PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

群馬の掟

「冬は山に向けて車を停めなさい」

『かかあ天下と空っ風』で有名なここ群馬県。
冬場の風の強さは本気で半端なし。
山と逆側に向けて車を停めると
ドアを開けた時に風で持って行かれてしまうことがあり
女性や子供の力ではコントロール不能なほどだ。
そのため、最悪の場合周囲の車や人にぶつけてしまう危険がある。
だから山(風上)に向けて車を停めれば
ドアを開けるのに苦労することはあっても
周囲に迷惑をかけることはないから、ということだ。

これはお茶の先生の教え。
御年70手前にして赤いインプレッサを華麗に駆る
素敵な群馬マダムだ。

あまり意識したことがなかったが言われてみればごもっとも。
どんな場合にも事故がないようにしたいものね。

というわけで、地元で吹きさらしの駐車場では
「赤城山はどっち?」
と探すことに。

…真のグンマーへの道のりはまだまだ遠い。
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT