2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

キャラクター和菓子

チョッパー

前回の銀粘土勉強会で出してくださったおやつ。
Leoさん、ありがとうございます!

週刊少年ジャンプに連載中の人気長編マンガ・ONE PIECEに
登場するキャラクター、チョッパーを模した練り切り(チョコレート入り)だ。

後姿

背中にもバッテン印が。芸が細かい!

チョコレート入りの練りきりってどうなのだろう、と思ったのだが
チョコレートクリームの量が少ないことと
お茶席で出てくる練り切りそのものというより
もっとねっとりとお団子のような食感(?)で、違和感がなかった。

例によって可愛い~、とひとしきり騒いだ後
躊躇なくいただきますよ、と思っていたらわたくしより先に
やはり勉強会に参加していた千尋さんが
迷うことなく頭のてっぺんから菓子楊枝をいれ、左右に真っ二つ。
千尋さん、見た目はすらりと穏やかな美女だが漢だわ(笑)

キャラクターに季節はないが
季節感含め目でも楽しむ、という点から言えば
キャラクターを表現するのももしかしてアリ?
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2016チャームスワップ・Full moon

Full moon

Full moon
作者 Chadさん
この作品をもらったラッキーな人 Rika-C

2016年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちらを参照。

竹林から見上げた満月を表現した作品。
ベースとなる板状粘土に竹と笹の葉を貼り付け
燻(いぶ)しで闇を、オパールで満月を表現した。
墨絵を思わせる静謐さのある作品だ。

アメリカ人の彼が侘び寂びを表現したことに脱帽!
和の美に目を留めてくれたことを嬉しく思うし
日本人として負けていられないわ(笑)

彼の好みとして「遺跡から発掘されたような」
ラフなテクスチャや原始的、民族的な形状があり
背景になっているプレートの自然な歪みは
彼の美学とも、モチーフとなっている竹林の「自然」とも
素直にマッチしている。

Full moon

世界観を壊さないよう、チェーン通しは裏側に隠した。
今回は教室内のチャームスワップで、誰が受け取っても
アクセサリーに仕立てられるので問題がないが
販売を考える場合はチェーン通しが狭すぎて
市販のチェーンが通らない。
(チェーンそのものは通るが、引き輪とダルマ板が通らない)
彼は将来販売を考えているので
このあたりを今後の課題にしてもらおう。
彼が今回作ったチェーン通しパーツより少ない粘土量で
市販チェーンを通せるチェーン通しは制作可能なのだから。

ところで自宅で制作中、彼の奥様とお嬢さんからは

「(オパールが)月に見えなーい」

と言われ、少々凹んだらしい。
そう、男性作家にとって娘さんは世界一厳しい批評家らしい。
先輩男性作家・談

教室内では全員が問題なく「月」と認識できたのだが
アートに携わらない(この場合彼の奥様とお嬢さん)人の意見には
時々大きなヒントが隠れていることがあるので無視することは出来ない。
なぜなら販売を考えた時、購入するお客様の大多数は
アートに携わらない人なので、作家の独りよがりでは成立できないからだ。
ここがアートデザインとプロダクトデザインの大きな違いで
どちらに進みたいかによって、視点を変える必要がある。
アートデザインなら、むしろ100人中98人に酷評されて
残り2人に大絶賛されるものが名作だったりする。
わたくしもコンテスト出品作は

「これあげる、と言ったら『いらない、こんなの!』と言われる作品じゃないと」

と師匠によく言われたものだ(笑)

今回、奥様とお嬢さんに「月に見えない」と言われた理由は
おそらくオパールの位置。
竹林、月といった具象モチーフでなければ
絶妙な面白い配置だと思うのだが
オパールをあと2ミリ左に寄せて
月の右側に背景が見える余白を作ってあげれば
もっとすんなり月に見えたのではないだろうか。
何を優先するかは大変難しい問題だ。

今後の課題がいくつか見えたが
これ自体、大変良い作品であると思う。
制作意図を壊さないよう、どんなアクセサリーに仕立てようかな?

・すけすけリンゴ(Y香→Massayo)
・無題(Massayo→Y香)
・結 ribbon (由紀→伸行)
・再生(伸行→輝子)
・えんぎざる(輝子→香百里)
・unikko(香百里→よしこ)
・続・お魚プクプク(よしこ→Chad)
・A Happy New Monkey!(Rika-C→由紀)
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

Hold Up !!

先日、某鉄道駅の女性用化粧室にて。
わたくしの前に並ぶ二人の年頃のお嬢さん(どちらも若くて可愛いv)が
オモチャのマシンガンを持っていた。
若くて可愛いお嬢さんとマシンガンというミスマッチな組み合わせは
絵面としては独特の美があるようで悪くはないが
例えば「セーラー服と機関銃」的な?
一体何に使うのだろう??
好奇心が抑えられず、聞いてみた←おい!!
すると

「あっ、これ、水鉄砲なんです。全然危ないものじゃないですよ!」

うんうん、それは見てすぐわかるから大丈夫よ!

「今日、この水鉄砲で打ち合うイベントがあって、それに行くんです(^^)」

ほほう、そんな楽しげなイベントが。夏向きと言えるのだろうか?
気をつけて楽しんで来てね、と言ってお嬢さん方と別れた。

武器を模した玩具には、色々お考えがおありの方もおいでとは思うのだが
わたくし個人としては、何事も節度を守って楽しめるうちはアリだと思う。
願わくば、この手のオモチャはオモチャとして楽しめる
平和な日常が続きますように。

それにしても水鉄砲で打ち合うイベントって
一体どんなものなのだろう?
雪合戦のような紅白戦?それとも
スペインのトマト戦争や、プロ野球で優勝した時の
ビールかけみたいな無差別カオス系??
見てみたいような、怖いような・・・(笑)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

見事な挨拶

実家へ車で帰る途中、すれ違うのがちょっと大変な狭い道を通る。
この道には何箇所か退避スペースがあって
大抵は阿吽の呼吸で退避スペースに近い方の車が停止して対向車をやりすごす。
たまにこの道を知らずナビゲーションで入り込んで(迷い込んで?)しまった車が
無理やり進んできてどうにもならなくなり、慌ててバックしていくのもご愛嬌(^^;)
通常は譲った側、譲られた側双方が

「ありがとう」
「どういたしまして」

という感じで軽く片手を挙げたり、軽くお辞儀をしたりで挨拶をする。

ある日、自分が退避スペースで相手の通過を待っていたら
なんと対向車がパトカーだった(笑)
へぇ、パトカーもこの道通るのね、と待っていると
すれ違いざまドライバーの警官が見事な敬礼!
もしこれがマンガなら

ビシィッ!!

とでもバックに書き文字が入りそうな感じの。

そっかあ!警察や自衛隊の人の挨拶は敬礼だものねぇ。
もしかして消防士さんも?救急隊員はどうなのだろう??
日頃ふざけてする以外敬礼など受ける機会のない一般民間人としては
プロ(?)の見事な敬礼はまぶしすぎてドキドキする。
なんだろう、このトキメキは。
もしかしてこれが恋!?←絶対違います

ドライブレコーダーの画像を保存しておけば良かった!と気づいたのは
すっかりデータが上書きされたあとだったとさ・・・

いや、ホントにそれくらい見事な敬礼だったのよ~!
アンコールしたいくらい(^^)←だからそういうことじゃない!!
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2016チャームスワップ・続・お魚プクプク

続・おさかなプクプク

続・お魚プクプク
作者 よしこさん
この作品をもらったラッキーな人 Chadさん

2016年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちらを参照。

魚を極限までシンプルなラインで表現した本作。
実はこういうシンプルな作品が一番ごまかしが効かない。
チェーン通しは歪みのない綺麗な円に
それでいて、魚は上下対称ではなく
ちょっぴりお腹が膨らんでいる豊かで自然なフォルムがニクイ。
エッジも滑らかに整っていて、なんとも愛しさのこみあげる作品だ。

よしこさんと言えば月と星モチーフの作品なのだが
実は魚も好きらしい。
タイトルに「続」とついていることからもわかる通り
2014年のチャームスワップではお魚プクプクという作品を出品。
前回は水の中を泳ぐ魚だったが、今回は魚単体で勝負。
相変わらず潔い。

今回、この作品を受け取ったChadさんはとても喜んだ。
今まで何故かガーリーな作品があたることが多く
すべて奥様やお嬢さんの手に渡っていたそうで

「今回は自分で使える!」

というのと、この魚のフォルムがイクトゥスという
キリスト教のシンボルマークに似ていて
(形としては前作お魚プクプクのほうが近いがほぼ一緒)
クリスチャンの彼にはぴったりだった、というわけ。

何度か教室にも着用してきていて
作者のよしこさんも嬉しそう。

・すけすけリンゴ(Y香→Massayo)
・無題(Massayo→Y香)
・結 ribbon (由紀→伸行)
・再生(伸行→輝子)
・えんぎざる(輝子→香百里)
・unikko(香百里→よしこ)
・Full moon(Chad→Rika-C)
・A Happy New Monkey!(Rika-C→由紀)
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

似顔絵ビアマグ

ビールのジョッキ

実家で懐かしいものを発見したのでパチリ。
ご覧の通りのビールのジョッキだが、これでは何が何やら(笑)
というわけで、中に布巾を詰め込んで撮影したのがこちら。

似顔絵入り

もう何年前か覚えていないのだが
イラストや文字を送るとそれをプリントしたビールジョッキを作ってくれるという
父の日向けオーダー商品企画があって、その時に作ったもの。
母や伯母へのプレゼントはいくらでもバリエーションがあるのだが
大人の男性(この場合父)へのプレゼントは幅が狭い。
と、個人的にはそう思う
現役を引退した今ではネクタイも使わないので
父の日と誕生日のプレゼントはかなり前から
使えそうなものをリサーチしておかないとどうにもならず
この企画を見つけたときは「天の助け!」とばかりに
オーダーしたのを覚えている(笑)

現在父は焼酎党なので、これはビールではなく
焼酎水割り用になっているが使ってもらえるなら何より。
健康に気をつけて、お酒は美味しく楽しんで欲しいものだ。

しかし、今見ると似顔絵の中の父が(若干)若い(笑)


ガラスにプリント
制作時期不明
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

桔梗信玄生プリン

桔梗信玄生プリン

あの信玄餅で有名な桔梗屋さんの桔梗信玄生プリン。
ちょっと用事があってお茶の先生のご自宅に伺った折

「ちょうど取り寄せたのよ!旦那様と味見して御覧なさい(^^)」

と分けてくださった。
絶対ここはご覧になってないけど、京子先生ありがとうございます!!

おおぅ!これが噂の~!
桔梗信玄餅を髣髴とさせるこの佇まい(^^)
早速開けてみよう。

セットされてます

プリンの上に鎮座する黒蜜とスプーン。
スプーンがプラモデルのようにフレームから切り出すタイプで
ちょっとときめくわ~(←何故だ)

美味~!!

説明には「一口目は是非そのまま、そのあと黒蜜をかけて」
とあるので従ってみた。
何もかけずに一口目。
口いっぱいに広がる大豆・・・というか黄粉の味。
なめらかなのに濃厚!美味しい!!
そして黒蜜をかけていただくと

まさに桔梗信玄餅!!

何を当たり前のことを、と思われるかもしれないが
この感覚は是非食して体験していただきたい。
だって、口当たり滑らかな生プリンなのに
味はどこからどうみても(味わっても)桔梗信玄餅ってかなり不思議だ。
今までで一番これに近い感覚は
「アイスクリームなのにティラミス」だったハーゲンダッツかな。

通信販売でお取り寄せ可能なほか
都内に何箇所か販売店があるので(詳しくは桔梗屋さんサイト参照)
ご興味のある方は是非是非。

これを食べると桔梗信玄ゼリーや桔梗信玄餅アイスも
激しく気になるなあ・・・。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2016チャームスワップ・unikko

unikko

unikko
作者 香百里さん
この作品をもらったラッキーな人 良子さん

2016年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちらを参照。

unikko(ウニッコ)というタイトルでピンと来る方は来るであろう。
彼女がモチーフとしたのは、フィンランドが誇るテキスタイル&ファッションブランド
marimekkoを代表するとも言うべき人気パターンのunikkoだ。

unikko
画像はmarimekko様より拝借

これがmarimekko社のunikko(ケシの花)。
一度くらいどこかで目にしたことがあるパターンではなかろうか。
この連続パターンから一つを抜き出してアクセサリーにするのは
なかなか面白い試み。
unikko柄には茎があるものとないものがあるが
茎の部分をチェーン通しにしているのはなかなか技あり。
また、何色ものパターンの中で香百里さんは赤が好きだそうで
それをイメージさせる赤い石をセンターに配したのも洒落ている。

サイドには雫型のミニチャームがふたつ。
花から零れ落ちる朝露のようでもあるし
ワイヤーワークのおかげで自由に揺れるので、動きの面白さもある。
なんとも魅力的なチャームに仕上がった。

このチャームを受け取ったのは良子さん。
日頃シンプルでスポーティーなファッションの彼女だが
花モチーフでもこれは彼女のイメージにマッチするカッコよさ。
さて、どんな風に使ってくれるかな?

・すけすけリンゴ(Y香→Massayo)
・無題(Massayo→Y香)
・結 ribbon (由紀→伸行)
・再生(伸行→輝子)
・えんぎざる(輝子→香百里)
・続・お魚プクプク(よしこ→Chad)
・Full moon(Chad→Rika-C)
・A Happy New Monkey!(Rika-C→由紀)
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

黒い森のアイスクリーム

黒い森のアイスクリーム

日曜日のおやつは「黒い森のアイスクリーム」。
何が黒い森かというと
シュバッルツヴェルダー・キルシュ・トルテ(黒い森のさくらんぼのケーキ)
というドイツのケーキっぽいから。

上記のケーキはチョコレートスポンジに
シュバルツヴァルト地方特産のサクランボと
キルシュワッサー(サクランボのリキュール)入りの生クリームをはさみ
雪に見立てた生クリームを塗り、雪の上に積もった枯葉に見立てた
削ったチョコレートとサクランボを飾ったものだ。
ドイツで食べたことはないのだが、中学生か高校生のころレシピを見つけて
チョコレートスポンジとダークチェリーの缶詰
製菓用のキルシュワッサーを使って作ったら
(この場合組み立てた、と言った方が近い?)
結構美味しかったのを覚えている。

アイスクリームの方は明治エッセルスーパーカップのチョコクッキーに
生徒さんAのダンナ様が栽培したサクランボを使って
生徒さんBが作ったサクランボのコンポートを載せ
日清シスコのココナッツサブレを添えてみた。
いうまでもなく主役は生徒さんお手製サクランボのコンポート(笑)
A家で大量に採れたサクランボの処理に困ってBさんがコンポートにしたが
これまた消費が大変なのでおすそ分けしていただいた、という
なんともラッキーな機会に恵まれたのだが、これがやたらめったら美味しくて。
ヨーグルトかバニラアイスクリームに載せたら美味しそうだなあ。
ヨーグルトはあるけど今家にあるアイスクリームはチョコレートだなあ、
バニラアイスクリームを買ってこようかしら。
あれ、でもさくらんぼとチョコレートって組み合わせなかったっけ?
あ!シュバルツヴェルダー・キルシュ・トルテ!!
・・・というわけでこうなった(笑)

ところでココナッツサブレは何故か?というと
おやつとして家に買い置きがあったのだが
これ、アイスクリームと一緒に食べるととっても美味しい。
以前書いた記事はこちら

サクランボのコンポートはスペシャルな頂き物だが
家にあるものを載せたら美味しいおやつ、というのは
かなり嬉しい(^^)
毎日暑いのは厳しいが、冷たいものが美味しいデス。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

清涼感半端ナシ

チョコミントバー

最近はまっているセブンイレブンさんのチョコミントバー。
ミントフレーバーのアイスクリーム等は

「歯磨きペーストを食べているみたいで嫌だ」

というご意見を良く聞くのだが
男性に多いような気が?
敢えて言わせていただくならば。

だがそれがいい!
(c)花の慶次

歯磨きペーストのようなミント味だからこそ
食後のお茶のように口がさっぱりするし
この半端ない清涼感のおかげで体の中からひんやりする気がする。
ファミリーパックで1本のサイズが小さいのもとても良い。
暑い日に移動の途中でアイスクリームが食べたい
でも、1本だとちょっと多いな~と思うことが良くあって
これをバラで売っていたらとっても嬉しいのに。
昔懐かしい、銀紙が巻いてあるホームランバー!
個人的にはあのサイズも選択肢にあるととっても嬉しいのに~!

そんなわけで、最近の暑さに負けそうな日の癒しとなっている。
ミントが大丈夫なら是非お勧め!
お手軽にクールダウンできますよ(^^)
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2016チャームスワップ・えんぎざる

えんぎざる

えんぎざる
作者 輝子さん
この作品をもらったラッキーな人 香百里さん

2016年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちらを参照。

クラスの頼れる委員長こと輝子さんの今年の作品は
ひらがなの「さる」という文字をアクセサリーに仕立てた。
画像の向きだとそれとわかって見れば「さる」と読めるのだが
実は色々な作戦が。
閉じた空間がたくさんあるので、どの向きでも使えるのだ。

えんぎざる

えんぎざる

えんぎざる

この3つの向きだと、ぱっと見た感じは
元のモチーフであるひらがなの「さる」にたどり着かないのが面白い。
特に「さ」のアレンジの仕方の面白さと、直線と曲線が混在するところ
なかなかバランスが良い。
輝子さんはうずまきモチーフに定評があるので
「る」の下の部分がもっとぐるぐるになるかな、とこっそり見ていたのだが
今回はチェーン通しとして使える、という目的があったので
そのあたりは封印したようだ。

さて、これを受け取った香百里さんがどうアレンジするかと思っていたら
更にこちらの予想を超えてきた。

ブローチにアレンジ

「チャーム」ということで、ペンダントやキーチェーンになるかと思っていたら
なんと香百里さんはキルトピンにワイヤーで固定し、ビーズを下げて
ブローチにアレンジ!

ブローチにアレンジ

この角度の方がわかりやすいだろうか。
ネックレスとしてチェーンを通しとして使う場合と
キルトピンに固定する場合では使い勝手の良い向きが逆になるので
元デザインを裏返して使うことになり、ますます
モチーフが想像つかなくなるのが面白い。

裏返しでも使えるくらいきっちり磨いて仕上げた輝子さん
ネックレスの予想を裏切ってブローチに仕立てた香百里さん
どちらもお見事!!

・すけすけリンゴ(Y香→Massayo)
・無題(Massayo→Y香)
・結 ribbon (由紀→伸行)
・再生(伸行→輝子)
・unikko(香百里→よしこ)
・続・お魚プクプク(よしこ→Chad)
・Full moon(Chad→Rika-C)
・A Happy New Monkey!(Rika-C→由紀)
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

コントラスト

目地

我が家のささやかな玄関アプローチは煉瓦なのだが
目地にようやく苔が生えそろってきた。

苔と素敵なコントラストv

苔の緑と煉瓦のオレンジ色のコントラストがなかなか綺麗。
雨の日だと煉瓦のオレンジ色がもっと濃くなって更に嬉しい。

この右脇が芝生なので、油断すると目地に芝が入り込んで
苔ごと撤去しなければならなくなる。
苔が生えてきた!芝が入り込んだ、撤去・・・を延々繰り返し
現在おおむね苔率(?)70%くらい。
なんでもない日常の、小さな喜びの一つ。

web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

刺激的

ボーティエ

新しく目薬を買った。
参天製薬さんのサンテ・ボーティエ

「代謝を促し瞳の疲れを癒す」
「エイジングに着目した目薬」

という宣伝文句が年齢的に刺さる刺さる(笑)
老眼も始まっているし、なにせ手と眼と喉は商売道具。
大事に長く使いたいからね、と買ってみた。

まず、目薬らしからぬこのパッケージデザイン!
香水瓶のようなこのフォルム素敵~。
パッケージ好きのわたくしとしてはたまらない(^^)
中身のこの赤い色が何やらアヤシイ薬品チックで
そこがいい!と反応しそうな友人に心当たりが数名。
この赤い色はビタミンB12だそうで、食品だと
いくらやキャビア、たらこなどに多く含まれるそう。

さて、使い心地は・・・と使ってみると。

うひゃ!

となるほど刺激的な清涼感。←個人の感想です
パッケージには五段階中三と表示されていたが
もし五だったらどれだけ刺激的なのだろう。
そういえば、今までどちらかというと刺激が少ないものを選んでいたので
余計そう感じたかもしれない。
確かにリフレッシュしそうな気はする(笑)

一つ計算外だったのはお値段。
値段を良く見ずキャッシャーに持っていったら1500円だった。
普段使っている目薬が300円程度だったのでちょっとビックリ。
とりあえず払える金額で良かった(^^;)

お値段込みで効果があると信じて(?)
しばらく眼のエイジングケアに励んでみよう。

外箱にも書かれているが緑内障などの人は使えないのと
ソフトコンタクトレンズを装着したままは使えないので
ご購入の際はこのあたり良くチェックされたし。
説明書をよく読んで、用法・用量をお守りください。
web拍手

| 買っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |