2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Jig-a-saurs パーツ紹介~伸行さん編~

Jig-a-saursのパーツ紹介第4回。
Jig-a-soursについて詳しくはこちらを参照。

今回の作者は伸行さん。
伸行さんが作ったのは

Jig-a-saurs

この中の

伸行さんパーツ

色つきの部分。

まずは色つきMAPで赤のパーツ。

アラベスク

くじで引き当てたパーツをベースに切り込みを入れつつ
細い紐でアラベスク調に仕上げた。
何本もの紐を立体的に重ね
いぶしも時間差にすることで
様々な色を出してあったのだが
展示の時には硫化が進んで真っ黒になってしまったのが勿体ない。
あの綺麗な仕上げをご来場のお客様にお見せしたかった。
戻って来たらぜひいぶし直して
硫化防止剤でコートしてほしいと思う。

アラベスク

紐の立体感はこちらの画像の方がわかりやすいかな。


次は色つきMAPで黄色の部分。

ケルト風

くじ引き段階では黄色と青は一続きのパーツだったが
伸行さんはこれを2つに分割。
ほぼ左右対称になった大きなパーツを
紐作りで表現した。
ケルティックアートや縄文土器を連想させるこのデザインは
端正さと人の手の暖かさが絶妙なバランスを保っていて
大変魅力的。
伸行さんの作品全般に言える事なのだが
男性が着用しても女性が着用しても
無理なくつけこなせてしまう
非常に不思議で素敵な作品に仕上がった。
しっかりした革紐でチョーカーにした時と
華奢なチェーンでロングネックレスにした時
まったく違う魅力を放ってくれるだろうと思う。

最後に色つきMAPで青の部分

やどかりくん

恐竜の足先をくじであてた4人は
皆一様に足の指をどう表現するか悩んでいたが
伸行さんはヤドカリのはさみでこれを表現した。
伸行さんのもう一つの得意技は
表情豊かな動物モチーフ。
画像だと光りすぎていて判りづらいかもしれないが
実物を見ると大きな目がきょろりとこちらを見る
大変チャーミングな作品になっている。
もちろんペンダントにできるのだが
携帯ストラップやファスナーチャームにしても
贅沢で楽しい作品になりそうだ。

巡回展から戻ってきた後
それぞれの作品をどうアレンジしてくれるか
大変楽しみにしている。


・Jig-a-saurs パーツ紹介~輝子さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~良子さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Y香さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~千恵美さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Massayoさん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~俊行さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Chadさん編~
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ミラクルストロー

ミラクルストロー

以前テレビで見て(番組は覚えてないけど群馬テレビ?)

「こんなのあるんだ~!」

と、ダーリンとひとしきり盛り上がった
ミラクルストローシッパーを
近所のスーパーマーケットで発見したので買ってみた。

つぶつぶ

ストローの中に味付きのつぶつぶが入っていて
このストローを通して牛乳を飲むと味付き牛乳になる、という仕組み。
写真のストローはチョロレート風味。
他にイチゴやバナナフレーバーがあったような。

味付き牛乳に

うん、確かにチョコレート牛乳と言うか
ココア牛乳の味になる。
B級グルメ的に楽しめる味。
小学校の給食でたまに出た
「ミルメーク」を思い出すなあ。
ただ、結構吸い上げるのが大変。
マクドナルドのシェイクを吸い上げるのに
結構労力がいるのと似た感じ。

アレルギーではなく味や香りで牛乳が苦手なちびっ子の
導入偏としては結構活躍しそうなのだけど、どうだろうか。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

革紐の2WAYネックレス

革紐の2WAYネックレス

革紐の2WAYネックレス。
実はこれ、革紐と一緒にアメシストのさざれとビーズを通したテグスを
リリアンで編んだもの。
そう、今うちの銀粘土教室ではリリアンがアツい!(笑)

今回は輝子さんが

「こんなのがありました!」

と、過去のNHK「すてきにハンドメイド」のテキストを
持ってきてくれた。
リリアンで作るアクセサリーがいくつか掲載されていたのだが
その中で生徒さんズに一番人気だったのがこれ。
(オリジナルはターコイズのさざれだった)

ブレスレットにも

チェーン部分を外して短くつなぐと、これこの通り!
ブレスレット都市も使える
一粒で2度おいしい2WAYアクセサリーだ。

前回の教室で

「実際に編むところが見たい」

とのリクエストがあったので、売り場で革紐を購入して
こういうところが店舗直結の教室は便利(^^)
実演して見せたのだが、さざれに大きなものが多くて
革紐とのバランスが納得いかなかった。
・・・というわけで帰宅後に再び編んだものをほどき
さざれから小さいものを選んだ中にしずく型のビーズを混ぜ
編み直したものがこれ。

レシピ通りにマグネットクラスプを使用してあるが
もちろん引き輪&ダルマ板でも制作可能。
マグネットクラスプだと装着が簡単ではあるが
強い力がかかるとはずれるのでその点に注意が必要なのと
磁器の影響を受けるカードや電化製品のそばに置かないことを
充分に注意してほしい。

さて、テグスにビーズを通して編むのにはちょっとコツがいる。
テグスのテンションのせいで、一度はずした糸が戻ってしまうのだ。
このネックレスは革紐がある程度テグスを押さえてくれるので
テグスonlyで編むのを試す前に
一度これを作っておくと楽なのでは?というのが作ってみての感想。

軽さの割にボリュームがあるので
使い勝手が良さそうだ。

2013年7月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ぐんまちゃんを探せ

先日、市内の公民館にいた時に
視界の端にぐんまちゃんが引っかかった気が。
色々な案内のフライヤーが挿してある棚にこんなものが。

ぐんまちゃんを探せ!

おお!赤城山なら車で1時間くらいよね、と
よくよく見てみると

開催場所・赤城山周辺
(前橋市・渋川市・昭和村・沼田市・桐生市・みどり市)

・・・広すぎるだろう!!orz
群馬県民からしても範囲が広すぎると思うのだが(^^;)

このフライヤー、中を開くと地図と暗号が。

暗号

この暗号の示す場所で群馬ちゃんを探し
ぐんまちゃんが持つ宝箱に書かれたキーワードを
葉書に書いて送ると、色々当たるかもしれない、というイベント。
賞品の中にはもちろんぐんまちゃんぬいぐるみもある(^^)

このフライヤーは群馬県内の市役所・町村役場・道の駅などで
入手できるほか

こちらからもダウンロードできる。(「ぐんまちゃんの宝探し」で検索)

まずは暗号解読に挑戦しようかな。
昭和村と桐生の謎は解けたので
他を考えてみないと。

夏休み、よろしければぐんまちゃんを探しに群馬へおいでませ!
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

忘れ物

雨の日、電車や駅のトイレによく傘の忘れ物を見かける。
ちょっと置いてそのまま忘れてしまったのだろうか。
そのあと困っていなければよいのだけれど。

ところで先日、駅のホームのベンチに意外な忘れ物が。

ポツンとはずした状態で置かれた、メガネ。

・・・困らないのだろうか?

近視用の眼鏡ではないことは確かだろう。
これはさすがにないと見えないはずだから。
大人の目(笑)用のリーティンググラスか、ファッション用の伊達メガネか。

通る人、通る人が
不思議そうにメガネをちらりと見ていったのが印象的。

お出かけ先では、お手回り品の置き忘れに
どうぞお気をつけて(^^;)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

Jig-a-saursパーツ紹介~Y香さん編~

Jig-a-saursのパーツ紹介第三回。
Jig-a-soursについて詳しくはこちらを参照。

今回の作者はY香さん。
Y香さんが作ったのは

Jig-a-saurs

この中の

Y香さんパーツ

色つきの部分。

まずは色つきMAPで黄色のパーツ。

ライン

恐竜のあごの部分。
もしわたくしがくじびきでこのパーツをひいていたら
多分同じ考え方をしたと思う。
ただ、Y香さんがすごいのは、この2本のラインを
極細の紐状粘土を乗せて作ってあること。
銀粘土の経験者にならこの難易度の高さがお解かりいただけると思うが
均一な太さの紐を作るのが大変、細い紐を作るのが大変
それを板状粘土の上に思うような形に載せるのが大変
・・・という3重苦を見事にクリア。
Y香さんはクラス内でも細かいものクイーンの異名をとる
細かい作業が得意なお方で、早速面目躍如。
両側にチェーン通し用の穴が開いているので
戻って来たら横長に配置したペンダントになるのだろうか。

次は色つきMAPで赤い部分。

花

くじ引き段階では赤、緑、青は一続きのパーツだったが
Y香さんはこれを3つに分割。
その中の一番大きな扇形の部分を
花に見立ててある。
アウトラインを構成する部分がただの紐ではなく
植物の茎のようになっているところが芸が細かい。
背景が白いので少し見づらいのだが
フロストの白と淡いブルーのビーズを
銀線ワークで配置してある。
これは展示会用に強度優先(?)になっているが
戻って来たら別の計画があるようだ。
この花がアルフォンス・ミュシャの装飾デザインを思わせ
単体での完成形がどうなるか大変楽しみ。

次に色つきMAPで緑色の部分。

オープンダイヤ

オープンタイプのダイヤ型を2重に配置。
こういうシンプルな形はそのまま即アクセサリーとしての使い勝手が良い(笑)
実は上下非対象なので、歪みの大きなオープンタイプで
この形を出すのは意外と難しかったのではないかと思う。

色つきMAPで青の部分。

ソーイング

針と糸とボタンでダイヤ型を構成。
他の生徒さんを見ていても思うのだが
よくこの形からこれを思いついたな、というところにまず脱帽。
赤い糸がポイントとして大変効いている。
わずかに遊びを持たせたところもなかなかニクイ。


・Jig-a-saurs パーツ紹介~輝子さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~良子さん編~
・Jig-a-saura パーツ紹介 ~伸行さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~千恵美さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Massayoさん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~俊行さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Chadさん編~
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

視界良好!

ハズキルーペ

商品名を言ってわからなくても

「石坂浩二さんが宣伝してるアレ」

と言うと、何故か高確率で伝わる(笑)ハズキルーペ。
その名の通り、メガネ型のルーペで
メガネやコンタクトレンズをしている上からも掛けることができる。

最近「大人の目」の進みが激しく(苦笑)
細かいものが見づらいこと見づらいこと。
おまけに近眼で乱視なので、メガネをかけているときは
メガネを外すことで丁度良かったりするのだが
コンタクトレンズを入れているときはちょっと面倒なことに。

そんな時に役に立ってくれるのがこのハズキルーペ。

老眼鏡は、焦点距離を合わせてはくれるけれど拡大はしてくれないので
細部を見たい時に役に立つのだ。

元々クラフト用のルーペは存在するのだが
多くはヘッドセットタイプで圧迫感があるのと
大きくてかさばる割に、視野は狭い。

ハズキルーペ

その点これは、メガネとしては大き目だけど
クラフトルーペとしては大変コンパクト。
ツールの多いクラフトの講習会その他での持ち運びには大変重宝する。

いやあ、見えること見えること!(笑)
大人の目になったクラフト作家さんには自信を持っておススメ。

ポーセリンのクラスで、生徒さんの作品を拝見する時に
ハズキルーペをかけるとたまにこう言われることがある。

「先生!ルーペなしで見てください」

・・・それじゃあ意味ないってば(^^;)

web拍手

| 買っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

Summer Expression展

この展覧会は無事終了致しました。ありがとうございました。
この記事は7月27日までTOPに表示されます

Summer Expression展

銀座の画廊での絵画展に出品します。

会場には募金箱を設置するとともに
売り上げの一部を東日本大震災被災者の方々への義援金とし
チャリティーとして読売新聞社・読売光と愛の事業団に寄付するそうです。
もちろん入場は無料ですので
銀座へお出かけの節はどうぞお立ち寄りください。

ちなみに今回 たかのはし りか名義で出品。

Rikaleidoscope13-4

作品名 Rikaleidoscope13-4

今回は色々な画風の作家が出展していますので
どうぞお楽しみに。

ギャラリーアーチストスペース企画
Summer Expression展
2013年7月22日(月)~27日(土)
0:00pm~7:00pm(最終日4:00pmまで)

GINZAギャラリーアーチストスペース
〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-4
長山ビル3F
phone & FAX 03-3546-6334

GINZAギャラリーアーチストスペースMAP

地下鉄銀座線・丸ノ内線・日比谷線銀座駅A3出口より徒歩4分
地下鉄日比谷線・都営浅草線東銀座駅A1出口より徒歩2分

2012.7.22 up


web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

当たっちゃいました!

龍の宝玉?

この真珠色に輝く球体は・・・
もちろん龍の宝珠ではない
当たり前だ!!

エバンジェリストスキンケアパウダー

エバンジェリストスキンケアパウダー。
某有名化粧品クチコミサイト・@c●smeさん
あれっ、微妙に伏字になっていないわ・笑
のプレゼントキャンペーンに応募したら現品が当たった!
ありがとうございます!!
結構長いことこのサイトは覗いているのに
今まで一度も何かが当たったことはなくて
ホントに当たる人いるのかな~?と
ちょっぴり疑問に思っていたけれど(こら)
当たることもあるのね。なんだか嬉しい!!

サイトからは「よかったらクチコミをお願いします」
とのメールが来ている。
折角なので、しばらく使ってみてからクチコミした方が
買おうかどうか迷っている人の参考になりそうなので
絶賛実験(?)中。

現状ではすこぶる快調!
このまま調子よく使い続けられるなら
リピートしたいくらい←メーカーさんの思う壺(笑)
折角なので、楽しく思う壺にはまりたいな~。
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

○○のくせに

唐突だが、わたくしの脚は太い(涙)
いきなり何の話!?
しかもふくらはぎが太いという致命的な部分で
ブーツカットパンツか、ロングスカートでないと
隠しようがない。
ああ、スキニーパンツの流行が恨めしい。
売ってるものがみんな一気にスキニーパンツになってしまうのだもの。
もう少し選択の余地が欲しいなあ。

などと思っていた矢先、

ダーリンがショートパンツで家の中を歩いている。
彼の脚はスラリとしていて大変綺麗だ。
もちろん大人の男性なのですね毛は生えているものの
そのラインは、上に続くお腹のボリュームを
まったく感じさせないくらいに綺麗。

むかむかむかむか

「ずーるーいー!!なんでそんなに脚綺麗なのー!男の人のくせに~!」

と八つ当たると、ダーリンくるりと振り返り

「りかし、『男のくせに』は男女差別なのでイケマセン」

むむ、それは確かにその通りだ。
「女のくせに」って言われたらやっぱりいやだものね。
では

「ダーリンのくせに生意気だー!!」
(c)ジャイアン@ドラえもん

「うん。それならばよし!(^^)」

…なにが良しなのかはサッパリわからないが。

ああ、でもこの○○のくせに、って覚えがある。
電車で遭遇した見知らぬオジサマが
オーバースペックというかアンバランスなほどの
ぱっちり二重にばさばさまつ毛だったことがある。
なんというか、ギャグ漫画に出てくる
小太りのオジサマキャラクターに
ベルばらのマリーアントワネットの眼だけ切り貼りしたかのような
何とも言えない違和感が。
あの時はそのキモチをどう表現したらよいかわからなかったのだが
多分これだな。

「オジサマのくせに生意気よ~~!!」

ちなみに、ぱっちり二重にばさばさまつ毛でも
まったく違和感のないオジサマはもちろんノープロブレム(^^)b
でも個人的好みを述べさせていただくなら
伊東四郎さん的渋さが好みだったりv←誰も聞いてない
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

昨日は雨で気温が下がったので少し過ごしやすかったです。
予報では今日からまた暑くなる模様。
麦茶片手に頑張ろう!
「のどが渇いたな」
と思う時はもう脱水症状が始まっているそうです。
どうぞこまめな水分補給を心掛けて、元気でお過ごしくださいね。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

Jig-a-saurs パーツ紹介~良子さん編~

Jig-a-saursのパーツ紹介第二回。
Jig-a-soursについて詳しくはこちらを参照。

今回の作者は良子さん。
良子さんが作ったのは

Jig-a-saurs

この中の

良子さんパーツ

色つきの部分。

まずは色つきMAPで赤いパーツ。

ひまわり

画像では他のパーツとかぶってしまって
赤い部分が小さく見えるが、実際はもう少し大きい。
恐竜の顔部分をひまわりに見立てた発想がお見事!
頭部と喉部分をひまわりの花で、口と背びれ(?)を
ひまわりの葉で表現したが、単体で見て違和感がない。
ひまわりの花びらと種部分をどう造形で見せるか
ねりけしモデルで何度も何度もテストを重ねていらしたが
その甲斐あってとてもひまわりらしいひまわりになったと思う。
他の夏モチーフと重ねても良いし、戻って来てから
どんなアクセサリーにするのか大変楽しみ。

次に色つきMAPで青のパーツ。

シダ

恐竜のお腹部分、ということで
最初は果物や骨付き肉、ハンバーガーが並んでいた(笑)
それはそれで大変面白かったのだが
一つ重要な問題が。
形のモデルになっているステゴサウルスは草食恐竜なのだ(^^;)
この恐竜は実は肉も食べます、という設定にするのもアリだが
草食だとお伝えすると

「草食の恐竜ってどんな草食べてたのかな?」
「なんだろ・・・その頃ありそうなのって・・・シダとか?」

と、周囲の生徒さん達とディスカッション。
輝子さんが

「うちにシダあるわよ」

と言って下さったので、シダをプリントしてはどうかと提案。
良子さんとしては、燻し以外にこれといった技術を必要としないので
それでも構わないのだろうか、と逡巡してらした。

その気持ちは大変よくわかる。
わたくしもかつて同じことで迷った経験があるから。

だが、作品作りにおいてもっとも重要なのは
何をどう表現するかということ。

「こんな難しいことできちゃうのよ!どうよ!」

と、技術見本市(?)にするより
簡単な方法でよりフィットする表現ができるなら
迷わずそちらを選ぶべき。
技術的に余裕があれば、それだけ精度を高められるし

「最小手数で最大効果」

というの、大好きだ(笑)
もちろん技術向上のため徹底的に難しいことにチャレンジするのも
大切なことでは有るが、「作品」を作るときには
技術の難易度よりもいかに表現したいものに向いているかが大切。

もうひとつ、講師目線で言うと
良子さんは今までプレスでテクスチャを移す
と言う作り方をしたことがない。
簡単なことでもやはり経験したのとしていないのとでは違うので
それもチャンス。

このあたりを簡単に説明して、空いた時間を
ひまわりの制作の方に回してはどうか、とお話したら
良子さんは納得して制作に取り掛かった。

それにしても綺麗にシダが浮かび上がった!
シンプルでカジュアルな装いが得意な良子さんに
とてもよく似合うと思う。

・Jig-a-saurs パーツ紹介~輝子さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Y香さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~伸行さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~千恵美さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Massayoさん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~俊行さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Chadさん編~
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

攻めの鳩サブレ

生徒さんから、おみやげに鎌倉・豊島屋さんの鳩サブレをいただいた。

鳩サブレBOX表

M美さん、ありがとうございます!

子供の頃から大好きだったお菓子なので、今でもいただくと嬉しい(^^)

鳩サブレBOX裏

BOX型パッケージの裏(それともこちらが表?)は
かっちり手堅く(?)オーソドックスなデザイン。

だが逆サイドはなんとも楽しげな豊島屋さんの店先が。
そして登場キャラクターはすべて鳩!!

修学旅行生

学生服の三羽烏ならぬ三羽鳩たちは修学旅行生だろうか。
そういえば小学校の修学旅行は箱根・鎌倉だったっけ。
そのうしろの両手に鳩サブレの袋を下げるメガネの男性は
出張帰りのサラリーマンかと思ったけど、引率の先生かな?

右側のカップルはデート中の恋人たち、それとも若い夫婦?
鎌倉旅行で立ち寄ったのだろうか。

家族連れ

右側はファミリー鳩たち。
お店に入って行く鳩ファミリーのお兄ちゃん
シャツの背番号が「810」ではと。芸が細かい!
お店から出てきたのは3兄弟だろうか。
弟鳩達が鳩サブレの袋を手にニッコリ、という感じ?

そして側面。

修学旅行生2

買物を終えて出てきた鳩子ちゃん(仮名)達のうしろを
ちょっと距離をとって歩く鳩雄くん(仮名)は
ちょっぴりほほが赤い。意中の彼女はどちらだろう?
修学旅行中にちょっぴり距離を詰めておきたいところ(^^)

鳩サブレ運搬車

反対側面は、鳩サブレ運搬車。
ナンバーは「鎌倉・8-10」ではと。お見事!!

そして底面にもイラストが!!!

ツンデレ息子

なんと、リーゼントのツッパリ鳩学生が
母親に鳩サブレを差し出しているではないか。

母「えっ、これ・・・」
息子「べっ、別にオフクロを喜ばせようと思ったわけじゃねぇんだからな!!」
母「鳩三郎(仮名)・・・おまえって子は・・・」

~~~無駄にバカなアフレコをしてしまうではないか!!

ここまでだけで、もう十分堪能したのだがまだあった!!

折り返し部分(外側から見えないところ)に

工場→店頭

工場から店頭へ鳩サブレが渡るシーン

そして逆側には

お店→お客

お店からお客さんに鳩サブレが手渡されるシーン。

そして、箱を閉じるタブ部分に

いざ鎌倉

いざ鎌倉

・・・なんだか勇ましい!そして反対側には

いま鎌倉?

いま鎌倉?

・・・なんという攻めっぷり!
商品の歴史だけに甘んじない、その心意気やよし!!

考えてみれば豊島屋さんってこうなんだよなあ。
若宮大路の本店でしか買えない
鳩サブレのミニチュアストラップ(商品名は鳩三郎)
が出た頃、仲間内で大流行して
一番喜ばれる鎌倉土産は鳩三郎だったっけ。
今はもっと多種のあやしい(?)鳩グッズを展開している!

鳩サブレを食べる前から十分堪能させて頂いた素晴らしいパッケージ。
豊島屋さんには是非今後とも攻めの姿勢でいて頂きたい!!

鎌倉にお出かけの節は、お土産に鳩サブレ。鉄板です(^^)
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ワイヤーチェーン(?)

ワイヤーチェーン(?)

幾分ゴツ目なワイヤー状のチェーン。

部分アップ

アップで見るとちょっと不思議なつなぎ方のチェーン。
実はこれ・・・

懐かしい~!

リリアンで編んだもの!!
小学生の頃、リリアンが流行して
わたくしももちろん遊んだ記憶があるのだが
鉤針や棒針の編み物と違い
ただただ「にょろ~ん」と長い紐が出来るだけで
これと言った使い道はなし、というわけで
そのうち飽きてしまった。

まさか、ン10年後にこのような形で再会しようとは!!

なんと言っても特筆すべきはその軽さ。

驚きの軽さ

3.8gというだけでも劇的な軽さだが
そのうち1.5gが留め具のマグネットクラスプだ。
ほんっと~に軽い!!
それもそのはず、材料は糸だから。

それでいてこのラメ糸はぱっと見た目が金属調。

燻しをかけた作品にピッタリ

こんな風にいぶしをかけた作品と非常によくマッチする。
ちなみにこのフェザーペンダントは師匠の作品。
何故自分の作品ではないかと言うと
これがいちばんいぶしがかかっていたので。。。というか
あまり燻しの作品を作ってないことに今気が付いた(^^;)


メンズアクセサリーの多くは
燻し(いぶし)がかかっていて、ゴツくて大きい。もちろん重い。
そんなペンダントとバランスをとるには
やはりチェーンにもある程度のボリュームが必要だ。
だが、がっちりしたシルバーチェーンとなると
これまた結構な重さになる。
しかもお財布直撃!
いくら男性が女性より首の骨格がしっかりしているとはいえ
あまり重いものを常日頃下げていると苦痛だ。
その点、これで代用すると
見た目のバランスはばっちり整えながら軽くて済む!
メンズアクセサリーが好きな女性にならもっとお勧めしたい。

糸や太さを変えたり、ビーズを通したりすると
また別の楽しみ方ができるのだが
それはまた別の機会に。

2013年6月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

第6回「銀の華」展

この展示会は無事終了致しました。ありがとうございました。
この記事は7/21までTOPに表示されます

第6回「銀の華」展

日本貴金属粘土協会北海道支部による作品展です。
6月に横浜で行われた日本貴金属粘土協会展の作品の一部も展示します。
もちろん、うちの生徒さんズ作品Jig-a-saursも展示されちゃいます!!

札幌付近にお住まいの方、ご旅行で札幌滞在中の方、
よろしければどうぞお出かけくださいませ。

銀粘土の可能性と北海道支部メンバーの力作を
存分に御堪能ください!


☆第6回「銀の華」展☆

会期:2013年7月16日(火)~7月21日(日)最終日は17時まで
場所:大通美術館
   〒060-0042
   北海道札幌市中央区大通西5丁目11
   大五ビルヂング 1F
   TEL:011-231-1071
主催:日本貴金属粘土協会 北海道支部
後援:ホビサロン大滝・菱光産業株式会社

☆ハガキ持参の方にはチャームをご用意いたしておりますとのことですので
 上の画像を印刷してお持ちになってみて下さいね(^^)

2013.7.12 up 
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ものは言い様

昔の人はこう言った。

「丸い卵も切り様で四角、ものも言い様で角が立つ」

本来日本人は言霊信仰もあるくらい言葉に敏感で
忌み言葉を

猿(去る)→ えてこう(得て公)
葦(悪し)→ よし(良し)
梨(無し)→ ありのみ(有りの実)

と言い換えたり

「し」の音が「死」に通じるのでこれを避けるため

醤油(「し」ょうゆ)→ 紫(むらさき)
七味(「し」ちみ)→ 七色(なないろ)

と言い換えたりする習慣がある。
余りに行き過ぎて言葉狩りになってしまうと
元も子もないと思うのだが
お互い嫌な思いをしないようにしよう、気持ち良い言葉を使おうというのは
とても素敵な心遣いだと思う。

例えば「太っている人」なら婉曲表現で

「恰幅のよろしい方」
「ふくよかな方」

と言ったりするのは有名だが、先日老眼のことを

「大人の目」

とおっしゃっている方が。
これ、個人的にものすごいツボ!!
「老眼」というと

「わぁ、わたしもそんな年ね」

と寂しくなりそうな気がするが

「大人の目」

って、ちょっとユーモアがあって良い表現ではないか。
これから友人知人の間に流行らせよう!!(^m^)

ちなみに、ある美容師さんが髪の寂しくなった男性のことを

「頭髪の涼しい方」

と表現していたのだが、果たしてこれはセーフ?アウト??(^^;)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

言っても仕方のない事ですが…暑い!!
ちょっと外に出るだけで汗だくだく。
身体と服が一体化。
もう少し手加減して頂けないものでしょうか(--;)
皆様、どうぞこまめな水分と塩分補給を心掛けて
お元気にお過ごしくださいね。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

Jig-a-saurs パーツ紹介~輝子さん編~

先週ご紹介したJig-a-saursのパーツ紹介。
Jig-a-soursについて詳しくはこちらを参照。

さて、トップバッターは輝子さん。
輝子さんが作ったのは

Jig-a-saurs

この中の

輝子さんパーツ

色つきの部分。

まずは色つきMAPで赤いパーツ。

sward

輝子さんは、くじびきでひいた自分のパーツを
更に3つに分割した。
半月刀のような形のこのパーツは
単独でも、他のパーツと合わせても使用可能。
帰って来てからどんなアクセサリーになるか楽しみだ。
中央のざらざらしたテクスチャをつけた部分が
大変ニュアンスのあるブルーになっていて
マニキュアで着色したのかと思いきや
なんといぶし。
フレーム部分のガンメタリックと全く違う色で
面白い効果になった。

次は色つきMAPで黄色のパーツ。

ガラス

ひときわ目を引くのはセンターの赤いカボッション。
これは輝子さん自身がガラスを溶かして作ったパーツだ。
ガラスを支える石枠も銀粘土で制作してある。
これが左右あるいは上下対称なら
商品としてありそうな形だが
この形は作ろうとしてもなかなか出てこない。
結果、面白いリズムが生まれたと思う。
ガラスと銀粘土のパーツの隙間に
オープンハートの要領でチェーンを通す予定と
お聞きしているが、これも何か別のパーツが加わったりするか楽しみ。

最後に色つきMAPで青のパーツ。

にゃんこ

Jig-a-saursの中ではさかさまに配置しているので
このパーツが何なのかA級難度なのだが
じつは寄り添う2匹の猫。
2匹の尻尾がハート形になっているところが
チャームポイントだ。
輝子さんは恐竜の足の指4本を
猫2匹の耳合わせて4つに割り当てた。
むしろこの4つの突起から猫2匹、をイメージしたのかもしれない。

恐竜の足先をどう処理するか
くじであててしまった4人が4者四様だったので
今後もこの点はお楽しみに。

・Jig-a-saurs パーツ紹介~良子さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Y香さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~伸行さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~千恵美さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Massayoさん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~俊行さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Chadさん編~
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

くまモン、来襲!

団体さん!

この黒い団体さんは何事!?
友人みずら嬢が送ってくれた
くまモンぷっちょのオマケ。
ありがとう、みずら!
折角なのでピラミッド状にしてみた。
なにが折角なのかはよくわからないけど(笑)

くまモンストラップ付きぷっちょ=くまモンっちょは
以前この記事でもお伝えしたが
晩白柚が爽やかに効いていてなかなか美味しかった。

どうやら、Newバージョンのストラップの中に
欲しいくまモンがあったらしく
みずら嬢は大人買いを敢行した模様。
ようやく1個あてることができ、残りのくまモンは
群馬便に載せられたという訳。
なんという漁夫の利!!(笑)

ちなみにくまモン&ぷっちょストラップはこんな感じ。

くまモン三昧

並べると壮観。何にしようかな、コレ。
こっそりダーリンのギターのストラップに
ずらっとぶら下げてみようかしら。
熊本県から出張ライブの依頼が入ったりして!
熊本県さん、出演依頼お待ちしております!!

ちなみに、くまモンを送ってくれた封筒に貼られていたのは
バリィさんの切手。

切手はバリィさん

バリィさんはここ群馬県太田市と姉妹都市提携をしている
愛媛県今治市のゆるキャラ。
これも可愛いなあ。
ぐんまちゃんとおおたん(←太田市のマスコットキャラクター)にも
頑張ってもらわないと!!
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

シルクコードのロングネックレス

シルクコードのロングネックレス

シルクコードのロングネックレス。
ロングネックレスなのだがロング状態で撮影すると写真に納まりが悪いので
2重巻状態で。
もちろん、こんな風に2重にして使うこともできる。

アップ

今回使用したのはφ0.6mmのビーズ用シルクコード。
最初から糸に針がセットされていて
ビーズを通しては結んで、の繰り返し。簡単(^^)
糸がつるつるしているので作っていて気持ちいい!

ちょっとしたポイントに

何が凄いって、驚きの軽さ4.6g!
本当に重さを感じないので
他のネックレスとの重ね付けにもOK。

それでいて普通のタンクトップやTシャツに
ちょっとしたアクセントをつけてくれる
優秀選手。


2013年6月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギチョコレート

ウサギチョコ

先日の勉強会で、Leoさんが出して下さったオヤツのひとつ。
「アニマルチョコレート」ということで
ウサギ、ウシ、犬、猫・・・と
色々な動物の顔がついていたのだが

「これはもう、問答無用でりかしさんでしょ(^^)」

と、わたくしの前に。
Leoさん、みんな、ありがとう!!(>▽<)

わーい、カワイイ!!とひとしきり騒いだ後
顔からバリバリいただきました。
美味しゅうございました(^^)
web拍手

| うさぎグッズ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

笹の葉さ~らさら

七夕飾り

茶道教室でお借りしている公民館のエントランスに
七夕飾りをした笹が。
ああ、もうそんな季節かあ。
こういう季節感のある飾りつけって素敵だ。

入り口脇がちょうど児童館になっていることもあり

「お願い事を書いて飾って下さい」

と、短冊とサインペンが用意されている。
すでに吊るされた短冊を見てみると。

「クラスのみんなといつまでも仲良しでいられますように」

うんうん。仲良しでいてね。

「プロサッカー選手になれますように」

練習あるのみ!未来のワールドカップは任せたわ!

「もう一人妹が欲しいです」

ふむふむ。兄弟が増えるといいね。
弟でも可愛がってあげてね。

「ウエスト-5cm!」

・・・そこはお星さまにお願いするのでなく
自分で頑張ろうか(笑)

さて、自分では何をお願いしようか。

「家内安全」

問題なさそうだなー。ダーリン、いつもありがとう!

「○○展入選」

うーん、これこそ自力で頑張らないと。

「世界征服」

・・・物騒なのでやめておこうか。

「今年の夏が猛暑になりすぎませんように」

夏は暑いのが当たり前だけど、限度と言うものがある!!
水不足になるとか、熱中症で死者が出るとか
そこまで暑いのは勘弁して頂きたい。
これ、意外と切実なお願いだったりして。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

日差しが強くなってまいりましたが
朝晩はまだ涼しいので気持ちよく眠れています。
うんざりする暑い日々に突入する前に
気持ちよく惰眠をむさぼっておこうかな~(何の宣言だ!?)

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

Jig-a-saurs(ジグソー)

チャームスワップの作品紹介途中なのだが
どうしても発表したいのでここで割り込み!

先日の日本貴金属粘土協会展にうちの生徒さんズ有志が
作品を出品したところ・・・

一般人気投票第2位獲得!!

というわけで、札幌・大阪(と、もしかしたら福岡)
の巡回展に乗ることになった。

素晴らしい~~!!(>▽<)
というわけでご紹介。

Jig-a-saurs

作品名 Jig-a-saurs(ジグソー)
作者  輝子さん/良子さん/Y香さん/伸行さん
     千恵美さん/Massayoさん/俊行さん/Chadさん
     (計8名 順不同)

クラス有志8人が作ったアクセサリーを並べるとなんと!
恐竜が出現。私たちはこれをジグソーと名付けました。


秋の関東エリア展にクラスから合同作を出品して
手応えを感じた彼ら(一部入れ替わってます)。
今回も出品したい、という意見が出たので

「前回と同じ方法(それぞれが同一テーマでチャームを作り
 1本のペンダントにして展示)ではつまらないので
 何か違う方法を考えて」

と言ったところ、色々な案が出たが

「全部つなげると一つの絵になる」

のはどうか、という案に落ち着いた。
また、ある男性生徒さんから

「『カワイイ』のはヤダ」

という意見が出たので、協議の結果
完成図が恐竜になる、ということに。

恐竜の下絵はわたくしが描いた。
最初はステゴザウルスを描いてみたところ
・・・シルエットだとゴジラと区別がつかない。
ではトリケラトプスは?
・・・サイと間違えられそう。
ではプレシオサウルスでは??
・・・多分ネッシーだと思われるだろうなあ。
シルエットって意外と難しい!!
というわけで、恐竜イメージの一番強そうな(?)
ステゴサウルスに決定!

この下絵をジグソーパズルよろしく分割し
どこを誰が作るかはくじ引きにした。

制作にあたっての条件は以下の通り。

1.自分のスペースを埋められれば、パーツを更に分割しても良い
2.平置きにするので、置いた時に傾くようなチェーン通しは
  裏側につけない
3.あとでチェーン通しをつけられるように、どこかに穴をあけておくこと。
  裏側にあとからチェーン通しをつける場合はロウ付けする
4.戻ってきたときに、自分でアクセサリーとして活用できること

収縮を意識して、厚みを統一するかどうかも議論したのだが
例え厚みを統一してもパーツのサイズや作り方によって
収縮に狂いが出るはずなので、そこは縛りを作らなかった。
だが、立体部分は別として、並べた時に違和感ない厚みに
全員が収まったのはある意味お見事。
多分、アクセサリーとして使いやすいサイズが
みんなの中で定着しているのだろう。

こんな感じで展示されました

実際の会場での展示はこのような感じ。
係の方が並べるのが大変だったと思うのだが
きちんと並べて下さって本当にありがたかった。

なにせ全部で22パーツ
展示会出品時は縦横位置などがわかるように写真を添付するが
その他に展示手順書を作って同封したのは初めてだ(^^;)

撮影が難しい!

ブラックのミラー板なので、自分が映り込まないようにとるのが大変。

ちなみにタイトルの Jig-a-saurs(ジグソー)は
Jigsaw pazzle(ジグソーパズル)とDinosaur(恐竜・ダイナソー)
からのシャレ。

制作コメントは規定が50文字以内になっていて
今回はわたくしがああでもない、こうでもないと
頭をひねりながら50文字ぴったりで書いた。
毎月の生徒作品展示で生徒さん自身に制作コメントを書いて頂いているのは
こういった展示会やコンテスト出品時に困らないようにする練習を
こっそりしてもらっていたのだ(ニヤリ)
・・・今後は「50文字以内で」という縛りも加えようかな。


制作中から見ていたが、全員の作品が揃った時の感激と言ったら!!
本当にみんなよく頑張った。
今回は時間の都合がつかず参加できなかった生徒さん達も
それぞれ優秀なので、また別の機会に参加できると良いなあ。

次回から、パーツを個別にご紹介の予定。
どうぞお楽しみに!!

・パーツ紹介~輝子さん編~
・パーツ紹介~良子さん編~
・パーツ紹介~Y香さん編~
・パーツ紹介~伸行さん編~
・パーツ紹介~千恵美さん編~
・パーツ紹介~Massayoさん編~
・パーツ紹介~俊行さん編~
・パーツ紹介~Chadさん編~

☆巡回予定☆

札幌

2013 7/16~21
第6回「銀の華」
ギャラリー大通り美術館D室
10:00 ~18:00(最終日17:00まで)
〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西5丁目11
大五ビルヂング 1F
TEL:011-231-1071

大阪

2013 9/27~30
ABCクラフト枚方店
〒573-0032
大阪府枚方市岡東町18-20
枚方店3階~5階
TEL:072(845)2410
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

キャラメルアプリコット

あんず!

ポーセリンの生徒さんから大量にあんずをいただいた。
この方…というかこの方の旦那さまは教室内で「高野農園(仮名)」と呼ばれるほど
ご自宅で色々な果物を作られていて
やれ桃だブルーベリーだ柿だミカンだと
採れたものをたくさんおすそ分けして下さる。

ちなみに仮名を「高野」にしたのはフルーツと言えば
高野フルーツパーラーか千疋屋さんかしら、ということで。

で、今回もまるでサンタクロースのプレゼント袋くらいのサイズのビニール袋に
あんずを山ほど入れて登場し、クラスのみんなに分けて下さった。
ジャムにするといいわよ!とのことで
わたくしもちまちまとあんずをいただいていたら

「先生!多くても少なくても煮る手間は一緒なのだからもっと持って行って!」

と言われ、こんなに大量にいただくことに。

では、さっそくジャムを作ろう。
というわけで、 良く洗って皮は剥かず
アボカドの種を取る要領でナイフをくるりと回して二つ切りに。
ゆるめに作ったらコンポートっぽくできるかも!ということで
二つ切りのまま煮込むことにする。
また、生徒さん情報によると
種は一緒に煮込んで、ビンに移すときによけた方が
味が良いとのことで、一緒に鍋に入れる。

砂糖責め!

重量の50%のグラニュー糖を投入。砂糖責め!

水が出てきた!

で、放置しておくとこうして水気が出てくるわけだが
あんずは時間がかかる~!たっぷり一晩かかった。
苺ならほんの1時間もおけばこの状態になるのだけど。

で、あとは灰汁をとりながら焦がさずに煮るだけ。
煮込む煮込む・・・灰汁をとる
煮込む煮込む・・・灰汁をとる(以下延々ループ)

程良く煮詰まったところで火を止めて味を見ると
甘酸っぱい美味しいアプリコットジャムができたではないか!

ここで、ビンを煮沸していないことを思い出した。
(本来はジャムを煮ながらビンを煮沸しておく)
自家製ジャムは砂糖以外の保存料が入っていないので
ビンを煮沸して消毒しておくことがポイント。
ビンを用意して煮沸して・・・としている間に
どんどんジャムが冷えて固くなっていく。
これでは扱いづらいからちょっと加熱して・・・と思ったら
熱を入れ過ぎて焦がしてしまった(涙)

ジャムのはずが・・・!

というわけで、アプリコットジャムが出来るはずが
出来上がったのはキャラメルアプリコット(笑)
食べられないほど焦がしたわけではないのが不幸中の幸い(^^;)

でも美味しい(^^)

でもこれ、トーストにバターと一緒に塗るとなかなか美味!
ほんのり苦く、ほんのり甘くそして爽やかに酸っぱい。
甘いだけのジャムが苦手な人にはむしろおススメ(笑)

ところで、この日某SNSにて、お友達のフローラルデザイナーが
やはり生徒さんから大量にあんずをいただいたので
ジャムを作る、と写真をアップなさっていた。
あまりのタイミングの良さにどこまで気が合うの!?と爆笑したっけ。
ただ、彼女の作ったアプリコットジャムは
そのまま売り物にできそうなほど美しいあんず色をしていたけれど。
うーん、技術力の差?・・・(^^;)

そうそう、これも生徒さんからのプチ情報。
大量にジャムが出来てしまった場合、食べる分だけをビンにいれて冷蔵庫で保管し
残りは冷凍保存すると良いのだそうだ。
砂糖が大量に入っているためカチカチには凍らないので
冷蔵庫に入れたビンの中身を食べ切ったら
冷凍してあったものをまた少しビンに移し・・・
という食べ方をしていくと、1年くらいは保つのだそう。
ご自宅で大量に果物が取れて困っている方、是非お試しあれ!
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

Raindrops fallin' on my head

Raindrops fallin' on my head

正方形展という多ジャンルの作家がCDケースに作品を収めて
出品した展覧会に出した作品その3。
よろしければこちらこちらもあわせてご覧ください。

正方形展の開催時期が6月半ば、ということで
雨にちなんだ作品を一つくらいは作ろうと思って
作ったのがこれ。

部屋の中から、雨にぬれるあじさいとその葉の上の
カタツムリを眺めるピョンタ。
出かける予定がなければ、ほどほどの雨も中々楽しい。
しとしと雨が降る日に、暖かい紅茶でも飲みながら
静かに音楽を聴いたり本を読んだりできるのは
至福のひと時だ。
…実際にはそんな余裕はなくて、うなりながらデザイン考えてたり
たまったアイロンがけと格闘してることが多いのだけど(^^;)

そんなわけで、穏やかで明るい色調を心掛けてみた。
苦心したのはなんといっても鎧戸!
間隔が広くても狭くても感じが出ないので
このちっぽけな鎧戸を何度作り直したことか。
あとはあじさいの中の小さな花。
丸だけであじさいが表現できるかな、と思ったのだが
なんとなく決定打に欠ける気がして
急遽小さな花も追加することに。
これ、カットするために固定するには
爪で抑えるしかなく、紙にバッチリ爪痕がついてしまうので
裏返しに切って、爪痕がついた方に糊をつけるという
涙ぐましい努力が。
画像では判りづらいが、これにもOHPシートが入れてあって
細かい雨が降らせてあるのだ。

実は、この作品もお買い上げいただいた!
こちらをご覧になっている事はないと思うのだが
お買い上げくださった方、ありがとうございました~!
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |