2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

季節先取り

ファッションなどは少々季節先取りが肝だが
クラフト作品にもそれは言える。
例えば

「夏モチーフのアクセサリーを作って使いたい」

と思ったら遅くても春、余裕があるなら冬に作り始めるべし。
夏になってから夏モチーフを作り出すと
手の込んだ作品の場合、仕上がる頃にはすっかり夏も過ぎて
ちょっと残念なキモチになることがある。

というわけで、まだ梅雨にもならないうちに
なんとハロウィンの作品を作ってきた。

ハロウィンウサギ

県内在住のニードルフェルト作家 kanmikan 先生が
ウサギの季節もの作品をたくさん教えてらして
以前、銀粘土教室の委員長こと輝子さんが

「ハロウィンのウサギを作ってきました!」

と見せてくださったことがある。
わたくしは大変なショックを受けた。
というのも、自分でも自己流でニードルフェルト作品を作ったことがあるが
触らせてもらったら全然やわらかさが違う!
輝子さんのはふわふわでやわらかいが
わたくしのはカチカチ。
いや、形をきっちりさせなきゃいけないのかと思って
ざくざくざくざく刺しまくっていたのだ。
それはもう、親の仇!とばかりに執念深く(^^;)

そのkanmikan先生のご自宅に輝子さんと良子さんが習いに行くのに
誘ってくださったので便乗させていただいた、というわけ。

クラフトというのは、自己流でもある程度のことは出来るが
やはり一度でもプロに指導してもらうと「ここぞ」というポイントが
わかるのがいい。
銀粘土もそうなのだ。
スターターキットを買って作ってみたけどうまくいかなかった、というそこのあなた。
一度でもよいのでぜひ体験教室へ!
何が違っていたかがわかってその先に進めるから。
キットを使っての自己流がうまくいかなくてやめてしまう人数が多いのが
本当にもったいない、というのは講師一同の感想だと思う。

今回、わたくしも実際に教えていただいて
「刺し方」についての認識がまったく変わったのが大収穫だった。

kanmikan先生にご指導いただいて完成したハロウィンウサギ。
モビールのように吊るせるようになっている。

飛びます!

横からのショット。
箒にまたがっているところがカワイイ!カワイすぎる!!(>▽<)

箒に乗ってます

kanmikan先生の作品にはウサギ雛やサンタウサギ、ドラキュラウサギ
伊達政宗ウサギに真田雪村ウサギ・・・とウサギ満載なので
てっきりウサギストなお方なのかと思えば
ウサギストなお友達のリクエストで作られたのがそもそもだったとか。
いいんだ、なんでも。カワイイから!!(^^)

実はいつかニードルフェルトでピョンタ(実験室TOPで白衣を着ている黒ウサギ)
を作りたいと思っていて、色々相談したところ
素材をわたくしが使っていたものから変えたほうが良いことや
色々なポイントを優しく教えていただいた。
kanmikan先生、ありがとうございます!!

現在PC故障中?につきブログやサイトは更新されていないようなので
ご興味のある方は kanmikan フェルトで画像検索を。
先生の素敵な作品がたくさん見られます。

さっ、これでいつハロウィンが来てもディスプレイはバッチリ!
5ヶ月先だけどね!
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2015チャームスワップ・月と猫

2015チャームスワップ・月と猫

月と猫
作者 友代さん
この作品をもらったラッキーな人 由紀さん

2015年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちらを参照。

凛とした佇まいの猫。
タイトルは「月と猫」なのだが
皆さんには猫が月を見上げているように見えるだろうか。
それとも月の上に猫が座っているように見えるだろうか。

猫の左上の丸い穴を月と見るか
それともこのペンダント全体を月と見るか。
それぞれで物語が変わって見える上に
それぞれの月が虚と実で表現されていると言う
気がついてしまうととんでもなく深いデザインの作品だ。

友代さん、お主なかなかやるな・・・!(笑)

デザインだけでなく、磨きも頑張っている。

2015チャームスワップ・月と猫

猫がぴかぴかの鏡面、背景(月?)はマット仕上げで
なかなか素敵なコントラストを作っている。

さて、これを受け取った由紀さんは
どんなアレンジをしてペンダントを完成させるかな?

Horn(千恵美→友代)
メロディが聴こえる(由紀→良子)
確かな気持ち(良子→千恵美)
Moon Surface(Chad→伸行)
Moon Surface(Chad→Nobuyuki:English)
片重い(伸行→善幸)
『休憩時間5分延長のお守り』レベル10以下は装備不可(善幸→輝子)
Drop(輝子→Massayo)
Pedra sobre pedra(Massayo→Rika-C)
Pedra sobre pedra(Massayo→Rika-C:português)
one sheep leaps(Rika-C→Chad)
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

学問ノススメ

大人になってから、改めて何かを勉強したいと思ったことはないだろうか。
わたくしは、ある。
そこで、武蔵野美術大学の通信教育課程に2年編入し、3年かけて卒業した。
美大の通信の場合、スクーリングと提出物が半端な量と内容ではないので
一般的に考えられていた通信講座より大変だったが
それでも通学の4年間に比べたら学費は大幅に安上がりだったので(←超重要)
大変ありがたかった。

ただし色々縛りがあって、たとえば古典技法だったら
フレスコ・テンペラ・モザイク・ステンドグラスの中から一つ選択なのだが
あれもこれも受講したい!と思っても、1年間で履修できる授業数に上限がある上
スクーリングが他の学年での必修科目と重なっていたりすると
どうしても複数受講することは出来ない。
卒業してから、1科目だけの受講が出来たらいいのに!とも思ったが
そういうシステムはなかった。

そんな感じで、大学に行くほどじゃない、というか全部ではなくて
「この項目だけ集中して勉強したい」
という内容をお持ちの方っていらっしゃるのではないだろうか。
そんなあなたにぜひおすすめしたい!

gacco

gaccoの前に、まずはMOOCを説明しよう。
ウイキペディアによれば
Massive Open Online Course (MOOC、ムーク) または
Massive Open Online Courses (MOOCs、ムークス) は
インターネット上で誰もが無料で受講できる大規模な開かれた講義のこと

一般には大学レベルの内容で、インターネットを通じてオープンにアクセスできること、
インタラクティヴなこと、コース修了の認定証を発行することといった特徴がある。
経済的、その他の理由で学習の機会がなかった若い人に新たな機会を
与えられるほか、生涯学習としても認知されている。

このMOOCというシステムを最初に知ったのは何かテレビの番組で
世界中の大学のアートの授業を家にいながらにして受講できると言うのが衝撃だった。
受けてみたい!でも英語の壁が・・・と思っていたら。

日本にもJMOOCという日本語版の組織が2013年に設立された。
そしてJMOOCが2014年4月から開講している
大学教授陣による本格的な講義を誰でも無料で受けられるウェブサービスが
gaccoなのだ!
(他にもOpenLearning, Japan、OUJ MOOCというのがあって
gaccoはNTTドコモ社とNTTナレッジ・スクウェア社が提供、
OpenLearning, Japanはネットラーニング社が提供、
OUJ MOOCは放送大学が提供しているのだが、自分が受講したのが
gaccoだったので、とりあえずgaccoのご紹介。)

詳しくは上のリンクからgaccoサイトを見ていただくのが一番だが
無料で出来る会員登録をして、受講したい講座を選ぶ。
するとその講座によって、複数回の講義動画にアクセスすることができ
(開講中は何度でも視聴可能)
内容に合わせた課題を提出したり、テストを受けたりする。
講座によって合格ラインの条件が決められていて、これをクリアすると
終了証が発行されるーというのが大体の流れだ。

わたくしは、自分が興味があったのと
第2の母校である武蔵野美術大学への敬意を込めて(笑)
武蔵野美術大学通信教育課程の
「カタチで意味を伝えるピクトグラム」という講座を受講した。

内容を理解しているかのテストのほか
実際に課題にあわせたピクトグラムを作成し
それを相互採点して平均値をとるというシステム。
相互採点なのでどういうタイプの人に採点されるかで多少左右されるが(笑)
他の人から複数の意見を聞けるのは貴重だったし
自分には思いつかない発想の作品があったりして大変勉強になった。

ここで重要なのは、テストも課題も提出締め切りがあること。
いつまででも良いと、結局は取り掛かれないことになってしまいがち!
でも締め切りがあれば、どうにかスケジュールを組み込もうとする。
実際に提出間際に実生活のほうで色々忙しいことが発生して大変だったりしたが(笑)
そこは皆さん同一条件だし、通信の時もそんなことがあったなと
懐かしく思ったりした。
(いいペースと完成度で進んでいたのに、身内に不幸があって
結局はその授業の単位がとれなかった、とか。)

そもそもこういった通信の授業スタイルは
人によって向き不向きがあると思うのだが
たとえばスクーリングに通う時間は取れないけれど
隙間時間を活用すれば受講の時間は取れる、と言う方にはおススメ。
なんといっても受講料無料と言うのは大きい!

受講者が増えれば内容が拡大して、さらに色々な講義が増えるはず。
あなたの興味を引く分野があるかどうか
是非一度gaccoのサイトを覗いてみて欲しい。
わたくしも、次はどれを受講しようか検討中である(^^)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

How old do I look ?

結構話題になったので、もう試された方もおいでだろうか。
Microsoftで機械学習を主としたプロジェクトを進めるチームが
写真に写っている人の年齢を推定するサイトを公開している。

How Old Do I Look?
http://www.how-old.net/

タブレットやスマートフォンからなら
その場で写真を撮影して判定することも可能。
スティーブ・ジョブスなどかなりいい線で年齢判定が出るそうだが
アジア人だと違ったりする?と
ゲーム感覚でトライ。

まずダーリン。
実年齢+5歳。
彼は今口ひげを生やしているので、おそらくそこで増えたかな。。

これ、童顔の人だとどうだろう?と
女優の安達祐実ちゃんでトライ。
判定、16歳。さすが!!(何がだ)

ついでにうちのママン(70代)でもトライ。
判定、36歳って
ママンー!!半分以下は飛ばしすぎー!!(笑)

同じ人でも写真の明るさや表情で判定が変わるので
ちょっとしたゲーム感覚でなら楽しめる。
ちなみに、心霊スポットの写真を判定に使ったら
人のいないところにあっちにもこっちにも
年齢(&性別)判定が出たと言う
あまり笑えない話も。

さて、あなたはいくつに見えるでしょう?
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2015チャームスワップ・Horn

2015チャームスワップ・Horn

Horn
作者 千恵美さん
この作品をもらったラッキーな人 友代さん

2015年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちらを参照。

今年の干支が羊なので、羊の角をモチーフにした作品。
羊の角、といっても羊の種類によっても様々で
ちんまりと可愛らしいものから、
悪魔の化身が生やしてそうなものまで色々ある。
形を決めるまで千恵美さんはかなり悩んでいたのだが
「これ」と決めてからは迷いなく一直線。
千恵美さんはもともと紐状からの造形能力の高さに定評があり
最近曲げに強い「PMC flex」という新しい粘土が出たのだが

「千恵美さんならPMC3で十分同じものが作れる」

というのが、教室全員の統一見解だ(笑)

円形の紐でアウトラインを、平たい紐で角の模様を
ミニマムに表現した美しいデザイン。
粘土がつくる隙間のどこにチェーンを通すかで表情を変えるし
ビーズやフリンジなどのパーツを追加してアレンジすることも可能。
何より、これだけ拡大しても粗が見えない
完成度の高さがお見事としか言いようがない。

受け取った友代さんはファッションはシンプル志向だが
女の子らしいかわいいタイプなので
ちょっぴりハードにも使えるこのチャームが
辛口アクセントになることを期待している。

月と猫(友代→由紀)
メロディが聴こえる(由紀→良子)
確かな気持ち(良子→千恵美)
Moon Surface(Chad→伸行)
Moon Surface(Chad→Nobuyuki:English)
片重い(伸行→善幸)
『休憩時間5分延長のお守り』レベル10以下は装備不可(善幸→輝子)
Drop(輝子→Massayo)
Pedra sobre pedra(Massayo→Rika-C)
Pedra sobre pedra(Massayo→Rika-C:português)
one sheep leaps(Rika-C→Chad)
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2015チャームスワップ

銀粘土教室では年に1回「チャームスワップ」というイベントをする。

「銀粘土7gパック1袋で作れるもの」

という条件で全員がチャーム(あとで紐やチェーンを通して
ペンダントや携帯ストラップなどにできるもの)
を作ってくじ引きで交換するのだ。

6回目の今年は月1回クラスからの参戦も増えた!
前回で2014のチャームスワップ作品紹介が終わったので
今日からは2015のチャームスワップ作品を順次ご紹介。
作品が増えるたび、このページからもリンクを張るので
ぜひお楽しみに。

Horn(千恵美→友代)
月と猫(友代→由紀)
メロディが聴こえる(由紀→良子)
確かな気持ち(良子→千恵美)
Moon Surface(Chad→伸行)
Moon Surface(Chad→Nobuyuki:English)
片重い(伸行→善幸)
『休憩時間5分延長のお守り』レベル10以下は装備不可(善幸→輝子)
Drop(輝子→Massayo)
Pedra sobre pedra(Massayo→Rika-C)
Pedra sobre pedra(Massayo→Rika-C:português)
one sheep leaps(Rika-C→Chad)

2009チャームスワップ
2011チャームスワップ
2012チャームスワップ
2013チャームスワップ
2014チャームスワップ
web拍手

| 生徒作品 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

ガレに捧ぐ

ガレに捧ぐ

先日の展示会のために描いた作品の一枚
「ガレに捧ぐ」。
ここでのガレとは、もちろんアール・ヌーヴォーを代表する
フランスのガラス工芸家、シャルル・マルタン・エミール・ガレのことだ。

この皿には元になるガレのデザインが存在する。

ベルエポック
画像は楽天市場さんより拝借

お酒に詳しい方ならご存知だろうか。
シャンパンのメゾン、ペリエ・ジュエさんのその名も「ベル・エポック(良き時代)」。
この大変美しいボトルはガレがアネモネをモチーフにデザインしたそうだ。
あまりお酒に強くないわたくしがかろうじて飲めるお酒が白ワインで
それが泡ならなおよし!というわけで
ガレがボトルをデザインしたこの美しいシャンパンを是非飲んでみたい
(大変正直に言うと、むしろこのボトルが欲しい)
のであるが、夫婦で1本空けられない上、1000円のスパークリングでも
十分美味しいわたくしには分不相応なお宝なので(^^;)
ならばせめてこのデザインのお皿でも!!
というのが今回の発端。

金彩を絡めてこのシャンパンボトルに限りなく近づけることも勿論可能だが
それでは面白くないので、デザインされたアネモネを
逆にボタニカルアートに寄せてみることにした。
ただし、普通にスケッチにしてしまうとガレへのオマージュと言うことが伝わらないので
丸いレイアウトはそのままに。
というわけで、資料を集めてスケッチ開始。
・・・したのだが、おかしい。
上の画像を見ていただきたいのだが
左斜め下の葉っぱ、これ、アネモネじゃないよね。
アネモネの葉っぱならもっとひらひらと切れ込みが入っているはずだ。
そして、花の首近くにやはり特徴的な
切れ込みの入った葉のような部分があるはず。
な、なぜ?製造工程で複雑なラインが出せなくてデフォルメした?
でもでも、もしわたくしがガレなら
自分がもし世紀の天才なら、と言う仮定が大変おこがましいのはこの際ご容赦ください
こんな特徴的なパーツ、絶対はずすはずがないのに。
というわけで、ガレのランプなどの作品を見てみると
やはりアネモネの葉っぱは切れ込みが入っているし、花首に葉っぱがついている。
なぜ!?当時の印刷技術の限界?
ということでもう一度調べなおすと

ガレがジャパニーズアネモネ(シュウメイギク)をモチーフにデザイン

という記述が見つかった。
シュウメイギク!!それなら花首に葉がないのも、この葉の形も納得がいく。
あああ、「アネモネをモチーフに」って書いているところが多いから
騙されるところだったよ!!
誰も騙そうとしているわけではない

よろしい、ならばシュウメイギクだ。←
というわけで、できあがっていたアネモネのデザインを捨てて
いちからシュウメイギクで下絵の作り直し。
ああ、アネモネの花芯付近にうっすらグリーンで影を入れるの
楽しみにしていたのだけどな~。
シュウメイギクの影は絶対グリーンじゃないよね。
ガレ様が許しても正子先生が許さない←ボタニカルアートの師匠
幸い、シュウメイギクはたくさん写真を撮ったので資料が豊富だった。

シュウメイギク・アップ

という紆余曲折のもと仕上げたこの作品。
ボタニカルアート「風」の仕上がりにはなったかな。
皿のバスケットパターンとシュウメイギクの相性が良い気がする。

もっとも、フランス人であるガレのパターンを
イギリスのウエッジウッドに載せるのは果たして?という
葛藤がないわけでもなかったが(笑)
リモージュの大皿なんて在庫がないし、日本製の白磁に描くなら
英国製に描いても問題はない・・・よね?
実は知り合いのフランス人男性が、未だに100年戦争を持ち出して
イギリスについては色々言うので(半分ギャグだろうけど)
ガレ様的にどうなのだろう、とちょっぴりその点だけが心配だ(^^;)
web拍手

| 描いちゃいました・ポーセリン | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ことりのむーすけーき

ひよこのむーすけーき

セブンイレブンさんの「ことりのむーすけーき」。
なんだ!この可愛さは、けしからん!食べちゃうぞ!!(笑)

いやあ、店舗ではこのことりさんが棚の上に「ててててて!」と
整列していて、凶悪な可愛さだった←何だ、その日本語!

我が家には

「可愛い顔がついていると食べられない

というセンシティブなハートの持ち主・ダーリンがいるのだが
半分に切って背中側を渡せばいけるのでは?という
悪魔の論理でお買い上げ。イヒ。

それにしても可愛いなあ、キミ。
こう、手のひらに載せてもふもふしてみたいくらいだ。
でも食べちゃうよ!←2回目

断面図

パッケージにはこのような断面図が。
なにやら複雑そう。

中身はこう

実際にはこんな感じ。
チーズムースとミックスベリームースなので酸味の利いた爽やかな甘さ。
これ、美味しい!!
ホワイトチョコクッキーが食感にいいアクセントを加えているし。

コンビニエンスストアなので箱がないのが残念だ。
箱のふたを開けたら、このことりが6羽くらいちまっと並んでいたら
ビジュアルだけで悶絶できる。可愛すぎて。

どうやら取り扱いのあるお店とそうでないお店があるようなので
ご興味のある方は、見かけたら即、捕獲お買い上げをおすすめ。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2014チャームスワップ・Prost!

2014チャームスワップ・Prost!

Prost!
作者 りかし
この作品をもらった人 輝子さん

2014年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちらを参照。

ビアジョッキを模したチャーム。
タイトルの「Prost!」はドイツ語で「乾杯」。
なぜドイツ語かというと、ビールならドイツ語が筋だろう!ということで。
どの筋なのだ(^^;)

さて、なぜこの作品を作ったか。
チャームスワップは新年のイベントなので
何かおめでたいモチーフがいいなあ、と考えた。
新年の乾杯ならシャンパンとか?と
デザインをあれこれ描いてみたものの
いまひとつ納得のいく仕上がりにならない。
その時
シャンパン→泡+乾杯→ビールでもいいのでは?
という連想ゲームが生まれ
ビールでデザインを描いてみたらちょっとユーモラスで
可愛い感じになったので実作した。

迷ったのはジョッキの中身。
UV樹脂で黄色を流し込めばビールらしさは出るのだが
「半透明」というのはクセもので
白い服の上ならばきれいな黄色が出るが
濃い色の服や青系の服に重ねると
にごって汚くなる。
ならばむしろジョッキの中身に服の色を出して
黄色のニットやカットソーにあわせてもらったり
茶や黒の服に合わせて「黒ビール!」の方が
面白いかな、とそのままで出したら
くじ引きの結果これを引き当てたのが輝子さんだった。
彼女なら、UV樹脂を自分で流すのもお手の物なので
もう好きにアレンジしまくってもらおう(笑)

動きを出したかったので、泡を銀粘土のパーツと
プラスティックパールで飛ばす形に。
さあ、泡が消えないうちにグィッとどうぞ。
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

台風の影響で、3日くらいかなり暑くなりそうですね。
あまりにイレギュラーな天候は農作物への影響も心配ですが
急な変化に人間もついていくのが大変です。
どうぞみなさま、体調を崩されることがありませんよう
お気をつけてお過ごしくださいませ。

拍手を押して下さってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらしてくださいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

戦い済んで、日が暮れて

昨日、音羽倶楽部での教室作品展が無事終了した。
なんと400名以上にご来場いただけた!
周りに何もなく、「何かのついで」で来てくださるお客様は
ほとんどいらっしゃらないのでこれはものすごい数だ。
おいでくださった皆様、ありがとうございました。

アンサンブル教室作品展・ポーセリン

アンサンブル教室作品展・ポーセリン

アンサンブル教室作品展・ポーセリン

個々の作品についてはぜひご紹介させていただきたいので
また、おいおい。

アンサンブル教室作品展・陶芸

陶芸教室も力作揃い。

会期中、以前グループ展でご一緒させていただいていた
戦友とも言うべきT田先生がお嬢さんとお孫さんと一緒においでくださった。
このT田先生、とてもお孫さんがいらっしゃるようには見えないお方
・・・というか、10年以上のお付き合いなのだが全っ然お変わりない。何故!?
以前友人きゅ~さんに

「りかしの友達って美人か可愛いかどっちかよね?
あなた、顔で友達選んでるでしょ!?」

と詰め寄られたことがあり(!)
ええ~、中身よ、と答えたのだが
きゅ~さん、なんだか自信がなくなってきましたYO!(^^;)

ご自身がペインターであり、指導もされているT田先生から
まったくの未経験者が4年でここまで来るのはすごい!
と生徒さんズの成長を褒めていただけたのは
それはもうもう嬉しかった!

「皆さんセンスがいいのね、展示の仕方がお洒落」

とも。プロにほめていただけて光栄(*^^*)

最終日は、音羽倶楽部で打ち上げランチ。

打ち上げランチ

美マダム揃いなので隠してしまうのが勿体無いが
皆さん照れ屋さんなので雰囲気だけでご容赦ください。

お料理もとてもおいしかった!

しらすとブロッコリーのガーリック風味
ヴィシソワーズ
真鯛のポワレ
自家製アイスクリーム
デザート盛り合わせ

本当はお魚とアイスクリームの間に燻製した豚のローストが出たのだが
なぜか写真を撮り損ねてしまった。

ところで、白い食器が出てくると

「先生、このお皿描いてみたいわ」

とおっしゃる生徒さん続出。
フフフ。皆さんこっちの世界に来たわね!
どっちなのよ

そして、打ち上げの時にお礼として花束をいただいてしまった!

美しい!

代表してお花を渡してくださった生徒さんのコメントが

「先生、何も描けなかった私達を
 ここまで引き上げてくださってありがとうございます(^^)」

いやーーー!!
もう、なんだか泣きそう。
ちょっぴり母の日の母親の気分だ。
うち、子供いないけれど。そして、生徒さんは全員年上なのだけど(笑)

絵心ないけど大丈夫かな、と言いながら集まった皆さんが
楽しみながら夢中で描いているうちにこんなに上達したことが
本当に本当に嬉しい。
そして、少しずつそれぞれのカラーが出てきたことが
なんといっても講師冥利に尽きる。
もちろんきれいに描けることに越したことはないのだが
少々まとまった絵が描けることよりも
その人独特のタッチや伸びやかなラインを
作品の中に活かせるなら、そのほうが素敵だと思うので。

豪華絢爛!

帰宅して、いただいたお花を花器にいれたら
尋常ならざる豪華さに(笑)

お花にパワーをもらいながら、次の作戦を考えよう。
彼女たちは、まだまだ伸びる。伸ばせる。
学びたいと言う意欲があれば、年齢は関係ないなと
こちらが勉強させられている感じだ。
ならばこちらも、全力で迎え撃つのみ。
皆様、お覚悟はよろしくて?(^^)
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

お母さんは心配性

とあるレディ(仮にMさんとしよう)のお話。
彼女は、わたくしの大抵の友人や先輩方がそうであるように
ーというか、それに輪をかけた感じで若々しい年齢不詳系。
で、Mさんが言うことには

「うちの上の息子、老け顔なんです」

・・・ご子息を捕まえて老け顔というのも厳しいお母様である(^^;)

そういえば、わたくしの周囲には結構息子さんに(愛はあるが)厳しいお母様が多い。
また別のマダムは年頃の息子さんにそろそろガールフレンドが出来るのでは、
という話題になった時に爽やかにこう言い切った。

「そんなことがあったら嬉しいですけど、うちの息子
 クラスでも残念なグループなので(^^)」

厳しい、厳しすぎる・・・!(T△T)

話をMさんに戻そう。
ある年に家族旅行を計画していたMさんファミリー。
下の息子さんは日程が合わず、ご夫婦と上の息子さんの3人での旅行を
予定していたのだが、なんとキャンセルも効かない出発2日前になって
旦那様がお仕事の都合で旅行に行けないことになった。
上の息子さんと相談の結果、じゃあお父さん抜きで出かけようということに。

観光を楽しんで、ホテルのレストランで夕食のテーブルについたところ
妙に周囲の視線を感じるMさん。

年齢よりはるかに若く見えるMさん
Mさん曰く老け顔(しかも顔立ちはMさんより旦那様似)の息子さん

さて、この二人は一体どんな関係?と、周囲に探られているような。

Mさんの心の声  (つ、つばめじゃなくってよ!!)
息子さんの心の声(逆援助交際とかじゃないから!!)

そこでお二人、少々大きめの声で

Mさん 「おっ、お父さん来られなくてざんねんだったわねー!」
息子さん 「あー。親父多分まだ仕事中だよね。」

なあんだ、とMさん達に興味をなくす周囲・・・
という感じだったらしい。
話を聞いている側からすると

「息子さんと疑われるような関係に見えるなんて素敵じゃないの!」

と、微笑ましい笑い話なのだが、ご本人たちは大変だったそう。

また、このMさんが所用で下の息子さんと原宿に出かけたところ。
周り中がカップルだらけ、という状況だったらしい。
この時は周りに怪しまれる心配ではなく

(周り中がカップルだらけなのに、うちの息子は母親と一緒で
なんだかちょっと不憫な人みたいじゃないかしら・・・?)

ということでやはり大変だったらしい。
注:息子さん、ちゃんと彼女はいます

うーむむむ、お母さんって大変なのね(^^;)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2014チャームスワップ・幸せ来い来い

2014チャームスワップ・幸せ来い来い

幸せ来い来い
作者 輝子さん
この作品をもらったラッキーな人 りかし

2014年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちらを参照。

ラッキーモチーフである馬蹄形のチャーム。
輝子さんと言えばうずうず、と教室内で認知されているほど
紐状にした粘土を使っての唐草模様に定評があるが
この作品でも遺憾なく実力を発揮してくれている。
なんといっても、チェーン通しも同様の唐草パターンにして
本体の装飾との統一性をもたせたのが秀逸だ。
この華奢な細い紐状のチャームは成形にも乾燥にも
本体との接合にも研磨にも、あらゆる工程で破壊の危険があり
初心者だと思わず避けて通りたいコースなのだが
さらりとこなしてしまうあたり、さすがは実力派の輝子さん。
おまけ(?)として、これまた馬蹄を彫りこんだ
小さなプレートがついている。
これ、実はペンダントして使う時にものすごい効果を発揮する。
ほぼ左右対称に近いデザインの大きな馬蹄チャームの脇に
一緒に使うだけでリズムが生まれるし
ダルマ板(ネックレスの留め具の、引き輪を留める穴の開いた板)や
アジャスターの先に下げてあげるとこれまた良いアクセントになる。

馬蹄デザインのチャームは、運気を引き寄せて溜めたいときには
この作品のように上が開いている位置で使い
溜めた運を使いたい時には下が開いている位置で使うと良いそうだ。
本体チャームもおまけチャームも運を溜めるポジション。
良い運をバンバン溜めちゃうぞ!(^^)
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

こいのぼり

こいのぼり

現在我が家の玄関先を飾ってくれているこいのぼり。
今、音羽倶楽部で展示会をしている陶芸教室の方の指導を担当する
京子さんの作品をいただいてしまった。
京子さん、ありがとうございます!

正面顔v

正面近くからのショットもなかなかユーモラスでプリティ♪
親亀の背中に・・・と言った趣もある(笑)

かなり前にいただいたものなのだが
ついつい忙しさで飾りそびれてしまうことが多く
ようやく日の目を見た。

うちには弟がいるのだが
彼がこいのぼりを喜びそうな小さな頃は
我が家は団地住まいだったので
「屋根より高いこいのぼり」はとてもあげられず
この時期スーパーマーケットに登場するような
旗のようなミニサイズのこいのぼりがせいぜいだった。
その後、一軒家に引っ越しても
こいのぼりをあげよう、と言う話にはならなかったなあ。
そもそも弟もこいのぼりにはあまり興味がなく
どうせ買ってもらえるならミニカーやプラレールの方が嬉しいタイプだったような。
そしてわたくしも触って遊べないお雛様より
リカちゃん人形や学研のひみつシリーズの方が嬉しいタイプだった

でも弟は大きな病気も怪我もせず大人になって
カワイイ奥さんにも恵まれていることだし問題なし(^^)

今なら昔以上に、住宅事情でこいのぼりではなく
五月人形、というご家庭も多いのではないだろうか。
お飾りがあってもなくても子供の健やかな成長を願う気持ちは一緒。
こういう一風変わった「こいのぼり」もなかなかいいかも。

うちには子供はいないが50代男児(!)がいるので
明日は柏餅でも買ってこようかな(^^)
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

今日から始まります!

現在トップページでもお知らせ中のアンサンブル教室作品展
いよいよ本日よりスタート。

ちら見せ

画像は会場の一角に設えたアフタヌーンティーのコーナー。
昨日の搬入時、比較的早めにセッティングが出来たので
ちらりとご紹介(*^^*)
今回は「トリオ」と呼ばれるカップ&ソーサーとケーキプレートを
全員がそれぞれ制作している。
いくつかは元の食器が同じものなので
絵付けによってどう違うものになったかも
お楽しみいただきたい。

最後までセッティングに時間をかけていた
陶芸チームの作品もこれまた素晴らしいので
お時間があれば是非(^^)


アンサンブル教室作品展

5月1日(祝・金)~10日(日)
10:00~17:00
音羽倶楽部ギャラリー
群馬県前橋市神沢の森1番地
0120-843-663

※カーナビでお越しの方は
【027-280-1212】で検索してください。

※レストランは完全予約制です。
5/5、9は利用できません。
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |