2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ウサギのキャンディボウル

ウサギのキャンディボウル

ウサギさんが卵型の器にちょこん、と乗ったキャンディボウル。
ウサギ・卵・パステルカラーと3拍子揃ったイースターグッズだ。

側面にもウサギ

側面にもウサギや卵、裏側に行くとニンジンやお花などの絵が。
陶器なのでポッタリーペインティングと言うのだが
素焼きの器に色絵をつけてから釉薬を乗せて焼くので
基本的には描き直しができず、ざっくりした絵が多い。
でもこの大らかさがウサギさんのキャラクターとマッチして大変魅力的(^^)

キャンディを乗せてみました

キャンディを乗せるとこんな感じになる。
キャンディがなくてほとんどのど飴になってしまったのはご愛嬌と言うことで(^^;)
ボウル、といいつつ深さがほとんどなく
上げ底と言ったらいいだろうか
ほんのちょっとのキャンディで山盛りになってしまうのは
ユーザーへの気遣いなのだろうか。

今年のイースターは4月8日だそうだ。
日本人としては4月8日というと「花祭り(灌仏会)」が先に浮かぶが
お釈迦様の誕生日とキリスト様の復活祭が同じ日だなんて
今年の4月8日は何か良いことがあるかもしれない。
・・・某ブッダとイエスが同居するマンガがちょびっと頭をよぎるのだけれど(^^;)
web拍手

| うさぎグッズ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

意外と便利だったのね

去年の秋、携帯電話をスマートフォンに変えたのだが
以前の携帯電話は目覚ましとして利用している。
いわゆるガラパゴスケータイの方が
アラームその他はきめ細やかな設定ができる上に
スマートフォンでもアプリを探せばあるのだろうけれど
わたくしの携帯電話はゲームの登場人物が起こしてくれるという
特別仕様だったので、継続使用して起こしてもらっている(笑)

さて、ある日翌日のダーリンの出勤が急遽ゆっくりになったため
いつもほど早く起きる必要がなく、明日は目覚ましアラームを
ならさなくてもいいわね、と(元)携帯電話の電源をOFFにして寝た。
ところが予定通りの定刻にアラームが鳴るではないか!
つまり、電源をOFFにしていてもアラームセットをONにしてあると
自動的に電源ONになってアラームが鳴るわけだ。
(元)携帯電話を使っているときは知らなかったよ、この機能!!
電源を切って安心しているとアラームが鳴ってしまう場合もあるが
今のようにアラームだけのために使うなら
常に電源をOFFにしておけばバッテリーがセーブできる。
何て便利なんだろう!!
というか、なぜ使ってた時に気付かなかったのだろう!
わくわくしながらスマートフォンで試してみると
こちらは電源をOFFにしておくとアラームは鳴ってくれない。
ああ、これ、(元)携帯電話と同じ仕様だったら
旅行の時とかとっても便利なのだけどな~!

そんなわけで、電話としての役割を終了した
(元)携帯電話の意外な便利機能にびっくりしつつ
現在は頼もしいアラームとして有効活用している(^^)

web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

法事で留守にしていたためお返事が遅れて申し訳ありません。
拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

ドーナッツテープホルダー

ドーナツ!?

美味しそうなデコレーションドーナッツ…ではなく
住友3Mさんのメンディングテープホルダーを
フェイクスイーツでデコレーションしてみた。
だって、これどう見てもドーナツにしてくれ!と言わんばかりの形だし(笑)

テープホルダー

このような感じで使う時にテープを引き出すので
テープの周囲にほこりがつかなくてとても便利。
こだわる人はマスキングテープなど、日ごろよく使う
ほこりをつけたくないテープそれぞれに用意するらしい。

わたくし個人としては普段使うものがお菓子の様な見た目になるのは
大変楽しいし嬉しいのだが

「これ、色と言い大きさと言いかじりたくなるじゃない!」

と、ダーリンからは大変不評を買っている(^^;)


2012年1月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

至福の小箱

ジャック・ジュナン

見る人が見ればパッケージだけでヨダレが垂れてくる
ジャック・ジュナンのショコラ・アソートとキャラメル・アソート。

ジャック・ジュナンはパリの有名ショコラティエなのだが
残念ながら日本にはお店がない。
パリに旅行に行く友人が

「何かお土産リクエストある?」

と聞いてくれた時に、遠慮する友人たちを尻目に
ハイハイ!キャラメルとチョコと・・・と
欲望に忠実にリクエストしたもの。

…ここまで読んで「ん?最近似たようなことがなかった?」
と思ったあなたはRika実験室のへヴィ・ヴューワー。
いつもありがとうございます!(^^)
この友人、最近 Hugo & Victorのチョコレートをお願いしたパリジェンヌなのだが
当時はまだ東京在住だった。
記事のバランスの関係でご紹介するタイミングを逃してしまったのだが
大好きなショコラティエさんなので今更ではあるがご紹介。


中身が美味しいのはもちろんのこととして
このアルミのボックスがパッケージマニアとしてはたまらない~!

ちなみに以前ダーリンにこのお宝チョコレートを食べさせた時に

「・・・コンビニのチョコの方がイイ」

と言い放たれたので、これはわたくしが独り占め。
キャラメルも好きじゃないのでわたくしが(以下略)

チョコレートの方はフィリングにハーブを使ってあるものもあって
多分ダーリンはこのあたりが苦手なのだと思う
鼻の裏側からたちのぼってくる香りをゆったりと楽しめる。

キャラメルは色々な味のアソート。
舌の上でとろりとソフトに溶けていくのだが
お願い、溶けないで!と思いつつ
いつまでも至福の時を味わいたいから
この溶けていく感じがやはりたまらず、もうどうしてくれよう。
マンゴー味のキャラメルなんて初めて食べたけど
これも癖になりそうな味だ。

ジャック氏は結構な日本びいきで

「2号店を出すなら日本(^^)」

と仰せだそうだが、他のお店がそうなように
日本に出したら高くて手が出せなくなるのだろうな~。
そう考えると来てほしいような、欲しくないような・・・。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

Rotating Heart Ring

Rotating Heart Ring

一見何の変哲もないハートのリング。
だが実は、このハート部分が動く。
それもくるくる、なんて生易しいものではなくぐるんぐるんと。

いつもより多目に廻しております!

回転軸の部分は普段銀線を使っているのだが
今回銀粘土で制作。
太さがあるからこれなら回転体がちょっと重くても大丈夫かも。

着用イメージ

着けるとこのような感じ。
手を動かすとゆらゆら揺れるのだが、アイディアがまとまらない時に
はじいてぐるぐる回せるのはちょっといいかもしれない。


PMC3 5g使用(完成重量4.1g)
2012年3月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギの学校

ウサギの学校

木製の、ウサギ学校フィギュア。
以前ドイツを旅行した時にとある土産物店のショーウインドゥで見つけて
その瞬間目が釘付けに。
しかもハート形で(笑)
学校のわきに7.5ユーロの表示があり
当時は1ユーロ160円くらいだった
1個(机にウサギ生徒2人、とか黒板と生徒と先生とかで)7.5ユーロだと厳しいな
全部ないと寂しいし…と、おそるおそるお店の人に聞いてみたら
全部で7.5ユーロとの事。
もちろん速攻でホクホクと買い求めたのだった(笑)

生徒たち

生徒は全員着ている服が違う。
また、女生徒の方が腕や脚が細いあたり、なかなか芸が細かい。

この問題を解きなさい

黒板前では指示棒を持つ先生ウサギと生徒ウサギ。
どんな授業なのだろう。

先生「これは何ですか?」
生徒「はいっ、ニンジンです!」
先生「Nein!希望的観測で物を見てはいけませんよ。
   これは聖護院大根です」
生徒「しょ・・・ショーゴイン?ナニそれ??」

(別のクラスにて)

先生「これは何ですか?」
生徒「ラディッシュです」
先生「残念、横に育ち過ぎたニンジンです」
生徒「えーっ、そんなあ!」

(また別のクラスにて)

先生「これは何ですか?」
生徒「具象表現としては描写が不明瞭すぎます。
   もっとデッサンの勉強をする必要を感じますね。」
先生「・・・・・(涙)」

いや~ん、楽しい!ちょっと待て!
普段はどんな授業をしているのかな、ウサギの学校(^^)
web拍手

| うさぎグッズ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

あなた色に染まります?

詰め替え用の液体ハンドソープを買った。
新製品なのか「マスカットの香り」というのがあって
それは手を洗うのが楽しくなりそう!と
いそいそと買って帰ったのだが・・・。
確かに香りはとてもよくて期待通り。
ただ、残念なことにマスカットをイメージしたのか、淡いグリーンの色がついている。
何が問題かと言うと、我が家で現在使用しているハンドソープの容器が
半透明オレンジなので、ここに淡いグリーンを入れると
混ざって見える色が非常によろしくない(^^;)
色がついているとわかったら避けたのだけど
詰め替えハンドソープの容器は不透明なので
色までわからなかったのだ。
うーん、ハンドソープは透明とか白色とかでよかったのだけどな~。
そもそも半透明オレンジの詰め替え容器に問題があったのだろうか。
買い替える時はなるべく透明なものを探すことにしよう。
一つ一つは綺麗なのに、重ねたために非常に残念な色になってしまった。
それぞれはソフトな色なのだが
意外と相手の色に染まらないものだなあ(^^;)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

アリスのスイーツバッグチャーム

アリスのスイーツバッグチャーム

「不思議の国のアリス」のモチーフで作ったフェイクスイーツのバッグチャーム。
友人きゅ~さんに押し付けたプレゼントしたもの。
お菓子やパン作りが上手なきゅ~さんには
お手製のおいしいものとかおいしいものとかおいしいものとか(おい!)を
よくいただいているのでささやかなお礼の印に(^^)

チェシャ猫ビスケット

自分用のフェイクスイーツでウサギのクッキーやビスケットを作っていて

「クッキーかビスケットをチェシャ猫で作ったら可愛いのでは?」

と思いついたのがすべての始まり。
きゅ~さんはアリスの世界観が好きで
実は友人にアリス好きはかなり多い
彼女の作品のモチーフとしても良く登場するし
チェシャ猫と言えばきゅ~さんが浮かぶのだ。
ちなみにチェシャ猫ビスケットの上のチョコプレートは
きゅ~さん本名のイニシャル。

そしてアリスと言えば「Eat Me」。
不思議な飲み物を飲んで縮んでしまったアリスが食べたら
今度は巨大化してしまったというケーキ。
ガラスの箱に入ったとても小さなケーキで

「わたしを食べて」

という文字がレーズンを並べて書いてあった、と物語にはあるのだが
この小ささでレーズン無理!ということで
「Eat Me」と書いたチョコプレートを乗せたマカロンで代用。

…最初はここまでのつもりだったのだが、何か物足りない気が!
もっとパーツを作ろう。

ハンプティチョコ

次に作ったのはいちごソースのかかったホワイトチョコのバラ。
これは決してスプラッタなわけではない(笑)
アリスの中にトランプの庭師が白バラをペンキで赤く塗る、という話が出てくる。
赤バラを植えるはずの場所に間違えて白バラを植えてしまったことがばれたら
ハートの女王に首をはねられてしまう。見つかる前になんとかしなきゃ、というシーンだ。
事あるごとに

「その者の首を撥ねよ!」

というハートの女王の傍若無人ぶりを表したシーンのひとつで
子供の頃はたかがバラごときでなんてひどい人!と思ったものだが
冷静に考えてみると

「庭のある特定の場所に白いバラを植える」

という至極単純な業務命令すら遂行できないうえに
適切な処置(上司に報告、謝罪して指示を仰ぐなり赤いバラに植え替えるなり)
をとることもせずにその場しのぎで効果が薄そうな対応をするような使えない庭師
自分の部下ならやはりクビをはねたくなるかもしれない。
もちろん肉体的な意味ではなく雇用的な意味で。
アリスの世界に関して言えば、報告したところで肉体的に首を撥ねられるのが
関の山、というか女王様がちっとも人の話を聞かないタイプなので
まあどっちもどっちなのだけれど(^^;)
ともかく、アリスを知っている人なら
赤いソースがかかった白バラが何を意味するかはすぐにピンと来る。

バラの下の鍵モチーフはやはり物語に登場する。
ウサギを追いかけて落ちた穴の終着地点、広間のテーブルで
アリスが最初に発見したのが金色の鍵。
鍵型のクッキーも可愛いかな、と思ったのだが
クッキーだらけになってしまうので市販の鍵モチーフを使用。

そしてハンプティ・ダンプティのチロルチョコ。
きゅ~さんが以前オリジナルデザインのチロルチョコを作った時に
わたくしにもくれたのだが、中身はさっさと食べたものの
包み紙が捨てられなかったのだ。可愛かったので。
中に粘土をつめることで今回陽の目を見ることに(^^)
ハンプティ・ダンプティは「不思議の国」ではなく「鏡の国」
の方で登場するのだが、アリスワールドになくてはならない重要キャラクター。

Drink Me

そしてやはり忘れてはならないのがこの小瓶。

「Drink Me」

と書かれた紙の札がくくりつけられた瓶の中身を飲むと
体が縮んでいくのだ。
順番としてはこちらが先で、このあとケーキで体が巨大化。
物語の中ではこう書かれている。

そこでアリスはちょっぴり味わってみました。
素晴らしい味がしました。
(じっさいそれは、桜んぼ入りのパイとプリンとパイナップルと
 七面鳥の焼肉とタッフィーとトーストを混ぜたような味がしたのです)


・・・素晴らしい味って、いやそれ絶対まずいだろう!
別々に食べればとてもおいしいものを、混ぜたために
台無しになってしまう事はよくあるものだ。

だが何でもアリのアリスワールド。そんなことはお構いなし。
自分では決して飲みたくはないけれど!
本物のガラスの小瓶に着色したレジンを封入した。
ガラスを下げることがちょっと危険かもしれないので
このパーツだけはカニカンで取り外しできるようにして
きゅ~さんご本人に運用ベース(?)で対応して頂く事に。

バッグチャームとしてはかなりじゃらじゃらと色々下げ過ぎなのだが
アリスの世界観としてはこういった雑多な感じがふさわしいかと。
作っていて大変楽しかった(^^)


2012年2月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

さくさく噛むミルキー

せっかちなのか、のど飴以外のキャンディはがりがりかじってしまうタイプなのだが。
かじる、という行為が好きなのかも。氷もがりがりかじるのが好きだし。

新製品情報を見た時から食べてみたかった

「ミルキーサクサク袋」

ようやく近所のコンビニエンスストアに登場したので早速買ってみた。

噛むミルキー

ペコちゃんと赤、それに個別包装でおなじみのピンクと青で
一目で「ミルキー」とわかるが、赤一色ではないことで
いつものミルキーとちょっと違う、というのもこれまた一目でわかる。
うーん、さすがに長く育てたブランド及びパッケージイメージを持っているのは強みだ。

キャンディーパッケージ

個包装はこのような感じ。
通常のミルキーの「包み紙」ではなくキャンディによくあるタイプの
パッケージになっていること、そして包み紙でおなじみの
ピンクと青を使いながら、包み紙では8弁の花になっていたものを
ゆるやかな八芒星にしたことで通常のミルキーとは違う食感を表現している事
調和させながら差異をバッチリ示しているあたり
敵ながらあっぱれである!
全然敵じゃありません。スミマセン、勢いで言いました(^^;)
さて実際の味。
柔らかい練乳クリームをミルキー味の薄いキャンディのカプセルが包んでいる
と言ったら想像して頂けるだろうか。
口の中で簡単にサクサク(あるいはガリガリ)噛むことができて
でも、間違いなくミルキー味。
しかも比較的小さめなので、ついポイポイと口に放り込んでしまう。
わ~、不二家さんの思うツボ(^^;)
ミルキーがお好きなら、一度はこの食感をお試しいただきたい。
わたくしは本家ミルキーとミルキーサクサク、この先迷って
結局両方買ってしまいそうなのが危険な予感である。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギチャームのリング

ウサギチャームのリング

ウサギチャームがゆらゆら揺れるリング。
チャームはハートでもストーンでも何でも構わないのだが
やはりウサギが一番自分らしかろうということで。

丸カンも銀粘土制

ウサギチャームを下げる丸カンは今回銀粘土で制作。
普通は出来合いの丸カンを使用するものだが
丸カンはひっかかると開いてしまうことがある。

それを避けるための方法の一つは丸カンをロウ付け(溶接と思ってくれればよい)
すること。

お手持ちのネックレスチェーンなどをご確認いただきたいのだが
チェーンと引き輪(留め金)やダルマ板(留め金を留めるための穴の開いたプレート)
をつなぐ丸カンは、安いアクセサリーだとつないだだけで隙間が空いたまま
ゴールドなどの場合ロウ付けしてあって隙間がないはずだ。
ただし、この方法はなかなか大変。
何度も練習すればできるようにはなるが
クラスの生徒さんにも丸カンのロウ付けができるテクニシャンは存在する
失敗すれば不必要な所をくっつけてしまったり
パーツそのものを溶かしてしまうこともある。

もう少し簡単な方法として、銀線やワイヤーでメガネ留めと言う方法がある。
ただしこの場合少々長さが出てしまうので、今回のリングにはデザインとして不向き。

ロウ付け以外方法がない、ということならもちろんそうするのだが

「丸カンも銀粘土で作って同時焼成すれば
 ロウ付けができない初級者にも作れるのでは?」

と思いついたら作るしかないだろう(笑)

実際作ってみての感想は、銀粘土で細い紐を作っての丸カン制作は
楽ではないのだが、ロウ付けをマスターさせるよりはるかに速いと見た。
もちろんロウ付けもマスターして欲しいのだが
もっと他のパーツを溶かしたりくっつけてしまう危険の少ない作業の時に
練習してもらった方が心理的拒否感が少ない気がする(笑)

着用イメージ

実際に着用するとこのような感じ。
ふと手元を見た時に小さなウサギさんがゆらゆらしているのが
個人的にたいへん幸せである(^^)


PMC3 7g弱使用(うちリング部分に3.5g)
2012年3月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギのエコバッグ

ウサギのエコバッグ

ちょっぴりぽっちゃり気味のウサギのバッグチャーム。
もう、ちょこんと座っていてくれるだけでカワイくて満足なのだが(笑)
実はちょっと秘密が。

背中にファスナー

実は背中にファスナーが!
ファスナーの持ち手がシッポになってるあたりがニクイ(^m^*)

中にはトートバッグ

中には同じ柄の生地のエコバッグが入っている。
かなり大きいので美術館で図録を買ったり
スーパーでたまたま牛乳が安売りだった、なんて時にも対応可能!
二つ目の例がものすご~く夢がないなあ(^^;)

生地アップ

このバッグとウサちゃん、生地を良く見てみると
ウサギ迷彩になっているというウサギストまっしぐらなデザイン。
エコバッグとしては少々お値段が張ったのだが
半年くらい前、色違いのものが出た時は情報キャッチが遅く
気づいた時には完売になっていてとても悲しい思いをしたので
今回は勿論迷わず買った!
ちなみにバッグブランド「アンテプリマ」さんのもので
商品名は「カムファートトート」。
カムファート、というのはカムフラージュ柄のことらしい。何語??

お天気の良い日にデビューしてもらおう♪
web拍手

| うさぎグッズ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

無視していいですか

何を隠そう、蝶が苦手だ。
いや、隠してもいないのだけど
蝶に限らず虫は苦手なのだが
蝶の場合おなかに幼虫時代の面影が残っているのと
粉を飛ばすこと、それになんと言っても飛ぶ!
お願い、近寄らないで~!(涙)

子供の頃は蝶はおろか、芋虫も平気だったのに
いつからか虫が苦手になった。
蝶に関しては決定打があって、大学の同級生に
蝶のコレクターがいたのだ。
自慢げに見せてくれた標本には巨大なものも多いうえに
表は極彩色だが裏が蛾と変わらなかったりと
もう見ているだけで鳥肌が。。。
軽い拷問状態(^^;)男子学生が多かったから、他の子は喜んでいたのだろうけど

さて、マイセンやドレスデンなどヨーロピアンの名窯の
ディナープレートなどに、ブーケと一緒に蝶やトンボなどの
昆虫が描かれているものが多いのをご存知だろうか。

ヨーロッパ磁器黎明期、まだ技術が不安定で表面に
鉄粉混入の黒点が出てしまうものも珍しくなかった。
ただでさえ困難な時期製造、黒点が出たからと言って
それをB級品として排除するほどの余裕はなく
どうにか気にならないようにできないか、と工夫した当時の絵付師が
黒点を含む形でその部分に虫を描いたのだそうだ。
日本人の感覚からすると

「食事をする器に虫を描くなんて!」

と思うのだが、ヨーロッパ人の感覚としては
花も昆虫も自然のもの、というくくりで
虫を描くことによって花のリアリティが増す、と言う考えだったらしい。

そんなわけで、アンティークの模写をするとよく蝶が登場する。
わたくしは蝶が嫌いなので自分の食器には極力描かないが
生徒さんからリクエストがあればお教えはする。
ペンワークなので得意なのだけど、描けるかどうかと好き嫌いはまた別問題(^^;)

ある日、生徒さんが「これにチャレンジしてみたい」と
正統派ブーケの参考画像を持って来た。
各々のお皿に蝶だけでなく色々な虫が。
その中に、蝶もいやだけどなんだかコレ嫌だわ!という感じの虫が。
その生徒さん、大変冷静に

「これ、絶対ゴッキーの幼虫ですよね(^^)」

ぎゃあああああ~~~!!(号泣)
クラスの誰より生き物に詳しい彼女は東京農大出身。
非常に信憑性のある御意見である。
その忌々しいヤングイニシャルGは描かないでおこう、と
その場で意見が一致した(TT)


やっぱり虫はお皿にいなくてもいいと思うのだけどなあ(涙)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

おめでとう俊行さん!

Grow up

クラスの俊行さんが第3回PMC Webコンテストで
デザイン部門・審査員特別賞を受賞した。
初出品・初入選。
おめでとう、俊行さん!
詳しくは第3回PMC Webコンテストの結果発表ページをご覧いただきたい。
画像や作品タイトルをクリックすると、他の角度からの画像や
制作者コメントがご覧いただける。

しっかりとしたコンセプトのもと造形にこだわりつつも
アクセサリーとして実用に耐えうる作りが素晴らしい。
これを励みに、更に成長して欲しい(^^)

ちなみにこの作品含む入賞作品の実物は
2012年3月15日(木)~18日(日)に東京有楽町の
国際フォーラムB1で行われる「三菱のジュエリーフェア」
会場内で展示されるので、もしご興味があれば是非是非是非。
申し訳ありません、東京会場の入場受付は終了しておりました(TT)


うちのクラスには、他にも潜在能力を秘めた
腕ききさんがごろごろ転がって(?)いるので
伸行さん・俊行さんに続いて近い将来暴れまくってほしい、と期待している。
web拍手

| お知らせ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

Hugo & Victor のSphere

Hugo&Victor

この本の様な物体は一体何か。
一瞬「あれ?」と思われた方もおいでかもしれないが
かの文豪ヴィクトル・ユーゴーの著作という訳ではない。
言うまでもないが、ユーゴーは「レ・ミゼラブル」の作者。
これ、Hugo & Victor(ユーゴ・エ・ヴィクトール)という
パリのショコラティエの商品なのだ。
パリジェンヌの友人が一時帰国するので

「買ってきて欲しいものあったら連絡して(^^)」

と言ってくれたのをいいことに、ハンドキャリーをお願いした。
というのは、このショコラティエはまだ日本未出店で
今年のサロン・デュ・ショコラ東京の目玉ブランドの一つだったのだが
高くて高くてとても手が出せなかったのだ(TT)

お洒落なブック型ケースを開くと中身は!

Sphere

その名も「Sphere」。名前の通りの美しい球体が並ぶ。
Sphere:球体。フランス語だと「スフェール」と発音するのだそう。
なんだかもうルックスだけで圧倒される!

底面にロゴマークのシルクプリント

しかも底面にはロゴサインがシルクプリントされている。
アクセサリーもそうなのだが、良い作品って
見えないところも絶対手を抜かないんだよなあ。

とろ~り♪

中にはフルーツフレーバーのキャラメルがとろりと封入されている。
キャラメル好きでチョコ好きなわたくしとしてはもう

「口の中がまさに桃源郷や~!」
…誰が彦○呂さんになれと言いましたか!

味がおいしいのはもちろんなのだが、なんというかこう五感を刺激されまくる感じだ!
ウエブサイトで見ると、店舗もものすご~くスタイリッシュ。
ああ、パリに行く機会があったら是非実店舗に行ってみたい!!

ところで、うちのダーリンはキャラメルが苦手なうえに
海外のチョコレートは大概ダメ。
このおいしさと感動をわかちあえないのは非常に残念なのだが
逆に言えばわたくしが合法的に独り占めできるということで
イッヒッヒ(^m^)
こら!そこの鬼嫁!!

少しずつ大事に堪能するつもりでいる♪
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

最後の頑張りなのか、またこのところ寒さが厳しいですね。
春の暖かさを待ちわびつつ(できれば花粉なしでお願いしたい)
暖かなカフェオレやお茶でほっこりしたり
のんびり音楽を聴きながら部屋でぬくぬくしたりする
冬ならではの楽しみもそろそろ終わり、と思って楽しまなくては。


拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

マリー・アントワネットV.S.デュ・バリー夫人

今回でようやく決着(^^;)
この記事は続き物になっているので、もし未読の場合は
是非過去の記事をご覧になってからの方がお楽しみ頂ける。

第1回 マリー・アントワネットのカップ&ソーサーB
第2回 デュ・バリー夫人のカップ&ソーサーE
第3回 アントワネットとデュ・バリー夫人…の前に


さて、前回はポンパドゥール夫人のことを少々熱く語りすぎた(笑)
彼女は42歳でその生涯を閉じるまでルイ15世の寵愛を一身に受けたという。

ポンバドゥール夫人没後5年、次の公妾となったのがデュ・バリー夫人である。

あれだけの才覚を誇ったポンパドゥール夫人ですら貴族の出ではないということで
受け入れられるまでには相当な軋轢があったようなのだが
デュ・バリー夫人に至っては元高級娼婦。
ただでさえ公妾となってから円満に、とはいかなかったのであるが
敬愛する母マリア・テレジアから

「お金をとって男の相手をするのは女性として最も卑しい事」

と教えられていたマリー・アントワネットはデュ・バリー夫人を忌み嫌った。

当時ヴェルサイユでは身分の低い女性から高い女性に声を掛けることはご法度で
自分より位の高い女性から声を掛けてもらうのを今か今かと待たねばならなかった。
この時ヴェルサイユで一番地位の高い女性はもちろんマリー・アントワネット。
社交界に顔を出す御婦人たちに気さくに声を掛ける一方で
デュ・バリー夫人を徹底的に無視した。
だがデュ・バリー夫人も負けてはいない。

「ルイ15世の交妾である自分を馬鹿にすることは
 オーストリアがフランスを馬鹿にすることと同義」

とルイ15世に泣き付き、自体はあわや国際問題、というところまでいってしまう。
このあたりの女の戦いは超有名マンガ「べルサイユのばら」前半での
大きな山場になっているので、もし機会があれば是非ご一読を。

この問題はアントワネット側が外交カードをちらつかされつつ一応の決着を見るのだが
アントワネットとデュ・バリー夫人はそんなわけで大変仲が悪かった(笑)

さて、ようやく本題(^^;)
カップの底がどうなっているかをこっそりお見せしよう。

カップの底は・・・!

実はデュ・バリー夫人のカップはイ~っ!と歯を剥いていて
アントワネットのカップはベ~っ!と舌を出している。
仮にお茶を飲むとこんな感じ。

デュ・バリー夫人E

アントワネットB
モデルとしてダーリンにポーズをとってもらったが
プライバシー保護の為、画像を一部加工(笑)


つまり、正式名称は
「デュ・バリー夫人のカップ&ソーサーE(イー)」
「マリー・アントワネットのカップ&ソーサーB(ベー)」
アントワネットの方は母国オーストリアにならってドイツ語読みで
というわけ。

向かい合ってこのカップでお茶を飲むと
アントワネットとデュ・バリー夫人の心の声が再現できるのだ(笑)

「そんな恐ろしいカップ、偶然仲の悪い二人が使ったら怖いよね!」

とはダーリンの弁であるが、ゆったり優雅な時間を過ごすためには
仲の悪い二人は同じお茶会にお呼びしない方が良いのではないかと思っている。
web拍手

| 描いちゃいました・ポーセリン | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

うさぎ雛の箸置き

うさぎ雛の箸置き

微妙に昨日の記事と続きもの。
ちょっと紹介するには遅いかな?と来年に回そうかと思っていたのだが
旧暦ひな祭りならまだセーフ!ということで(笑)

うさぎ雛の箸置き。
このカワイイお雛さまが箸先をそっと持ってくれる…はずだった(^^;)
はずだった、というのはどういうことかというと
実際使ってみると非常に安定が悪い。
ジェンガのごとく「そ~~~~~っ」と載せないと
箸が転がってしまうのだ。
プロダクトデザインとして考えるとかなりのNG。
袖口が肩より若干高くなるようにしないと~!
もっとも陶器製で袖部分は手作業でつけているのだろうな、と思うと
これくらいの誤差は仕方がないかもしれない。
全ての購買客がそう言って納得してくれるかは疑問であるが
そんなわけで、我が家ではうさぎの箸置きケースを華やかに飾るという
また別の重要なお仕事をしてくれている(笑)

ところで「うさぎ雛箸置き」として売られていたのだが
全てがこのデザインでお内裏様がいなかった。
女雛単独でもお雛様として認定されるのだろうか??

我が家ではウサギだしカワイイしでとりあえずいいか、ということになっているのだが。
ハードル低すぎ!!
web拍手

| うさぎグッズ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

知らなかった・・・!

ひょんなことから初めて知った事実。
なんと、ここ太田市ではひな祭りは旧暦で祝うらしい。
つまり4月にひな祭りをする
ここへ引越してきて10年経つが、初めて知った。
ひな祭りを旧暦で祝う地域があるということ自体知らなかったので。

でも考えてみれば七夕やお盆が旧暦のところもあるので
ひな祭りが旧暦でも不思議がないと言えばない。

ただ、お隣の前橋市は3月がお雛祭りだし
太田市内でも全国平均(?)に合わせて3月にお祝いするところもあったりと
これはこれでなかなかややこしいことになっているそうではある。

ところで、よく

「雛人形をしまうのが遅いと娘の婚期が遅れる」

などと言うが。
わたくしの母は

「あんまり早くお嫁に行かれても困るしね(^^)」

と恐ろしいことを言って(笑)かなり長い事お雛様を飾る人だった。
彼女がお雛様大好きなので、素朴な土人形、と言った感じの雛人形が
結構たくさんあって、中には一年中飾ってあるものも。
すべて彼女のコレクションでわたくしのお雛様ではナイ(笑)
それでも娘のわたくしはそれなりの時期に片付いたので
お嬢様をお持ちのお母様、そんなに神経質にならなくても大丈夫かも。
旧暦のひな祭りを視野に入れたら、1か月猶予があるわけだしネ。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

キュウリじゃないけれど・その後

以前ご紹介したキュウリのような香り(がする気)がする
いただきもののアロエジェル後日談。

どうやら効果がありそうである~!

残念ながら

「きゃー!顔のシミが薄くなったわー(嬉)」

というほど劇的な効果はないのだが
ここ数年、特に冬場に手の親指・人差し指・中指の側面が
タコのように硬くなってしまっていたのと
人差し指表面がうろこ状になっていた
銀粘土のクラスで女子生徒さんズに見せたところ
「主婦湿疹では?」と言われたのだが

のが、気づけばきれいさっぱり解消!

ゆずハンドローションやハンドクリームとも併用したので
これだけの効果かどうかはわからないのだが
例年、必死でハンドクリームを擦りこんでも
一向に解消できなかった指側面のガサガサがなくなったのは
かなり嬉しい。
なにしろ手は大事な商売道具なのだし。

朝・晩顔にも使って顔の方には効果が判らないのは
ちょっと寂しいのだが(^^;)
手専用でも効果があるのだからいいなあ、と思う。
べたつかず、すっと肌に入っていく感じも気持ちいいし。

夏だと更にひんやりして気持ちいいのでは?と
こっそり期待している。
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

先日、偶然目にしたこのブログのファイル数がちょうど1024でした。
ちょうど1024、というと微妙に感じられるかもしれませんが
2^10(2の10乗)=1024でして
ソフトウェア技術者には馴染の数字です。
退職してからの時間が勤務していた時間の5倍になるのに
変な所だけ妙なクセが残っているものです(^^;)

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、ぜひまた遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

Heart chain ring

ポーセリンの作品紹介記事が長引きそうなので(^^;)
たまには銀粘土作品のご紹介を。


Heart chain ring

先日参加した講師向け講習会で制作した「可動リング」。
講師の磯塚映絵(いそづか あきえ)先生は
スラリとしたカッコいい系の美人さんでこちらのテンションもMax!
こらこら!そこの動機不純な受講生!!(笑)

結構体が柔らかい♪

裏側から見るとわかりやすいのだが、時計ベルトのように
チェーン状にパーツがつながっていてぶらぶらと自由に動くのだ。
この装着感がまたなかなかよい。

着用イメージ

アップだとこんな感じ

体験講習だと「基本に忠実に」行く慎重派と
「行ける限り冒険してみたい」チャレンジャー派にわかれるのだが
わたくしはもちろん後者(笑)
と言っても、もちろん「これくらいならなんとか・・・!」と読んだのだが。
講師の先生によっては勝手にアレンジされると嫌がる方もいらっしゃるので
そのあたりは是非空気を読んで欲しい。
磯塚先生は「やってごらん~(^^)」と好きに遊ばせて下さるタイプだったので
ありがたくチャレンジさせて頂いた。

かっちりスクエアに仕上げるとメンズの時計ベルトの様で
これまたユニセックスデザインのカッコいいものに仕上がる。

さてこれ、技術的には基礎をしっかりマスターした中級レベルなら
問題なく作れる、と思ったのだが
教室で生徒さんズに見せたら

「いやだ!難しい!!無理!!!」

と言われてしまった(涙)
そんなこと言わずに作りましょうよ~~~(^^;)

ただし、わたくし自身の感想としては
このリング最大の難所は収縮が読めないところにあると思っている。

いくつか作り重ねていくうちに
自分の中での方程式が出せると良いのだが。

とても気に入ったのでまたチャレンジしたいと思っている。


PMC3 (概ね)12g使用
2012年2月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

昨日、卒業生が赤ちゃんを連れて遊びに来てくれました。
堅実で幸せな家庭を築いているのだなあ、と思うと
こちらまで嬉しくて胸が熱くなります。
視線は親戚のおばちゃんを通り越して
もはやおばあちゃんレベルです(笑)
この先、辛いことや難しいことも色々あると思いますが
お二人のクリエイティビティが
様々な場面で助けになると信じていますからね。
余裕が出来て、また始めてみようかなと思ったら
いつでもどうぞ!
初の「幼児生徒」(英才教育?)も歓迎です(笑)

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギストール

ウサギストール

ウサギストもびっくり!ウサギ柄のストール。
あったのね~・・・(^^;)
義妹ちゃんからのプレゼントなのだ。
ありがとうMちゃん!!
実際に身に着けると、こんな風に

襟元をウサギが走る♪

襟元をぴょこぴょこウサギが走るという、ウサギストにはもうたまらないデザイン(^^)

薄手なのだがとても暖かだわカワイイわで大変重宝している。
web拍手

| うさぎグッズ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

どんな風に?

先日、ダーリンと映画を見に行ったら
結婚式場のチラシを渡された。

喫茶店やレストランで、キャッシャーにわたくしが立つと
結構な確率で

「お会計はご一緒でよろしいですか?」

と聞かれる。

素朴な疑問なのだが、わたくしとダーリンはどんな関係に見られているのだろう??
うち、結婚19年なのだけど・・・(^^;)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |