2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

そういうことじゃない!

わたくしは、教室では結構ダメ出しをする。
シルバークレイの教室ではデザインの段階と乾燥体の段階でそれぞれ。
ポーセリンの教室では「これで焼いていいですか?」と聞かれたとき。
もしこれが油絵なら、あとからいくらでも塗り重ねられるので
思う存分暴れてごらんなさい!とばかりに放置したいが
シルバークレイもポーセリンも焼成してしまうともういじれない。
ここでの失敗は経験値にはなるが、材料費のロスに直結するので
やはり事前に修正した方が良いものにはダメ出しをするのだ。
わたくし自身、

「ま、いっか☆」

と作り急いだ結果、あとから死ぬほど後悔したことが
何度もあるので、できれば同じ轍は踏ませたくない。

もちろんこれは生徒さんの技量による。
初心者なら文句なくOKを出せることでも
経験を積んだ上級生の場合

「あなたの力があればもっと行けるはず!」

と判断すれば、当然ダメ出しが増える。
つまり、新人さんより先輩にちょっと厳しくなる感じだ。

ポーセリンの教室など、ご本人はもういいかと思っているものに
あそこも直しましょう、ここも直しましょう・・・とダメ出しをすると
結局その日は焼成できなくなることもある。
それでもあとで何故あの時作り急いでしまったのだろう!と後悔して
作品が陽の目を見なくなるよりずっと良い、と思うのだが

「え~っ、またダメ出し!?先生の意地悪!」

などと生徒さんには言われる。
そこでにっこり笑って

「まあ、こんなに優しいわたくしをつかまえて意地悪だなんて心外です!(^^)」

・・・大体ここまでのやりとりがお約束になっているほど。
一体なんのプレイなのだか(^^;)

さて、先日のポーセリンペインティング教室にて。
この日は皆さんきっちり仕上げていらしたので

「いいですね。このまま進めてください」
「第一段階はこれで充分ですね。焼成しましょう」

と、普段なら出るダメ出しがほとんどなかった。
(すでにダメを出されたものを修正した方もいらしたし)

すると生徒さん達、

「今日ダメ出しないわね。先生、今日機嫌がいいんじゃない?」

そういうことじゃな~い!!
普段だって機嫌が悪いからダメ出しをしてウサを晴らすなんてことしないってば(笑)
要求水準を満たしていればOK。
その人なら描けるはずのものが出来ていなかったり
修正でもっとよくなる場合はダメ出し。
例え機嫌が良くても悪くても、ダメ出しの基準は変わりませんったら。
もう、心外だわ(笑)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

桜が嫌い

そろそろ桜の開花情報が気になる季節になった。
春になった、と実感させてくれる桜色といい
もう少し長く咲いていてくれてもいいのに
咲き終わるとぱっと散ってしまうある種の潔さといい
万人に好かれる花かと思っていたが、そうでもないらしい。

「あるお客様が、『桜が嫌い』とおっしゃっていまして」

とは、いつもお世話になっている美容師さんの談。
桜が嫌い、って珍しい気がするけれどそれは何故?
もしかして桜の樹の下には死体が埋まっていると思っているとか?
(c)梶井基次郎

「そのお客様がおっしゃるには
『あのいかにもこれみよがしに私を見て!とばかりに
 咲くところが気に入らないのよ!!』だそうです」

えっ・・・そ、そうなのか!新しい!!
いやでも、花ってそれこそこれみよがしに

『ここに咲いてます!!』

と目立って、虫や鳥に飛んできてもらわないと
種の保存という大目的が果たせないのでは!?

でも新しい意見で面白いなあ(笑)

ちなみにわたくしは桜は好きだ。
ただ、桜の木には毛虫が多いので
程良く離れたところから愛でたい、という
大変身勝手な愛好家なのだけれど。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

父の背中

今は亡きダーリンパパンの生前の口癖は

「仕事は段取り」

だった。
その影響なのか、息子二人はどちらも段取りを大変重視する。
義兄上も職場での話を聞いていると
いかに段取りよく動くか、というのを常に考えているようだし
ダーリンは職場ではどうなのか知らないが(笑)
お料理をしているところをこっそり覗き見ると
もの凄~く段取りが良い。

段取りよくしろ、とこそ言われたことはないようだが
ダーリンパパンが段取りを大事にしていることを
会話の内容などや日頃の行動から読み取って
息子二人も自然とそれを大事にするようになったのだろう。
こういうのを「父の背中を見て育つ」というのだろうか。

先日がダーリンパパンの誕生日で、もし存命なら83才。
働き者だったダーリンパパンの83才があまり想像つかないが
息子二人にあなたのDNAはしっかり受け継がれています。
安心してください。

さて、うちの姉弟にも何かそういう「父の背中」を見て育った部分は
あるのだろうか。
弟とわたくしの共通点

・文房具マニア
・変なCMが好き

・・・全然父関係ないし(^^;)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

チョコパイ・ザッハトルテ味

チョコパイ・ザッハトルテ味

チョコパイか、エンゼルパイかと言われたら
どちらかと言えばわたくしはエンゼルパイ派。
あまり同意してもらえることがないので
世の中チョコパイ派が多数派を占めているのだろうか。
どちらかと言えば、というだけでチョコパイももちろん美味しくいただく。
きのこの山派とたけのこの里派も熾烈な戦いを繰り広げているそうだが
どちらかと言えばきのこの山。
でもどっちも美味しいからどちらもいいじゃないか。

そんなわたくし、今回はどうしてもチョコパイでなければならなかった。
期間限定・世界のチョコパイ紀行第4弾「ザッハトルテ味」。
わたくしの将来の野望の一つに
ウィーンに行ってホテル・ザッハーとデメルのザッハートルテを食べ比べ
といのがあるのだが、理由はそこではない。

しげるが出たらもう1箱!

箱の側面を見ると

「しげるが出たらもう1箱!」

の文字と、濃い男・松崎しげるさんのイラストが。
箱を開けて、内側に松崎しげるさんのイラストがあると「当たり」で
「しげる特製ソース」(濃厚なチョコレートソースらしい)つきで
もう1箱もらえるらしい。

ちょっと!どなたかしらこんな企画を考えたのは。
責任者、出てらっしゃい!
誉めてつかわす!もっとやっておしまい!!(←あなた、誰?)

それにしても「しげる特製ソース」って、「濃い」だけに特化していて
ちっとも甘い雰囲気がないなあ。
これがお好み焼きソースならピッタリな気もするが(笑)

さて、肝心のチョコパイザッハトルテ味。

アプリコットソース入り

チョコレートクリームにアプリコットソースが入っている。
で、実際のお味はと言うと。

うん。アプリコットソース入りのチョコパイだね☆

これはこれで美味しいから問題ないけど
ではこれでザッハトルテを感じるかというとそれは無理がある。
この手のお菓子で全く別のケーキを表現、というのでは
かつてのハーゲンダッツのティラミスとクレームブリュレを
超えるものが今のところないなあ、というのが正直なところだ。
番外編としてはチロルチョコのきなこもち

ただ、チョコパイとしては文句なく美味しいし
今回は「しげるが出たらもう1箱!」のインパクトで
すべてOK、という感じがする。
企画の勝利ってこと?(笑)
わたくしが買ったチョコパイには残念ながらしげるは降臨せず。
しげるが出た方、是非レポートをお願いしたい(^^)
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

甘く危険な香り

新パッケージ

友人パリジェンヌちゃんが一時帰国する時に
お願いして買ってきてもらったエディアールの紅茶。
エディアールは日本のデパートにも入っているのだが
実はこれ新しいデザインの缶で、お願いした2月には
日本にはまだ未入荷だった。今はどうなのだろう?

2代前

これが2代前の缶。1代前は缶の形状は一緒で
文字デザインなどがちょっと違う感じ。

以前人間工学の課題で、現在流通している商品の改善案
という課題があったのだが、その時わたくしが選んだのが紅茶の缶。
色々な改善案を盛り込んだのだが、その中の一つが
缶と蓋を四角にして途中に膨らみを作らないこと。
お馴染みの角缶に丸い蓋、だと残りが少なくなった時に
この上部の角に少量の茶葉が残っていらいらするので(笑)
エディアールのニューパッケージ、缶も蓋も角型!と
一瞬喜んだのだが、実は赤い部分と縞々の部分に
段差が。・・・きっと残りがここに引っかかるなあ(涙)

さて、紅茶のフレーバーはキャラメルブレンド。
前は日本のエディアールでも買えたのだが
ここ数年は取り扱いをやめてしまったようだ。
紅茶自体には甘味がないのに香りは甘味が楽しめる。
ダーリンに最初出した時、彼はすっかり騙されて

「うわっ、これ甘いなあ!」

ふっふっふ。落ち着いて、もう一度良く味わってくださいな。

「・・・あれ、甘いのって香りだけ?」

今日甘いもの食べすぎちゃったなー ←いつもだ
でもちょっと何か甘いもの欲しいなー、という時に最高だ。
寒い日にこれでミルクティにしたりすると
ほっこりと幸せな気分になれる魔法の紅茶。
パリにお出かけの節は是非お試しを!
web拍手

| 買っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

なごんだ

観光地などに行くとお茶席があって
お菓子とお抹茶を頂けることがある。
この場合懐紙に銘々でお菓子と黒文字が乗っているが
実際のお茶席では、菓子器に添えられた箸をとって
お菓子を自分の懐紙に取り、懐紙の縁で箸先を浄めて
箸を菓子器に戻す。
菓子器を隣に送ってから
自分の菓子楊枝でお菓子をいただく。
菓子器の種類によって他にもいろいろあったりするが
大雑把にいうとこんな感じ。

先日の茶道教室で、とある方が
優雅に箸で菓子器からお菓子を懐紙に移し・・・たまではよかったが
そのままその箸でお菓子を食べそうになった。
お料理で言えばとりわけ箸みたいなもので
この箸で食することはないのだが。

もちろんその方も今までそういうことはなくて
皆何が起きたかわからず目が点。
そして、ご本人も口にする直前で

「えっ、あっ、違う!何してるのかしら!」

一同、爆笑。
普段から和やかな教室なのだが
ひときわ和んだことは言うまでもない(笑)

このクラスは経験者がいないクラスで
帛紗の畳み方を一から指導して下さる
体験教室に参加した中からもっと続けたい!
という有志が集まって出来たクラスだ。
3年たつが、うっかり気を抜くと
お互い「アレッ!?」というような
お茶目(?)なミスをすることが。

なんだかんだで、和気あいあいとお稽古を続けている(笑)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

先月インフルエンザになって以来
どうも今一つ体調がスッキリしないところに
花粉のコンボ。
気分だけはいつまでも若いんだけどなあ!
健康第一で地道に頑張ろう。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さい。

コメントへの返信は、追記をご覧ください。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

記憶の固執

記憶の固執

友人ROMちゃんがプレゼントしてくれた時計。
ありがとう、ROMちゃん!
ご存知サルバドール・ダリの「記憶の固執」に出てくる時計だ。
絵のタイトルは知らなくても、ふにゃん、ととろけたチーズのように
柔らかい時計の絵はご存知の方が多いのではないだろうか。
インパクトがあるから、美術の教科書で見たりすると
結構印象に残ると思う。

あれを具現化しちゃったか~!面白すぎる。
そしてこれをプレゼントしてくれるROMちゃんも
わかってくれてるなあ、と言う感じ。
さすがは魂の双子(笑)←好みが絶妙に被るので、友人の間でこう呼ばれている

さて、この時計、うちに来てすぐに動かなくなってしまった。
ムーブメントの初期不良だろうか、電池を替えても
時刻合わせをしてもやっぱり止まってしまう。
ムーブメント自体はよくあるものなので
改造(?)すればきちんと動くはずなのだが
むしろ決して時刻をおしえてはくれない、というところが
ダリの世界観に合っているような気がしてあえてこのまま。

リビングの一角に、ちょっと不思議な世界が広がるのが
自分では結構気に入っている。
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

花粉、飛んでますねぇ(涙)
くしゃみ鼻水、目のかゆみも辛いのですが
眠気半端なしです。
制作物がたまっている状態でこれは辛い~!
鼻水は薬である程度抑えられるのですが
薬を飲んでも飲まなくても眠いのが辛いですね。
早いところ花粉シーズン終了して欲しいです。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

言い訳

最近、買い物の言い訳になっていること。

「消費税増税前に」

アクセサリーの材料だとか絵具だとか。
あっ、忘れていたけどキャンバスも買っておかなくちゃ。
大物では動作のあやしい家電を一つ入れ替える予定。

請求書を見るのがちょっと怖いが
確実にわかっているものは今のうちに、と思うのが人情。
そんなわけで、「消費税増税前に」を言い訳に
普段ならもうちょっと考えようかな、と言う買物を
どんどんしている気がする。

・・・消費税増税前に、と
チョコレートやアイスクリームを買い込むのは
やっぱり別の話なのだろうか。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

飛んでますねぇ、花粉。
暖かくなるのは歓迎ですが、この時期暖かさと共に
花粉の襲来が。
雨が降ると多少落ち着きますが
だからと言って昨夜のような激しい雨はちょっと怖い。
・・・お天気にも、ほどほどをお願いしたいものです。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

過去からのプレゼント

不幸があって、お通夜に行くために母にバッグを借りた。
手持ちに大きさのちょうど良いものがなかったためだ。

実家で借りたバッグに忘れ物のないように
ここに袱紗、ここに数珠・・・と支度をしていると。
外ポケットに千円札が2枚。
母にポケットに2千円入っていたよ?と渡すと

「ええっ、ホント!?嬉しい~!(^▽^)」

なんでも、わたくしが借りるまで
しばらくこのバッグに出番がなかったそうなのだ。
つまり、その間この2千円は忘れられたまま。
元々母のもののはずだが、まるで過去の母からのプレゼントのようだ。

「ねぇねぇ、もう入っていないの?」

・・・ポケットを叩くとビスケットならぬ2千円出てくるバッグ
そんなものがあるなら、わたくしが欲しいですともお母様(^^;)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

鼻がムズムズして、何やらしょっちゅう鼻をかんでいます。
そう、今年も憎き花粉の季節が!!
暖かくなっては欲しいけど、花粉にも程々にして欲しい。
色々ジレンマに陥っております(^^;)

拍手を押してくださってありがとうございます!
よろしければ、ぜひまた遊びにいらしてくださいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

パケ買い

ベルンのミルフィユ

この白い素敵な缶は何かというと・・・

ベルンのミルフィユ!

蓋の裏

クリームをさくさくのパイ生地でサンドして
チョコレートでコーティングした、いただくととっても嬉しいお菓子。
似たような後発商品はたくさんあるのだが
やはりこれがご本家かな、という気がする。

さて、今回久々に自分でこのミルフィユを買ったのは
ズバリ入れ物である缶が目当て(笑)

小花模様

蓋の裏がミルフィユの包み紙とお揃いの小花模様で
白い缶に巻き返し部分がパイピングのように見えるだなんて
こんなおしゃれな缶、あっても良いのだろうか?
けしからん!もっとやれ!!

可愛い缶やビンに目がなく
パッケージデザインが気に入ったから、という理由で
お菓子を購入してしまうわたくしだが
中身も美味しく堪能できて
食べ終わったあとの缶も嬉しいだなんて
なんて素敵なお菓子だろう。
現在、絶賛ウハウハ中!
なんだそれ
問題は・・・美味しいだけに体重増加確実だよねぇ(^^;)
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

たぶん狸にはなりません・3

さて、前回50年物の茶釜でお湯を沸かしたら
お湯がまっ茶色だった、と書いたのだが
どれくらい茶色かったか、と言うと。

関東版のカップうどんのつゆより余裕で濃い色だった

・・・と書いたらご想像いただけるだろうか。
もう、錆び錆び(涙)

そこで「茶釜」「錆び」「赤い水」
などをキーワードに目の前の箱(パソコンのことだ)で調べていくと
結構茶釜や鉄瓶が錆びて困っている人が多いらしく
鉄器屋さんなどのサイトにたどり着いた。

そこに書かれていたのは

「錆で赤くなった水を飲んでも多少お腹が緩くなるくらいで特に問題はない」

ほほう。どちらかといえばおベンピ気味のわたくしにはありがたい。
だが、とても飲んでみようと思えるレベルの赤さじゃないって!!

で、次に書かれていたのが対処法。
まず錆をたわしなどで軽く落とし(注:本来茶釜や鉄瓶の中は
触ってはいけない。どうしても錆がひどいときのみ。)
すすいだのち不織布の小袋に茶葉(出がらしで構わない)
を詰めたものを入れ、水を茶釜の8分目くらいまで入れて沸かす。
お湯が2分目を切るくらいになったらお湯を捨て、8分目くらいまで水を入れる。
この水がまた2分目になるまで沸騰させ続ける。
・・・この工程を3回くらい繰り返すと
錆の鉄分が茶葉のタンニンと結合してタンニン鉄の被膜ができ
赤い水が止まる。

というわけで試してみる。

おお!本当にこれくらいならまあ飲んでもいいかな?くらいに
水が綺麗になった。

ヤレヤレ一安心、と思って展覧会その他で1週間ほど留守にし
帰って来てからもう一度お湯を沸かしてみると

お湯がまっ茶色・Again!!


ほとほと泣きそうになりながら先生にこの話をすると

「最初のうちはとにかくしょっちゅう使わないと!
 錆が止まった、と思っても使わないとすぐ錆びるのよ」

ううう~、そうでしたか(涙)

というわけで、再び茶葉をに出してはお湯を捨て・・・の作業を繰り返し
透明とは言わないけれどお茶の色は変わらない程度
(鉄器屋さんが言うところの鉄分が溶けだした水)
までは回復した。

今、おっかなびっくり毎日意味もなくお湯を沸かして観察中(笑)

あ、いや、意味は、ある。

これ、風炉にかけておくと素晴らしい加湿器に。
冬場大体湿度が30%程度なのだが
ちょっとかけておくとすぐ50%台になる。
ダーリンに「結露するからヤメテ!」と言われて
すぐ火を止めるしかないのだが
実を言うと掛けておいた方がのどの調子が良いのだけど(^^;)

そんなわけで、念願の自宅で自主トレ環境が
なんとなく揃った。
(依然、茶釜は保護観察中だけど!)
自分が間違うところを何度も確認できるのは実にいいなあ。
だが、一つ気付いたことが。

フローリングで正座をすると、畳より早く痺れる!!
・・・そこなの?

そんなわけで、我が家にお越しの節は
よろしければ一服点てさせて頂きます<(_ _)>

ところで茶釜と言えば「ぶんぶく茶釜」。
このルーツが群馬県館林市の茂林寺で
狸が化けた、という伝説の茶釜が今も伝わるそう。
茂林寺に伝わる茶釜は熱くて狸に戻ってしまう民話とは違い
一度水を入れると、一昼夜汲み続けても水がなくならない
という伝説が伝えられているそうだ。

茂林寺では伝説の分福茶釜も宝物庫におさめられている(観覧可能:有料)。
ぜひぜひおいでませ、群馬県!(←そこなのか!)
これからの館林は、春のつつじも見事です(^^)
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

たぶん狸にはなりません・2

さて、叔母にもらった母の50年物の風炉と茶釜その他。
風炉の方は炭でのお点前だったらしく、灰がたっぷり。
まずは灰を捨てて、本当は中を水洗いしたいくらいだが
なにせ鉄製なので水は使わない方が良い、とのことで
水拭きしてからドライヤーで乾かした。

炭手前は習ったことがないので(公民館では風炉も炉も電熱器)
先生に電熱器がいくらくらいするのかお聞きする。

「2万円くらいなら買えそうですが、もし5万円だとちょっと無理なので
 業者さんにお値段を聞いていただけますか?」

「わかった。聞いておくわ」

というやりとりが月曜日のお稽古。
そして水曜日に先生からお電話が。

「りかしちゃん、電熱器届いてるわよ。1万8900円(^^)」

・・・先生、気も仕事も早すぎます!!

予算内だったから問題ないのだけど(笑)

というわけで、早速セットしてみる。
先生からは断熱性のもので嵩上げして
電熱器が釜に近づくようにすると良い、とお聞きしていたので
銀粘土で使う耐火煉瓦を入れたらぴったりだった。

炭を模してある

これが電熱器。炭を模してある。
こういう小さなこだわり(?)が日本人技術者だよなあ。
ただ電熱線がグルグル巻いてあっても用は足すけれど
茶釜を外した時に興ざめだものね。

いい感じv

電源を入れてしばらくすると電熱線が赤くなってくる。
これが風炉の隙間からちらちら見えたりしてなかなか良い感じだ。

風炉の準備ができたので、次は茶釜に水を入れて沸かしてみる。

お湯がまっ茶色!

もちろん抹茶色ではなく、どす赤いというか茶色い。
50年放置なわけだから当然だが、錆びている(涙)

ちなみに、プロに出すとさび止めの修理ができるわけだが
これは状態により2万円から。
新品の茶釜を買うと5万円くらい。
あまりお財布に余裕がないので、ここはこの茶釜を
なんとかできないものだろうか。

というわけで、続きは次回・茶釜復活格闘編!
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

たぶん狸にはなりません・1

茶釜

和室のない我が家には妙に不似合いな気もする、風炉と茶釜。
ポーセリンの指導の役に立てば、と公民館の茶道教室に通って早3年。
たまには家でお点前の復習をしたいこともあるが道具がない。
そこで必要最低限(茶碗・茶筅・茶杓・茶入・茶巾・蓋置・柄杓)
だけ買って、残りはあるものでなんとかしていた。
具体的にどうしていたかと言うと
風炉と茶釜は電磁調理器に載せた蓋つき鍋で代用。
建水(茶碗を浄めたお湯を捨てる容器)はボウルで
水差しはガラスの漬物鉢にシリコンのふたをかぶせて代用。
・・・うん、まあできないことはない。
自分でお点前の順序を確認するには十分だし。
でもなんというか
そこはかとなく貧乏くさい(^^;)
かといって風炉と茶釜を新しく買うと10万円コース。
さすがにそこまでは予算がないので
せめて水差しくらいはお稽古用の安いのを探そうか、と言う話をしていたら

「たぶんおばあちゃんちにわたしが昔使っていた釜があるはずよ」

と、母。おばあちゃんち、というのは母の実家で
今は叔父夫婦の代になっている。
なんでも、母が結婚前茶道教室に通っていた時に
一式買ったのだそうだ。
昔は釜まで買わなければいけなかったのか、大変だったのね、というと
買うかどうかは生徒本人の自由だという。
何故そんなもの買ったの?と聞くと
わたくしなら釜までは買わない

「欲しかったから(^^)」

「わたしはなんでも形から入りたいのよ(^^)」

・・・そうだった。スキーを始めるならカッコイイスキーウェア
テニスを始めるならカッコイイテニスウェア
技術が伴わないならまずは見た目で威嚇!(←?)が
うちの母だった。
彼女のこういうところ、結構好きだ(笑)

で、母を通して叔母にまだ釜が残ってるか聞いてもらうと

「あるわよ。というか、床の間に鎮座してるわよ(^^)」

ひえええ~!それは邪魔だったろうに、申し訳ありませぬ。
というわけで、一式ありがたく引き取らせてもらうことにした。

なんと、建水や水差しの納められた箱もあるのでそれもまとめて。

道具を頂いたは良いが、なんといっても50年もの。
いただいてさあ、お点前!というわけにはいかず・・・。

ちょっと長くなったので、この続きはまた次回。
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |