PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

講師冥利に尽きます

わたくしが所属している日本貴金属粘土協会の機関誌がある。
講師資格を持つ会員に送られてくるもので
新製品情報や展覧会情報、様々なコラムが載っていたりするのだが
今回は昨年10月の関東エリア展報告が載っていた。
展示作品群講評の冒頭を読むとこう書かれていた。



全部で90点の出展作品の中には
一つの教室の生徒8人がそれぞれペンダントトップを作り
ひとつの紐に下げてハロウィンペンダントに作り上げた合作がありました。
なかなか思いつかない素敵な参加の仕方で
和気あいあいとした教室風景が思い浮かぶようでした。




これ、うちの生徒さんズの出品作のことなのだ!

テーマ設定については展示会の時期や
見て下さる方へのアピール(わかりやすさ)から
いくつかの提案をしたものの

「1テーマから各自がペンダントトップを作って連作にする」

というアイディアは生徒さんの中から自発的に出てきたものだ。
そのあたりも含めて評価されたことがものすご~く嬉しい!
親バカならぬ講師バカと言われてもいい。
うちの生徒さんズ最高!良く頑張った!!

他の先生方も、生徒さんが出品された方は
「うちの子最高!!」
と喜んでおいでなのではなかろうか(笑)

フルタイムでお仕事を持たれている方は平日時間を作るのが大変だし
主婦だったりお母さんだったりの方はやっぱり時間を作るのが大変。
その中で時間をやりくりして期日までに作品を仕上げるのは大変なこと。
それでも頑張って出品まで漕ぎつけた生徒さん達が
もう眩しいやら誇らしいやら。
講師冥利に尽きるとはこのことだ。

日曜日に教室に行ったら、みんなを力いっぱい誉めてこよう。
今回スケジュールの都合で出品できなかった生徒さん達も
それぞれ力がある人たちなので、また別の機会に
その腕を披露する機会があると良いなあ。

ただ、うちの子達って妙に謙虚で
自分が凄いってことをいまひとつわかってくれないのが
講師的に悩みの種ではある(^^;)

ちなみに以前作品をご紹介したページはこちら。

Halloween Party~その1~
Halloween Party~その2~
Halloween Party~その3~

是非力作をご覧いただきたい!
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT