PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Smooth Jazz

正方形展

土曜日に終了した「正方形展」に出品した作品。
ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!
CDケースに入れて作品を出品しなさい、ということで
水彩や油彩のドローイングはもちろん
写真、コラージュ、ミクストメディア・・・と
様々な作品が出揃い、見て楽しい展覧会だった。
CDケース、ということで色々な事を考えた。
例えば4点作って4コママンガになるように、とか
CGにしてみようかな、とか。
アイディアの中の一つが「CDケースの厚みを利用した奥行きのある作品」で
今回はこれで作ってみたのだが、4コママンガとCGは他に出した人がいたので
結果的にはグッドチョイスだったかも。
どうせなら色々な技法があった方がみて下さる方も楽しいと思うし。

さて、ペーパークラフトはきちんと習ったことはないので
完全自己流だ。
武蔵美通信に通っていた時絵本の授業をとったことがあって
スクーリングでは色画用紙を使っての制作をした。
水彩絵の具や色鉛筆とはまた違った発色の良さが大変魅力的で
通信課題での画材は自由だったのだが
わたくしは敢えてスクーリングの実習と同じ色画用紙を選んだほど。
今回も色画用紙で!と真っ先に思ったほど
あの時の印象が強烈だった。

で、実は苦労したのがCDケース探し。
ご存知の通りCDケースにはCDを入れるための窪みと
CDを固定するためのでっぱりがある。
今回はケース丸ごとを使いたかったので
なるべく面をフラットに使いたい。
というわけで、アクリルカッター右手に切ったり貼ったり。。。
5個くらい加工(破壊?)したところで
2枚組CD用のケースを発見。
これならばパタパタ動くCDトレイ部分を外しちゃえばいいわ!
と思ったら、丸ごと外すと左側の細い部分が開いてしまうことが判明。
今回は全て販売用として値段をつけて出品する決まりなので
穴あきはいくらなんでもよろしくない。
そこで、この部分を残しつつ、CDトレイをカットと言う破壊工作を(笑)

タイトルは「Smooth Jazz」。
CDケースを使うのだから、音楽に関係のあるものにしたかった。
Smooth Jazzというのはフュージョンやイージーリスニングなどで
ミュージシャンで言うとケニーGとかスパイロ・ジャイラ、
グローバー・ワシントン・ジュニアとか。
とても聞き心地が良いのでアメリカには専門のFM曲も多く
インターネットラジオ局もある。
わたくしが製作する時よくBGMで聞いているのもスムースジャズが多い。
そんなわけで、自分にとってのSmooth Jazzのイメージ
自然の中にいるような心地よさ、気持ちよく流れる音楽
というイメージで作ったのがこれだ。

Smooth Jazz

この作品のみ、蓋に仕掛けがないので開けてみた。
それぞれのパーツを段ボールや重ね張りした画用紙で
厚みを持たせて浮かせてある。

ちなみに、この作品は買い手がついた
・・・と言っても、買ってくれたのは友人なのだが(笑)

売約済み

自分の作品に、売約済の赤丸シールが貼られるのは初めての経験で
すご~く嬉しい!!

作品が戻って来たらどこに飾ろうか、とこっそり楽しみにしていたらしいダーリンが
ちょっぴりがっかりしているのがありがたいやら笑えるやら。
関連記事
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT