2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

絶品・オムライスっぽいもの

絶品オムライス(っぽいもの)

我が家にはシェフ(=ダーリン)とシュフ(=わたくし)がいる。
先日、シェフがお昼を作ってくれることになり
・・・って書くとたまにしか作らないみたいだなあ、
かなりまめまめしく作ってくれるのであるが(笑)
今日のメニューはなあに?と聞いてみたところ

「うん、オムライスっぽいもの(^^)」

・・・オムライス、ではなくオムライスっぽいもの???
本人的にご飯部分がチキンライスではなく
牛豚合いびき肉を使った焼き飯な所が
オムライス、と言いづらかったようなのだが
これはこれで美味しかった。
ライス部分はケチャップ控えめでびっくりするほど
醤油が入っているそうなのだが、これがまた絶品。

そして、研鑚の結果か今回卵部分が
たいめい軒風のオムレツに。
平たい状態でも卵がふわふわで甘く美味しいので
何か(牛乳とか生クリームとか)入れているの?と聞いても
調味料すら入れていないそうだ。
数々の動画を検証した結果(?)

「力の限りかきまわせ!」

ということで、空気がたくさん入って
このふわふわの卵が出来ているらしい。

現在絶賛オムライス修行中のダーリン。
しばらく味見役が楽しめそうだ(^^)
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

恒例・アフタヌーンティーパーティ

アフタヌーンティーパーティ

ポーセリンペインティング教室の年内最終日
恒例のアフタヌーンティーパーティ。
今回、ケーキとスコーンは教室オーナーが用意してくれて
(もちろんスコーンは焼き立てアツアツをサーブ!)
サンドウィッチは生徒さんが手分けして会場で作った。
ベテラン主婦揃い(料理教室の先生含む)の生徒さんズ
あれよあれよという間に山のようなサンドウィッチが完成。
美味しい紅茶とティーフーズ片手に
おしゃべりしながら楽しい時間を過ごした。

パーティーの後は手早く片付けて授業開始。
ところが

「先生、お腹いっぱいで満足しちゃって
 もう今日は描けなくてもいいかも~(^^)」

コラッ!誰ですか、そんなことを言っているのは。
そういうことを言うともうパーティーは開きませんよ。

次回からは、自分で描いたカップ&ソーサーを持参しないと
参加出来ない決まりにして、強制的に描かせちゃおうかしら(笑)
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ハーゲンダッツスペシャルエディション「オペラ」

パッケージも美しい

ハーゲンダッツの期間限定スペシャルエディション「オペラ」。
実は食べたい!と思いながら去年買いそびれてしまって
食べたい、食べたいと思いを募らせつつ
ほぼ1年越しのご対面。
おお、パッケージもエレガントで美しい!

逸る気持ちを抑えつつ(笑)ふたを開ける。

金箔の乗ったチョコレートソース

金箔の乗ったチョコレートソースが!

美しい層

ケーキ入刀、じゃなくて1スクープ!

さすがに7層という訳にはいかないか。
当たり前だ!

でも2種類のバタークリームアイスクリーム、コーヒーシロップや
アーモンド風味のクッキー生地が充分オペラを表現している。

♪

内部はこんな感じだ。

アイスクリームでケーキを表現するという難しい試みを
果敢にクリアしていると思うし、大変おいしいと思う。
ただ、アイスクリームが1個420円と言う値段は
決してお安くはないと思う。
このシリーズ(?)ではやはり初期の
ティラミスとクレームブリュレが出色だったと思うなあ。

お値段はアレだが、美味しいことは間違いなく美味しい。
とりあえず1個試しに、とかお財布に余裕があるお方には
自信を持っておススメする。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギのガラスマドラー

ウサギのガラスマドラー

勉強会でご一緒しているRuri*さんからいただいた
ウサギのガラスマドラー。
ありがとう、Ruri*さん!

Ruri*さんは銀粘土だけでなくガラス作家としても大活躍中。
そんなRuri*さんが作ってくれたなんと!ウサギのマドラー。
画像では黒っぽく映ってしまっているが、下のボール部分は赤い。
耐熱ガラスで作られているので、ホットドリンクにも使える。

しっぽがキュート

さりげなくしっぽがついているところがなんともプリティ。
マドラーが必要ない飲み物にも無意味にいれたくなるなあ(笑)
大切にガシガシ使わせて頂きます!

ちなみにRuri*さんの作品もみられるサイトは
こちらのLazuli Glass
作品の他、美味しいパンや彼女の美しい写真記事も。
web拍手

| うさぎグッズ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2013徳島ツアーレポート・その6

徳島ツアーレポート最終回!
ということで、よろしければお付き合いください。
ちなみに、過去のレポートはこちら。

2013徳島ツアーレポート・その1
2013徳島ツアーレポート・その2
2013徳島ツアーレポート・その3
2013徳島ツアーレポート・その4
2013徳島ツアーレポート・その5

阿波十郎兵衛屋敷で阿波人形浄瑠璃を堪能した後
車は一路最終チェックポイント(?)鳴門海峡へ。

大鳴門橋

この白い橋が大鳴門橋。
向こうに見えているのが淡路島だ。
ちなみに手前の男性は、たまたまいらしていた観光客(面識なし)

渦潮を見るまでにまずは腹ごしらえ、ということで
お昼ご飯を食べることに。
女性3名は鳴門うどん

鳴門うどん


四国でうどんといえば香川の讃岐うどんが有名だが
以前徳島へ旅行した友人が

「徳島のうどんはこしがない」

と話していて、それは美味しくないうどんなの?と聞いたら
それが美味しいのよ!と言われたのだが
いまひとつピンと来なくて食べてみたかった。

で、実際に食べてみたら。
確かに「こしがないけど美味しいうどん」
というしかないだろう、これ(笑)
こしがなく柔らかいうどん、と言われて
なんとなく煮すぎたうどんを連想したのだが
最初からこういうこしのない麺なのだ。
ちゅるんとした食感、すぐにぷつんと切れるこしのなさと
消化の良さ、そして出汁の優しい甘味が
塩田労働に従事する人たちに好まれたのだそうだ。
うん。こればかりは実際に食べてもらわないと
わからないのではなかろうか。

そしてラーメン党の父は徳島ラーメン。

徳島ラーメン

チャーシューの代わりに豚バラ肉がのった
濃口醤油スープのラーメンをイメージしていたが
ここで出てきたものは豚骨系。
どうやら徳島ラーメンはかなり色々な種類があるそうだ。
恐るべし、徳島!

ところで、ここでテーブルに置かれていたのは

すだち七味

すだち七味。
辛いものがダメなのでわたくしは七味唐辛子自体使わないのだが
すだちの名産地ということで、七味もすだち入り。

昼食後、時間調整のため架橋記念館エディへ。
大雑把にいうと、渦潮と大鳴門橋の記念館。
中には色々な展示があるのだが
照明の関係で写真向きのものが少ない(^^;)
数少ない写真向きだったものがこれ

トリックアート

ドアを開けると大鳴門橋、なトリックアート。
ちなみにポーズをとってくれているのは母だ。

そうそう、この記念館では1グループに1つチェックシートが渡される。

???

館内にこうやってかもめのキャラクターが隠れているので
それを探して歩くのだ。

見つけた!

キャラクターにはこんな風に数字と文字が記されている。
チェックシートに、数字の順に文字を並べると
ある問題文が浮かび上がる。
この記念館出口で問題の答えを書いたチェックシートを返却し
正解していると記念品がもらえるのだ。

このキャラクターが

「これはかなり高確率で見落とすのでは?」

なんてところにいたりするので、結構楽しめる。


記念館で遊んで良い時間になったので
大鳴門橋遊歩道「渦の道」へ。

渦の道

大鳴門橋下部が450mに渡り遊歩道になっていて
渦潮発生地点まで歩いていくことができるのだ。

先ほどから何を時間調整していたかというと
渦潮には見ごろの時間帯があって
ピーク時刻の前後1時間半が良いとされている。
潮見表というこのピーク時刻の予測表があるので
前日から、この時間を元にこの日の行程を立てていたのだ。

450mある

上は高速道路(神戸淡路鳴門自動車道)なので
結構揺れる。

海面からの高さ45m

で、通路の途中と発生地点近くにガラス張りの床が。
もし渦潮の発生地点どんぴしゃりの日なら
真上から観測できるわけだ。
・・・結構怖いよ、コレ。

渦潮のたまご?

渦潮のたまごのようなものも。

この日は大潮ではなかったこともあり

「あそこに渦潮が!」

というほどはっきりしたものは見られなかった。残念。
季節としては3月、4月頃が観測向きなのだそうだ。

むしろ遠くからの方が・・・

遠くから見ると白くなっているところが渦潮・・・かなあ???と言う感じ。
むしろ遠くからの方がわかりやすかったりして。
テレビで見るような勇壮な渦潮にあたるのは難しいのかな?

全行程を終了して、徳島阿波おどり空港へ。
空港で夕食にする時に父が

「もう鶏はいらない」

と言って母と伯母もそれに同意していたが
実はわたくしはまだまだ鶏でも大丈夫だった。
阿波踊り以外に徳島の名物を何一つ知らなかったが
美味しかったよ、阿波尾鶏!!

2泊3日の割にかなりたっぷり楽しめた。
多分美術館を見たい!という目的がはっきりしていると
ツアーでは消化不良になっていたと思うので
自分で手配して正解だったと思う。
今回時間がなくて行けなかったドイツ村も面白そうだし
機会があったらまた行ってみたいなあ。

いいところで満喫しました。
ありがとう、徳島!
web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

今年一番早いサンタクロース

クロスステッチのナプキン

今年一番早いサンタクロースが来た。
サンタクロースは義妹ちゃんだ。
ありがとう、義妹ちゃん!!
なんと、クロスステッチのナプキン。
薔薇の花と、それぞれわたくしとダーリンの名前入りだ。
なんだか感動~!
義妹ちゃんが忙しい中、時間を見つけて私達のために作ってくれたかと思うと
義姉さん涙が出るよ。。。
しかもこの見事な出来栄え。
わたくしは刺繍をするとつい糸の引きが強すぎて
布にしわを寄せてしまうのだが、裏まで綺麗~!

そして、これを入れてくれたパッケージが

入れ物もカワイイ!

なんとウサギの巾着。

ありがとう、ありがとう!
どちらも大切に使わせて頂きます(^^)
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

我が家のリビングの窓からは赤城山が見えます。
先日お茶のお稽古でその話をした時に気付いたことが。
わたくしは「あかぎさん」と言いますが
地元の方は「あかぎやま」と呼ぶようです。
・・・しまった!よそ者だとばれてしまう!!
(もう10年以上住んでいるのですが)
また、わたくしの場合

「赤城山」

なら「か」にアクセントが来ます。
スラムダンクの湘北高校キャプテン「赤木」と同じ発音です。
ただし、

「赤城」

の場合「あ」にアクセントが来るのですが
地元ではどちらも「か」にアクセントが来る模様。
う~む、意外なところで出身地がバレそう(^^;)

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

豚まんの秘密

某日、某所にて。
とあるマダムが

「関西では牛肉のことを『おにく』って言うのよ」

「で豚肉は『豚』、鶏肉は『柏』。
 ・・・豚肉だって鶏肉だって肉なんだから
 仲間に入れてあげて欲しいわよねぇ?」

ちなみにこのマダムご自身は関西のご出身。
へぇ、そういうものなのかぁ。
関西では牛肉が多いのかなあ、とその時は思っていたのだが。

あああ!だから関西の人って肉まんのことを「豚まん」って言うのか!と
その日の夜になぜか自分の頭の中で急に話がつながり(笑)
長年にわたるどうでも良い疑問(?)が一つ解決した。
なんで肉まんじゃなくて豚まんって言うのかなあ、と思いつつ
あまりに些細な疑問すぎて、今まで誰にも聞いたことがなかったのだ。
どうでもいいけど、長年の疑問が解決してちょっとスッキリ。

ちなみにここ群馬はなんでも豚肉を使う土地柄だそうで
すき焼きも肉じゃがも豚肉を使うそうだ。

我が家はどちらも好きなので、気分次第でどちらも使う。
肉じゃがを作ろうとしたら肉が(牛も豚も鶏も)なくて
ツナ缶を代用したことすらあるが、これはこれで結構いけた(←こら)
ワニもカエルも食べたことがあるし(味としてはほぼ鶏肉)
余程クセがないかぎり結構何の肉でも食べられそうな気が。
・・・ウサギを除いては。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2013徳島ツアーレポート・その5

引き続き徳島ツアーレポート!
ということで、よろしければお付き合いください。
ちなみに、過去のレポートはこちら。
2013徳島ツアーレポート・その1
2013徳島ツアーレポート・その2
2013徳島ツアーレポート・その3
2013徳島ツアーレポート・その4

レンタカーを借りてまず向かったのは藍屋敷おくむらさん。
今でこそ藍染めの原料として化学染料や安い外国産のものが使われているが
阿波藍は特に良質として全国的にその名を馳せた名品。
お土産を探すのにもってこいだ。

ちなみにこの向かいに歴史資料館藍の館がある。
今回は時間の関係でこちらには寄れなかったのだが
藍染め体験もできるので行ってみたかったなあ。
良く一緒に旅行に行くROMちゃんやあやきちが同行者なら
絶対こちらに行っていた(笑)

藍染めの素敵なお土産を購入してホクホクしながら
次に向かったのは徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
阿波人形浄瑠璃の資料館になっているここは

「ととさんの名は十郎兵衛、かかさんの名はお弓と申します~」

で有名な人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門」ゆかりの場所だ。

資料館には様々な資料が。

かしらができるまで

こちらは人形の首(かしら)ができるまでの段階。

大きさ比較

こちらは大きさ比較。
左が阿波人形浄瑠璃の、左が文楽の首。
阿波人形浄瑠璃の首はかなり大きい。
阿波人形浄瑠璃は農村舞台など野外で行われることが多かったため
遠くからでも見やすいようにだんだん大きくなっていったのだそう。

舞台

こちらの舞台では人形浄瑠璃の上演がある。
野外上演が多かったことにちなみ
その雰囲気を味わえるよう、ガラス張りで外光たっぷりの舞台になっている。

3人がかり

一体の人形を3人で操作するのは文楽と一緒。
文楽の方は首を操作する主遣いの方は顔を出して
残り二人が黒子だったと思ったが、ここでは3人とも黒子姿。

袖を咬む

お弓の口には小さな針がついていて
袖を咬む仕草がリアルに見える。

感動の再会

感動の再会!足がカワイイ。

人形浄瑠璃をライブで見たのはこれが初めて。
黒子が気にならないのかな、と思っていたが
気になるのは最初のうちだけで、そのうち人形しか見えなくなる。
これは誰でもそうなのか、日本人独特の感覚なのかちょっと気になるところ。

上演後、「よろしければ人形と一緒に記念撮影を」との
アナウンスがあり、観客の希望者が交代で写真撮影したのだが
このアナウンスの時に舞台から人形の手が「おいでおいで」をしていて
芸の細かさにまた唸ってしまった。
初めて見たけれど結構面白い!
ストーリーを予習していければかなり楽しめそうだ。

というわけで、続きはまた次回!
web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

ゆず湯を楽しんでいます。
椀物等には好んでは入れませんが
お風呂に入れるのは大好き。
うちは夫婦ともそうなので
ゆずを頂くと台所ではなくお風呂場直行です(笑)

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、ぜひまた遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

表紙を飾った!

表紙を飾る

わたくしが所属する銀粘土の講師団体
日本貴金属粘土協会が会員である講師対象に発行する機関誌
News Letter の表紙を
なんと!うちの生徒さんズの作品
Jig-a-saurs(ジグソー)
が飾った!!

ほぼ実物大

ほぼ実物大!!

群馬に、こんなに力のある生徒さん達がいると
全国に発信出来たことが物凄く嬉しい。
頑張れ。あなた達はまだまだ伸びる!
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

昨日は大変風の強い日となりました。
からっ風で有名な群馬ですが
ああ、今年もこの季節になったか・・・という感じです。
もっと手加減してくれてもいいのだけどな。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ふなっしーの罠

先日、うちの義妹ちゃんが

「大河の『八重の桜』で会津弁が出てくると
 語尾の『~~だなっし』というのが
 なんだかふなっしーみたいに思えて」

と言っていた。
職場の方々は

「やめて!もう八重の桜が普通に見られない!!」

と大ウケだった模様。

自分の中にそのイメージを取り込まないよう、その話を
つとめてクールに聞いていたつもりだった。が。
八重の桜を見ていたら、主役・綾瀬はるかちゃんの

『~~だなっしー』

のセリフがトリガーになってふなっしーのイメージが浮かぶ浮かぶ。
いいシーンなのに!なんという破壊力!!

義妹よ、義姉さんはあなたをそんな子に育てた覚えはなくってよ!
けしからん、もっとおやりなさい!!(面白すぎる)

早いところ何かで上書きしないと
これから綾瀬はるかちゃんをみるだけで
ふなっしーを思い出して悶絶してしまいそうだ(^^;)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2013徳島ツアーレポート・その4

毎週金曜日は徳島ツアーレポート!
ということで、よろしければお付き合いください。
ちなみに、過去のレポートはこちら。
2013徳島ツアーレポート・その1
2013徳島ツアーレポート・その2
2013徳島ツアーレポート・その3

大塚国際美術館で、紹介しておくべきお方が。
その名も「大塚アートくん」!

アートくん
画像は大塚国際美術館オフィシャルサイトより拝借

ギャラリートーク(作品解説)をしてくれるロボットで
身長142cm、体重100kg。
元気がなくなると(?)自分で壁際の充電スポットまで移動する。
・・・足元にルンバを仕込んでおいたらどうだろう、と思ったのは
多分わたくしだけではないはずだ!!

朝から晩まで美術館にいると、さすがに足が棒を通り越して丸太のようだ。
やはりここに丸一日かける旅程は正解!と思いながら
バスで徳島駅まで戻り、食事に出かけることに。
前日とはまた別の居酒屋さんにでも、とお店を覗くも
どこも満員。
水曜日だったから、定時間日の会社が多かったのだろうか。

「カウンターなら空いてるよ」

と言って下さるのだが、さすがに4人でカウンターだと
話がしづらいので少しずつ駅から離れてみたら
こちらのお店を発見。

とりとり

阿波尾鶏焼き鳥居酒屋「とりとり」さん。

とりとり看板

看板の鳥がカワイイ。

結果的には大当たり。
美味しいし、お店のスタッフの方がとても感じ良い。
駅前のお店がすいていたらここは発見できなかったので
むしろラッキーだったと言えよう。

さっそく焼き鳥を注文。

焼き鳥

焼き鳥2

焼き鳥3

焼き鳥4

揚げてから炭で焼いているのだろうか?
パリッとしていて大変おいしかった。
写真のように片っ端から焼き鳥を食べ

鶏雑炊

締めは鶏雑炊。
なんというか、体に染み渡ります、という感じの
優しい味だった。

4人でお腹をポンポコリンにしてホテルへ戻り
翌日の行程を検討・・・のつもりが
残り3人がさっさと沈没してしまったので
一人寂しくルートチェック。
いいんだろうか。自慢じゃないが、わたくし典型的な
「地図の読めない女」で、進行方向に合わせて
地図をぐるぐるまわしちゃうタイプなのだけれど。
ダーリンと二人で旅行の時は彼がこういうの得意なうえ
地図でシュミレーションするのが好きな人なので
いつも全部おまかせでピヨピヨついて行けば良いだけなのだが(^^;)

翌朝、旅行出発前にあらかじめ予約しておいたレンタカーショップへ。
1日乗って、帰りは空港脇のレンタカーショップで返せるので大変便利。
ここでレンタル手続きをしたら

「おどる宝島!とくしまパスポート」をもらった。
行く先々がこのパスポートに加盟していれば
(加盟店ののぼりが立っていたり、ステッカーが貼ってある)
入口やキャッシャーでこのパスポートを見せると
スタンプを押してくれ、割引サービスがあったり
プレゼントをもらえたりする。

パスポート&戦利品

ちなみにこちらがパスポートと、戦利品の数々。

ちょっと納得いかないのは、実は宿泊したホテルが
このパスポートの加盟店だったこと。
説明もなかったしパスポートもくれなかった。
チェックインの時にくれてたらもっとたくさん
スタンプが集められたのに~!
(スタンプの数によって、あとから「もしかしたら
とくしまの特産品があたるかもしれない」キャンペーンに
応募できるのだ)
徳島へご旅行の際は、現地でパスポート入手を忘れずに!

ではこの続きはまた次回。

web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

秘密兵器!

フットヒーター

このグレーの薄い物体は何かというと、
無印良品さんのフットヒーター
電源を入れると表面が暖かくなるので、足を載せておくと温まる。

リビングでストーブをつけると暖かくなりやすい場所、なりにくい場所があって
わたくしの定位置であるダイニングテーブルの角(ノートパソコンを置くから)は
足元があまり暖まらない。
冷え性なのもあって、寒い日はついストーブの前に丸くなって座り込んだり。←猫か!
なのでこれで足元を温めてあげると、かなり体が温まる気が!!
軽いので移動が楽で、絵付けなどの作業の時には
制作部屋のデスク下に持って行けるのも嬉しい。
足元が冷える方、おススメです。

ところでこれが欲しいけど買ってもいい?とダーリンにお伺いを立てたところ
消費電力を調べて報告せよ、と言われたので23W、と答えると

「ならば買っていいよ。どんどん買っていいよ。」

いや、一台あれば充分なのですが。
web拍手

| 買っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

ついに12月ですね。
「師走」という訳で、わたくしも走り回る忙しさです。
どうぞ皆様、お体にお気をつけて年末を乗り切って下さいね。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さい。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

更新日の変更

この記事は12月8日までTOPに表示されます

いつもRika実験室へご来場ありがとうございます。

これまで基本的に週5日更新で活動してきました
Rika実験室ですが、制作時間との兼ね合いで
これまで通りの更新が厳しくなってまいりました。

そこで今月より週3日更新に変更しようと思います。
楽しみにしていただいている方には申し訳ありませんが
細々とでも長く続けていきたいと思いますので
どうぞご了承ください。

12/2 11:25 追記
多少のイレギュラーはあると思いますが
月・水・金の更新を予定しています。←ゴミの日!?



今後とも、Rika実験室をどうぞよろしくお願いいたします。

Rika実験室主任研究員 Rika-C
web拍手

| お知らせ | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |