PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウサギのいない○○なんて

ルピシアというお茶のお店がある。
紅茶、緑茶、中国茶共にフレーバーティーが得意で
他のお店にないようなフレーバーがあったりするので
気分を変えたい時や、ちょっとしたプレゼントなどに愛用している。

このお店が11月から3月の季節限定で出す紅茶に
「カシュカシュ」というのがある。
カシュカシュ、というのはフランス語でかくれんぼの意味だそうで
色々なフルーツの香りが爽やかで
この季節の楽しみの一つだった。
しかも、このカシュカシュが入っている紅茶のラベルは
かならずウサギのデザインと言うのがお約束になっていて
毎年デザインが変わるウサギラベル缶を集めるのも楽しみだった。

ところが!

あろうことか、今年のカシュカシュは魚のデザインになっているではないか。
このラベル自体は非常に美しいデザインだ。
ただ、ウサギを期待していたわたくしにとっては
「何故ここで敢えて魚!?」と大変なショック。
大げさだな!
お茶自体は好きなのだが、パッケージが変わってしまって楽しみ半減。

そんなわけで、例年ならそろそろ1缶飲みきりそうになって
もう1缶買おうかしら、と言う時期に来てもまだ買っていない。
うーん、今年はどうしよう。。。

パッケージデザインって、非常に購買欲を左右すると思う~。
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT