PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

生活ペース

見るともなしに見ていた放送大学で
「世界主要都市の生活ペース」
と言うのが表になっていた。
時計の正確さ、郵便局の迅速さ、歩くペース・・・など
色々なチェック項目があるのだが
総合得点で早い方から順に
1位チューリッヒ(スイス)
2位ダブリン(アイルランド)
3位フランクフルト(ドイツ)
4位東京(日本)
になっていた。

特に時計の正確さで1位がスイス、というのはなんとも納得。
郵便局の迅速さはドイツが1位なのだが
東京は「買った切手を小さな袋に入れてくれる」
などの濃やかなサービスも含めて4位、ということで
これはなかなか凄いかも。
早ければ良い、というわけではないが
調査対象の中で一番のんびりだったのは
メキシコシティ(メキシコ)
その次がリオデジャネイロ(ブラジル)で
これもなんとなく納得できる気が。

そういえば、初めてカリフォルニアに行った頃
お店でどんなにお客さんが長蛇の列を作っていても

「そういえばお隣のおばあさんはお元気~?」

なんてのんびり会話しながらのんびりレジを打っていて
最初の頃はいい加減にして~!とイライラしたが
しばらくすると慣れてしまい、そのペースで
ニューヨークに行ったりすると逆に
キャッシャーから

「早くしろ!」

と急かされたりした。
業者さんにトイレの床のタイルが剥がれているから直しに来て、と言ったら
OK、すぐ行くよ!と言ったきり3年半来なかったりしても
まあ仕方ないか・・・と思ってしまうあたり
慣れって恐ろしい、と思ったっけ。

ちなみに、実家では両親、わたくし、弟の中で
わたくしが一番トロいことになっていて
父親から

「お前はどうしてそうトロいんだ!?」

と言われたときに、ちょっと考えてから

「・・・お育ちがいいから?」

と答えたら、笑いながら殴られた(^^;)


周囲を乱さない程度にのんびり行ければ
それはそれで結構幸せかなあ、と思うのだけれど。
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT