PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

らくちんだと思ったのに!!

先週らくちんと言う記事で、花粉症の薬が薬局で買えるようになった、と書いた。
記事を書いた時点では本当に楽になったわ~、と思っていたのだが
今週に入ってから症状がひどくてにっちもさっちもいかなくなった。

鼻水が止まらなくて1日わんこそばならぬわんこティッシュ状態。
目はかゆくないものの、鼻水の影響なのか
大泣きしたり熱がある時に目頭がボヤ~っとなる時の様な不快感。
多分同じ原因だろう頭痛。(女性には片頭痛持ちで苦労されている方が多いが
わたくしは滅多に頭が痛くならないタイプだ)
制作ができないどころかもっと簡単な作業すらできない状態になってしまった。

花粉症歴13年にして最悪の症状。
今まで自分で花粉症が辛い、と思っていたが、
せいぜい「花粉し」か「花粉しょ」程度でしかなかったな。
もうダメ、助けて神様お医者様薬剤師様~!
このさい風邪を拾うくらいは我慢しよう、と耳鼻科へ。

診察で前日の午後から症状が急にひどくなったこと、
3週間前から薬(前年このドクターに処方された、ドラッグストアで
買えるようになった薬)を飲んでいることなどを伝えると

「あ~、かなりひどく腫れてるな~。うん、今年の花粉はひどいから
 あの薬だと効かないかもねぇ(^^)」

・・・ソレ、早く教えて欲しかったです(涙)

結局、眠くなるけど効くから症状は楽になるはず、という
飲み薬や点鼻薬を処方してもらった。

よろよろと帰宅すると何やら別の方向に体調がおかしい。
念のため、と熱を測ってみると38.5℃。

いやあああ!風邪くらいは覚悟したけど今更インフルエンザは勘弁して~!
と、麻黄湯を飲んで暖かくして即刻寝ることに。
念のためダーリンには別の部屋で寝てもらい
なんとか翌朝は平熱に戻った。
うーむ、ただの風邪だったのだろうか?
(やっぱり病院に行くと他の人の風邪もらっちゃうのだろうか(TT))

耳鼻科で処方してもらった薬のおかげが
花粉症独特の透明でさらさらした水の様な鼻水が
滝のごとく溢れる状態からは解放されたが
花粉症の時期にお目にかかることのないはずの黄色い鼻水が。
身体の中で誰か(ってか白血球)が菌と戦っている。
頑張ってくれたまえ!!(切実)

ああもう、折角らくちんだと思ったのにな~。
やっぱり風邪を覚悟で耳鼻科に行くしかないのだろうか。
来年のことを考えると早くも頭の痛い状態だ。

早い所花粉シーズンが終わってくれるのを切に願っている。
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT