2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

臨時休室のお知らせ

いつもご来場ありがとうございます<(_ _)>

TOPでもお知らせしているボタニカルアートグループ展のため、
Rika実験室はしばらくお休みをいただきます。
次回更新は12月7日(水)の予定です。

よろしければ、ぜひまた遊びにいらして下さいね。

また、市ヶ谷でのグループ展へもお時間がありましたら
是非遊びにいらしてください。

Rika実験室 主任研究員 Rika-C
web拍手

| お知らせ | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

佐々木正子ボタニカルアートグループ展

この展覧会は無事終了いたしました。ありがとうございました。
この記事は12/1までTOPに表示されます

佐々木正子ボタニカルアートグループ展
画像クリックで大きく表示します

ボタニカルアート教室のグループ展に出品します。
毎回ご紹介しておりますが、とにかく先生といい先輩方といい
実力派揃いなので見て損はさせません!
色とりどりの植物の肖像画を
ぜひごゆっくりお楽しみください(^^)
今回、たかのはし りか名義で出品しています。

☆ ご来場の場合、なるべく画廊に出向きますので
  よろしければお知らせくださいね(^^)

佐々木 正子ボタニカルアートグループ展

2016.11.25(金)-12.1(木) 11:30-18:00
初日14:00から 最終日13:30まで
※11/27(日)は休廊日です

入場無料

山脇ギャラリー
〒102-0074
東京都千代田区九段南4-8-21
Tel 03-3264-4027
Fax 03-3264-4025

山脇ギャラリーMAP

2016.11.18 up
web拍手

| イベント案内 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

今月の生徒作品2015年10月・神降臨

神降臨

タイトル 「神降臨」
作者   伸行さん
制作者コメント 西洋では竜(悪)東洋では龍(善)
          とされているがこれは東洋の龍

          ありきたりな作品の龍の胴を
          チェーン通しにすることで
          オリジナリティを出してみた
          取り外し可能なので
          長くも短くもできる優れもの
          
デザインの良さとアイディアの豊富さに定評のある伸行さんだが
この作品も、良くぞこの形を思いついた!と舌を巻いた。
伸行さんには今までに何度もよくこういうアイディアが湧くなあと
ビックリさせられているのだが、これはまた別格という感じだ。

神降臨

構造はこちらの画像のほうがよくわかるだろうか。
龍の胴体を、二つの短い円筒を繋ぐことで表現している。

龍を全体像で作ると、小さくなるので迫力が減る。
かといってこの龍の頭のサイズで全体を作ると重くなりすぎる。
そこで伸行さんが考え出したのが、サイズ感を殺さずに
軽量化する今回の構造だ。

背びれと鱗を持つ円筒形は、軽いが十分に龍の胴体を見せる。
丸カンでつないで可動式にしたことと
チェーン通しになっている上の円筒は斜めにまきつけたことで
ゆったりと体をくねらせながら、その部分が雲間から覗く
龍の姿をイメージさせるではないか。
実用に耐えうる軽量化を実現したうえで
龍の姿と迫力もしっかりと見せる、大変すばらしいデザインだ。

伸行さんは特に気負うこともなく飄々と作品を作り続けているが
この作品でさらに新しいドアを開けたように思う。
龍のごとく、これからも更に高みを目指してほしい。

神降臨

☆過去の「今月の生徒作品」はこちら
  すべての生徒作品はタイトル画面下の「研究発表会」からどうぞ
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

狙ってるわけじゃない

とある事情で、英語で作品プレゼンテーションをする機会があった。
付き合いの長い友人には浸透しているが、わたくしは
英語が苦手という理由もあって理系に行ったくらいには
英語が苦手である(´・_・`)

ダーリンは英語が得意、というと

「ハードル上げないでよ!」

と叱られるのだが、わたくしよりは遙かに得意なので
本番前日にリハーサルに付き合ってもらった。
色々注意されたのだが

「でもスピードはいいんじゃない?
プレゼンだとつい早口になるけど
それくらいなら聞きやすいと思うよ(^^)」

…ほめてくれたんだよね、わかってる。
でもね、意識して聞きやすいスピードに
してるわけじゃないの。

思い出し思い出ししゃべると
これくらいが限界なのよ


ほめたのにやつあたりされる気の毒なダーリン。
平和な夫婦の明日はどっちだ。
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

I love it !!

バトンドール・ブラックティ

当実験室で過去にも愛を叫んでいるバトンドール
友人てんちゃんのお土産。
てんちゃん、ありがとう!
別グループにてんちゃんと天ちゃんという友人がそれぞれいるのだが
こちらのてんちゃんがバトンドール販売エリアに住んでいるため
※バトンドール取扱店は2016年11月現在大阪、京都、博多のみで
グリコさんでは通信販売をしていない

上京時にお願いしたら、いろいろな種類を買ってきてくれて
友人達と一箱ずつお土産にいただいた(^^)
どれをいただいても嬉しかったのだが、わたくしがいただいたのは
期間限定のブラックティ。
鼻の奥にたちのぼる紅茶の香りがもうたまらない!!(>▽<)
ああもう、大好きだわコレ。
いただいた友人一同、あっという間に食べつくしたことは言うまでもない(笑)

本日ポッキー・プリッツの日と言うことで
販売エリア外の群馬からバトンドール愛を叫んでみた。

大阪・京都・博多エリアの方は是非お試しを!!
本当に美味しいです(^^)
web拍手

| 食べちゃいました | 11:11 | TOP↑|

≫ EDIT

ハーックション、チクショー!!

ある日のキッチンにて。

りかし  「あ~~~!!」
ダーリン 「?」
りかし  「・・・あ、いいんだ」
ダーリン 「??」

最初のあ~~!!は「朝ごはんのデザート用の果物買い忘れた!」
次のいいんだは「いやいや、昨日買って冷蔵庫に入れたじゃない」

なんだか情緒不安定な人みたいでゴメン、と言うと

ダーリン「『チクショー!』とか言わなければいいよ^^」

あ、それはくしゃみをした時だけだから大丈夫。
※ウソです、言いません(笑)

素朴な疑問なのだが
なぜ、一部年配の江戸っ子な男性は
くしゃみの後にチクショーとかバカヤローとか言うのだろうか??
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

拍手お返事

寒いですね~!(><)
残暑を台風が連れ去ったと思ったら
秋がなくていきなり冬になった感じです。
市内の小学校ではマイコプラズマ肺炎が流行しているとか。
皆様も、どうぞお気を付けくださいませ。

拍手を押してくださってありがとうございます!
よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。

コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。

≫ Read More

web拍手

| 拍手お返事 | 05:50 | TOP↑|

≫ EDIT

形は大事

ボタニカルの先生大絶賛のフルーツパフェのお店がある。
これは絶対行かねば!と、友人二人(勿論どちらも美女だ^^)と
出かけてきた。
で、わたくしが頼んだ季節物・ぶどうとメロンのパフェがこちら。

パフェ・・・?

惜しげもなくメロンとぶどうをふんだんに使ったパフェは
それはもう美味しかった。
だがしかし、払拭できない

コレじゃない感。

思い知ったよ、形は大事。
パフェはあのパフェグラスに入ってくるからテンションが高まるのだと。

・・・というわけで、リベンジすることを固く心に誓ったわたくしであった。
想像通りのスタイルで出てきたパフェを、またレポートしたい(笑)
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

理系 or 文系

突然だが、ここでクイズ。

300円持って買い物に行き、170円のチョコデニッシュを1個買いました。
さて、お釣りはいくら?

ちょっと考えてから追記をご覧ください☆

≫ Read More

web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

≫ EDIT

今月の生徒作品2016年11月・さんしょううお

さんしょううお

タイトル「さんしょううお」
作者  みのりさん
制作者コメント 井伏鱒二の「山椒魚」からインスピレーションを得ました
          濃い色のビーズが良いアクセントになりました 

プリティ♪

作者のみのりさんは若い女性なのだが
両生類や爬虫類が好きだそうで、今回モチーフとして
彼女が選んだのはオオサンショウウオ。
なんともユーモラスで可愛らしく仕上がった。

今回制作者コメントに井伏鱒二の山椒魚とあったので
どんな話だっけ?と図書館に走った(笑)
詳しくは皆様に実際読んでいただくこととして
ものすごーく大雑把に言うと、体が育ちすぎて
岩屋の中から出られなくなってしまった山椒魚の話だ。

実はこの作品の制作当初、粘土の細い紐で
雫型を作って、その中にこのオオサンショウウオを入れる
という案もあったのだが、重量とコストの点で雫型をUV樹脂にした。
むむむ、井伏鱒二ならその方がよかっただろうか?
でも重いと使わなくなってしまうのでそこは譲れない(笑)
このオオサンショウウオくんもある意味樹脂の海に
閉じ込められてはいる。
だが、孤独や悲哀よりむしろひょうひょうとした
自由さを感じる気がする。
このあたりは、作者みのりさんの前向きさが出ているのかもしれない。

今回、みのりさんにはUV樹脂の扱いに挑戦してもらった。
自分で色を調合してうっすらブルーに。
気を抜くと色が濃くなってしまうところ、本当に慎重に作業をした。
最初の仕上がりが気に入らなかったらしく
果敢に作り直したので色、形、ラメの散らし具合と
隅々まで注意が行き届いている。

また、本人もコメントしていたが
チェーン通しに選んだビーズの色がグッドチョイス。
本当に良いアクセントになった。

裏側もなかなかv

サービスショット(?)で、本当は身につける
みのりさんにしか見えない裏側。
・・・オオサンショウウオの裏側ショットも
めちゃめちゃカワイイ!!
省略せず、足の指を作った甲斐があったというものだ(^^)

この作品にはかなり時間がかかったが
つなぎ、磨き、修正、UV樹脂の扱い、メガネ留めと
みのりさんはたくさんのことを習得し
確実に腕を上げた。
作りきる!という覚悟で、急がずじっくり取り組んだ集中力もお見事。
彼女のスケッチブックにはこれから作る作品の
いろいろなアイディアが描かれていて
先々大変楽しみだ。

今月の生徒作品と言うことで、11月一杯作品展示ブースに展示中。
お近くにお住まいの方は是非作品をご覧下さい。

☆過去の「今月の生徒作品」はこちら
  すべての生徒作品はタイトル画面下の「研究発表会」からどうぞ
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

| PAGE-SELECT |