PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

革紐の2WAYネックレス

革紐の2WAYネックレス

革紐の2WAYネックレス。
実はこれ、革紐と一緒にアメシストのさざれとビーズを通したテグスを
リリアンで編んだもの。
そう、今うちの銀粘土教室ではリリアンがアツい!(笑)

今回は輝子さんが

「こんなのがありました!」

と、過去のNHK「すてきにハンドメイド」のテキストを
持ってきてくれた。
リリアンで作るアクセサリーがいくつか掲載されていたのだが
その中で生徒さんズに一番人気だったのがこれ。
(オリジナルはターコイズのさざれだった)

ブレスレットにも

チェーン部分を外して短くつなぐと、これこの通り!
ブレスレット都市も使える
一粒で2度おいしい2WAYアクセサリーだ。

前回の教室で

「実際に編むところが見たい」

とのリクエストがあったので、売り場で革紐を購入して
こういうところが店舗直結の教室は便利(^^)
実演して見せたのだが、さざれに大きなものが多くて
革紐とのバランスが納得いかなかった。
・・・というわけで帰宅後に再び編んだものをほどき
さざれから小さいものを選んだ中にしずく型のビーズを混ぜ
編み直したものがこれ。

レシピ通りにマグネットクラスプを使用してあるが
もちろん引き輪&ダルマ板でも制作可能。
マグネットクラスプだと装着が簡単ではあるが
強い力がかかるとはずれるのでその点に注意が必要なのと
磁器の影響を受けるカードや電化製品のそばに置かないことを
充分に注意してほしい。

さて、テグスにビーズを通して編むのにはちょっとコツがいる。
テグスのテンションのせいで、一度はずした糸が戻ってしまうのだ。
このネックレスは革紐がある程度テグスを押さえてくれるので
テグスonlyで編むのを試す前に
一度これを作っておくと楽なのでは?というのが作ってみての感想。

軽さの割にボリュームがあるので
使い勝手が良さそうだ。

2013年7月 制作
関連記事
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT