2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

臨時休室のお知らせ

いつもご来場ありがとうございます<(_ _)>

TOPでもお知らせしている.kom展のため、
Rika実験室は急遽お休みをいただきます。
次回更新は9月2日(金)の予定です。

よろしければ、ぜひまた遊びにいらして下さいね。

また、銀座のギャラリー暁へもお時間がありましたら
是非遊びにいらしてください。

Rika実験室 主任研究員 Rika-C
web拍手

| お知らせ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

大雨が降ったり、晴れ間が出ると日差しが強かったりと
めまぐるしく天気が変わっていますが
お住まいの地域は大丈夫でしょうか?
天気図を見るとかなり激しいことになっていますね。
くれぐれも、安全第一でお過ごしくださいませ。

拍手を押してくださってありがとうございます!
よろしければ、ぜひまた遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧下さいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

ボールペンのしみぬき

洗濯しようとしたら、ダーリンのポロシャツにボールペンのしみが。
まるで何かのグラフかのような見事な(?)ジグザグ模様。
それにしても謎なのはしみの位置。
ポケットならわかる。
弟が結婚前、よくキャップを忘れたペンを胸ポケットに挿してしまって
母がぼやいていたことがあったっけ。
だが今回のしみはわき腹部分。
どうしたらこんな場所にこんな見事なしみが出来るのか教えて欲しい(TT)

もし、しみが落ちなかったらおしおき(という名のイヤガラセ)として
ファンシーなウサちゃんのアップリケでもしてやろうかしら?
でもダーリンの場合

「じゃあこれ、ライブに着てって話のネタにする(^^)」

とか言い出しかねない。
服にまったく興味がないというのは良いのだか良くないのだか(良くない!!)

現実逃避はこれくらいにして、さっそくボールペンのしみ落しを
インターネットで検索した。最近はこうしてすぐ調べられるので便利だ。
今回調べた方法でちゃんとしみが落ちたので自分用のメモも兼ねて書いておこう。

☆今回のポロシャツは何度も自宅で洗濯していて色落ちもないとわかっているもの。
  実行の際は洗濯表示を良く見て自己責任でお願いします。
  素材によっては迷わずプロに委ねるべし!!

■用意するもの■
1.台所洗剤
2.消毒用エタノール
3.綿棒か歯ブラシ
4.ペーパータオルかいらない布

■準備■
台所洗剤と消毒用エタノールを1:1で混ぜた
しみ抜き液を作る。
保存は出来ないので使う分だけ。

■手順■
1.汚れ部分を裏返し、ペーパータオルか布の上に敷いて
  汚れがあたるようにする
2.しみ抜き液を歯ブラシか綿棒につけ、しみの上からとんとん叩いて
  汚れを布に移す
3.時々布をずらして、汚れがなくなるまで2.3.を繰り返す
4.汚れが取れたら、汚れ部分を水で軽くすすぐ
5.普段どおりの方法で洗濯する

何事もなかったかのように綺麗さっぱり落ちました!!(>▽<)

洗濯をご家族に任せている方の中には

「洗濯なんて洗濯機がしてくれる」

と思い込んでいる方もおいでのようだが
うちの実家の父とかね!
洗濯自体は洗濯機がしてくれても
分類だったり洗濯前の下洗いだったり
意外と手間がかかったりするのだ。
せめて洗濯に出す前にポケットの中身はチェックする
ボールペン等の取り扱いには注意するなどでご協力をお願いしたい。
家庭内洗濯係からのお願いでした☆
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ウサギボタンDEラップブレスレット

ウサギボタン

ウサギ型のボタンを作った。
気合を入れて磨き、鏡面仕上げに。
このボタンを何にするかというと・・・

ウサギボタンDEラップブレスレット

またか!と言われそうだが(笑)
ラップブレスレットの留め金にしたくて作ったもの。
数えてみたらこれで7個目くらいか。
ただし、実はこれを作るのは3年ぶりくらいで
その間にとある事情で着るものの色味がすっかり変わったため
以前作ったものは使いづらくなってしまったのだ。
ちょうど良さそうなグレーがかったライラック色のコードを見つけたので
これを使って久々に作ることに。
また、散々作った結果3連くらいが一番使いやすいかな、ということで
長さも短くした。5連に比べると当然作る時間が短くて済む(^^)

着用画像


夏場は汗ばむのでネックレスやペンダントより
ブレスレット登場の場が多い。
これからバンバン活躍してもらおう!

PMC3 2g(?) ワックスコード、ファイヤーポリッシュビーズ
2016年8月 制作
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

第6回.kom(ドットコム)展

この展覧会は無事終了いたしました。ありがとうございました。
この記事は8月27日までTOPに表示されます

わたくしの参加する油絵のグループ展です。

第6回.kom展

大人になってから油絵を始めた9人が
常に進化する事を目指し、年に一度全員での発表の場を設けています。
サムホールサイズの小品から100号クラスの大作まで
それぞれの作風をお楽しみください。

こちらでは たかのはし りか 名義での出品です。
記事掲載時点で当番日が決まっていませんが
22(月)と27(土)の午後は全員が会場におります。
お時間がありましたら、是非遊びにいらして下さい。

☆ 当番日以外でも、いらしていただける旨ご連絡いただければ
  なるべく会場に行きますのでお知らせくださいね(^^)

第6回.kom展

2016年8月22日(月)~27日(土)
11:00am~7:00pm(初日1:00開場 最終日5:00pmまで)
☆8月22日(月)3:00pmより画家・甲田洋二氏の講評会

ギャラリー暁
〒104-0061
東京都中央区銀座6-13-6
商工聯合会ビル2F

Phone:03-6264-1683
Fax  :03-6264-1684

ギャラリー暁MAP

地下鉄銀座線・丸ノ内線・日比谷線銀座駅A3出口より徒歩4分
地下鉄日比谷線・都営浅草線東銀座駅A1出口より徒歩2分

なお、わたくしはこの展覧会をもって
ひとまず油絵の制作活動は中止する予定でいます。

銀粘土、ポーセリンの教室は維持したまま
充分な制作時間を捻出することが難しくなり
自分の今後を考えた時、すべてが中途半端になるよりは
ボタニカルアートに専念しよう、と決断しました。

油絵を勉強したこと、.kom展に参加したことで得たものは数え切れません。
今後は学んだことを教室やボタニカルアートの方に生かしたいと思います。

油絵での出品はこれが最後となりますので
お時間がありましたら是非遊びにいらしてください。

2016.8.15 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

カステラ祭り

先日、身内女子会で銀座の文明堂カフェへ行った。
参加者は母と伯母と義妹ちゃんとわたくしの4人。
このメンバーだと女子と言って良いのは義妹ちゃんだけな気もするが
まあそこはご勘弁いただきたい(^^;)

文明堂とはもちろんあの
♪カステラ一番電話は二番賛辞のオヤツは文明堂♪
の文明堂さんである(^^)
文明堂のカフェがあるということ自体を知らなかったのだが
義妹ちゃんのリクエストで。相変わらずアンテナ高い!

色々あった中、4人で頼んだものは2つに集中。

フレンチカステラ

伯母とわたくしセレクトのフレンチカステラと

ティラミスカステラ

母と義妹ちゃんセレクトのティラミスカステラ!

想像がつくと思うが、それぞれ1切れずつを交換して両方食べた。
お味の方は。

祝福せよ~!(*´▽`*)

普通に食べても美味しいカステラに
手を加えて新しい美味しさを味あわせてもらえるのが最高!!
もちろん、手を加えていない特撰カステラもメニューにあるv

銀座店のほかにも東銀座店、三越前店(日本橋)があって
どうやらそれぞれ微妙にメニューが違う模様。
ちょっと制覇してみたいかも!!

お茶だけでなくお食事も出来るので
カステラ好きな方にはぜひおすすめ!!
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

毎日暑いですね~!
家の中にいても熱中症になることがありますので
無理せず、しっかり水分補給をして乗り切りましょう。
それにしても暑い・・・(ーー;)

拍手を押してくださってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧下さいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

今月の生徒作品2016年8月・「その名はΣ(シグマ)」

その名はΣ(シグマ)

タイトル 「その名はΣ(シグマ)」
作者 よしこさん
制作者コメント 私の好きな記号Σをイメージして作りました
          外れそうで外れない愉快な指輪です
          そして何よりすごいのは私の中指にピッタリなことです

完全に上下2パーツに分離していて動くのに取れないリング。
この画像で雰囲気をお分かりいただけるかな?

その名はΣ(シグマ)

このタイプのリングは勉強会でご一緒させていただいている
Leoさんが大分前から作られていて
こういった幾何学模様とフリーハンドのデザインで少々制作工程が異なる。
ちなみにわたくしが以前制作したフリーハンドバージョンだとこんな感じ。

とれそうでとれないウサギのリング

ちなみに紹介記事はこちら

平打ちリングを作る要領で板状に伸ばした粘土を
木芯棒に巻くところまではどちらも一緒。
そのあと、フリーハンド版の場合は
乾燥する前にニードルか何かで上下2パーツに分断(ここがフリーハンド)
幾何学模様の場合はしっかり乾燥させてから
模様を下書きし、地道に線を彫って上下2パーツに分断する。

粘土の分割と言う意味ではフリーハンドのほうが圧倒的に楽だが
下書きでバッチリカットのラインを決められる点では
幾何学模様のほうが楽。
(そもそもフリーハンドでは分割自体無理!という人もいる)

というわけで、自分の特性と作りたいデザインによってどちらにするかを
選べば良いのだが、今回よしこさんは幾何学模様での制作に挑戦。
見事な出来栄えになった!

画像ではわかり辛いかもしれないが
2つに分かれたパーツの片方を鏡面仕上げ
もう片方をヘアライン仕上げと磨き分けしてあるので
そのコントラストも中々美しい。

ところで今回作者のよしこさんはタイトルをどうつけるか
かなり悩んでいたのだが、悩んでいたとは思えない素敵な作品タイトル。
「その名はΣ」って、何やらヒーローものの映画のタイトルみたいで
なんとも意味深なところがとても良い!!

今月の生徒作品ということで教室前ブースに展示しているので
お近くにお住まいの方は、是非現物をご覧下さい。

その名はΣ(シグマ)

途中でデータが消失したりで中断していた
今月の生徒作品紹介を今回から復活させることにした。
できれば過去のものもさかのぼってご紹介したいので
どうぞお楽しみに!

☆過去の「今月の生徒作品」はこちら
  すべての生徒作品はタイトル画面下の「研究発表会」からどうぞ
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

ベストマッチング

某ワインマンガのおかげか、それぞれのワインと料理の組み合わせで
相性の良いことをマリアージュ(結婚)と呼ぶことがかなり広まったと思うが
確かに飲み物と食べ物の相性の良い組み合わせと言うのはあると思う。
嗜好が絡むので個人差はあると思うのだが
たとえば蕎麦なら日本酒とか(残念ながら飲めないのだけど)
羊羹ならお茶とか
ショートブレッドなら紅茶とか(ミルクティ可)
ハンバーガーならコーラとか(炭酸苦手な人は無理だけど)
ソーセージならビールとか(これも飲めないけど、見ていると美味しそう)
牡蠣なら白ワインとか。
昔、英語の先生(アメリカ人女性)は
シャンパンには苺!!とおっしゃってたなあ。
↑映画プリティ・ウーマンでなぜシャンパンと苺が出てくるのかが当時ピンと来なくて
何故?と質問したら「あれは素晴らしい組み合わせなのよ!」と力説された(笑)

個人的に「これは牛乳と組み合わせたい」と思うものが結構多い。

自分の中では、あんパン、カステラ、バウムクーヘンあたりが特に。
牛乳好きのダーリンだと更にバリエーションが増えるのだが
この3つの中の一つくらいは

「ああ、牛乳だと合うかも」

と思われるものがあるのではないだろうか。

FM群馬で流れる群馬牛乳販連のCMで
ベテランと新人刑事が張り込み中、というのがあるそうだ。
長丁場になり、新人が朝食を買ってくる。

「買って来ました!あんパンとコーヒー!!」

それを聞いたベテラン刑事

「・・・お前、わかってねぇなあ!」

古き良き刑事ドラマファンとしては
張り込みのお供はやっぱりあんパンと牛乳に一票(笑)
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

恐竜マドレーヌ

恐竜マドレーヌ

少し前だが、上野の国立科学博物館に行ったとき
カフェで「恐竜マドレーヌ」なるものを見つけた。
これは買わねばなるまい!←何故?

トリケラトプス

味はプレーン、抹茶、ストロベリー、チョコレートの4種で
形はティラノサウルス、ステゴサウルス、トリケラトプス、プレシオサウルス(多分)
の4種類、4×4で16種類の恐竜がいた。
この中からわたくしが抹茶のトリケラトプスを選んだ理由はただ一つ。

壊れていないのがこれだけだったから。

型から抜きづらいのかなあ、他のものは皆、首やらシッポやらが欠けていたので
欠けた、というか正確に言うと2つや3つに分解されている状態
一番かたちがはっきりわかるものを選んだらこれになった。
それにしてもこのフレーバーはなかなかのグッドチョイスで
どれもこれもなんとなく恐竜っぽい。
手間をかければ水玉模様や縞模様の恐竜も出来そうだ。

味の方はどうかというと

普通の抹茶マドレーヌ(^^)←当たり前だ!!

ところで、この日わたくしがなぜ科学博物館に行ったかと言うと
ボタニカルアート教室の先輩がここの植物画コンクールで入賞なさったので
作品を拝見するために出かけてきた。
植物画のほうは先輩はもちろん、素晴らしい作品が多く堪能できたのだが
一つ誤算があった。
作品鑑賞の時間はたっぷりとってあったのだが
この日はそのあと別の場所にあるポーセリンの材料店に買出しに行って
更にそのあとまた別の場所にキャンバスを取りに行く予定だったので
博物館での滞在時間が限られていたのだ。
科学博物館、展示がどれもこれも楽しそうで
わたくしは本来ならばあそこで丸一日遊べるのにな~~~と
後ろ髪を引かれながら帰ってくることに。
また日を見て絶対行こう、と心に誓ったのだった。

今は夏休みだからさすがに混んでいるかなあ。
でも国立科学博物館、色々楽しめるのでおススメである。
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

2016チャームスワップ・A happy new monkey!

A happy new monkey!

A happy new monkey!
作者 Rika-C
この作品をもらった人 由紀さん

2016年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちらを参照。

申年ということで、バナナの皮を剥いたらおさるさんがコンニチワ!
というチャームにしてみた。
これは比較的男女どちらでも行けるかな?と思って作ったが
くじ引きの結果引き当てたのは
ミニチュアが「ヨダレがたれるほど好き」な由紀さん。
ある意味ミニチュアなので当たりかな?(笑)

A happy new monkey!

サイズ感はこんな感じ。
このサイズに7g使っているので
(欠損がなければ焼成後の理論値6.3g。
実際は磨いたりなんだりで5gくらいになることが多い)
見た目の割りにずっしりした感じがある。

画像ではわからないと思うのだが頭部は毛並みが彫ってある。
燻し(いぶし)を入れてあるので見ればわかるが
画像だとカメラが映りこんでちょっと見づらいなあ。

制作工程としては

1・おさるさん造形、乾燥
2・おさるさん磨き、顔と毛並みを彫る
3・残った粘土を4等分して細長い笹状に成型
4・3でおさるさんを包みながらバナナ型にする
5・乾燥させて全体の仕上げ
6・焼成、研磨、燻し

・・・の順。
PMC3の場合、急がなければいけないのは
1・のおさるさんの造形と3・4・の行程。
それぞれ粘土をこねるところから1分以内が望ましい。
(くわしくは銀粘土作品が出来るまでを確認されたし)

3・4・は曲げ伸ばしに強いPMC FLEXという選択肢もあったのだが
モデル制作の段階でPMC3でも行ける!と判断した。
でも今見ると、バナナのシッポにもう少し丸みを持たせたかったかな。

由紀さんはさっそくチョーカーに仕立てて教室につけてきてくれた(^^)
チェーン通しにビーズをあしらってキュートに仕上げてくれて嬉しかったv

・・・というわけで、今年のチャームスワップ全作品紹介終了。
おつきあいありがとうございました。
来年、また新しいメンバーも参加してくれると嬉しいな。

PMC3 7g 使用
2016年1月 制作

・すけすけリンゴ(Y香→Massayo)
・無題(Massayo→Y香)
・結 ribbon (由紀→伸行)
・再生(伸行→輝子)
・えんぎざる(輝子→香百里)
・unikko(香百里→よしこ)
・続・お魚プクプク(よしこ→Chad)
・Full moon(Chad→Rika-C)
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

クロネコシロネコ印鑑立て

クロネコシロネコ印鑑立て

登録しておくと(無料)宅急便を出したり受け取ったりする時に色々便利な
ヤマト運輸のクロネコメンバーズというサービスがある。
ここの「クロネコポイントキャンペーン」というのがあって
宅急便を出したり受け取ったりするとつくポイントを溜めると
色々な賞品がもらえたり抽選であたったりするのだが
その中の一つ、クロネコシロネコ印鑑立て。
ポイントを集め始めた時からずーっとこれ狙いだったのだが
必要ポイントが集まる前に有効期限が来てしまって
泣く泣く別のものと交換してまた溜めなおし・・・を何度も繰り返し
ようやく!手にすることが出来た。

ああ、この小憎らしい笑顔がたまらない(笑)

実は、以前ノベルティ?か何かでこのクロネコ縫いぐるみがあったらしく
某ドラマーさんがバスドラムの前に座らせていて
バスドラムをキックするとそのリズムに合わせて
クロネコがお辞儀をするように見えるのがなんとも笑えた。

あの縫いぐるみ、また作ってノベルティにしてもらえないかしら。
web拍手

| いただいちゃいました | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |