PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パパと呼ばないで

先日の油絵グループ展での新年会のこと。
リーダーの男性がしみじみと

「いいよなあ。りかしさんのとこ、旦那さんのこと『ダーリン』て呼ぶんだよねぇ。」

リーダーによれば「パパ」「お父さん」だと役割であって自分個人ではない。
「主人」と言われると奥さんと自分との間に上下関係があるような気がしていやだ。
「旦那」ってのもなんだかしっくりこないし・・・。

「その点『ダーリン』て、ただ一人相手のことだし愛情感じるし、いいよ!」

リーダー、もしかして奥様から「ダーリン」って呼ばれたいんですか?

「…うん」

か、かわいい!!
父親に近い年齢の男性を捕まえてこういうのは何なのだが
なんてかわいいんだ!!(笑)

その場にいた別の友人と奥様にダーリンと呼んで欲しいとお願いしたら?
と言ってみたのだが

「『何言ってるの?』っていわれちゃうよ、きっと!」

そうかなあ。
じつは、うちで夫を「ダーリン」と呼ぶのは、本人からのリクエストによる(爆)
アメリカ駐在時代シャレだったり郷に入ればで「ダーリン」と呼ぶ家も多く
例えば

「佐藤さんの御主人はお元気?」

という時に

「佐藤ダーリンはお元気?」

という使い方をしたり。
うちの「ダーリン」はこの呼び方が結構気に入っていたらしく自ら

「ダーリンですよ~(^^)」

と電話を掛けてきたりしていた。自分で言うのはどうなんだ(^^;)

日本に戻ってから、名前呼びに戻していたのだがしばらくした頃

「やっぱりダーリンて呼んで欲しいなあ…」

と自己申告があったのでそれならば、とダーリンと呼ぶようにして今に至る。
今やほとんど彼のニックネームになっている(笑)

リクエストがあったら、リーダーの奥様もリーダーのことを
「ダーリン」って呼びそうな気がするけどだめかしら。

ちなみにリーダーは、奥様のことを人前でなんと呼ぶのが良いかも思案中だそう。
リーダーの言う「カミさん」という響きには愛情がこもっていて
とても素敵だと思うのだが

「ダーリン、て呼ばれたらなんて呼び返すの?」

「えーと、ハニーとかシュガーとか?」

「……」

男性から女性を「ダーリン」と呼ぶのもアリ、とお伝えしたのだが
リーダー的にはこれは女性から男性への呼称らしい。
さて、リーダーが奥様から「ダーリン」と呼ばれるのはいつの日か。
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT