2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

フェイクパールのラリエット

フェイクパールのラリエット

シルクコードにフェイクパールを通したラリエット。
ラリエットとは、留め金のないひも状のアクセサリーのこと。
語源については以前の記事でご紹介したので
こちらをご覧いただきたい。

あちこち向きます

シルクコードに直接フェイクパールを通すのではなく
フェイクパールに通したTピンで作った輪を通しているので
パールがあちこち好き勝手な方向を向くのが面白いところ。
ただ、このピンにコードが引っかかって絡まりやすいので
次に同じものをつくるなら、今度はパールを直接通そうかな。

巻き方1

カーディガンを肩にかける時のように
シンプルに胸の前で交差させたり

巻き方2

マフラーのように首をくるりと回して両端を垂らしたり

巻き方3

二つ折にしたものを首にかけて端っこを輪の部分に通したり

と、巻き方によってイメージが変わるのがちょっとお得(^^)

ただ、とにかく絡みやすい。
アクセサリーボックスにぽい、っと入れたまま
旅行バッグに入れたりすると到着した時点で絡まりまくって
ほどくのに3時間コース、なんてことも。

絡まり防止!

そんなわけで、食品用のラップを噛ませて絡まり防止にしたりと
ちょっと注意が必要だ。

その点を除けばとにかく軽くて気軽に使えるので
かなり重宝している。
カラーパールで作っても面白いかも。

フェイクパール、Tピン、シルクコード
2014年2月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

昨日はお勤めしていた頃の先輩や同僚が展覧会に来てくださって
夕食をご一緒しました。(Fさん、ご馳走様でした!)
10年振り位に顔を合わせた!なんて組み合わせの方々もおいででしたが
皆で楽しい企みをしたりして、素敵な時間を過ごすことができました。
一緒に仕事をさせて頂いた時間は短かったのですが
今もいい関係でいられることに本当に感謝しています。

拍手を押してくださってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びに来てくださいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

バリエーション

君は試す勇気があるか!?

ちょっと(だいぶ?)前の話だが、ダーリンが入院したとき
弟と義妹ちゃんが差し入れてくれたバリエーション豆乳。
ありがとうT&Mちゃん!

メロン味にコーラ味、全く想像がつかない・・・!

そんなわけで試してみた。

まずはメロン豆乳。
おおっ!これは違和感なく美味しいではないか。
イメージとしては懐かしのメロンサワーのような感じで
豆乳、という感じを全く意識せずに飲みきれる。
豆乳が苦手だけど飲まなきゃ、という方がもしいらして
このメロンフレーバーが苦手でなければかなり飲みやすいと思う!

へぇ、こんなバリエーションがあるなら
豆乳が苦手なわたくしでも行けるなあ(^^)
ちなみに被験者りかしは豆乳がものすごく苦手
被験者ダーリンは豆乳が好きなので
できれば豆乳の味がしたほうが良いというラインナップ(笑)

では次に健康コーラ。
こ、これは・・・!!
まずダーリンが一口でギブアップ。

「炭酸のないコーラってダメだろ・・・!(><。)」

いや、これあくまで豆乳ですから。
イメージとしてはアレだ、駄菓子屋さんのコーラ味のラムネとか
コーラ味のキャンディとかそんな感じ。
豆乳の味は気にならないのだが
擬似コーラフレーバーの合成っぽい味が鼻に(舌に?)ついてしまうと
アウト!という感じだ。
ただ、これ、ハマる人はハマリそうな気がする。
メロンは比較的万人受けしそうだが
コーラの方は一本飲みきれずギブアップするか
何度もリピートするかという極端なことになりそう。

豆乳を飲みたいけれど味が苦手で、という方には
一度このメロン豆乳を試してみることをオススメ。
今まで飲んだ中で、一番豆乳を意識せずに飲むことができた。

ただし!
婦人系の持病がある場合、豆乳の摂取によって
症状が悪化してしまうこともあるらしいので
気になる持病等がある場合、事前に医師に相談されることをおすすめする。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

コルク栓のカードホルダー

コルク栓のカードホルダー

溜まったワインのコルク栓をどうにかしよう、と
今回作ってみたのはカードホルダー。
画像の両端が半分にカットしたもの
中央は1本そのままつかったもの。

どこかのショップでこの半分カットのコルクで
プライス表示をしているところがあって
これはなかなかお洒落!と思って
コルク栓をカットにかかったのだが

やめておけばよかった!!

コルク栓をまっすぐカットするのが大変困難。
世のコルク栓リメイクレポートにはさらりと

「コルク栓を半分にカットし」

なんて書かれているので、まさかこんなに大変だとは思わなかった。
糸のこでゆっくりスライスしたのだが
なかなか切れないわ、真っ直ぐに切れないわでもう大変。

そんなわけで、2本目は丸1本使うスタイルに変更。

裏側

銀粘土で使うインチヤスリでフラットな面を出した。
紙やすりでも行けるはず!
これから作ってみよう、と思う方はスライスするより
ヤスリでフラット面を出すほうが断然おすすめ!
こちらのほうが早く綺麗に面を作れるから。

フラット面を出したら、2ヶ所穴を開けて
わたくしは銀粘土で使用しているドリルビットを使ったが
千枚通しでももちろんOK!

カーブをつけたワイヤーを差し込めば出来上がり。

カードを立てるとこんな感じ。

カードを立てるとこんな感じ

ゲスト用の席札や、ちょっとしたメッセージカードを立てるのにピッタリ。
試してないけど、もしかして2個使ったら写真や絵葉書も立てられるかな?
コルク栓が余ってしまっているそこのアナタ!
シニアソムリエのアナタや
ワイナリー経営者の友人を持つアナタや
ワインスクールに通うアナタや
カップルで3本くらい空けちゃうアナタだっ!

こんな使い道はいかがでしょうか?

ちなみに、今回使用したコルク栓は
栃木県足利市のココ・ワイナリー&ファームのもの。
指定障害者支援施設こころみ学園の園生、職員が
ぶどうの栽培から醸造・瓶詰めまでを行うこのワイナリーでは
ワインが購入できるのはもちろんのこと
カフェでは山の斜面の葡萄畑を眺めながら
季節のお料理と共に自家製ワインを楽しむことができる。
11月の収穫祭など、楽しいイベントも盛りだくさん。
とても素敵なところなので、もしご興味があれば是非お出かけください。

コルク栓、アルミワイヤー
2014年8月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

第4回 .kom(ドットコム)展のお知らせ

この展覧会は無事終了しました。ありがとうございました。
この記事は8月30日までTOPに表示されます

わたくしの参加する油絵のグループ展です。

第4回.kom展

大人になってから油絵を始めた10人が
常に進化する事を目指し、年に一度全員での発表の場を設けています。
4回目になる今年は会場を新宿から銀座に移し
作品サイズも大作は50号から100号へ。
こちらでは たかのはし りか 名義での出品です。
25(月)と30(土)の午後と27(水)は当番で会場におります。
お時間がありましたら、是非遊びにいらして下さい。

第4回.kom展

2014年8月25日(月)~30日(土)
11:00am~7:00pm(初日3:00開場 最終日5:00pmまで)

ギャラリー暁
〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-6
商工聯合会ビル2F

Phone:03-6264-1683
Fax  :03-6264-1684

ギャラリー暁MAP

地下鉄銀座線・丸ノ内線・日比谷線銀座駅A3出口より徒歩4分
地下鉄日比谷線・都営浅草線東銀座駅A1出口より徒歩2分

「どのような芸術作品も、その時代の子であり感情の母である」
                                    (ヴァシリィ・カンディンスキー)

 いま生きる時代の潮流を確かな目で凝視し、「想像力」を働かせ、多様な時代精神を
認識する。それを流行に流されず、「創造力」を発揮して、個の貫く精神の内景として表
現する。
 「時代の子の想像力」と「感情の母の創造力」だが。それが現代の美術の源泉ではな
いだろうか。見る者はそこからイメージのダイナミズムを得る。
 .kom展を見るたびに、国画会会員の加藤健二氏とその教え子たちの緊張感あふるる
良き師弟関係を喜ぶ。才能と努力と持続する志、の三つの翼をもつ.komの獅子たち
よ、想像力と創造力をさらに育み、絵画の可能性を切り開く高みに飛翔しよう。ふたつ
の「そうぞうりょく」は年をとらない。
                         赤津 侃(あかつ ただし・美術評論家連盟会員)


2014.8.22 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

広島に雨で大きな被害が出ていますね。
お近くの方はどうぞお気をつけてお過ごしください。
被害が少しでも少なく済むことを
心よりお祈りいたします。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

シャンパンチェア2

以前シャンパンチェアをご紹介したことがあるのだが
この記事をご記憶のあなたはかなりの実験室通。
いつもご来場ありがとうございます(^^)

さて、その後かなり材料がたまったのだが
そのうち作ろう~で放置状態。
大体こういうのってそのままになってしまう。
山積み状態が見苦しくなってきたので
これはいけないわ、ということで一気に量産!

シャンパンチェア2

ワイヤーワークの雑貨をいくつか作ったおかげで
前回はうまくつくれなかったウサギも何とか形に。
そうなるとウサギチェア率が高くなるのは
我が家の場合お約束、ということで。

★ 2014.8.20 6:15 追記 ★

なんと!Naverまとめに前回記事の画像が載ってました(知らなかった・・・)
こちらの記事の2ページ目、「食器棚に並べてみたり・・・」がうちの食器棚です(笑)

ミュズレ、ワイヤ
2014年8月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギの芳香剤2

ウサギの芳香剤2

ウサ耳が生えた、自動車用芳香剤。
以前ウサギの芳香剤と言う記事でご紹介した
三角フラスコにウサギ頭の芳香剤を使っていたのだが
ダーリンがカーナビゲーションの取り付け作業をしてくれた時に
ひっくり返してこぼしたのを気にしていたらしく
(別にかまわなかったのだけど・・・)

「この前のこぼしちゃったから!でも今度のは
 液体じゃなくて固形だから大丈夫!」

とこれを買ってくれた。
ありがとう、ダーリン!

しかし、このシリーズにはピンク色のピーチの香りがある。
トイレの芳香剤にすらピーチを選びたがるほど
わたくしは桃の香りが好きなのだが
そして食べるのは更に好きだ!!
何故敢えてのホワイトムスク?と聞いてみると

「りかしの車に乗せるウサギと言ったら黒に決まっているだろう!」 

ダーリンは実験室のトップ画像にも登場する
黒ウサギのキャラクター・ピョンタを溺愛してくれている(^^;)
そこまで愛着を持ってもらえれば作者冥利に尽きるというもの。

というわけで、香りは二の次で選ばれたらしい
黒ウサギの芳香剤。
や、これはこれで良い香りなのだ

ちなみにわたくしにとっては
白でも黒でも茶色でもピンクでも
耳の長いウサギはすべて良いウサギである(←おい!!)
web拍手

| 買っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

白鷺宝・おさらい箱

かわいい小箱

埼玉は浦和が誇る菓匠・花見さんを代表する銘菓白鷺宝(はくろほう)。

わたくしが子供の頃からあったお菓子で、結婚のご挨拶で
ダーリン実家へ行くときもお土産に持って行ったし
浦和や大宮ではお茶席のお菓子になることもある
地元では知る人ぞ知る逸品。

あまり大袈裟にならない、美味しいお菓子のお土産を探していて
久々に花見さんを覗いたらこんな可愛いボックスが。
美味しいお菓子が、綺麗なパッケージに入っていたら
言うことなしではないか(^^)
というわけで、お土産ついでに自宅用にもつい1箱(笑)

中身は

これは「おさらい箱」という7個入りの詰め合わせで
白鷺宝が5個、こしあん入りの「玉しずく」と抹茶味の「茶ちゃ」が
それぞれ1個ずつ入っている。

白鷺の卵のイメージ

白鷺宝はこんな感じ。
名前の通り、白鷺の卵をイメージしたという形。
浦和の見沼東部、野田はかつて
「野田のサギおよびその繁殖地」
として国の特別天然記念物に指定されていた。
花見さんのサイトには

その昔、浦和花見の二代目が、
野田の鷺山の清らかな水辺にたたずむ
鷺の麗しい姿に魅入られ「また来年も、この地で出会えるように」と
想いをこめて作り上げられたのが白鷺宝です


とある。なるほど。
白餡に卵の黄身を加えて焼き上げ、ミルクでコーティングした
とても優しい味のお菓子だ。
実は常温で1週間、冷凍で1カ月保存可能。
季節のバリエーションもあるので
よろしければぜひお試しを。

菓匠・花見さんは浦和・大宮・川越の他
都内だと
日本橋三越、池袋東武そして歌舞伎座に支店あり。
・・・埼玉県南と東京でしか売っていないって
ある意味レアと言えるかも。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

こっそり棚

トイレに棚を作った。
と言っても、花や小物を飾る棚ではなく
奥にこっそりと。

奥にご注目!

この部分。

こっそりと

作ったなんて大層なものではなく、突っ張り棒を2本渡して
その上に板を載せてあるだけ。

簡単設置(^^)

板も、100円ショップで売っていた工作用板という
バルサのような薄くてかる~い板。
糸のこで簡単に切れた。
さすがにそのままではなんなので、オイルステインで着色。

この棚を作った結果。
掃除がものすご~く楽になった!!

奥に画像にも写っている流せるトイレブラシと
タンクの裏側に消臭剤を置いてあるので
掃除のたびにそれを動かさなければいけなくて面倒だったが
この2つを棚に載せたことで床掃除が劇的に楽に。
もちろん新たに棚掃除は増えるわけだけど(笑)
埃を落として床を拭けばよいので
床掃除が楽と言うのはやはりポイントが高い。

とあるブロガーさんがトイレに突っ張り棒+板の棚を作ってらして
これは絶対掃除が捗るに違いない!!と
さっそく真似させて頂いた。
狭くて掃除しづらい場所だったのでとても助かっている(^^)

突っ張り棒、工作用板(バルサ)、オイルステイン
2014年8月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

オープンハートリング

オープンハートリング

久々の銀粘土作品。
今回はかなり実験的作品だ。
というのは、銀粘土は99.9%銀であるという素材と
構造上鋳造した銀に比べ隙間が多いという性質のため
市販されているスターリングシルバーのアクセサリーに比べ
曲げ強度が若干弱いのと、傷がつきやすいという特徴がある。
ペンダント等では問題にならないが
アクセサリーとして一番力がかかるリングでは
破損の原因となりかねないので
基本的にオープンタイプのリングは作らないように指導している。

ただし、焼成温度と高温のキープ時間を通常と変更すると
オープンタイプでも強度的に問題ないものができる
という情報を得たので、今回勉強会の題材にしてみた。
オープンタイプであるというのが一つ、
いつもともう一つ違う点がある。
通常銀粘土でリングを制作する場合、木芯棒に粘土を巻き
最初からリング型に成形するのだが
今回はフラットな状態に成形・焼成し
冷ましてから金属芯棒に巻いて叩く、という
彫金での製法に近い方法を取っている。

別角度から

フラットで制作する事で乾燥時間が大幅に短縮できた。
銀粘土の場合乾燥時間は制作時間の中で大きな割合を占めるので
これはかなりの工数削減。
また、テクスチャを入れたい場合など
フラットで制作する方が都合が良い場合もあるので
デザインの幅が広げられる可能性もある。

着用画像

着用画像はこんな感じ。
・・・作品はともかく自分の手が映るのがイヤン。
撮影モデルをしてくれる若いお嬢さんでもスカウトしようか。

「お嬢ちゃん、おこづかいあげるから写真撮らせてくれない?」

・・・絶対怪しい人だよね、コレ(^^;)
よい子はおこづかいやお菓子をくれるからと言って
知らない人について行ってはイケマセン!!

こちらも

もう少し空間が狭くなる予定だったのだが
高温焼成しているので思ったより収縮が大きかった。
収縮が大きいということは密度が高いということ
つまり、普段の銀粘土焼成体より強度が強いことが期待できる。

現在、実験を兼ねて無駄に身につけている。
車の運転とか、重い買い物袋を下げるとか
日常動作が結構リングにはダメージを与えるのだ。
実験を重ねて大丈夫そう!ということになったら
ぜひ教室で生徒さん達に製法を紹介して
みんなでバリエーションを広げたい(^^)

PMC3 3.5g 使用
2014年7月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

フレンチトーストの秘密

前回のフレンチトーストの記事
「一体どこの生まれなんだろう、フレンチトースト」
と書いたら、スイーツ王子な友人からこのようなコメントをいただいた。

「フレンチ」は確か人の名前だったかと。
九州長崎にもトルコライスなるものがありますが、某国とは無関係です。

ありがとう、K山さん!!

フレンチトーストの謎の前に、まずはトルコライスから。
トルコライスというのはピラフ、ナポリタンスパゲティ、トンカツ
といった3種の洋食盛り合わせメニュー(内容はバリエーションあり)で
長崎、大阪、神戸などによく見られるらしい。
トルコライスの名がついているものの、本場トルコでは
まず見られない組み合わせのメニューなのだそうだ。
まったくトルコとは関係ないのにトルコライス、と呼ばれていることが
ちょっと有名で、この話はわたくしも聞いたことがあった。

で、フレンチトースト。
さっそくwikipediaで調べてみた。

語源については、アメリカで1724年にニューヨーク州オールバニの酒屋の店主
ジョーゼフ・フレンチが命名したとされている。
但し、第一次世界大戦のアメリカ軍ではほぼ同様の製法の物が
「ミルクトースト」と呼ばれていたこともあり、真偽は不明である。


よりにもよってアメリカ人のフレンチさんだったのか!
横浜に住む川崎さんとか、博多に住む長崎さんクラスのややこしさ。
予備知識なしで「フレンチトースト」と聞いたら、フランス発祥と思うよねぇ。

フレンチトーストは、ヨーロッパの様々な国で作られていたことが記録に残っており、
最も古い記録は4世紀終わりから5世紀初めにかけて編纂された料理書アピキウス
の中で「アリテル・ドゥルキア」(Aliter Dulcia)
つまり「もう一つの甘い料理」とのみ呼ばれるもので、パンを牛乳にひたして作るが、
鶏卵の使用については言及されていない


4世紀から5世紀って、日本はまだ古墳時代?
パリジャンやパリジェンヌがフレンチトーストを知らなくても
むしろ不思議はない、って気がしてきた。

また、別のお料理上手な友人すーちゃんからもこんなコメントが。

バゲットの美味しいよね~!
それと一度冷凍したパンを使うと液が浸み込み易いと聞いた事があるよ。
イタリアでのナポリタンも然りだね。

ありがとう、すーちゃん!

一度冷凍したパンを使うと液が浸み込み易い
というのは言われてみれば納得。
煮物に使う椎茸だとか
ジャムやソースに使う果物を一度冷凍すると
味が浸み込みやすい、っていうのと一緒なのだろう。
するとポイントはバゲットではなく
「冷凍してあった」だったのかもしれない。なるほど。

そして気になるのは最後の一文。
ナポリタンも、ってまさかまさか。
と調べてみると

ナポリタンは、ナポリの料理スパゲティナポレターナを模倣し、
日本で独自進化したパスタ料理である


本国イタリアでは、パスタとケチャップと言う組み合わせは
邪道なのだそうだ・・・えええ、ナポリに行っても
本場ナポリタンスパゲティは存在しないってこと!?
ちょっと寂しい(;;)

それにしても地名だと思い込んでいたら人名だったり
地名はついているものの現地とは何の関係もなかったり
意外と侮れないなあ、料理名。

まさかフレンチトーストでここまで話が広がるとは。
実はもっと秘密が隠れていたりして?
その他の秘密をご存知の方、
ぜひRika実験室までお知らせください。

★ 2014.8.8 9:00 追記 ★

さっそくスイーツ王子K山さんから「外国の地名・国名がついているのに
無関係な料理」のまとめ記事について情報をお寄せいただきました。
ありがとう、K山さん!
ご興味がありましたらどうぞ。
結構いい加減なネーミングの物も多いですネ。

外国の国名・地名がついているのにも関わらず、実はそれと無関係な料理
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

再発見!

バゲットのフレンチトースト

ある日の朝食にフレンチトーストを作った。
フレンチトースト自体は目新しくもなんともないのだが
自分の中で再発見したこと。

バゲットで作るとフレンチトーストって美味しい!!

今更何言ってるの、と言われそうな話なのだが。
我が家は普段ほとんどバゲットを食べない(買わない)家。
なので、フレンチトーストも食パンで作っていた。
何かの時に買ったバゲットが食べ切れなかったので
スライスして冷凍していたのだが、フリーザーが混雑してきたので
バゲットを消費しよう、とフレンチトーストにしてみたら
ちょっと、奥様(手首スナップ☆)
これが美味しいわ早いわ。
気泡のせいなのかなあ、物の5分で卵液が染みた。
ふわっふわに仕上がり、ダーリンからも
今まで作った中で一番おいしい、との高評価。
やっぱりフレンチトーストはバゲットに限るのかなあ。
サンマは目黒に限る、的な?←全然違います

ところで、現役パリジェンヌな友人がパリでお友達に
フレンチトーストをふるまったところ
お友達(もちろんパリジェンヌかパリジャン)に
フレンチトーストって初めて食べた、と言われてびっくりしたそうだ。
その話を聞いた日本に友人一同、もちろん更にびっくり。
一体どこの生まれなんだろう、フレンチトースト。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

暑いですね~~~!
冬はどこよりも寒く夏はどこよりも暑い場所の一つである群馬
昨日は表に立っていたらスライム化しそうな暑さでした。
色々諦めて、家に引きこもってキャンバスと格闘していましたが
廊下に出ただけでどうにかなってしまいそうな暑さ。
家の中にいても熱中症になりそうです。
皆様、どうぞこまめな水分補給を心掛けてお過ごしくださいね。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへのお返事は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

ゴミ箱美化リング

爽やかな週明けからいきなりこんな画像で大変恐縮だが
我が家のダイニングテーブル脇のごみ箱。

ゴミ箱Before

よくあるパターンと思うのだが、スーパーマーケットのビニール袋をセットしてある。
ゴミの日に袋ごと捨てればよいので便利は便利なのだが
ぴらぴらとはみ出した部分がそこはかとなく貧乏くさい(ーー;)
貧乏は甘んじて受け入れるけれど貧乏くさいのはごめんだわ!!←何の話だ

基本的に水気のあるゴミはいれないゴミ箱なので
袋を入れるのをやめようかとも思ったのだが
袋があれば床を掃いて集めたごみを捨てられる。
群馬は風が強いので、毎日床を掃いてもザラリと砂が。
これを直接ゴミ箱に入れていると、今度はゴミ箱を洗う頻度が増えそうだ。
うーむ、美観か、はたまた利便性か。

・・・あれ?何故二者択一になっているのだろう。
やはりここは一挙両得を目指すべきでは。
カレーライスかかつ丼かで迷うなら
かつカレーにしておこう!みたいな!!
その例えはどうなんだろう(^^;)

で、考えた結果作ったのが
ゴミ箱美化リング(仮称)

ゴミ箱美化リング

白ボール紙を、ゴミ箱の内径に合わせて作っただけの輪っかだ。

この美化リングにスーパーのビニール袋を通して・・・

スーパーの袋を美化リングに通す

ゴミ箱にパイルダーオン!じゃなかった、セット!!

ゴミ箱にセット

すると・・・なんということでしょう~
加藤みどりさんの声に脳内変換してお楽しみください

なんということでしょう~!

匠の技で(誰が匠だ)利便性はそのままに
貧乏くささを排したゴミ箱が現れたではありませんか~(^^)

や、ホントにこれだけなのだけど。
1枚目の画像と比べて頂くとまるっと雰囲気が変わったのが
おわかり頂けるのではないだろうか。
ああ、なんでもっと早くこれに気付かなかったかな(笑)
非常に地味~な改善なのだが
自分ではかなりスッキリして満足。
ゴミ箱からはみ出すビニール袋のぴらぴらに軽くイラっとする方、
ボール紙を切ってテープで止めるだけなのでおススメです。

白ボール紙、セロハンテープ
2014年8月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

シャツ折りたたみガイド板

わたくしは、空間認知能力が欠如しているのではないかと思う。
車を運転していてナビゲーションから

「およそ400m左です」

と言われたときに、曲がるべき信号が2本先なのか3本先なのか
ピンと来ないし、余ったおかずをどの容器に入れたらピッタリかが
やはりピンと来ない。
・・・絵描きとして、クラフト講師として、あまり大きな声で言えた話ではないが(^^;)

そんなわけで、シャツやTシャツを畳んだ時も、微妙に仕上がりサイズに差が。
すると引き出しの中にかなり微妙な空間が出来て、なんだかここが
とても勿体ないような気分になる。←貧乏性

その点、ショップの店員さんは目分量で畳んでいても
ぴたっ!と同じサイズに仕上げていて、さすが職人芸!と
舌を巻いていたのだが、あるショップではガイド板を使用して
きっちりサイズを揃えていた。

・・・その手があるじゃない!!

というわけで作ったシャツ折りたたみガイド

シャツ折りたたみガイド板

・・・作ったもなにも、段ボールを引き出しサイズ×3に切って
線を書いただけなのだけど。

で、実際使用するには、シャツならボタンを閉め(Tシャツならそのまま)
なるべく皺がないように形を整えて

ボタンを閉める

裏返して襟の高さに上端が来るようにガイド板を載せる

裏返してガイドを載せる

ガイド板の幅に合わせて、両肩と袖を畳む

両肩と袖を畳む

ガイド板の長さに合わせて、裾を折り返す

裾を折り返す

ガイド板を、線まで引き上げてずらす。
中央に窓がくりぬいてあるのがポイント!

ガイド板をずらす

ガイド板の下端に合わせて裾を折り返す

裾を折り返す

ずらして折り返す、をもう1度繰り返すと

完成!!

完成!

これで隙間なく畳める!!

隙間なし!!

ただそれだけなのだが、自分ではこれでかなりストレスがなくなった。
技術がないなら道具を作ればいいんだもんね!(笑)

実際作ると、端が切りっぱなしだと、ずらすときに服と擦れて
段ボールのくずがでたり生地が傷む可能性があるので
ビニールテープかガムテープで包んでおくのをおすすめ。
変化球な使い方としては、これを必要サイズで作って
畳み方を教えてあげれば、小さい子が自分で服をたたんで
ひきだしにきっちりしまう!という技(?)を教えられるかも。

ちなみに我が家では、収納ケース用、クロゼットの引き出し用と
各サイズ取り揃えている(^^)

隙間に軽くイラっとするあなた。
これを使えばストレスから解放されますよ(笑)

段ボール、透明ビニールテープ
制作時期不明
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |