2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

空色リボンのマグカップ2

空色リボンのマグカップ2

前回ご紹介したマグカップのペア。
リボンにブーケと小花、というレイアウトは変えずに
ブーケと小花を変えた。

ブーケアップ

裏側

リボンの色を変えるという方法もあったのだが
ブーケと小花を変更しているのでリボンは空色のままで。

ペアで

ペアだとこんな感じ。

叔父と叔母はこれでお茶を飲みながら
毎日どんな話をしているのだろうか。
孫のこと、農作物のこと、これから行く旅行のこと。
意外と世界情勢について熱くかたらっていたりして(笑)

2013年7月 制作
web拍手

| 描いちゃいました・ポーセリン | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギのテーブルライト

ウサギのテーブルライト

ウサギのテーブルライト。
ポーセリンの生徒さんに陶芸家がいて、プレゼントしてくれた。
ありがとうございます、京子さん!

裏側

裏側はウサギのくりぬき。
これを表側の満月の上に載せてある。
銀粘土で考えると、くりぬいたパーツを
そのまま載せるのは結構難しい。
乾燥でひびが入ってしまったり、鋭利なラインを出そうとすると
抜いた穴を綺麗にするためには抜くパーツを犠牲にする必要があるので。
銀粘土よりはゆっくり乾燥する陶芸だからこそできる技。
こういうところはちょっと羨ましいなあ。

中にはLEDライトが入れてあって

グリーン

グリーン

ブルー

ブルー

レッド

レッド

と、もちろんその中間色に滑らかに色を変える。
青色LEDを発明してくれてありがとう、中村教授!川崎教授!
(中村教授:青色LEDを発明。
川崎教授:青色LEDの再発明と呼ばれる、安価な素材での青色LED開発に成功)


秋の夜長に、部屋を素敵に演出してくれる
なかなかニクイウサギさんである(^^)
web拍手

| うさぎグッズ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

親の心子知らず

甘いお赤飯

実家滞在中、朝食がお赤飯だった。
好物なので問題ないどころかウエルカムなのだが、何の気なしに

「何かのお祝い?」

と母に聞くと

「何かって、あなたの入選のお祝い」

す、すみません、すみません。

「だって晩御飯の時いないんだもの」

わああ、重ね重ねすみません。
展覧会関係で実家に泊めてもらっていたのだが
友人が見に来てくれたので一緒に食事をしていたり
先生の個展のオープニングパーティーで外食だったりと
実家で夕食をとらなかったんだよなあ。

ちなみに、これが以前の記事でご紹介した、北海道風の甘いお赤飯だ。
中に入っているのは小豆ではなく甘納豆。

それにしても、この年になってもお赤飯を炊いて祝ってもらえるとは
本当にありがたいことで。
いつもありがとう、母上様。
不肖の娘ですみませぬ。
ここで謝っても・・・笑
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

親戚から新米をいただきました。
漬物だけでもパクパクいけてしまうおいしさ!危険、危険。
食べ物のおいしい季節ですね。
美味しくて幸せ!でも太る恐怖!!
食べなきゃいいじゃん、とならないのは何故なのでしょう(^^;)

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

ティッシュ・テロ

白い悪魔~ティッシュ・テロ。
それは、ポケットの中身を確認せずに
洗濯物を洗濯かごへ放り込むうっかりさんがいると発生する。
我が家でも数年ぶりに発生!!
あうう、この無力感たるや恐ろしい。

洗濯を家族の誰かにしてもらっている皆さん。
着ていた服を洗濯に出す前に
ポケットの中のものは全部出しましょう!
洗濯する側は忙しくて
全ての服のポケットを再確認なんて
してられないのよ本当に!!(涙)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

カラーコーディネート

とある絵画のグループ展を見に行ってきた。
わたくしに案内のDMを下さった方は
黄色が印象的な絵を描かれる女性だ。

作風がはっきりしているので名札がなくても
すぐにこの方の作品、とわかる。
黄色の使い方もその一つ。
そして、画廊でお会いすると必ず黄色の服をお召しになっている。
冬にお会いしたときは黄色のダウンベスト。
先日はレモンイエローの細身のパンツ。

画廊の方がお茶を入れてくださったので
ありがたくご馳走になってきたが
なんと出てきたお茶請けが芋ようかん。

…お茶菓子も黄色!!
偶然だとは思うのだが、ここまで来るといっそ清々しい。
「オズの魔法使い」のエメラルドシティではないが
黄色の世界に浸るのがだんだん心地よくなるような・・・。

次にお尋ねするときは、やはりレモンをお土産に持参すべきなのだろうか?
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

空色リボンのマグカップ

空色リボンのマグ

これも叔母からのオーダー品で、ペアマグカップのひとつ。
ブーケと空色のリボンのデザイン。

後姿

ブーケから左右に伸びるリボンを裏側で交差させ
向こう口で小花に結んである。

このカップは手前より向こう口が高いというちょっと独特の形状なので
もうここは見せ所というか、正面に何も描かなくても
ここは描かなきゃダメでしょ、というポイント。
正面にブーケを描いたので、向こう口はバランスで小花にした。

裏に描いた青いリボンが光にかざすと透けるくらいの薄手。
白磁はこうでなくっちゃね(^^)

朝食時に、オヤツタイムにと気軽に使ってほしい。

2013年7月 制作
web拍手

| 描いちゃいました・ポーセリン | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギのマイクロファイバータオル

ウサギのマイクロファイバークロス

ウサギ柄のマイクロファイバークロス。
友人happyちゃんからのプレゼント。
ありがとう、happyちゃん!!

マイクロファイバークロスは吸水、乾燥が早いので
多方面に重宝しているが、ウサギ柄があるのは知らなかった。
うむむ、わたくしとしたことが!

ウサギアップ

こんな感じで全体にウサギと小花が散っている。
カワイイ~!!

さて、どこで使おうかな。
使い道を考えるのが楽しみ。
web拍手

| うさぎグッズ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

幸せじゃない水(?)

幸水という梨が好きだ。
甘さといい、シャリシャリした食感といい、みずみずしさといい
自分としてはベストバランスな梨が幸水。
梨の季節のトップバッターなので
「食べられるうちに!」
と、最近買う果物といえば幸水一択。

そんなわけで先日も朝のデザート用に幸水3個パックを買った。
幸せに1個目を食べて、2個目を食べたら。

・・・これ、幸水じゃないー!!(><)

多分、品出しの時に別の梨が1個混ざったのだろう。
苺のように上にフィルムをかけたりはしていなかったので
持ち上げてこぼした(?)お客さんがいたりしたら
隣のものとまざったりしたかも。

梨は梨だし美味しいのだけど
幸水を期待して食べて幸水じゃなかったガッカリ感ときたら・・・!

こんなことは初めてなので、3個目は
もちろん幸水であって欲しいけれど
とりあえず追加でもう1パック買ってこようかしら(--;)
幸水じゃないガッカリは幸水でニッコリで解消しないと~!!
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

第68回行動展

この展覧会は無事終了致しました。ありがとうございました。
この記事は9/30までTOPに表示されます

拙作が第68回行動展(行動美術協会展)に入選した。

Rikaleidoscope 13-7

F100(1620×1303mm)キャンバスに油彩
作品名 Rikaleidoscope13-7

2度目は1度目とまた違った緊張感があるもので。
これでまぐれと言われなくて済むかな、とちょっとホッとした。
いや、誰にも言われていないのだけど(^^;)

18日から六本木の国立新美術館に展示されるので
ご興味があれば是非実物をご覧ください。

第68回行動展
2013年9月18日(水)~9月30日(月)
国立新美術館
(9月24日(火)は休館)
AM10:00~PM6:00(入場はPM5:30まで)
毎週金曜日はPM8:00まで(入場はPM7:30まで)
最終日の入場はPM1:30まで、PM2:00閉会
入場料 一般800円(学生無料)


国立新美術館MAP


2013.9.18up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

エッグ・ベネディクト

エッグベネディクト

少し前だが、茶道教室の皆さんと暑気払いランチをした時の
エッグ・ベネディクト。

エッグ・ベネディクトというのは
イングリッシュマフィンにハムとポーチドエッグを載せ
その上にオランデーズソース(バターとレモンジュースと卵黄で作るソース)
をかけた、大変タマゴタマゴしたメニューだ。

以前カリフォルニアに住んでいた頃
家から30分位のlagna beach沿いに
「Beach house」というレストランがあった。
当時は看板も出ていなくて知る人ぞ知る、のレストラン。
客席から海が見えて、日本からのゲストはもちろん
結構長いこと住んでいる人を連れて行っても喜ばれた。
ちなみにわたくしは当時の英語の先生に連れて行ってもらった。
そこのメニューにもエッグ・ベネディクトがあった。
ここで食べたのがわたくしの初エッグ・ベネディクト。

なんだかものすご~く久々にこのメニューに出会った。
都内のレストランでなら珍しくないのかもしれないが
群馬でこれに出会えたことに結構感動!

写真の通りなかなか綺麗。
アメリカ版はもっとどばっ!とオランデーズソースがかかってた。
いや、群馬版くらいでオランデーズソースは十分だと思う!!
お味もなかなか(^^)
カロリーを気にしつつ(笑)
いつまでこのメニューがあるかわからないから
もう1度くらい行っておこうかな。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

臨時休室のお知らせ

いつもご来場ありがとうございます<(_ _)>

突発業務のため、Rika実験室は
急遽お休みをいただきます。
次回更新は9月17日(火)の予定です。
よろしければ、ぜひまた遊びにいらして下さいね。

Rika実験室 主任研究員 Rika-C
web拍手

| お知らせ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ピンポンマムのカップ&ソーサー

ピンポンマムのC&S

前回前々回に引き続き、叔母からのオーダー品。
3客セットの3客目だ。

カップ

ピンポンマムも小菊の1種。
ころん、とした形が可愛らしいのと
カラーバリエーションが豊富なのとで、ブーケを描くときに
大変重宝する花だ。

ソーサー

実は今回金彩に泣いて、なんと金彩だけで焼成4回。
やり直してもやり直しても窯から出すと金がのらず剥がれているのだ。
今まであまり金彩で失敗したことがなく、2回焼成すれば
大体綺麗に仕上がっていたので原因が全く分からない。
色々調べてみた結果、厚く盛りすぎると剥がれることがある、という情報をつかみ
祈るような気持ちで薄目にもう一度金彩を施してみたところようやく成功!!
金彩は薄いと金に発色せず、ピンクや紫になってしまうので
しっかり載せましょう、が合言葉(?)だったが
ものには限度があるということで。
金液が古くなってもったりしていたのも原因かも。
うーん、失敗していないっていうのも考え物だなあ。
大変良い勉強にはなったのだが猛暑のさなか、何度も窯を動かすのは辛かった。
どうせなら冬場に失敗したらよかったのに・・・!(←そういう問題じゃない)

ところで本日9月9日は重陽の節句。
これも菊の一種なので、気が付いて今日のティータイムに
使ってもらえると嬉しいのだけれど。


2013年8月 制作
web拍手

| 描いちゃいました・ポーセリン | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

白ウサギ手ぬぐい

アリスの手拭い

これも先日プレゼントしていただいた白ウサギの手ぬぐい

ありがとうございます咲彩さん!!

…厳密にいうと「白ウサギの」というか
ディスニー版「不思議の国のアリス」柄。
でもアリスと言えば白ウサギ(時計ウサギ)。
ウサギ自体はテニエル版の方が可愛いのだが
シルエットにするとディズニーのウサギも可愛い!

ウサギウサギ♪

ウサギにティーセット、トランプ、懐中時計、チェス・・・と
素敵なモチーフが多いアリスワールド。
友人の中にもアリス好きは多い。
この手ぬぐいは伝統的な技法で染められているそうなのだが
レースドイリー風にモチーフを配したデザインが大変洒落ている。
赤白の配色も世界観にピッタリ。
張り切ってバンバン使わせて頂きます(*^^*)
web拍手

| うさぎグッズ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

高校野球

レンタルショップで、以前から興味のあったマンガを借りた。

「おおきく振りかぶって」

という高校野球マンガだ。
主人公(ピッチャー)が中学時代を過ごしたのが群馬で
ストーリーの舞台となる高校が
埼玉県立西浦高校(モデルは埼玉県立浦和西高校)
と、浦和出身で群馬在住のわたくしには
なんとなく設定場所に馴染のあるマンガだ。

ただ一つ、問題をあげるとするならば
わたくしがほとんど野球がわからないタイプだということ。

そこでダーリンに色々質問する。

「キャッチャーフライを垂直にあげるのって難しいの?」
「ストライクゾーン9分割って大変なことなの?」
「タッチアップって何?」

ダーリンからすると、ここまで野球に疎いのに野球マンガを読むのが不思議らしい。

とりあえず、バッターもピッチャーもキャッチャーも
ものすごく頭を使ってるということは良くわかった(^^)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

Jig-a-saurs パーツ紹介~俊行さん編~

Jig-a-saursのパーツ紹介第7回。
Jig-a-saursについて詳しくはこちらを参照。

今回の作者は俊行さん。
俊行さんが作ったのは

Jig-a-saurs

この中の

俊行さんパーツ

色つきの部分。

まずは色つきMAPで赤と緑の部分。

ダイヤ型チャーム1

ダイヤ型チャーム2

ダイヤ型チャーム。
展示ではどちらも上下を逆に配置してある。

カットした石をモザイク状に使用している。
モザイクの構成を変えてあるあたりがニクイ!
仮に同サイズだったとしても、センターの石のカットの仕方と
配置を変えるだけで雰囲気が変わるという
デザイン見本のようだ。
ベース部分のテクスチャが大変良い雰囲気を出している。
時間が経って自然硫化した時に、表面だけを磨くと
また違った重厚感が出て楽しめると思う。

次に色つきMAPで黄色の部分

リング

このパーツからリングを作ろう、と思いつくのは俊行さんならでは。
先にご紹介したチャームと石のモザイクでリンクしている。
下の両サイドを石に置き換えたのが素晴らしいアイディア。
ここが石でなければないこともないデザインなのだが
エッジに石を持って来たことでデザインに独自性が生まれ
また、ペンダントとして使用する場合にもポイントとなる。

最後にいろつきMAPで青の部分

ボタン

・・・リングの穴をそのままにしておいても
わたくしは決して文句を言うつもりはなかったのだが
リング穴を埋めるかのように
ここにボタンを作ろうという発想が素敵だ(笑)

実は今回の共通ルールとして

「展示した時に傾かないように、裏側にチェーン通しをつけない」

というのがあった。
このボタンは脚付きボタンなので厳密にいうと上記のルールに触れるのだが
リングの穴がこのボタンの脚の高さを吸収するので問題なし。
ルールの理由を読んだ上でのこういう遊びはさすが。

実はリングとボタンがあまりに滑らかにつながっているので
そのまま展示するとこれが別のアクセサリーだとわからないほど。

「リングとボタン、別に見せなきゃ勿体ない!」

という他の参加メンバーと協議の結果、小さなアクリルのキューブをスタンドにして
ボタンを浮かせて展示することにした。
うんうん、みんなよくわかってるなあ!

俊行さんと言えば唐草、というほど唐草デザインを得意とするので
ボタンももちろん唐草模様。
この唐草模様は一つ一つ作ったパーツを貼りつけてある。
大変ゴージャスで贅沢なボタン。
何に使うかも楽しみ。


・Jig-a-saurs パーツ紹介~輝子さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~良子さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Y香さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~伸行さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~千恵美さん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Massayoさん編~
・Jig-a-saurs パーツ紹介~Chadさん編~
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

けしからんパンケーキ

一時期

「なんという分厚さ!けしからん!もっとやれ!」

と評判(?)になった星乃珈琲店さんのスフレパンケーキ。
前から食べてみたい、と思っていたのだがなかなかチャンスがなかった。
先日、母と伯母が油絵のグループ展を見に来てくれたので
画廊近くにあるスフレ館新宿東口店へ。

これがその「けしからんパンケーキ」だ!

スフレパンケーキ

うむ!確かにけしからん!もっとやれ!!(笑)
ちなみに正式名称は「窯焼きスフレパンケーキ」。
間違ってもお店で

「けしからんパンケーキ下さい!」

とオーダーなさらないようご注意いただきたい。

これだけ厚いとどうだろう・・・と食べてみると
ふわふわ~~!!
これは美味しいしはまるわ~!

ちなみにバニラスフレ

バニラスフレ

と、フレンチトースト

フレンチトースト

も頼み、3人でシェア。
どれもふわふわで美味しかった♪

友人から「新宿店は分煙で煙い」と聞いていたので
ちょっと二の足を踏んでいた部分があったのだが
時間が良かったのか(11:30頃)、スフレ館はそれほどでもないのか
快適に過ごすことができた。
ただし冷房ガンガンだったので、女性は上着持参が吉。

スフレパンケーキはシロップを選べて
写真に写っているのは黒糖。
フレンチトーストにメイプルシロップがついていたので
1枚は黒糖、1枚はメイプルシロップで食べた。
どちらも美味しいが2枚完食だったら
メイプルシロップの方がさっぱり食べられそうな気がする。

この日、別のお客様がオーダーしていた「スフレオムライス」
に乗っていたスフレオムレツがこれまたけしからん大きさ。
オーダーされていた女性が細身だったので
凄いな~、食べ切れるのかな~、と思っていたのだが
ちょっとおしゃべりして次にちらりとそちらを見た時は
ほぼ完食なさっていた(笑)
うむ、次回ターゲットはスフレオムレツかな!

パンケーキやホットケーキって、好みが意外と人それぞれな気がするが
わたくしは大満足。
お好きな方は是非一度お試しを。
群馬だと前橋に店舗あり。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

小菊のカップ&ソーサー

小菊のカップ&ソーサー

前回同様、叔母からのオーダーで作った
小菊のカップ&ソーサー。
カップ&ソーサーは3客セットでの注文だったので
すべて花を変えてみた。

小菊アップ

淡い紫の小菊。
3本立てにするような大輪の菊は
どうも仏花のイメージが強いのだが
マーガレットやデイジーのような小さな菊は好きだ。

ソーサー

ソーサーはこのような感じ。
こういう小菊や忘れな草はブーケを描くときに
メインの花を引き立てるマスフラワー(空間を埋める花)として
欠かせないが、それ単体で描くのも結構好きだ。

気軽に毎日のお茶に使ってもらえると嬉しいなあ。
web拍手

| 描いちゃいました・ポーセリン | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |