロンマカロン言い出したのっていつ頃だったろう?
カラフルな色や形には確かにそそられるものがあるのだが
正直言ってそれほどマカロンを美味しいと思ったことがなかった
・・・これを食べるまでは。

アルデュールのマカロン

写真は「アルデュール」のマカロン。
年末にある方から戴いた。
この時友人がいたので半分こする?と聞いてみたのだが
彼女には「あまりマカロンって好きじゃないから」と断られた。
無理強いするほどのことでもないのでそうか、と
彼女が帰ってから食べてみたのだが
なななな、なにコレー!?

「今まで食べてたものがマカロンなら
 これはまさに『おマカロン様様』と呼ぶしかない!」
そんなどこかのマンガのパティシエ見習いみたいなコトを・・・

口にするとほろりと崩れる生地の食感といい
フィリングの滑らかさといい、もう絶妙!
友人に半分持たせなかったことを激しく後悔した。
こんなに美味しいと知っていたら
「騙されたと思って」
と、少なくとも1個くらい味見してもらえたものを!

あんまり美味しかったので調べてみたらこの
「アルデュール」というお店はなんと博多。
関東での常設店は東京駅と溝口(川崎)の丸井らしいのだが
先日銀座を通りかかったら3月まで期間限定で
三越に出店しているそうで、思わず買ってしまった。
賞味期限内にちまちま大事に食べよう、うふふふふ~
ダイエットはどーした

しかし、最初の頃にマカロンてそれほど好きでもないかな?と思ったせいで
考えてみるとあまり積極的にトライしていない。
1個200円とか300円とかと考えると結構ハイリスクだし。
(アルデュールのはバラなら1個170円の良心価格)
今更だけどいわゆるマカロン有名店のものも試してみようかな~。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

優しい風

優しい風

2009年チャームスワップへの出品物。
チャームスワップについてはこちらを参照。

作品タイトル「優しい風」

長くした紐を平たくつぶし、クルクル巻いて
円筒状にしてある。
通してある紐は長さ調節が出来るので
ファッションによってチョーカーにもプリンセスレングス(あるいはそれ以上)にも。
また、紐をうんと短くするとブレスレットとしても使用可能。

筒にする時にストローに巻いて乾燥させたので
最初はまっすぐだったのだが
「カーブがあったらブレスレットにもなる」
と気づいて、焼きあがってから磨く前にカーブをつけた。

今回の作品コンセプトは

「これを受け取った生徒さんがのちのち真似して作れるもの」

この作品をくじ引きの結果手にしたのはクラスで一番の新人なので
ある意味狙い通りになった。
がんばってチャレンジしてみて下さい、友代さん(^^)

簡単なので、銀粘土を家で楽しんでいるけれど
あまり複雑なものは自信がない、という方にもお勧めです。
紐の太さを均一にしないでリズムをつけたり
テクスチャをつけてみたり
磨き方を変えたりで色々な表情が出せます。

7g使用
2009年12月制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:51 | TOP↑|

≫ EDIT

チャームスワップ

12月にクラスの納会をした。
月1回クラスは授業のあとケーキとお茶でおしゃべり。
月2回クラスはやはり授業のあとランチ会。
全員が車で教室に通っているのでお酒はもちろん抜きなのだ(笑)

月2回クラスは、この中で「チャームスワップ」というちょっとしたイベントを。

チャームスワップというのは海外の銀粘土イベントでよく行われるそうなのだが
平たく言えば作品交換会。
銀粘土で作った小さなチャーム(あとでチェーンや紐を通して
ペンダントや携帯ストラップなどに出来るもの)をたくさん用意しておいて
名刺代わり・・・と言う訳ではないが交換するらしい。
名刺交換より効果があるかもしれない。
たとえ名前は思い出せなくても、おそらく

「この作品を作ってくれた人」

というのは印象に残るから。

ただ、うちのクラスは平日は皆さん仕事があるので
そうそう制作に割ける時間がない。
そこで、

「7gパックの銀粘土1個で作れるチャーム」

という条件付で全員がチャームを制作し
くじびきで交換することに。
ちょうどクリスマス前だったので銀粘土限定のプレゼント交換みたいなもの。
もちろん、わたくしも参加した(^^)

銀粘土を始めて時間が経つと、人に作ってあげることはあっても
人に作ってもらうことはないのでなかなかスリリングで楽しいイベントになった。
今回、生徒さんズが快く協力してくださったので
その時の作品を少しずつご紹介。

作品が増えるたび、このページからもリンクを張るので
ぜひお楽しみに。

月1回クラスでも全員の制作ペースがあがったら
同じイベントをしてみたい(^^)

・優しい風 (Rika-C → 友代)
・Stressed Heart (友代 → 良子)
・Stars and the moon №2 (良子 → 輝子)
・天使のはねsmall (輝子 → 千恵美 )
・ribbon (千恵美 → 陽子)
・お元気ですか・・・・ (陽子 → Rika-C)
・lock (綾子 → 重行)
・Refrain (重行 → 綾子)
・招き猫 (伸行 → Y香)
・オデカケ(Y香→伸行)

2011チャームスワップ
2012チャームスワップ
2013チャームスワップ
2014チャームスワップ
2015チャームスワップ
web拍手

| 生徒作品 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

感動を返して

きのう、東京都美術館にボルゲーゼ美術館展を見に行って来た。
4月4日までのこの展覧会を終えると
東京都美術館は改修工事のため2年間の全面休館に入るので
しばらくお別れになる。

平日だったからなのか寒かったからなのか
ほぼ開館と同時に入ったからなのか比較的空いていて
タイミングによっては大作を誰ともかち合わずに
一人で眺められる、なんて贅沢な鑑賞をしてきた。
ルネッサンスやバロックあたりがお好きならお勧め。
ラファエロにボッティチェリにカラバッジョ
巨匠達の名作に眼福(^^)
といいつつ、巨大なテンペラ見て「わー、この画面をあの細い筆で
ちまちま埋めたのかー」なんてしょーもないこと考えたりしてたのだけど・・・


さて、いい気分で美術館をあとにして上野駅に向かう途中。
女子高生グループと何度かすれ違った。
そのうちの一人、~グループではなかったのだけど~
向こうから歩いてくる女子高生に微妙な違和感が。
特別制服を着崩しているでもなく、鞄もよくあるナイロン製のサブバッグを
肩からかけて、携帯か何かをごそごそ取り出している。
髪型はあまり高くない位置でのツインテール。
毛先がくるん!と巻いてあるが、今の子ならこういうのもありなのかな。
そういえば結構背が高くて肩幅が広い、というかいかつい?
・・・と思ったら、女子高生ではなく
女子高生のコスプレをしたオジサンだった |||orz

お・・・おバカーっ!
折角いいもの見てきた人の目になんてものを焼き付けてくれるのか。
しかも、妙に脚のラインが綺麗だったりするあたりがまた軽く腹立たしい。

ひどいよ、知らないオジサン。
午前中の感動を返してください(涙)
web拍手

| 雑記 | 06:30 | TOP↑|

≫ EDIT

ダーリンの野望

インターネットの普及で色々なことが楽になった。
特に調べ物関係。
以前なら図書館と書店を何件か梯子しても見つけられなかったものが
簡単に探せ出せるし時間も選ばない。
例えば早朝や深夜に「ヒツジの骨格標本が見たい」
なんてマニアックな欲求が湧き上がっても問題ないし
(・・・なんでそんなもの調べようと??)

その一方、何かを調べている途中で次から次へと
興味のあるトピックにあたってしまい
ぎゃー!こんなに時間が経っちゃった!!
なんてこともしばしば。

例えば以前、最初に調べていたのは薙刀のつくりだったはずなのに
(だから何故それを調べる^^;)
弁慶→義経→牛若丸で「水干」にたどり着き
袖が普通の袖の倍の長さあって
事務(?)作業の時は二重にして普通の長さにするとか
(浴衣を想像していただいて、袖口の先に更に同じサイズの
 袖がついている感じ。丁度縦に縫い線がでるので
 ここから山折、谷折、にして袖を二重にする。
 ロールアップはしなかったらしい・笑)
袖口に通してある紐をひくと袖口がすぼまって便利とか
(今で言うとドローストリングス)
襟を止める紐の結び方のバリエーションだとか
前身ごろと袖は縫いとめてないので腕の上げ下げが楽だとかいった
無駄な知識ばかりが蓄積されていく。
面白いからいいけれど、生活していくのには何の役にも立たない(爆)

そんなこんなでよくお世話になっているのがWikipediaというサイトだが
(この書き方だとWikipediaに失礼だなあ・・・^^;
 もちろんご存知の通り役立つ記事満載である)
わたくしだけでなくダーリンもよく閲覧している。

ある日は「黒船来航」という記事を読んでいて

「ペリーが来た時日本が出した料理は今の金額にすると
 一人前50万円相当だったのに、ペリーには不評だったらしいよ(^^)」

と嬉しそうに教えてくれた。
一人前50万円・・・一体どんなお料理が??

さて、昨日の朝。
ダーリン出勤後、彼が使っていたパソコンを見ると
朝閲覧していたのだろう、Wikipediaのページが開いている。
そこに表示されていたのは




不完全核爆発




ダ、ダーリン~~!(滝汗)
あなた一体何をなさるおつもりデスカー!?
(何もしやしません、うちのダーリンは同僚女子社員から
 ジェントルマンと呼ばれる穏やかな男です←本当)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

脳内辞書バトン

ちょっと面白いバトンを見つけたのでチャレンジ。
ご存知ない方のために説明すると
ブログ等でいくつかの質問に答え、見ているであろう人に回す
ゲームのようなもので色々な種類がある。
その内容によって「○○バトン」と色々なタイトルが。


脳内辞書バトン

辞書みたいにあなたの脳内におけるこの言葉を説明してください


<あまり辞書っぽくならなかったけど行きます!>

01恋  この世でもっとも甘美でスリリングなゲーム。
     人によってはこれによって大きく成長し
     人によっては身を持ち崩し
     これがないと生きていけない人もいる。

02愛  正しく与え合えれば人類を救える可能性があるもの。
     都合よく口にする人がこれだと考えているものは
     ほとんど別物。

03人間 愛すべき愚か者。もっとも興味深い観察対象。

04親友 中学生くらいだとやたらお互いをそうだと確認しあいたがるが
      いい年になると口に出すのも恥ずかしい呼称。

05友達 たからもの。

06家族 シェルター。

07父親 わがままで変わり者で涙もろい照れ屋。
      アイディアマン。
      いつか必ず超えてやる!

08母親 お洒落、不老不死の疑いあり。
      主婦として超ハイスペック。
      ヒステリックで矛盾に満ちている。
      良くも悪くも自分の基準点。

09兄弟 同じ物受け継いじゃったな、と思う

10永遠 ありそうでない。

11夢  実現するための目標。

12現実 目を背けたくなることもある。  

13死  日頃忘れているし考えたくないけれど
     誰にでも必ず訪れる結末。

14生  楽しむこと。  

15未来 どうなるか楽しみ。子供の頃、今の自分はまったく予想していなかった。

16回す人10人

指定しませんがもしよろしければ。
ご自分のブログで書かれた場合、お知らせいただければ覗きに行きます(^^)
「ブログはないけどやってみたい!」というお方は
拍手コメントに書いていただければ
掲載させていただきますよ。
もちろんハンドルネームでOKデス。
web拍手

| 雑記 | 06:30 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

拍手を押してくださってありがとうございます!
読んでいただけるだけでもちろん嬉しいのですが
拍手があると本当に嬉しくなります(*^^*)
よろしければまた遊びにいらして下さいね。

コメントへのお返事は追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 06:11 | TOP↑|

≫ EDIT

Love Letter

p091202.jpg

「折る」というデザインテーマで制作したペンダント。
折りたたんで封筒に入っていたラブレターを拡げたイメージ。

つぶつぶと丸く見えるのは「魚々子(ななこ)」といって
魚々子(またはミル)たがねと呼ばれる専用の工具で
銀の地を掘り起こす彫金技法。
これで石を留めたり、テクスチャをつけたりする。
お馴染みのところでは刀のつばや印籠の背景などに使われていたもの。

この制作に関して、新しく習ったばかりのこの魚々子以外は楽勝
とイメージでは思っていた。
ところがあれこれしてもパーツがうまく組み合わない。
紙を4つに折りたたんで拡げた場合、面にねじれが生じるのだと
組み立てになって初めて気づいてフォローに物凄く大変な思いをした
個人的にはある種思い出の作品。

手紙の4面、ハートの4面それぞれ別に作って組み合わせてあるのだが
制作工程の大変さは伝わらないので非常に報われない、というか
良くない見本のようなもの。
トレーニングとしてなら良いけれど、やはり最小手数で最大効果というのが
一番良いのではと思うのだ。
アクセサリーとしての評判はいいが、面倒なのでもう作りたくないのが
正直なところなのである。

こういうのも経験値なので仕方ないのだけどネ(^^;)

2007年5月制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:52 | TOP↑|

≫ EDIT

愛と戦慄のガトーショコラ

昨日はバレンタイン・ディだったが皆さんはいかがお過ごしだったろうか。

現在の職場には男性が・・・いないこともないが
(店長とか次長とかブロック長とか)
全員年下だし、逆に変に気を使わせたり
逆セクハラになったりするといけないので(笑)
贈り物の相手はただひとり、うちのダーリン(夫のニックネーム)

ダーリンはいわゆる「イケメン」ではないが
大変よい人で味わい深く奥様人気が高い(笑)
彼がどれくらいよい人で
日頃どれくらい良くしてくれていて
それに対してどれくらい感謝しているかは
ここのサーバーの容量一杯書いても書ききれないので
とりあえず割愛することにする・・・
コレくらい誉めておけば許してくれるかな←こういうところが腹黒い妻^^;

さて、そんな彼はチョコレートが大好物なので
バレタイン・ディは彼にピッタリのイベントだが
その中でも特に好きなものが。
わたくしの友人にあやちゃんという腕の良いパティシエールがいて
ダーリンはあやちゃんのケーキにハートと胃袋をガッチリ鷲掴みにされている。
それはもう「あやちゃん」と聞いただけでヨダレを垂らさんばかりの勢いで(笑)

あやちゃんは横浜でこどもとおとなのお菓子教室と
オーダー制ケーキショップ「エトワールAYA」を主催しているのだが
彼女の数あるメニューの中でも
ダーリンはガトーショコラがお気に入り。
ということでもちろんバレンタイン用にガトーショコラをオーダー。
あやちゃんのガトーショコラはしっとりとしてチョコレートが濃厚
しかし決して甘すぎずむしろほろ苦いちょっぴり大人の味。
そのままでももちろん美味しいが
砂糖を入れない8分立ての生クリームを添えた日にはもうもうたまらない感じなのだ。


期待が高まるハート型のケーキ箱
チョコレート色でハート型のケーキボックス。
バレンタイン・ディに相応しいチョイスはさすが。


ハート型ガトーショコラ
中身はなんとハート型のガトーショコラ。
2人サイズに小さめに焼いてくれたのでとっても可愛らしい。


ガトーショコラピース
切り分けた断面も美味しそう~!


さあさあ、さっそくいただきましょう!
と2切れ切って

「お好きな方をどうぞ」

とダーリンの前へ。
何故ならあとから「そっちが大きい!」とか拗ねることがよくあり(コドモか!)
色々面倒なので、彼が特に好きそうなものは本人に選ばせることに。

しかしここで問題が!
ケーキがハート型なので、カットしたピースの大小が
今ひとつわかりづらいという罠が!

「こ、困った…どっちが大きいんだろう」

ええもう、心行くまで時間をかけてお選びなさい(^^;)
最後には調理用のはかりを差し出そうかと思ったが
さすがにそこまでしなくて良い、と一つを選んだ。

ただし、さっさと自分の分を食べた彼は
わたくしの分から1/3掠め取るという暴挙に!

バレンタイン・ディって愛の日ではなかったかしら?
我が家ではなんだか殺伐とした雰囲気が・・・

美味しいって罪なのね(^^)←断じてそういう問題ではない
web拍手

| 食べちゃいました | 05:59 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

拍手を押してくださってありがとうございます!
昨日の夜、あちこちの記事にひとつひとつ拍手を下さった方が
いらしたようで・・・
読み込んでくださっているようで嬉しいです。
よろしければまた遊びにいらして下さいね。

コメントへのお返事は追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

家内制手工業

年に一度、一人一作品の写真を撮影して
作品集としてクラスで配布している。
撮影は難しいが(単に写真の腕がないだけなのだけど)
セットを用意してあれこれするのはなかなか楽しい。
ああ、ここのつなぎに苦労してたな
こういうところの磨きが上手になったな
やっぱり構成が上手だな・・・などなど
生徒さんの成長ぶりを感じられるのは
言ってみれば講師の特権。
キモチは

「○○ちゃん、ホントに立派になって・・・」

と涙する親戚のおばちゃんな感じである(笑)
そんな作品集の制作風景はこちら

生徒作品集・準備中

仕上がりはミニカードになっていて
それなりにカッコイイと自画自賛しているのだが
作業中ってそこはかとなく家内制手工業の香りが・・・
いや、むしろ内職チック?(笑)
web拍手

| 雑記 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

いつの間に・・・!

ここ15年くらいお世話になっている美容師さんがいる。
彼女が店長になって別店舗へ移動すればそちらへ
独立して開業すればまたそちらへ・・・と
常に彼女の後を追っている。
わたくしの髪と頭皮のことなら
持ち主以上に詳しいという
頼もしい美容師さんだ(笑)

さて、先日カットをお願いしに彼女のお店に行ったところ。

「いらっしゃいませ~(^^)」

と笑顔で迎えてくれる彼女は赤ちゃんを抱っこしている。

・・・え~っと・・・(しばし思考停止)
わたくしの記憶が確かならば
上の坊やは4歳、下のお嬢さんは2歳ではなかったか。

「・・・○○ちゃん(お嬢さんのお名前)が縮んだ、とか?」

「んなわきゃないじゃないですかぁ~(^^)」

それはそうだ。では親戚のお子さんでも預かったとか?
しかし一人で店を切り盛りする美容師さんに子供(しかも乳幼児)を
預けるかなあ?

「産んだんですよ、3番目(^^)v」

ええええええっ!?いつの間にー!?

月に1度、とは言わないが5週か6週に一度は通っていたのに
産休中にも当たらなかった。
そう言われて思い返してみればチュニックスタイルが多かったけど
ファッションかと思ってたわ~(呆然)

「入院前日まで店開けてて、退院して3日後から来てますから。
 たま~にしか来ないお客さんには念のため産休って言っておいたんですけど
 りかしさんみたいにこまめに来てくださるお客さんには
 結構言い忘れちゃったみたいで(テヘ)」

退院3日後に立ち仕事は辛くないの?と思ったのだが
(いくらわたくしが妊娠・出産ともに経験がないといってもハードな気がする)
彼女曰く帝王切開だったので、退院してしまえばオッケー!らしい(ホントかなあ^^;)
しかも、入院予定日は彼女のダンナ様が夜勤明けだったため

「じゃ、あとで荷物持って来てね。よろしくー!」

と、爽やかに自分で自転車を漕いで病院に向かったらしい。
なんと鮮やかなことか。
自分の技術だけで稼げるワーキングマザー、しかも3児の母。
カッコイイったらない。
体に無理のない範囲で、ぜひ毎日楽しく頑張っていただきたい。
web拍手

| 雑記 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

今月の生徒作品・2010年1月

生徒作品・2010年1月

作品タイトル「愛情」

作者コメント
私にとってはハートの意味がある形
初めての作品は"愛情”を表すこの形にしました

愛情

今回の作者・茜さんはりんごが好きで
体験講習で作ったアクセサリーもりんごモチーフだった。
この作品展示のためにコメントを書いてもらって
彼女がりんごを大切にしている理由がわかって納得。

作品が出来上がるといつも
「可愛くて可愛くて仕方がない!」という茜さん。
…いや、そんなあなたこそが可愛いです(笑)

「愛情」には色々な形があるので
今回のディスプレイは「家庭・家族の愛情」をイメージして
小さな家のアクセサリースタンドを作った。
この制作工程についてはよろしければこちらをご覧下さい。

★この作品への感想や励ましのお言葉がありましたら
 拍手↓からコメントをお願いします。茜さんへお伝えさせていただきます。
web拍手

| 生徒作品 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

きのうは穏やかな天気でホッとしました。
日曜は朝シャッターを開けたら銀世界で一瞬何事かと。
昼前には雪も全て溶けたものの
あまりの風の強さにここは地球なのか!?と。
車のドアを開ければ風に持っていかれる
ゴミが入るので目を開けていられない
体感温度は激しく低下・・・と
久々に群馬の風の本気を見せ付けられました。
もう少しお手柔らかにおねがいしたいものです(涙)
そして今日は・・・また寒そうですね~・・・

★ ★ ★ ★ ★


拍手を押してくださってありがとうございます!
温かなお気持ちがじ~んと染み入ります。
パソコン周りはお寒くはありませんか?
風邪をひいたりしないように、暖かくしてお楽しみ下さい。
よろしければまた遊びにいらして下さいね。

コメントのお返事は追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:40 | TOP↑|

≫ EDIT

いつか欲しい

usagichair

写真は金沢21世紀美術館の通路に置かれた椅子。
ここの通路にはこのうさぎシルエットな椅子がずらりと並んでいる。

以前ニッサンのTEANAの宣伝画像で金沢21世紀美術館をバックにしたものがあって
その中にずらり!とこのウサギ椅子が。
(安全で快適ならなんでもいい、というくらい車に無頓着なのだが
 TEANAは素敵な建築物や家具が登場したりするので宣伝がとても好きだった)

ずらりと並んだウサギ椅子。
あああ、なんてうっとりする光景なのだろう←超個人的意見

調べたところこの椅子は妹島 和世さんと西沢 立衛さんの建築家ユニット/SANAA
のデザインした商品で実際に販売されている。
販売価格は3万円(今年出た6色バージョンは33000円)

初めて自分で「欲しい」と思った椅子は
チャールズ・レニー・マッキントッシュデザインのラダーバックチェア。
これがレプリカでも8万する事を考えたら
ウサギ椅子は頑張れば買えない金額ではない。
ただ、正直言って座りやすい椅子ではないのだ。
座面も狭いので特に体格のいい男性などは辛いと思う。

玄関先に置いて花台にする、とか
出かける前にコートやバッグの一時置きにする
ブーツを履くときや靴紐を結ぶ時にちょっと腰掛ける
・・・なんて使い方をするのならとても素敵だと思うのだが
そのために3万円というのは我が家の経済事情ではちょっと厳しい。

というわけで「いつか欲しいものリスト」に記載されたままされっぱなし(苦笑)
欲しいよ~、と指を咥えて眺めている時間が一番楽しいのかもしれないけど。
(人はそれを負け惜しみと呼ぶ)
web拍手

| 雑記 | 06:02 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

拍手を押してくださってありがとうございます!
少しでも楽しんでいただけたら光栄です。
よろしければぜひまた遊びにいらして下さいね。

コメントのお返事は追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:45 | TOP↑|

≫ EDIT

マダムXに捧げるペンダント

銀粘土作家7名で定期的に勉強会を開いているのだが
あるイベントに参加したときに会長の奥様(仮にマダムXとお呼びする)
にとってもとってもお世話になった。
メンバー一同この感謝のキモチをどう表したら??ということで
全員が一つづつマダムXのためにペンダントを作って贈らせていただくことにした。
経済的にはまったく太刀打ちできないので
せめて手作りしてキモチを込めましょう、ということで。
その時にわたくしが作ったのがこれ。

pendant for Madam-X

マダムXはパッチワーク作家なので
何かパッチワークをイメージしよう、というのが
この作品のモチーフ。
パッチワークといえばクラスの生徒さんが
ハートのパッチワークLemon star
といった素敵な作品を既に作られているので
イメージが被らないようにするのが実は大変だった。

ところで、後日このサプライズプレゼントに恐縮した会長から
それぞれペンダントをプレゼントされてしまい

「お礼にお返しをいただいたら意味ないじゃない!」

と言いながら、みんな会長の作品を手にして実はホクホクだった←正直者

2009年12月制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

攻めか守りか

ある日気づくと調理用の計量カップにヒビが。
料理に破片が入ったり指先を切ったりすると危ないので
新しいものに買い換えることにした。

軽量カップは金属製・樹脂製など色々な素材があるが
耐熱ガラス製のものが好きだ。
ちょっと温めたい時やチョコレートやバターを軽く溶かしたい時など
そのまま電子レンジに入れて加熱することも出来るし。

で、近所のホームセンターで200mlの耐熱ガラス製計量カップを購入したら
偶然今まで使っていたものと同じメーカーのものだった。
前回購入からかなり時間が経っているので
目盛り位置や太さなど若干の違いがあるのは当然なのだが
使用していてちょっとした違和感が。
それが何なのかわからず数日過ごしたのだが
ある日発見してしまった。

measurecup

画像から読み取れるだろうか?
「200ml」の目盛りの脇に平仮名で「やく」と書いてあるのが。

やく200ml・・・約200ml。

・・・そもそも計量カップの目盛りって目安目盛りなのでは??
例えば、3分計測できる砂時計が5秒狂っていたとして
それは誤差として許容できる範囲ではなかろうか。
計量カップも、200mlのものがさすがに20ml狂っていることはないだろう。
仮に2mlの狂いがあったとして
1カップに対して小さじ1/2以下。
・・・煮物ならおそらく味の違いがわからないと思う
いや、わたくしならまずわからない(自信持って言うな)

では何故わざわざこんな表記を?

1.このメーカーのスタッフが大変正確さを追及する人々で
 「正確に200mlとは限らない」「あくまで目安である」
 ということを主張したかった

2.結構どうでもよいことを粘着的にツッこむタイプの顧客から
 「誤差があるぞ!どうしてくれる!」的なクレームを受けたことがあり
 ツッこみを入れられる前に書いておこう、という対策を採った

1.ならば攻め、2.ならば守りの姿勢だが
この場合どちらなのだろう??
(あるいはまったく別の理由かもしれないのだけれど)

そして最早現代日本において
「暗黙の了解」たる美しい曖昧さは存在しないのだろうか?

・・・な~んて計量カップ眺めて遊んでないで仕事しないとネ
ついついデザインに行き詰るとわけのわからない事を考えて
現実逃避を(←だから、その思考をデザインに向けたらどうなのだと
我ながら思うのだけどな~)
web拍手

| 雑記 | 06:00 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

拍手を押してくださってありがとうございます!
この記事は楽しんでいただけたかな、など
とても励みになります。
よろしければぜひまた遊びにいらして下さいね。

コメントのお返事は追記をご覧くださいませ。




≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:35 | TOP↑|

≫ EDIT

ピョンタのチェッカーボード

古いものなのだがゲームつながりで昔の作品。
ピョンタのチェッカーボード

ピョンタチェッカー

うさぎのピョンタチームV.S.ニンジンジュースチームのチェッカー。
ピョンタはこのブログのあちこちで活躍してくれているウサギキャラクター。
(詳しくはAbout Rika実験室下のほうのAbout 黒ウサギ参照)

本当は駒の種類が多くて楽しそうなチェスボードを作ってみたかったのだが
生憎とチェスを知らないのだ。
折角作ったらもちろん自分でも遊びたいので
ルールを知っているチェッカーのボードと駒を作った。
ちなみにチェッカーのルールはこちら

当時クリスマスプレゼントに電動糸のこ盤を買ってもらったばかりだったので
嬉しくて嬉しくて暇さえあれば何か作っていた記憶が。
(新婚2年目のクリスマスプレゼントに電動糸鋸盤をリクエストするなんて
 ありえない!と友人には盛大に笑われ
 この頃のニックネームは「いとのこちゃん」だった)
ピョンタの土台になっている星型の板とジュースに使った牛乳瓶型の木片は
トールペイント用にカットされたものを使ったが
ゲームボードとピョンタは自分でちまちまカットしたもの。
それらにヤスリかけて色塗ってアルミフォイル巻いてできたのがこれ。

最前列右のピョンタが頭に包帯を巻いているのだが
実はカットの時、板の動かし方に無理があったらしく
片耳が欠けてしまったのだ。
しかし同じ形を12個もカットしていたので
もう1個カットしなおす気力が無く

「・・・そのうちつくりなおしてあげるから
 今のところはこれで勘弁してね~」

と包帯を巻いている姿にペイントしたら思いのほか好評で
作り直せなくなってしまった想い出の作品。

★ ★ ★

考えてみれば子供の頃、我が家で初めてのオセロゲームは
やはり自作だった。

「こんなゲームがあるらしいぞ」

とオセロゲームを家庭に持ち込んだのは父で
家長命令で幼稚園の給食に出る牛乳の蓋を集めさせられた(当時は瓶だった!)
父はその片面をマジックで塗りつぶすつもりだったらしいのだが

「洗っても匂いがとれないじゃないの!」

と母に却下され、替わりに赤と白のフェルトを張り合わせて駒を作ってくれた。
ゲーム盤は当時こたつの天板が裏返すと緑色のフェルト張りになっていて
ここに油性マジックで升目をひいてしまった。
しばらくして製品版のオセロゲームも家庭に登場したのだが
両親手製のオセロゲームはちょっとした宝物だった。
駒が赤と白のオセロなんて当時どこにもなかったし。

・・・あれ?これって「三つ子の魂百まで」ってやつなのだろうか???

ピョンタのチェッカーボード
1995年制作
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

拍手を押してくださってありがとうございます!
とても励みになります。
できることならお茶でもお出ししたい気分です(笑)
よろしければまた遊びにいらして下さい。

コメントのお返事は追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:45 | TOP↑|

≫ EDIT

一発逆転!

こう見えてもバリバリのインドア派なのでゲームが大好きである。
電気を通すゲーム(PS2やらDSやらスーパーファミコンやら)も好きだが
電気を通さないゲームがこれまた好き。
お気に入りはマスターマインドにスコットランドヤード
時間があるならモノポリーなどなど。
で、先日買い物に出かけたらこんなものを発見。

pentago

「pentago(ペンタゴ)」と言う名前のスウェーデン生まれのゲームらしい。
要するに五目並べなのだが、写真のように盤面が回転するところがミソ。
1手置いたら4分割の面の何処か1箇所を90度必ず回転させるので
予想外の展開が生まれ、例えば子供対大人でもそれなりに楽しめる(多分)

「やってみませんか?店員と勝負して勝ったら何か差し上げます♪」

何かって何?そんな楽しいお誘いに乗らないはずがないじゃないか(^^)
というわけで早速トライしてみたら勝ってしまった。
あまり五目並べ強い方ではないのだけど。
一発逆転はウソではない。
というわけでこのゲームを買ってしまった。
・・・あれれ?これってお店側の一発逆転なのだろうか(笑)
うちの「電気を通さないゲーム」を楽しみに
遊びに来てくれる中学生の女の子がいるので
早速彼女用のメニューに加えておこう。

ちなみにお店からもらった「何か」は入浴剤。
何種類かの中から好きなものを選んでよいというので
いただいたのはこれ。

そちもなかなかのワルよのぉ

中からおみくじが出てくるらしいので
何が出てきたかはまた後日。



web拍手

| 買っちゃいました | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

当ブログ「Rika実験室」は初心者が運営しているため
大汗をかきながらの自転車操業状態。
あ、ここの表示がおかしい
あ、こんな便利な機能もあった・・・と
まさに実験しつつ運営中。
映画館でお客様が見て下さっている横を
暗がりに紛れてシートの張替えをしていたり
ポップコーン売り場を増設していたりするようなものだ。
ご覧になる前後でどこかが変わっていたら
あなたは実験のリアルタイム目撃者(笑)

最近変わったのは拍手がブログ拍手からFC2拍手に変わったこと。
何が違うかというとFC2拍手の方はお礼ページが自分で設定できるのだ。

現在の拍手お礼は「Rika実験室占い」
一日何度でもチャレンジできるけど、最初に目にしたものが
その日のあなたの運勢デス(^^)
拍手ページからは
ブラウザのバックまたは戻るボタンで実験室へお戻り下さい。

また、拍手ページからコメントをお送りいただけます。
ここでお書きになった内容はお書きになったご本人と
実験室長・りかしにしか見えませんので安心してどうぞ!




拍手を押してくださってありがとうございます!
とても励みになります。
よろしければまた遊びにいらしてください。

コメントのお返事は追記をご覧下さいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

頭文字ゆ

頭文字ゆ

頭文字Dならぬ頭文字ゆ
(頭文字Dという群馬ご当地マンガ(?)にちなんで)

あるお嬢さんへのプレゼントで作成したもの。
20代の細身ちゃんなので何か華奢なもの、と考えて
最初イニシャルで ”y”を考えていたのだが
平仮名でも面白いかも、ということで
平仮名の「ゆ」で作ってみた。
「ゆ」だよ、と言うとそれ以外の何物でもないが
言わずに見せると意外となんだかわからない(らしい)のがミソ。
・・・ふつう平仮名一文字でペンダント作らないものね。

線の交差部分にたくさん空間が出来るので
どこにチェーンを通すかで色々雰囲気が変わる。
もちろんリバーシブルでも使用可能

頭文字ゆのバリエーション

実家の父に見せたところ

「風呂屋か(^^)」

と言われた・・・ orz


3.5g使用
2010年1月制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 08:08 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |