PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012熊野ツアーレポートその8

毎週金曜日は熊野ツアーレポート!
よろしければお付き合いください。

これまではこちら
2012熊野ツアーレポートその1
2012熊野ツアーレポートその2
2012熊野ツアーレポートその3
2012熊野ツアーレポートその4
2012熊野ツアーレポートその5
2012熊野ツアーレポートその6
2012熊野ツアーレポートその7

闘鶏神社の次は白浜温泉のシンボル円月島へ。

円月島

島の中央に円い海蝕洞が開いていることから「円月島」と呼ばれているのだそうだ。
夕景の名所としても知られているそうで、この中央の洞から覗く日没は
絶好のシャッターチャンスらしい。

水が綺麗

画像でわかるかなあ。
水が澄んでいてとても綺麗だった。

次に向かったのは熊野三所神社。

熊野三所神社

境内に建つ御座船奉安庫

御座船奉安庫

この中におさめられているのは菊の御紋入りの昭和天皇御座船。

昭和天皇御座船

生物学者でもあった昭和天皇は、この御座船で
色々な御採集をされたのだそうだ。

土俵

境内のビニールシートが被っている部分は土俵。
お祭りでお神輿が出る前に、奉納相撲をとるのだそうだ。
すっかりスポーツと言う認識になっているが
確かに相撲って元々はそういう意味合いがあるんだよなあと再認識。

銀杏

様々な樹が植えられていて、銀杏が色づいていた。

白良浜(しららはま)海水浴場。

白良浜

9月も後半だというのにこの日はじりじりと肌が灼ける暑さで
日傘がないと辛い位。ご覧の通り海水浴客も大勢いた。
ピーク時の芋洗いではないので、一番良い時期なのかも。
向こうに見える堤防は砂の流出防止のためのものだそう。

美しい!

青い空、白い砂、エメラルドグリーンの海・・・美しい!

ここはどこ?

南紀白浜と言えば名勝の代名詞だが
こんなに綺麗な所だなんて知らなかった~~!!
サンタモニカビーチよりぜんっぜん海は綺麗だ。

余談だが、かつて某ドラマ最終回にて
ここをハワイと言う設定でのロケを行ったらしい。
無理矢理だがわからないでもない(笑)

行幸源泉

道路沿いに見えた鉄塔。
看板には

行幸源泉 (牟婁の湯) 
泉質 含食塩重曹泉 
泉温 86℃
日本書紀、万葉集に記されている銘湯


とある。
おそらく温泉成分の影響なのだろう、鉄塔下のガードレールは錆びていた。

千畳敷。

千畳敷

打ち寄せる波の浸食で複雑な地形をしている。
この日の波は穏やかに見えるが、結構風が強かった。

この日の波は穏やか

ミニグランドキャニオン?

なんだかミニチュアのグランドキャニオンのセットのようでもあるし

牡蠣の殻っぽい

巨大な牡蠣の殻の上を歩いているような気分にもなる。

広い!

画像では広さの感覚がわからないと思うのだが、とにかく広い。
これなら確かに畳を千畳敷けそうだ。

ただひとつ残念だったのは。
砂岩が柔らかいので、ここに落書きのように名前を彫って行く観光客が絶えないこと。
せっかくの景観が台無しなので、軽い気持ちで愚行の証拠を残したりしないで欲しい。

駐車場わきのレストハウス、千畳茶屋でじゃばらソフト。

じゃばらソフト

観光地に行くとたまに無茶な組み合わせのソフトクリームを目撃するが
じゃばらはソフトクリームにしても美味しい。

熊野ジンジャー

こちらは「熊野ジンジャー」。
生姜汁を熊野の梅シロップとブレンドして出来たドリンク。
わたくしは生姜が苦手なので(^^;)友人が買ったものを撮影させてもらった。

ところでこれ、画像が不鮮明なのだが
ラベルの奥の方に鳥居の絵があるのがおわかりだろうか?
どうやら「熊野神社」と「ジンジャー」をかけてあるらしい。
写真を見た父に指摘されるまでそこに気付かなかったのが
実はものすご~くクヤシイ(^^;)

さて、次で多分最終回。
よろしければまた来週!
関連記事
web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT