2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Halloween Party~その1~

先日の関東エリア展に出品した生徒有志チームの作品
「Halloween Party」

Halloween Party

生徒さんがそれぞれ「ハロウィン」をテーマに作ったペンダントを
1本のネックレスにした。

今回から3回に分けて作品をご紹介しよう(^^)


トップバッターは伸行さん作の一つ目ゴースト。
今回「みんなでの連作にしよう」というのも伸行さんが発案してくれた。

一つ目ゴースト

血走った目が怖いはずなのに、表情がなんともユーモラス。

シルエットもユーモラス

横から見るとシルエットがよくわかるのだが
ちょこんと出した手やシッポ(?)がなんとも可愛い。
「オバケだぞ~」と脅かしてるのにちっとも怖がられない、みたいな(笑)

コウモリ

こちらも伸行さん作のコウモリ。

コウモリ傘仕様

実はシッポがコウモリ傘仕様。
こういう洒落の効いたところがなんともニクイ。

ジャック・オ・ランタン

こちらは千恵美さん作のHappy Halloween!ver.うさ耳。
以前こちらでご紹介しているので詳しい説明はそちらで見ていただくことにして。
実は今回の出品にあたり、ちょっとお色直ししているので
制作時よりも完成度が上がっている。
あとから銀粘土をつけたして再焼成できるのも
銀粘土と言う素材の魅力の一つだ。
ジャック・オ・ランタンはやはりハロウィンらしいモチーフ。

ちなみにこの週末から、11月の1か月間
JOYFUL-2教室前の展示スペースに展示予定なので
是非実物をご覧いただきたい。

それでは続きはまた来週!
・Halloween Party~その2~
・Halloween Party~その3~
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

いつの間にやら寒くなってまいりましたね。
我が家はダーリンの出勤が早いので
お見送りタイムが夜のようで
ああ、また冬だな~と感じ始めました。
みなさま、冷えで風邪などひかないようお気を付け下さいね。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非またあそびにいらしてくださいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

くまモンっちょ

くまモンっちょ付きぷっちょ

くまモンとぷっちょのコラボ商品
なかよしくまもんっちょストラップ付きぷっちょ。

6種類のくまモン&ぷっちょ(これが「くまモンっちょ」)ストラップの
どれかひとつがおまけについていて
今回わたくしが引き当てたのはこれ。

くまモンっちょ

可愛い~!
赤いマントで空を飛ぶスーパーくまモンの背中にぷっちょが乗っている。

肉球!!

肉球がたまらない(笑)
ふだんあまり見ることがないが、おシリとシッポも可愛いなあ。

肝心のぷっちょは晩白柚(ばんぺいゆ)味。
晩白柚というのは1個がメロン程もある柑橘類。
以前友人みずら嬢のところでごちそうになり
1個お土産にもらって

「次に行く先のチビッコの頭と同じ位の大きさかも!」

と言ったら、その子に持ってもらって写真撮ってみたら?と言われた。
坊やが座る目の前のテーブルに晩白柚を置いて写真を撮ったら
ホントに同じ位の大きさで、オトナチームは大笑いだったなあ。

そんな晩白柚、甘みは少なく、かすかな苦味がある。
好き嫌いが別れそうな感じなのだが
ぷっちょにすると、これが爽やかでなかなか良い感じだ。
果物の晩白柚が苦手でも、このぷっちょは行けるのではなかろうか。

くまモンストラップ付きぷっちょ
ご興味のある方はコンビニエンスストアへGo!
web拍手

| 買っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

リンクお迎えしました~小さなコーナー アクセサリー製作日記~

さて、このたび当Rika実験室に
リンクをお迎えさせていただくことになりました。
ブログネーム「ボロニーズ」さんの「小さなコーナー アクセサリー製作日記」です。

ボロニーズさんは東京と横浜で銀粘土を使ったアクセサリー教室を開かれています。

先日の関東エリア展で色々お世話になったのですが
その節は本当にありがとうございました!
会場にいらしていた生徒さん達とのやり取りから
日頃の楽しい教室の雰囲気が伺えました。

ブログには先生と生徒さん達の作品がたくさん掲載されているので
とっても見応えありです。


↓クリックすると新しいウィンドウで開きます

小さなコーナー アクセサリー製作日記
http://98189908.at.webry.info/

また、PCからご覧の方は画面右下方「リンク」の
「小さなコーナー アクセサリー製作日記」をクリックしていただいても
新しいウィンドウで小さなコーナー アクセサリー製作日記が開きます。

Rika実験室同様、どうぞよろしくお願いいたします。
web拍手

| お知らせ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

日曜日は寒かったですね~!
夏が長かったので、寒くなる前にしばらく秋を楽しみたいのですが
このままでは
「秋、省略!冬!!」
になってしまいそうでなんとも。
すこし穏やかなお天気を希望します(^^;)

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

2012熊野ツアーレポートその4

毎週金曜日は熊野ツアーレポート!
よろしければお付き合いください。

これまではこちら
2012熊野ツアーレポートその1
2012熊野ツアーレポートその2
2012熊野ツアーレポートその3

美味しいソフトクリームとバウムクーヘン、優しさに癒された
わたくし達は歩いて次なる目的地へ。

獅子巌

世界遺産、獅子巌(ししいわ)。
地盤の隆起と海風蝕によりこのような形になったと言われているが
確かに海に向かって吠える獅子の横顔。

確かに獅子

これが自然物だってちょっとすごい。

そして、上の獅子巌画像の下にちょっと映っているが、七里御浜(しちりみはま)。
熊野灘に面して鬼ヶ城から熊野川河口までゆるやかな弧を描き、20数km(約7里)
3つの市と町にわたって続く美しい浜。

七里御浜

一見何の変哲もなさそうな浜辺に見えるが…

砂じゃなく石

なんと、砂ではなく角の丸くなった石!!
七里御浜は日本で一番長い砂礫(されき)海岸でもあるそうだ。
ちなみに地質学的な分類では直径2㎜以上なら礫、1/16㎜~2㎜だと砂なのだそう。
角が丸いし大きさがあるので、その辺にさっと座っても
砂のように服に付いたりしないのが便利(^^)
ただ、ここを歩くとかなり体力を消耗する。
ただの砂利道ではなく、それが更に埋まりこんでいく感じで。
波打ち際まで行ってみようか、と進んでいったのだが
急にかくん、と深くなっている感じで降りたが最後戻れなくなりそうで(^^;)
覗くだけで戻ってきた。
七里御浜自体、波が荒く、海が急に深くなっているため遊泳禁止なのだそうだ。

ここからまたほんのちょっと歩くと花の窟(はなのいわや)神社。

花の窟

これは御神体である岩を下から見上げたところ。

日本書紀の一書では、神々の母である伊弉冊尊(イザナミノミコト)が
火神・軻遇突智尊(カグツチノミコト)を産み
陰部を灼かれて亡くなった(何せ火の神様だから)後に葬られた御陵が
花の窟、ということになっている。

伊弉冊尊(イザナミノミコト)

御神体の真下に祭られているのが伊弉冊尊(イザナミノミコト)。

軻遇突智尊(カグツチノミコト)

すぐそばに軻遇突智尊(カグツチノミコト)。
伊弉諾神(イザナキノミコト)は伊弉冊尊(イザナミノミコト)が亡くなったことを怒り
軻遇突智尊(カグツチノミコト)を斬り殺してしまう。
そしてその時流れた血や死体からもたくさんの神が生まれている。
…激しいな、日本書紀(^^;;;)

お綱茶屋

花の窟正面にある「お綱茶屋」。
公式サイトによると

平成25年には高速道路が開通予定で、さらに来訪者の増加が予想されることから、
花の窟にちなんだ商品の販売や食の提供を行う施設、
花の窟の歴史・由緒を伝えるための資料館など魅力ある花の窟周辺整備を行い、
通過する観光客を誘客し、滞在時間の延長を図り、
地域への経済波及効果を高めることを目的として
平成24年4月20日(金)オープンしました。


だそうだ。
腰掛けて休憩できるスペースがあり、この時は冷たいお茶をサービスしてくれた。
(多分寒い時期なら温かいお茶)。
食堂もあるので簡単な食事もできるしお土産品もあり。
新姫サイダーが美味しかった!
また、トイレが新しくて綺麗なだけでなく個室が檜造りで
ものすご~くいい香り!
…トイレに入った感想が「いい香り」って言うのも
かなり珍しいのでは(笑)

ここから路線バスで紀伊勝浦駅まで移動、本日のホテルまで。
このホテル、ちょっと面白い入り方をするところで
観光桟橋から船に乗ってホテルに向かうのだ。

浦島丸
画像はホテル浦島さん公式サイトより拝借

本当はこんな愉快なカメさんの船にのるはずだったのだが
3回乗って3回ともカメさんに当たらず。
あっ!もしかして、うちがウサギブログなのでカメさんに嫌われた!?

一度チェックインして荷物を部屋に置いて来てから
もう一度観光桟橋まで戻り、本日の夕食~。

まぐろ三昧那智

まぐろ三昧・那智さん。

この日わたくし達がいただいたのは・・・

まぐろの尾の身のカナッペ

まぐろの尾の身のカナッペ

くじらの竜田揚げ

くじらの竜田揚げ

まぐろの油淋鶏(ユーリンチー)

まぐろの油淋鶏(ユーリンチー)

イラギ(サメ)の塩干し

イラギ(サメ)の塩干し

まぐろの皮の燻製のサラダ

まぐろの皮の燻製のサラダ

熊野牛すじデミ味噌煮込みドリア

熊野牛すじデミミソ煮込みドリア

まぐろのお刺身

まぐろのお刺身

まぐろのつみれの味噌汁

まぐろのつみれの味噌汁

梅のシャーベット

梅のシャーベット

…を3人でシェアして、熊野大満喫(笑)。
どれも美味しかったが、熊野牛すじデミ味噌煮込みドリアが
個人的大ヒットだった。

さて、この日宿泊したのは超巨大有名ホテル、ホテル浦島さん。
時間が遅かったのと、あまりに大きすぎて全景を撮影できず(^^;)。

ここには6つの温泉があって、なんとホテル館内で温泉スタンプラリー企画が。
「3つ以上スタンプを集めれば粗品進呈」ということになっているのだが
どうもこういうのって無駄にコレクター魂が刺激される(笑)
というわけで、営業時間とにらめっこした結果
19:00で閉まってしまう「天海の湯」にまず入ってから食事に行ってきたのだ。
翌日のスケジュールに余裕があるなら朝6:00から入れるのだが
予定が詰まっているうえ朝は「忘帰洞」にあてたいね、ということで。

さて、わたくし達が泊まった本館から山上館32階(!)の天海の湯までは
結構な距離。しかも恐ろしいことにここまで行けるエスカレータが存在する。
最初は「わあ、東京駅みたい(^^)」なんて余裕でいたが
3基にわかれているとはいえ、32階分分を登るエスカレータなのだ。
映像が見てみたい人はこちら
臨場感(?)を味わいたい方はこちらの「エスカレータを登って降りるだけ」という動画を。

温泉に浸かって、美味しいものを食べて
また重たいお腹(笑)を抱えて温泉のハシゴ、という
天国なのか地獄なのかよく判らない(ウソです、天国です)行程を。

さあ、明日は熊野本番・三社めぐり!と
ふかふかのお布団にくるまれて3秒でオヤスミナサイ(←特技です)

続きはまた次回!

web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

見返りダンディ

先日、新宿駅湘南新宿ラインホームで電車を待っていた時のこと。
わたくしの前に並んでいた男性(推定65~70歳)が
急に後ろを振り返った。
なんだろう、と思っていると着ていたジャケットを脱いだ。

つまり、彼はジャケットを脱ぐという動作で
後ろにいる人(この場合わたくし)に腕やジャケットが
ぶつかったりしないか距離を測っていた、というわけだ。

わお、なんてエレガントな!

きっと日頃から、小さなことにも自然に気を配れる方なのだろう。
こういうカッコいいオトナの男性が増えると嬉しいなあ。

わたくしも(男性ではないけれど)見習います(^^)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

昨日は銀粘土の出張講習に行って参りました。
ここまではよくあることですが、普段と違っていたのは
「英語で授業をしてくれ」
と言われていたこと。
国語以外すべての授業を英語でする学校なのでその一環ということです。
話を持って来た米人は
「生徒たちは小さいころから英語で教育を受けているから大丈夫だ」
と言うので
「生徒には英語力があるかもしれないけど、わたくしに力がないから無理!」
と抵抗したところ
「ハ!日本人はみんなそういうんだよね。よく知ってるよ。
 でも大丈夫。問題ないから。」
…あなたの知っている他の日本人は謙遜しているのかもしれないけれど
わたくしのは謙遜ではない!!と言い返せるだけの英語力は無く(^^;)
不承不承英語で授業をする羽目に。
もっとも、カタコトの英語でがんばったのは前半だけで
デザインの話になってくると時間が惜しくなり(10人講習だったので)
結局なし崩しに日本語講習になりました。
うーん、色々勉強しないとダメですねぇ。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

3分51秒で見られる展覧会

夏に参加したグループ展の動画をYou Tubeにアップしました。
よろしければ是非お楽しみください(^^)



下のリンクをクリックすると大きな画像でお楽しみいただけます。

You Tube 2012 dotkom art exhibition

グループ展サイトの元記事はこちらです。
web拍手

| お知らせ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

当たっちゃいました

日頃あまりクジ運が良い方ではないのだが
なんと!こんなもの当たっちゃいました~!

当たっちゃいました!

Shu Uemuraさんのブランドサイト「シュウのムーシュ」というコーナーがあって
「幻の男性美容部員1号」ことムーシュ、というキャラクター(執事風)が
ムース下地について色々説明してくれるのだが
ここで色々なページを回って鍵を集めるとプレゼントに応募できる、という
キャンペーンがあった。
応募の為にはShu Uemuraへの会員登録(無料)が必要なのだが
元々ここの化粧品を使っていて会員登録してあったこともあって
軽い気持ちで応募。
「30名様に当たります」
とあったので、まず当たらないよね~、と応募したこと自体忘れていたのだが
「当選おめでとうございます」のメールが!!
よく読まずうっかり捨てちゃいそうになった…アブナイ!!

左側のTSUYAエッセンス(美容液)こそミニサイズの非売品だが
ムース下地とファンデーションはなんと現品。

Shu Uemuraさん、なんて太っ腹な!!

ファンデーションは元々使っていたものの色違い。
(これはキャンペーンなので選べない。でも平均的な色なので問題なし)
ムース下地は元々愛用していたのだが
これは新しく出たもの。
塗るとクリームっぽく変化するのが新しい!
以前のものと比べて物凄く膨らむので、量をほんのちょっとにしないと
えらい目にあいそうだ。(でも慣れたらお得ってことよね?)
TSUYAエッセンス、これは気持ちいい~!
まだ使い始めたばかりなのだが、今のところ肌がもちもちになっている気がする。
欲を言えば、これは香りがない方が嬉しかったなあ。

10/25まで、今度はムース下地とチーク、アイシャドウ2色をセットで
30名様にプレゼント!キャンペーン実施中なので
ご興味のある方はぜひムーシュのページへGo!
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

ついこの間まで暑い暑いと言っていたのに
気が付けば朝晩はすっかり涼しく(というか寒く)なりました。
寒くなる前に過ごしやすい季節を楽しんでおきたいですね。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、ぜひまた遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

イルカブレスレット

イルカブレスレット

狂ったようにブレスレットを作ってましたシリーズ。
TWINKLE STARでは水晶のさざれを星屑に見立てたが
今回は波しぶきのつもり。
波と戯れるイルカなのだ。

イルカ

小さいけれどちゃんとイルカ(笑)

色といいモチーフといい夏向きではあるのだが
海やイルカが大好き、という方なら
冬場なかなか海に行けない、という時に
手首に小さなイルカを泳がせて
気分だけでも海のそばに、というのも素敵では。


PMC3 2g、銀線、シルバー925チェーン、
水晶、ビーズ、アーティスティックワイヤー(シルバーめっき銅線)
アジアンコード(ポリエステルコード)


2012年5月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2012熊野ツアーレポートその3

毎週金曜日は熊野ツアーレポート!
よろしければお付き合いください。

これまではこちら
2012熊野ツアーレポートその1
2012熊野ツアーレポートその2

めはり寿司でパワーをチャージして先へ進もう。

流木が・・・

白い枝のようなものが見えるだろうか?
画像だと小さく見えるが、実物は結構大きな流木。
台風の時にでもうちあげられたのだろうか。

ものすごい削られ方

この岩には名前がついていなかったと思うが
芸術的な削られ方、というか残り方。

鬼の見張り場(多分)

鬼の見張り場。
坂上田村麻呂伝説ではここでの鬼とは鬼と恐れられこの地を荒らし廻っていた
海賊・多娥丸(たがまる)だそうだ。
となると海賊がここから見張っていたのは?獲物??

水谷

多分水谷。
小さな滝があって、そこから続く流れがあった。

鬼の洗濯場

鬼の洗濯場。
やっぱりワイルド過ぎです、鬼さん。

振り返ると

来た道を振り返るとこんな感じ。

波切不動

波切不動。どうみても不動、というよりカエルなのだが
名付けられた当時は不動尊に見える形だったそうだ。

蜂の巣

蜂の巣。これはまさに名前通り!って感じ。
岩の性質もあるのだろうが、もの凄い削られ方。

奇岩群はこのあたりまでなのだが、面白かった~!
時間の制約があるバスツアーなどだと中々こちらには来られないらしく
わたくし達が歩いている間すれ違ったのはおじさまがお一人と
コースから出る頃逆側から入って行った少年(青年?」)の二人だけ。
日頃なかなか見られない景色なので
お時間のある時で天気がよいならおススメ。
波の高いときに行っちゃいけませんよ!危ないから。

さて、バス停まで戻ってきたところでちょっと足も疲れたしのども乾いたし
座って一休みしたいよね、というところで目に入ったのは
なんとも魅力的なこのお店。

森のバウム

…ちょっと嘘をついた。
戻ってきたところで目に入ったのではなく、往路
バスを降りた時からチェック済みだった(笑)
だって

「しっとりやわらかバウムクーヘン」

だよ!?しかも同行者のROMちゃんは
わたくしと同じく「3度のゴハンよりオヤツが好き」と言うタイプ。
見逃すわけがない(笑)

可愛いショーケース

このお店「森のバウム」さんというバウムクーヘン屋さんで
どうやらテイクアウトのお店だった模様。
イートインコーナーでもあれば、と思ったがそうではなかった。

あら残念、と思ったのだが

「え?鬼ヶ城ずっと歩いてきたの?」
「お客さんどこから来たの?」

と聞かれ

「東京と静岡と群馬から来ました!」

と答えると

「飲み物はないけどソフトクリームならあるから
 それでよければどうぞ(^^)」

と椅子を勧めてくれた。
この椅子とテーブル、本来バウムクーヘンを注文したり
地方発送のための伝票を書くためのものなのだが
わざわざ3人で座れるように奥から予備の椅子まで出して下さって。
ううう、なんて優しいの~~!(感涙)

ソフトクリーム

いただいたソフトクリームが美味しかったのはもちろんだが
もうこの優しさが身に染みて・・・。
ソフトクリームをいただきながら
七里御浜での「熊野の花火」の様子を教えてもらったり
思わぬところで充実の休憩タイム。

しかもソフトクリームを食べ終わる頃には冷たいお茶を出して下さったうえ

「味見用ですけどよかったら(^^)」

とバウムクーヘンを出して下さった。
これが看板に偽りなし!しっとりやわらか。

奥でバウムクーヘンを作っている

お店で焼いているのだが、焼き立ては更にすごいらしい。

・・・ゴクリ

バウムクーヘンはプレーンの他にプレーンライト、抹茶ミルク、チョコレートの4種。
さらにオプションで4種類の生クリームをつけることができる。
この時はまだ暑かったし距離があるのでクリームはつけなかったが
生クリーム添えのバウムクーヘンもおいしいだろうなあ。

これは美味しいねー、と3人でおみやげやらおやつを買って
おいとましようとしたら

「よかったらこれ、途中でおやつにしてください(^^)」

と、試食用の可愛くパックされたバウムクーヘンを下さった。
うう、なんというホスピタリティ!!
もうここ一軒だけで「熊野良いとこ!!」と思ってしまう。

ちなみにここから自宅へバウムクーヘンを送り
お預けだと余りにかわいそうなので
「先に食べててOK」と、メールしておいたら
翌日バウムクーヘンを受け取ったダーリンからの返信は

「バウム旨し。」
バウムクーヘンはダーリンの好物(^^)
そうか、美味しかったのね、よかったね(笑)

喉の渇きだけでなく色々癒され
旅を先に進めることに。
続きはまた次回!!

★森のバウム

三重県熊野市木本町155-1
0597-89-5575

味も文句なしに美味しいですが
とにかくお店の方たちが親切で
とても気持ちの良いお店でした。おススメ。
web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

意外な組み合わせ

電話などで漢字の説明をすることがある。
例えばわたくしの名前の「りか」は漢字だと「利佳」と書くのだが
それぞれ「利益の利」「にんべんに土ふたつ」と言えば
大抵の場合わかってもらえる。

ある時建物の名前を聞いていて、その中に「じょう」と言う文字があった。
漢字でどう書きますか、と聞いてみると

「『じょうか』の『じょう』です」

じょうかとは浄化だろうか、城下だろうか。
イントネーションからすると浄化の方かな、と
もう少し詳しく聞いてみようとすると
先方も同じことを思い浮かべたらしく

「『さんずい』に『争う』のじょうです」

これで「浄」だということはわかったのだが
いままでこの字を偏と作りに分けて考えたことがなかったので
物凄く意外な組み合わせ、と言う気がした。
だって「浄」って「浄(きよ)める」だよね。
そんな穏やか(?)な字の中に
「争う」だなんて物騒な字が隠れていることに気付かなかった。

ソースが少ないのではっきりとは言えないのだが、ちょっと調べてみたところ

「浄」は「瀞」から来ていて
「瀞」は「水(さんずい)」+「清」:みずできよめる→瀞い(浄い)
「静」は「青」+「争」:争いをやめて清らかになる→静か
(※青は水の色、ということで青と言う字そのものに清いという意味があるらしい)

ということらしい。
「瀞」が「水」+「清」というのがちょっとピンと来ないのだが
(だって「水」+「静」だよね!?)
物騒な字が隠れていても必ずしも物騒な意味の字にはならないようだ。
色々意外~!
・・・それだけなのだけど。(こらこら!!)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

つるつる肌ができちゃいます

Oh!Baby

ハウス・オブ・ローゼのボディースムーザー「Oh!Baby」。
クチコミサイトで話題になっているのは知っていたのだが
使ったことはなかった商品だった。

が!熊野旅行にあやきち譲が持参していて

「使ってみる?(^^)」

と言ってくれたので使わせてもらったら、ちょっと!奥様!(手首スナップ☆)
なにこれ!?ってくらいお肌がつるつるに。
ただ、熊野では温泉三昧しながらさらにこれを使ったので
どちらの効果だったのか、あるいは相乗効果だったのかわからないが
とにかく帰ったら絶対買おう!と決めていた。

熊野で使わせてもらったのはシーズン限定ライチの香り。
美味しそうな香りに包まれながらあちこちマッサージして
お湯で流すと香りは残らないという親切設計で
なかなか楽しかったのだが、それはもう販売終了になっていて
現在のシーズン限定はバラの香り。
バラの香りはもちろん好きなのだが、バラはどちらかというと
香りより姿に癒されるタイプなのだ。
香りだったら果物か何かの方がよかったな~、ということで
レギュラータイプを購入。

で、実際使ってみると!
本気でつるつるになる~!
40ン年もののお肌でも水をはじくようになっちゃう(笑)ので
40歳以上の女性には全力でおススメしたい。

ところで。手足がつるつるになって喜んでいたある日
近所のスーパー銭湯(温泉。群馬ですから。)に行ってきたダーリンの
腕を何気なく撫でてみたらものすごいつるんつるん。
ダーリンは何も悪い事をしていないのだが
軽く殺意がわきそうに。
こらこら~!
ちなみにOh!Babyにも温泉水配合、ということで
やっぱり温泉って効果あるんだなあ。
持続力はOh!Babyの方があるようで、2日目になると
ダーリンのつるつる具合も普通に戻ったので
家庭の危機は回避された(笑)

そんなわけで現在愛用中。
次に何か美味しそうな香りの「期間限定」商品が出ないか
ものすご~く楽しみにしている。
web拍手

| 買っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ピノ ロイヤルミルクティー味

ピノ秋季限定ロイヤルミルクティー

発売情報を目にした時から「絶対買う!」と決めていた
ピノのロイヤルミルクティー味。
ウバのミルクティー、アイスクリーム、チョコレートと
全部好きなもので構成されているという素晴らしいアイスクリーム(笑)

全部ノーマル・・・

実際食べてみると、鼻の奥に立ち上ってくる紅茶の香り。
強いて言うなら熱いミルクで煮だしたロイヤルミルクティーと言うより
ミルク多目のミルクティー、という感じだが
それはどちらでもいいか。美味しいから(^^)
わたくしはこれ、とても好み!レギュラーのラインに加えて欲しいくらい。

ところでピノには星形の「願いのピノ」ハート形の「幸せのピノ」
というのが時々混ざっている事があるそうなのだが
残念ながら未だかつて当たったことがない。
ピノを食べている間とても幸せな気持ちになれるので
わたくしにとってはノーマルピノも幸せのピノではあるのだけれど。

ロイヤルミルクティー味は12月までの期間限定。
ご興味があれば1度は是非!!
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

日本貴金属粘土協会関東エリア展示会

この展覧会は無事終了致しました。ありがとうございました。
この記事は2012年10月22日(月)までTOPに表示されます

日本貴金属粘土協会関東エリア展示会

関東エリア展

わたくしが所属する講師団体日本貴金属粘土協会の
関東地区展示会があります。

各地で活躍される先生方の作品はもちろんですが
わたくしの自慢の生徒さんズの中から今回有志の

輝子さん/良子さん/伸行さん/千恵美さん/
Massayoさん/友代さん/玲奈さん/俊行さん

が、チームで「Halloween Party」という作品を出品いたします。
入場無料ですので、お時間がありましたらぜひ遊びにいらして下さい。

また、勉強会メンバーのLeoさんも出品されていますので
こちらも探してみて下さいね。
今回わたくしはRika-C名義での出品です。


★日本貴金属粘土協会関東エリア展示会

会期 2012年10月18日(木)~22日(月)
    12:00~18:00(最終日16:00まで)
会場 モノギャラリー
    東京都武蔵野市吉祥寺本町2-15-1(F2)
    Tel & Fax 0422-22-8812

MONOギャラリーMAP

2012.10.15 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2012熊野ツアーレポートその2

毎週金曜日は熊野ツアーレポート!
よろしければお付き合いください。

これまではこちら
2012熊野ツアーレポートその1

さて、名古屋モーニングで程よくお腹を満たしたわたくし達は
一路熊野へ!JRワイドビュー南紀1号勝浦行で熊野市駅まで3時間弱。
一人だと電車の中の3時間弱、というのは結構退屈。
西村京太郎さんの時刻表トリックものでワイドビュー南紀が舞台のものでもあれば
別かもしれないけど…と、何の気なしに調べてみたらホントにあった!!
ワイドビュー南紀殺人事件
ううむ、恐るべし西村京太郎さん!!
読んでから乗るべきだったのだろうか?(^^;)

でも、久しぶりに集まる女友達と3人だと喋りまくってる間に
3時間なんてあっという間。なんなら6時間でもよくってよ!
それ、趣旨が違う

さて、熊野市駅に着いたら駅そばにある「めはりや」さんへ。

めはりや

出発前にあやきち譲が予約しておいてくれたお弁当を受け取るのだ。
ここでお弁当を受け取ってから、バスでいざ鬼ヶ城へ!

鬼ヶ城の入り口、千畳敷

鬼ヶ城・千畳敷

鬼ヶ城・千畳敷

鬼ヶ城・千畳敷

これらの荒々しい形の岩は熊野灘の荒波に削られたもの。
画像で見ると海も穏やかだが(熊野としては穏やかだったかも)
崖から海面を覗くと結構怖い。

バスツアーでいらした方々は大体ここを見学してそのままUターンなのだが
わたくしたちの本番はこれから!
この先1kmに渡って歩いて行ける。
昨年の台風で一時期遊歩道が閉鎖されていたのだが、無事復旧したので。

わたくし達の進むルートはこんな感じ!

遊歩道

遊歩道

雨の日だとちょっと怯んでしまいそうだ。
しかも海を覗いてみると・・・

怖い・・・

ちょっと怖い(^^;)

さて、あちこちの岩に名前が付けられているのだが
それを表示するプレートごと剥がれていて
多分台風で攫われたのではないかと…

わかったものをいくつか。

猿戻り(多分)

行く手のクレバスに橋がかかっているところがおそらく猿戻り。
昔は橋が無くて、さすがに猿でも渡れず引き返したとか?
説明が一切ないのですべて想像★

鬼の風呂桶

鬼の風呂桶

手前の黒っぽく見えるところに海水が溜まっている。
ワイルドすぎです、鬼さん。

犬戻り(多分)

多分犬戻り。由来は猿戻りと一緒かな。

木喰岩

木喰岩。どちらが木喰岩なのかわからないのだが
説明によると

約300tの大岩が太平洋の怒涛に持ち上げられ、その岩の下に
流木が食い込むところから名付けられた
流木は大波が来るごとに入れ替わるという


ということらしい。

奇岩!

ふと振り返れば奇岩。
一体どこなのここ!?と言う気分に。

鰐岩

鰐岩。こちらから見ると鰐と言うよりサンショウウオっぽいが

鰐・後姿

後姿は確かに鰐っぽいかも。

ここまで歩いたところで、平坦で日陰になっているスペースを見つけたので
お昼ご飯にすることに。
9月後半と言うのにギラギラの晴天で
日向にいると肌がじりじりと熱かった。

お弁当~!

ここへ来る時にめはり屋さんで買ってきたお弁当は・・・

名物・めはり寿司

名物・めはり寿司~!
高菜の浅漬けの葉でくるんだおにぎりだ。
初めて食べたが美味しい!!これ、かなり好き!

中にも高菜が

中にも刻んだ高菜が入っていた。
大きさや中身に色々なバリエーションがあるらしく
小振りだったり、酢飯のものもあるらしい。
めはりやさんのはどどん!と大きく握ってあるので
女性なら二人で1パックで十分かも。美味しかった~!

じゃばらドリンク

お弁当のお供はご当地モノ・じゃばらドリンク。
あやきち譲からじゃばらドリンクの提案があった時に
ROMちゃんは

「えっ?熊野のナウなヤングは腕にジャバラ型の水筒を巻き付けて
 そこに入れたお茶やらジュースで水分補給してるの?」

とナイスなボケを。うーん、その発想はなかったわ。クヤシイ(笑)

じゃばらってなに?

缶にもある通り、じゃばらは北山村のみでとれる柑橘系の果実だそうだ。
ちなみに「じゃばら」とは「邪を払う」から来ているそうで
花粉症にも効果があるとか。

・・・おいおい

・・・この投げっぱなしな感じのコピーは
割と好きだったりする(笑)

熊野の物産店になら大抵どこにでもおいてあるが
画像の缶入りの他に瓶入りもあって
瓶入りの方が酸味が強い。
すっぱいもの好きな方には瓶入りじゃばらドリンクの方をおすすめ。
甘いもの好きなわたくしは缶入りの方が好み。
と言っても甘すぎずさっぱりしていて美味しかった。

お昼ご飯を食べたところで、続きはまた次回!
web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

卑怯者

トイレの個室だなんて無防備な場所
しかも逃げ場のない場所で襲い掛かろうだなんて
なんて卑怯なの!?
・・・蚊のヤツめ!!
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

Ristorante tono;4122

先日、友人Happyちゃんと千駄木のレストランへ行ってきたので
そのレポート。

このレストランのシェフは、実は会社員時代の同期。
同期の間では「とのちゃん」と呼ばれ
バリバリの営業マンだったのだが
なんと飲食業と言うまったく違う世界への華麗なる転身を遂げた。
シェフである彼がシニアソムリエ、そしてマダムこと奥様が
利き酒師&粉もの担当ということで
レストランでサーブされるパンを毎日焼いている。

シックに街並みに馴染んでなかなか外観も素敵。
夜だったので写真を撮り損ねたのだが
お店のブログから画像を拝借

Ristorante tono;4122

さて、このお店12席というこじんまりした作り。
マダムとシェフの「自分たちの目の届く範囲で」という意向らしく
ご夫妻の暖かな人柄が忍ばれる。
わたくし達が到着した時も

「今夜はご予約で満席です」

とのプレートが下がっていた。

このレストラン

「ワインと日本酒、焼酎で楽しむお気楽イタリアン」

というコンセプト。
洋食のお店に置いてある日本酒も、和食のお店に置いてあるワインも
ただ数合わせ的に置いてあることが多くて、もっといい組み合わせにしたら
料理もお酒もどちらももっと楽しめるのに。
そんなお店がないなら、作っちゃえ!
ということらしい。
いいね、いいね!こういう考え方大好き!

ワインをグラスでお願いすることにしたが
あいにく飲めるお酒が白ワインのみ、しかも詳しくないので
「こんな感じで!」
とお願いすると

「それでは今日はこちらをご用意しました」

と見せてくれる姿も
ボトルの底を掴んでグラスにサーブしてくれる姿も
様になっていてなんともカッコいい。
シニアソムリエなのだから彼にとっては当然なのだろうが
我々、無駄にソムリエ以前を知っているものだから
何とも言えない感動がある(笑)

前菜をあれにしようか、これにしようかと
女二人で迷っていると

「おまかせで適当に用意しようか?」

と嬉しい助け舟。
是非それで!とお願いすると出てきたのはこちら。

前菜・シェフのおまかせ

あれも、これもとちょっとずつつまめるのって
なんて幸せなんだろう!
また盛り付けが綺麗で

「とのちゃんってこんなに繊細だったっけ!?」

という、大変失礼な誉め言葉が出たりして(笑)
このあたりは、おそらくマダムのサポートもかなりあると見た。

そしてソフトシェルクラブのフライ。

ソフトシェルクラブ

ううう、美味しいー!!
お酒が進んじゃうではないか
と言うほどは残念ながら飲めないのだが

酒粕のパン&ダッカー

マダム謹製・酒粕のパン。
酒粕のパン、というのは初めてなのだがしっとりきめ細やか。
画像手前のオリーブオイルに浸し、奥のダッカー
(ナッツ、ゴマ、ハーブ、塩のドライディップ。こちらもマダム謹製)
をつけて食べるのだがこれがまた美味しい!!
わたくしはこういう食べ方自体初めてだったのでかなり感動(笑)

そろそろグラスも空いてきたのでマダムが次を聞いて下さった。
日本酒も行けるHappyちゃんはここで五橋飲み比べセットをオーダー。

五橋飲み比べセット
画像はRistorante tono;4122 Facebookページより拝借

ちなみに、「五橋飲み比べセットを注文した先着4名様に
特製コースターをプレゼント」の4名に滑り込んだらしく
Happyちゃんは首尾よくコースターを入手した。

マダムが「この杜氏が作っています」と写真を見せてくれ
酒蔵やそのお酒について教えてくれるあれこれが
もの凄く楽しい。
生産者の方も、ここまで大切にお酒をサーブしてもらえたら
嬉しいのではないだろうか。

お店の壁にはずらりと杜氏さんや
ワインメーカーのオーナーさん達の写真が並んでいる。
12席のレストランで捌ける量というのは想像がつくだろうが
それでもここにこれだけの人が足を運んでいる、ということに
とのちゃんご夫妻がどれだけ真摯な仕事をしているか
そしてそれをわかって下さる方たちがいるか、ということが
窺い知れてとても嬉しかった。

ちなみに五橋さんの公式サイトはこちら

見かけ倒しで大して飲めないわたくしは
イメージ的には先頭切って飲んで騒ぎそうなのだけど…
ソフトドリンクをオーダーしようと、何があるかを聞いてみると
こんなのもありますよ、とマダムが教えてくれたのはこちら。

清酒仕込み水のソーダ

清酒の仕込み水を使用したというソーダで
クセがないのにクセになる!!なんだろう、これ!!
日本酒を召し上がれる方ならこれでお酒を割るのも素敵だろう。

ちなみに若戎(わかえびす)酒造さんの公式サイトはこちら

そしてメインは夢にまで見たこちら!!

エデン・ホープ・ワイン・ラム

エデン・ホープ・ワイン・ラム!
お肉料理の選択肢に「仔羊」があったら迷わず行く仔羊好きだが
このエデン・ホープ・ワイン・ラム
ワイン畑の牧草とワインの搾りかすを食べて育ったラムで
絶対数が少なく、産地オーストラリアでもほとんど流通していないとか。

お皿の下に引いてあるのはバルサミコ酢のソース。
左上に岩塩(どこの塩なのか説明してもらったのだが忘れた)
これで味を変えて楽しんでもよいとのこと。

★2012.10.10 am10:46追記
 お皿に添えられた塩はスペインのマヨルカ島産のピラミッドソルト
(塩が結晶化を始めた最初の部分を集めたもの)だそうです。
 岩塩ではないですね。酔っぱらってたのかしら(^^;)
 シェフ&マダム、情報ありがとうございます! 


お肉の下にあるのはワイルドライス。
本当はこれは赤ワインと一緒にいただくと絶妙らしい。

もう、数日前から「この日ここでラムをいただく!」と夢に見ていたので(笑)
念願かなって大満足。
お肉も最上なら火加減も絶妙。
お腹にスペースがあるならおかわりしたかったくらいだ。

★2012.10.10 am10:53追記
 シェフ&マダムから悲しいお知らせが。
 エデン・ホープ・ワイン・ラムは現地と契約している
 日本の会社が取り扱いを辞めてしまうので、早ければ年内に
 終了してしまうとのこと。
 ラム好きさんは是非12月半ばまでに食べに行ってください!!


かなりお腹が苦しくなってきたので最後にデザートを。
苦しいのにまだ食べるのか!

はちみつのヨーグルトムース

はちみつのヨーグルトムース。
これがなんというか、今まで食べた事のない食感と味で絶品。
マダムは

「はちみつがいいんですよ^^」

と謙遜なさるが、例えばカフェタイムがあったらこれを目当てに
食べに来ちゃう!と言う感じ。

Happyちゃんオーダーの赤ワインのジュレ。

赤ワインのジュレ

もう少しアルコール分が飛んでいるかと期待したのだが
さすがはお酒飲みの聖地・Ristorante tono;4122
そういう手加減は一切なし(爆)
これ、かなり酔っぱらう。
逆にイケるクチの方にはたまらないのではないだろうか。

今年の4月に8周年を迎えたというこのお店。
過ごした時間が醸し出す空気がとても暖かく心地よかった。

「酒と食べ物って別々に楽しむものじゃないと思うんだよね。
 うまい酒と、うまい食べ物。一緒ならもっと楽しめるじゃない?」

とはマスターとのちゃんの弁。
あまりお酒に強くないわたくしでも楽しみつくしたので
お酒を嗜まれる方ならこのお店はもっともっと楽しめる。
近かったらもっと頻繁に通いたいのだが
なにせここ、群馬だし!
都内の方にはおススメ。
大勢でワイワイ、というより少人数グループで楽しみたいかな。

かつての仲間が、今の場所で頑張ってくれているというのが
もの凄く嬉しかったし、励みになった。
わたくしも彼らに負けないように頑張らなくちゃ!と
パワーをもらった感じ。

そうそう、シェフとマダムの写真を撮ったのだが
こちらは掲載許可をうっかり戴き損ねたので
わたくしの似顔絵でご紹介。

シェフ&マダム

連れて行きたい人がたくさんいるので
ちょっとずつ通っちゃおう、と計画中(笑)


Ristorante tono;4122
〒1130022
東京都文京区千駄木4丁目1番地22号
03-3822-4124

営業時間
火-土:11:30-13:45,17:30-23:00
日 :11:30-21:00

・JR西日暮里駅 道灌山下方面
・メトロ千代田線西日暮里1番出口 道灌山下方面
・メトロ千代田線千駄木駅2番出口 道灌山下方面
それぞれから徒歩6分
不忍通り沿い、道灌山下交差点のサミットの並び4軒先

・都バス 草63「道灌山下」下車 徒歩3分
     上58「道灌山下」下車 徒歩3分

ブログ tonoのつぶやきhttp://blogs.yahoo.co.jp/tono4122
Facebookページhttps://www.facebook.com/tono4122.F

★イベント等特別営業の日もありますので
 お電話でご確認ください。
 また、お電話であらかじめ予約されることをお勧めいたします
 (すぐに席が埋まってしまうため)
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

秋のデザート

クリーミーモンブラン

お友達が某SNSで画像をあげていたので食べてみたかった
セブンイレブンの「イタリア栗のクリーミーモンブラン」
なくならないうちに!とセブンイレブンへ行ってみた。

粉糖が美味しそう

画像だと少しわかりづらいだろうか。
トップ部分にかかった粉砂糖が美味しそう~!

中はこんな感じ

油絵の授業前の学食で食べたので(笑)
包丁などはもちろんなく、プラスティックのスプーンで
中がわかるように切ってみた。

モンブランクリームの下に生クリーム、小さなスポンジ、
マロンクリーム、そしてスポンジ。

クリーム類がすべてなめらかに軽く仕上がっているので
さっぱりとくどくない。
「モンブランならこってりと重厚に!」
を期待してしまうと肩透かしかもしれないが
コンビニエンスストアでちょっと買うおやつ、としては
充分(いや、かなり)美味しいと思った。
このモンブラン、どこにも栗の甘露煮がないのだが
申し訳程度に載せるくらいなら
むしろこの食感を邪魔しないためいっそ使わない、という選択肢は
正解なのでは、と思う。
このあたりはもしかしたら好みの分かれるところかな。

自分の中でのベスト・オブ・モンブランは
友人パティシエールAYAちゃんのモンブラン。
ただし、これはベースが焼きメレンゲで
メレンゲがクリームの水分を吸う前に食べないと食感が変わってしまうので
彼女の家に行った時しか食べられない幻のケーキ(笑)
そう考えると、コンビニエンスストアで
手軽に美味しいモンブランが買えるって
なんだかすごいことの様な気がする。

春にいちごのショートケーキが食べたくなるように
秋に食べたくなるのはモンブラン。
モンブランツアーの中に一度くらい変化球で
これを試してみるのもおススメ。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ハートプレートネックレス

ハートプレートネックレス

プレートにメッセージが彫ってあるタイプのネックレスを作ろうと思った。
通常楕円か長方形のプレートが多いので
文字を彫るのに適した形だしね
ちょっと横長のハート形にしてみた。

彫ってあるメッセージは・・・

使い込んだ感じにしてみたくて槌で軽く叩いてみた。
燻しを入れるかどうかはまだちょっと検討中。
ちょっとハードな風合いになってそれも面白そうとは思っている。

ちなみに彫ってあるメッセージは

If you'd be loved, be worth to be loved.
(愛されたいのなら、愛される人になりなさい)

要求するばかりでは物事うまく進まない。
いや、わたくしの年齢になるとむしろ
今まで先輩方から頂いてきたものを
少しずつ若い人たちに渡していかなければいけないはずなのだが
まだまだ修行が足りないなあ(苦笑)


PMC3 7g,純銀線φ0.8㎜,SV925チェーン,ダルマ板,引き輪
2012年5月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2012熊野ツアーレポートその1

熊野へ旅行してきた。

実は友人あやきち譲、ROM嬢と「熊野へ行きたいね」と言いだしてから
この旅行が実現するまで実に5年。
ん?それとも6年??
ツアーに申し込むと最少催行人数が集まらなくてキャンセルになったり
丁度良い時期の調整が出来なかったり。
おかげでその間に「代わりに」と行った旅行先は
北海道(×2)、山中湖、鎌倉、箱根と盛りだくさん。
まるでお札が貼られたかのように熊野に近づけないわたくし達(^^;)

でも!ようやく念願かなって熊野詣が出来たのでその模様をレポート。
よろしければお付き合いください。

熊野へはとにかく距離がネック。
移動時間を考えると朝名古屋を出たい、とのことで
前日名古屋泊か深夜バスで名古屋への移動の
どちらかを選択せよ、と言われたわたくしは迷わず前日泊を選択。
深夜バスは色々ハードだと聞くし、あまり体力ないし(根性がないとも言う)。

名古屋で3人久々の再会を喜びつつ、体力温存しようねと就寝。
出発の朝熊野の天気をテレビで確認すると一日晴れ。
まあ、わたくし達日頃の行いがイイ!と喜んでホテルから駅へ向かおうとすると

雨降ってる。

…3人揃って熊野の天気を確認しながら誰一人名古屋の天気を確認しなかった!
だって我々のキャッチフレーズは「倒れる時は前のめり」
常に前しか見ていないのだもの。
足元もしっかり確認しましょう

早々にホテルを出て名古屋モーニング。
実はとても食べてみたいものがあった。
それはこの「ぴよりん」!

ぴよりん
画像はJR東海フードサービス(株)様より拝借

名古屋コーチンの卵を使ったプリンをバニラムースで包み
さらにスポンジクラム(スポンジケーキを細かく砕いたもの)をまぶしたという
絶対美味しいに決まっていて、尚且つ見た目がメチャクチャ可愛らしいケーキ。
名古屋駅の「カフェ ジャンシアーヌ」、「カフェ ジャンシアーヌレジェ」で
販売しているとのことだったのだが、出発前日夜9:30には既に完売。
翌朝の入荷は9:00過ぎということでわたくし達の出発後。
うう、残念・・・と後ろ髪をひかれつつ
とりあえずカフェジャンシアーヌレジェで名古屋モーニング。
また別途ぴよりんを食べに来たいね、と言いつつ
美味しく朝食を平らげて、一路熊野へ!

長くなったので続きはまた次週
あっ、熊野レポートなのに熊野に着いてないっ(^^;)
web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

プチカルチャーショック

先日、吉祥寺の生花店で彼岸花の鉢植えを見かけた。
都会では、彼岸花って花屋で売られているんだ、と言う事実に
軽くカルチャーショック。
だって、そのへんの田んぼの端とか土手なんかに
無造作に咲いている花だと思っていたし。

そのうち都会では
タンポポの鉢植え、なんてものが
売られる日も来るのだろうか。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

いつの間にやら過ごしやすい季節になりましたね。
しばらくこういう時期を楽しみたいものです。
美味しいものがいっぱいあるなあ・・・(笑)

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギ柄ルームパンツ

ウサギ柄ルームパンツ

ウサギ柄の生地で作ったウエストゴムのルームパンツ。
こんなウサギ柄の生地を見つけて

柄アップ


「可愛い!!!」

と買ったまでは良かったが、使い道がない(←こら!)
巾着やポーチなどの小物にするには量が多いし
かといって服にするには可愛すぎるし
小さな娘でもいればサンドレスとか可愛いと思うのだが(*^-^*)
というわけで、家の中で履くルームパンツに。

パターンに従って裁断したら、布をたっぷり使うデザインだったようで
かなり幅がある。おかげで風通しが良くて涼しいこと。
夏場、上にTシャツを合わせてパジャマにしている。

制作時期 不明
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

チョコレート効果

チョコレート効果レーズン&アーモンド

友人が大絶賛していたので是非とも食べてみたかった
チョコレート効果レーズン&アーモンド。
自宅近辺のスーパーにないわ~、と思っていたら
実家近所で発見。

おお、何やら高級感あふれるパッケージ!
さっそく食べてみた。

カカオ65%なのでほとんど甘味がない。
甘いもの好きのわたくしとしてはもう少し甘くても…と思うが
中に詰まったクラッシュアーモンドとレーズンのバランスが絶妙。
それにチョコレートとレーズンとアーモンドって
全部ポリフェノールで有名な食品では?
美容と健康にいいのかな?(笑)

甘いもの好き、チョコレート好きなので
普通一箱ペロリと行ってしまうのだが
食べ過ぎだ!
甘くないのと、レーズンとアーモンドのお蔭なのか
少しでも満足感があってゆっくり楽しめる。
アーモンド好き、レーズン好きの方は
一度試す価値アリ。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

TWINKLE STAR

TWINKLE STAR

前回に引き続きブレスレット。

チャーム部分

星モチーフを下げたので、キラキラと星屑に見えるよう
水晶のさざれとビーズを通してみた。
手首に沿ってゆるやかなカーブを描くよう
アーティスティックワイヤーを使用。
前回のものと結び方は違うが、これも長さが調節できる。

手元がキラキラして涼しげ。

PMC3 2g、銀線、シルバー925チェーン、
水晶、ビーズ、アーティスティックワイヤー(シルバーめっき銅線)
アジアンコード(ポリエステルコード)

2012年5月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

皆様がお住まいのエリアでは台風被害は大丈夫でしたでしょうか。
自然の前に人間は無力ですね。
少しでも被害が小さかったことを祈るばかりです。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |