2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

誘惑

現在、外壁塗装中の我が家。
家の周りには、家を建てた時よりゴツイ足場が組まれている。
この足場を見ていると。

思わず 『昇ってみたい』 という誘惑がフツフツと!!!

地面含めて3層構造、しかもきっちり階段付き。
ちょっとしたジャングルジムみたいではないか!(←違)
何か違う角度から家や景色を眺められそうだし。
いやいや、素人がこういう現場に足を踏み入れてはいけないよね。
(年だけは)オトナなのだし!
と思っていると

「・・・これ見てると、昇りたくなるよな~」

ダーリン、その気持ちはよくわかるわ!!
なんだろう、この誘惑される感じ。
そこに階段があるから?(←多分違う)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

心当たりがないこともない

ボタニカルアートの展示会が盛況のうちに無事終了した。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

展示会期間中は実家パラダイスだったわたくし。
母は料理上手なので
洗い物を引き受けるだけで毎度美味しいご飯にありつける(^^)v
そんなある日の朝食準備中

「ねぇ、パンに切り込み入れられる?」

切り込みというのは、ホットドッグパンに入れるような切り込みのこと。
そりゃ入れられます、ってか普通入れられるだろう!
これが

「魚三枚におろせる?」

と聞かれたのならしたことない(常にスーパーで切り身を買うから)し
できない、と答えるのだが。
うん、まあ確かにわたくしは料理が好きではないと公言しているし
しなくていいならしたくないタイプなのだが

そこまで出来ない子と思われているのですかお母様!!(笑)

いや、構わないのだけど、なんだかおかしかった。
どうせならご期待に応えて(?)出来ない子モードで
これからも頼りまくろう、と心に決める
主婦暦22年だった(←おいこら!)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

臨時休室のお知らせ

いつもご来場ありがとうございます<(_ _)>

ボタニカルアートのため、Rika実験室は
急遽お休みをいただきます。
次回更新は10月28日(水)の予定です。

よろしければ、ぜひまた遊びにいらして下さいね。

Rika実験室 主任研究員 Rika-C
web拍手

| お知らせ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

佐々木晃展

この展覧会は無事終了いたしました。ありがとうございました。
この記事は10月24日まで2番目に表示されます

友人のお父様の初個展のご紹介。

20歳の時、日本大学から学徒出陣した佐々木晃さんは
終戦後、無事同大を卒業して経済学部の教授となり
博士号を取得、名誉教授として長く教育の現場に携わっておいででした。
退官後、若い頃からの夢だった絵画制作に励み
今年、91歳にて初の個展を開催されます。

柔軟な思考と情熱を宿した瞳は今も尚、若々しい。

この方を前にすると、年齢を何かの言い訳にすることが
どれほど愚かなことかをつきつけられ
また、好きなこと、高みを目指すことの素晴らしさを
黙って示されている気がします。

静かな情熱に揺さぶられる展覧会。
是非、お出かけください。

佐々木晃展

佐々木晃展ー万物皆有情ー

2015年10月19日(月)-24日(土)
11:30~19:00(24日は16:00まで)

GALLERYうえすと
東京都中央区銀座1-3-3
銀座西ビルB1F(1Fは食の國福井館)
03-3561-4444

GalleryうえすとMAP

JR有楽町駅京橋口より徒歩3分
有楽町線銀座一丁目駅3番出口より徒歩1分
銀座線京橋駅3番出口より徒歩4分
丸の内線・日比谷線銀座駅C8出口より徒歩4分

2015.10.14 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

佐々木正子ボタニカルアートグループ展

この展覧会は無事終了いたしました。ありがとうございました。
この記事は10/21までTOPに表示されます

佐々木正子ボタニカルアートグループ展

ボタニカルアート教室のグループ展に出品します。
前回もご紹介しましたが、とにかく先生といい先輩方といい
実力派揃いなので見て損はさせません!
色とりどりの植物の肖像画を
ぜひごゆっくりお楽しみください(^^)
今回、たかのはし りか名義で出品しています。

☆ ご来場の場合、なるべく画廊に出向きますので
  よろしければお知らせくださいね(^^)

佐々木 正子ボタニカルアートグループ展

2015.10.15(木)-21(水) 11:30-18:00
初日14:00から 最終日13:00まで
※10/18(日)は休廊日です

入場無料

山脇ギャラリー
〒102-0074
東京都千代田区九段南4-8-21
Tel 03-3264-4025
Fax 03-3264-4025
http://yamawaki-gallery.com/

山脇ギャラリーMAP

2015.10.12 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

おまぬけ伝説

先日やらかしてしまった、おまぬけ伝説報告。

私の実家から歩いて10分程度のところに、母の実家がある。
現在は母の弟である叔父夫婦の代になっていて
新米を隣の市の叔母と2つ隣の県の伯母に届けがてら
伯父のお墓参りに行くというので、うちの両親が便乗させてもらうことになった。
叔父は運転がうまいし好きなので、叔父夫婦と両親の4人でのミニドライブだ。
そのため両親を叔父宅に車で送り届けて4人の出発を見送ったあと
さてわたくしも移動、と車を出しかけたところで叔父宅庭のザクロが目に入った。
ちょうどいくつも赤い実をつけている。
来週からのボタニカルアート展に出品するザクロの絵がまさに佳境に入っているところで
これは観察するしかない!と車を停め、ザクロの樹の下へ。
あちらからこちらから、たっぷり観察して車へ戻ると

まさかのインロック!(キーの車内閉じ込み)

う、嘘でしょ~!?
わたくしの車のキーはスマートキーとかインテリジェントキーとかと呼ばれる
物理的に鍵を鍵穴に差し込まなくてもドアの開閉や
エンジンスタートができるタイプのもので、理論的にはインロックが起こらないはずだ。
しかし理論がどうであろうと、目の前には車のドアが明かないと言う現実が。
そしておまけに

バッグが助手席に

つまり、携帯も財布も家の鍵も
全て目の前の鍵が開けられない車の中に閉じ込められた状態なのだ。

4人の行き先が隣市の叔母宅だけなら1~2時間なので
おとなしく帰宅を待つ、というのもひとつの方法だ。
だが、2つ隣の県の伯母宅もとなると、おそらく帰宅は6~8時間後。
その間トイレにも行けないのは流石に辛い。
というわけで、まずはここから10分の交番まで歩くことにした。
雨が降ってきたが傘もない。辛い(涙)

交番についたらおまわりさん滞在中、よかった!
これでパトロール中だと目も当てられない。
交番で事情を説明し、電話を借りることに。
最終目的地である伯母に連絡が付けば
伯母から叔父夫婦に電話してもらって、一度帰ってきてもらうことができる。
叔父夫婦が家を出たのが10~20分前なので
まだそれほど遠くへ行っていないはずだ。
ここで何故直接叔父夫婦か両親に電話をしないかというと

携帯の電話番号を覚えていないから

携帯が閉じ込められている今、覚えている電話番号は
実家(留守)叔父宅(留守)ダーリン実家(留守)伯母宅
なので、在宅の可能性があって電話がかけられるのは伯母宅のみ。

祈るような気持ちで電話をかけるが、こういう時に限って留守!
両親たちが来るというので買い物に出かけたらしい。
ここでプランB。
タウンページを借りて、ダーリン勤務先の電話番号を調べ
電話をかけさせてもらった(ダーリン勤務先はわたくしの実家と同市内にある)
ダーリンとはお互いの車のスペアキーを持ち合っているので
ダーリンに連絡が付けば、どうにかなるかもしれない。
(そもそも両親に連絡を取ろうとしたのも、一度戻ってきてもらえれば
実家の車と母の携帯を借りて、ダーリン勤務先にスペアキーを
取りに行ける、という算段があった)
代表番号にかけて内線をつないでもらうようお願いすると

「内線におつなぎしたのですが、席を外されているようで・・・」

会議中か~!!間が悪い時というのは徹底的に悪いものだ。
携帯が閉じ込められているので、かけ直してもらうこともできない。

もう一度タウンページで鍵屋さんの電話番号を調べてメモをとらせてもらい
何かの拍子に状況が変わらないかと、一度叔父宅へ戻ってみることにした。

「なんだ、傘もないんかい?まあ、また何かあったらいつでも来てね」
 
人の良さそうなおまわりさん。でも傘は貸してくれなかった(T▽T)

また雨の中をトボトボ10分歩いて叔父宅まで戻る。
何かの拍子にドアが開いたりしないだろうか?と思ったがそんなラッキーは起こらない。
自分が車のそばを離れている時に万一開いたりしたらむしろ危険でもあるのだが
幸い叔父宅は農家なので、敷地まで入らないと車が停まっていることはわからない。
だからといって安全ということもないのだが、道路傍に停車しているよりはましかな
これはもう、覚悟を決めて鍵屋さんにお願いするしかないだろう。
ああ、痛い出費~、と思いながら交番にi向かおうとする時に
叔父宅と田んぼを挟んで向かい側のお宅の道路側の窓が空いていて
掃除機をかけている音が聞こえた。
・・・ここのお宅、人がいる。
事情を話して鍵屋さん(フリーダイヤル)に電話をかけてもらえないだろうか?
このご時勢なので門前払いされるかも、と思いながらもインターフォンを押し

「××(叔父の姓)の家のものですが・・・」

と言うとすぐに出てきてくれた(なんていい人なのだ!)
事情を説明して、電話も財布も閉じ込められている自分の代わりに
鍵屋さんのフリーダイヤルに電話をかけてもらえないかと聞いてみると

「それは大変だ!」

しかも、以前同じ状況だった時にガソリンスタンドで開けてもらったことがあるので
頼んでみてはどうか?と、近所のガソリンスタンドに電話をして
叔父宅まで来てくれるよう手配してくださった。
八方塞がりで途方にくれている中、純然たる親切が身にしみる!(号泣)

ほどなく、ガソリンスタンドのサービススタッフさんが軽トラックで登場。
色々なツールを駆使して開錠を試みてくださった。
(どんなことをしたかは、セキュリティ上敢えて伏せることにする)
このスタンドではインロックの時は大体この方が派遣されるそうで
今まで同タイプの開錠もしたことがあるそうなのだが
30分ほど格闘したところで

「盗難防止でこういう方法では開かないような機構がしっかりしてますね。
これはディーラーか鍵屋さんに連絡を入れたほうがいいかも」

ディーラーと鍵屋さん、どちらがいいと思います?と聞いてみると
ディーラーさんが鍵屋さんに依頼することがあるので、
鍵屋さんの方が早いかも、との答え。
そこで電話を閉じ込められたわたくしの代わりに
鍵屋さんに電話をしてもらえるかを聞いてみると

「ではスタンドへどうぞ(^^)」

と、軽トラックでスタンドへ連れて行ってくださり、電話を貸してくださったのち
また叔父宅まで送ってくれた。
道々聞いた話では、夏場に2歳の子供が中からロックしてしまい
ここを開けて、と言ってももうパニック状態で
どうにもならない、ということがあったそうだ。
夏場、締め切った車、しかも号泣する2歳児。
30分でダメなら窓ガラス割ります、と持ち主に許可を取ってという
極限状態での鍵開けという仕事もあったそうだ。
この時は30分かからず開錠に成功し、お子さんも無事だったそうだが
話を聞いているだけでも冷や汗が。お母さん、心配だったろうな~!

命に関わる危険があるわけでなし、お子さんを心配するお母さんの心痛を思えば
この状況はまだましかな、と自分を慰めつつ(?)叔父宅で待つこと小一時間。

「鍵屋です~」

と、これまた軽トラック登場。
小さなツールボックス片手に軽トラックから降りると

「早速作業に入らせていただきます」

しかしこの鍵屋さん、軽トラックのエンジンをかけたまま。
え?どうしてエンジン切らないのかしら?と思っていると

ものの3分かからず開錠成功!!

餅は餅屋、鍵は鍵屋!!
さすがはプロ。 Viva! Locksmith!!

開錠費用、1万4千円也。
プロの仕事をしていただいたので、喜んで払わせていただいた。

このタイプのキーでインロックがなぜ起こるのか?とお聞きしてみると

「理論的には起こらないはずなんです。でも電子部品なので誤作動はつきもので」

そう言われてしまうと元ソフト業界の人間としては納得せざるを得ない。

「車から離れるときは念の為必ずキーを身につけていただいた方がいいですね」

うん、今までガソリンスタンドで給油の時とか
何度もキーを入れたバッグを助手席に置いたまま
車外に出るということをしている。
その時にこういうことが起こってもおかしくはなかったというわけだ。
そもそもわたくしの行動範囲からすると
何キロも家も電話もない、田んぼのど真ん中でこういう目にあってもおかしくないわけで
そう考えてみると今回叔父の家だったことは本当に不幸中の幸いだ。

この話をしたら、意外と同じような目にあった人が何人も。
キーのバッテリーが低下している時に起こりやすい、などもあるらしい。

今回の教訓は、車から離れる時には必ずキーを身に付けよう、ということと
最低一つくらいは自分以外の携帯電話番号を覚えておこう、ということ。
ダーリンか父か母か、誰か一人の番号を暗記していたら
またちょっと状況が違ったかもしれない。

後日、ガソリンスタンドに連絡をとってくださった叔父宅ご近所さんと
雨の中30分も格闘してくださったガソリンスタンドの方には改めてお礼に伺った。
どちらからも恐縮されてしまったが、心細い中親切にしていただいたのは
本当にありがたくて、ありがたくて。
人の温かさを痛感したのだけは、おまぬけ伝説の中のちょっと良かったことかな。

もちろん、こういう目に遭わないのが一番良い。
どうぞ皆様、わたくしのおまぬけ伝説を教訓に、お気を付けくださいませ。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

挨拶をしよう2

これも銀粘土のクラスにて。
何故か医療関係のお仕事をする方が多いが
病院勤務の薬剤師さん、患者さんに接する機会が多いので
挨拶をすることも多い。
すると、困ることもあるのだという。

「たとえば11時頃だと、『おはよう』の人もいれば『こんにちは』の人もいるんです。
微妙な時間の時どうしたらいいか困るんですよね~!」

11時頃ならおはようございますでもこんにちはでもどちらもOKな気はするが
確かに気にし始めるとどちらにしたら良いのか悩むかも。

「ならばここはやはり『ごきげんよう』でキマリでは?(^^)」

と言うと

「先生、それ患者さんにびっくりされちゃいますよ!」

と爆笑されてしまった。
うーん、どの時間でも会ったときでも別れる時でも使える
日本語としてはかなり合理的な挨拶なのだけど
確かに相手と場所を選ぶかな。
ちなみにポーセリンのあるクラスでは受け狙いで
「ごきげんよう」を使っていたら定着してしまった(笑)

英語の Hello や中国語の 你好(ニイハオ)に相当する
時間を選ばない便利な挨拶ってないものだろうか。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

挨拶をしよう

銀粘土のクラスにて。
教室に入る時の挨拶

「おはようございます」
「Good morning」
「Buenas dias 」
「你好」

午後になると

「こんにちは」
「Boa tarde 」

・・・気がつけば妙にグローバルなクラスになっている。
ある意味大変群馬らしいと言えるかもしれない(笑)
(ここ以外だと似た環境は静岡かな?)

参加している生徒さんは、日本語が話せる人がほとんどなので
とりあえず母国語での挨拶だけ教えてもらった。

お国柄でアクセサリーの傾向や好みが違うし
日本にはないアクセサリーがあったりする。
例えば、ブラジルでは背中の開いた服を着たときに
ブラジャーの背中側は「見せる」ために
後ろだけ付替える専用アクセサリーがあったりするそうだ。
銀粘土で作れないか相談された時、銀は重いので
ブラジャーとしての機能的によろしくない、と却下したが
(バストアップさせるためのブラジャーを銀の重さで下げてしまうのは
銀粘土作家として女性として許しがたい!ダメ、絶対!!)
日本には存在しないアクセサリーなので面白いと思った。

ただし、どこの国の人でも共通していることがある。
制作中、何か失敗した時に悲鳴を上げたり「やっちゃった!」という顔をすること。

キャリアを積んでくると多少壊しても自分で修正できるので
少々のことでは動じなくなってくるのだが
初心者のうちのこの反応はどうやら万国共通に近いようだ。
むしろ、わかりやすく騒いでもらえるとすぐ救助(?)に向かえるので
講師的にはありがたい。
こういうところを見ると、ところ変わっても人間そうそう変わらないなと思う。
もとより、言語や国籍は違ってもものを作るのが好きな人の集まり。
ある点においては、言語や国籍が同じで趣味が違う人より
分かり合える部分があるのかもしれない。
言葉が通じなくても、作ったものやそのアイディアに共感しあえたりするから。
アートやクラフト以外でも、スポーツや研究その他
同じ道を目指している人の間にはこういうものがあるのではないだろうか。

言葉が通じなくても、とはいえせっかくのご縁なので
とりあえず挨拶くらい相手の国の言葉でできたらいいなと。

問題は、次の授業まで全部ちゃんと覚えていられるかな~?(^^;)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

蓼科日記・4

金曜日は蓼科レポート!というわけで今回もよろしければお付き合いのほどを。
ちなみに
第1回記事はこちら
第2回記事はこちら
第3回記事はこちら

楽しい時間は過ぎるのも早い。
気がつけば蓼科生活最終日になってしまった。

最終日のお出かけ先は、御射鹿池(みしゃかいけ)。

御射鹿池

御射鹿池

興奮してあちこちで写真をとりまくったのだが
ここは巨匠・東山魁夷の「緑響く」のモチーフとなったとされている場所。

緑響く

これが「緑響く」。

一番それっぽい?

このあたりが一番それっぽいかな。
農業用のため池なのだが、ぐるりと回るとどの角度も綺麗だ。

小川

小川があって

鴨

鴨が水浴びしていたり。

集合!

この旅行で唯一ともいうべき3人の写真。
左のスラリと長身で足が長いのが千jinさん
中央の紳士がLeoさん、右がわたくし。
そして画像の左奥に注目すると・・・

制作中

絵画制作中の方が。野外で描くには結構な大作に取り組んでいらした。

他にも散策したり、写真を撮ったりと皆さん思い思いに楽しんでいる。
わたくし達が御射鹿池を後にしようとしている時、池のほとりに折りたたみ椅子を並べ
コーヒー片手に池を眺めながらのんびりおしゃべりを楽しむおじさま二人組みがいらして
こういうゆったりした楽しみ方もいいなあ、と思った。

一説には御射鹿池は「がっかりポイント」(:期待が大きすぎて
実際に行ってみたらそれほどよくないな、とがっかりする有名な場所)
とも言われているらしいのだが、ここで東山魁夷が
インスピレーションを得たかと思うと感慨深いし、大変堪能出来た(^^)

この後、蓼科温泉共同浴場へ。

共同浴場
画像は@nifty温泉様より拝借

さすがに温泉内部の写真はなし(笑)いいお湯だったそうな。

ところでわたくしは温泉よりその向かい側に興味が。
というわけで、温泉組3人がは~ビバビバ♪と入浴を楽しむ間
こちらでティータイムを楽しむことに。

茶房銀のポスト
画像は食べログ様より拝借

茶房・銀のポスト。
お店の前に銀色のポストがおいてあるのだが
ここは旧郵便局舎を利用した喫茶店なのだそう。
なるほど、道理で趣のある建物だ。

喫茶店

内部はこんな感じでゆったり落ち着ける。
奥は和室になっているそうで、この日は赤ちゃん連れの若いお母さんがいた。
畳席なら赤ちゃんも寝かせられるし、お母さんも一息つけてとても良さそうだ。

ちなみにこの日カウンターの中には3人の美魔女がいて
思わず某有名三姉妹怪盗マンガを連想してしまったv

帰り道、またしても鹿に遭遇!

お食事中

お食事中~

カメラ目線v

そして、こんなばっちりカメラ目線の鹿さんも(^^)
ちなみに前回、千jinさんが奈良の鹿より蓼科の鹿のほうが可愛げがある
と言うので、奈良の鹿ってそんなに凶暴なの?と書いたら
関西在住のぴちぴちビーチ様から

「奈良の鹿ってそんなに凶暴です」

というリアルなコメントを頂戴した。
奈良観光の皆様、ぜひ鹿にお気をつけて。

・・・今思い出したけど、そういえば昔、宮島(広島)の鹿に
スカートのすそをモグモグされたことがあったっけ!!
やはり鹿には要注意かも。

と、こんな感じでわたくし達の2泊3日蓼科の旅はあっという間に幕を閉じた。
からりとした湿度、涼しい風、森林の緑と爽やかな空気
すべてを群馬に持ち帰りたいくらいだった。
親睦も深まり、たっぷりリフレッシュできて暑い地元へ帰るのがイヤになったほど(笑)

爽やかな夏のひとときをお求めのあなた、来年は蓼科なんていかがでしょう。
ただひたすらに快適な環境を堪能できるので、心の底から
自信を持ってお勧めいたします。
好きな本を持って読書三昧、あるいはゆったりお昼寝など
本当に贅沢な時間が過ごせること間違いなしです。

これにて蓼科日記は終了。
これまでお付き合いありがとうございました。
web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |