PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2007Year Plate

2007Year Plate

そろそろ今年のを描き始めなきゃ、という自戒を込めて(?)
2007年のYear Plate。

クリスマスの夜、サンタクロースがプレゼントを持って
子供の部屋に入るとずらり!と靴下が下げられていて
どうしよう、というストーリー。
ベッドで眠る女の子は山のようなプレゼントを期待しているのか
ニンマリ笑顔を浮かべながら夢の中。
床は金文字なのでちょっと読みづらいのだが

「もしもあなたがいい子なら、サンタクロースが靴下に
プレゼントを入れてくれる・・・かもね」

と描いてある。

さて、このYear Plateはある意味大変思い出深い1枚。
実は、出来上がりの状態ではこうなっていた。

あれっ、年号が・・・

間違い探しのようだが、おわかりいただけるだろうか?
そう、年号が違っている!
2007年の年末に書いているので「2007」が正しい。
当時、生徒さんの中に「2007」で作る方、「2008」で作る方の
両方がいらして、年号部分のレタリングを頼まれたりしていたので
ついうっかり2008で仕上げてしまったのだ。

さあどうしよう!

友人に話したら

「来年のYear Plateを2007で作ったら?」

というミラクルヒットなアイディアも出たのだが(笑)
色々考えた末、「8」の上からリボンを描いて一度焼き
その上から更に金文字で「7」を描いてまた焼いた、と。
現在、壁の天井近くに飾ってあるのでわからないが
上の画像をよ~く見ると7の下からうっすら8が透けて見える。

「実はこれはね・・・」

と、話題になるのでこれはこれでよし。ちょっと不名誉だけど(^^;)

さて、室内部分はこんな感じ。

室内風景

珍しく全体をソフトトーンにしたのでちょっとわかりづらいが
ベッドと壁にウサギのぬいぐるみがいる。
わたくしのYear Plateは

・赤を使う
・年号を入れる
・どこかにウサギをいれる

というルールを決めてあるので、今回はヌイグルミで登場。

ちなみに、わたくしの初めてのクリスマスは2歳の冬。
クリスマスイブの夜、枕元に父の靴下を置いて寝るよう母から指示があった。
(たぶん靴下を渡されたのだと思う)
クリスマスがどういうものなのかもまだよくわかっていないだろう当時のわたくし
言われるままに靴下を枕元に置いて就寝。
翌朝目覚めると、靴下の中にたくさんお菓子が入っていて大喜び。
よかったねぇ、サンタさんが来てくれたのね、と
本来ここで初クリスマスが終了するはずだった。
(イベント好きの両親のこと、ケーキやチキンが夕食に出たかもしれないが。)

さて、クリスマスの夜。
母が寝ようとすると、わたくしはまたも靴下を枕元に置いて寝ている。
どうやら、2歳児なりに

「靴下を枕元に置いて寝るとお菓子がもらえる」

と学習してしまったらしいのだ(^^;)

この話はわたくし自身は全く記憶になくて
あとから母に聞かされた話だ。

「で、クリスマスの日はどうしたの?」

と母に尋ねると

「もちろんさっさと靴下をしまっちゃったわ(^^)」

だ、そうだ。

そんな愉快な思い出(?)を元に作ったこのYear Plateのストーリー。
靴下の柄を考えるのに結構苦労したことを覚えている。
関連記事
web拍手

| 描いちゃいました・ポーセリン | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT