PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

きらきらしずく型リング

きらきらしずく型リング

以前、母のために作ったリング。
よくリングの説明で「しずく型リングの応用」と言うが
この形がまさにその一番基礎の「しずく型リング」。
銀粘土を紐状に伸ばすときに片側を細く、反対側を太くすると
細長いしずく型になる。
これをくるり、と一周させるとこういう形になる。
「つなぐ」というある意味第一関門の作業が必要ないので
あまり慌てる必要がなく、男女問わず使えるので
初めてリングを作るならこれが一番!という形だ。
このリングは、形は変えずに作ってキュービックジルコニアを入れてある。

着用画像

画像でキラキラ具合をお届けできないのが残念なのだが
石は3石だけで、周囲に「ミル打ち」という
ミル(魚々子・ななこ)たがねという工具で作るテクスチャを入れてあり
これが光をはじいてキラキラするのだ。
7g丸ごと使ってあるのでレディスとしては結構なボリューム。
しかし、キラキラ好きの母はご満悦である(^^)

PMC3 7g使用
制作時期不明 
関連記事
web拍手

| 作っちゃいました・銀粘土 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT