PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夜中のティータイム

シュトーレン&マロンケーキ

週末のクリスマスパーティー用に頼んでおいたケーキが届いたので
夕食後にさっそく試食会。
ホスト&ホステスの義務ですからね、オッホッホ。
こんな美味しい義務なら大歓迎だ!
今5週連続でご紹介しているお皿とケーキのコラボ企画で
ケーキを担当してもらった
パティシエールちゃん謹製のケーキである

後ろにあるのがクリスマス用にお願いしたシュトーレン。
毎年オーダーして送ってもらうのだが、今年も大人気で完売。
ドイツ駐在員だった弟夫婦が

「ドイツのシュトーレンより美味しい!」

と太鼓判を押す美味しさ。
いつも美味しいけど、今年はさらに美味しいし香りが良い。
聞いてみると

「ああ、わたし最近ワインを飲むようになったじゃない?
だからケーキ用のじゃなくて飲むワインを使ってるのよ(^^)」

それって、すごくいいワインをケーキに使っちゃってるってことなのでは。
以前どうせ余ってるし飲まないから、と大吟醸を煮物に使って
お酒に強い友人に叱られたことがあるのだが、それに近い気がする(笑)

手前は一緒に送ってくれたマロンケーキ。
栗蒸し羊羹のようにごろんと大胆に栗が入っているが
きっとこれは毎年秋に仕込む栗の渋皮煮。贅沢~!

「やっぱ、あやちゃんのケーキは美味しいよね!!」

パティシエールちゃんにがっちりハートと胃袋を掴まれているダーリン、ご満悦(笑)

「おかわりしようかな(^^)」

それはダメです、試食ですから!

本来シュトーレンは12月の頭から少しずつ少しずつ食べ始め
クリスマスまでの1か月間にお酒と洋酒漬けのドライフルーツが
生地に馴染む味の変化を楽しむものらしいのだが
そんな早い時期に頼んだらクリスマスまでもたないのでは?
というのはあながち間違いではなかった気がする。
夜中にこっそり食べられないようにしまっておかないと。

ただ、マロンケーキはお客様が来る前に食べ終わってる気がするな~(^^;)
関連記事
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT