PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

痛いの痛いの飛んで行け

こちらで何度かダーリンの病状についてお知らせしましたが
昨日、無事手術が終了しました。
立つのも座るのも辛くて、食事とトイレ以外はベッドと言う生活が丸2か月。
原因は腰椎椎間板ヘルニアの再発でした。
これがまた、判りやすく大きなヘルニアなら
即手術しましょう、ということになったそうなのですが
近年ヘルニア治療はなるべく手術しない方向にあるうえ
ダーリンのヘルニアはMRIで見ると小さく
ドクターはなんとか手術せずに済む方法を探ってくれていましたが

「手術しないで済む方法は全部試して、それでもよくならないのだから
 あとはもう手術しかないでしょう」

ということで、今回の手術となりました。

今回の問題個所は通常の椎間板より硬く
ピンポイントで鋭く神経に当たっていたそう。
画像ではわからないことというのもあるものですね。

手術直後から、この2か月悩まされてきた痛みと痺れは
激減しているそうです。
まだしばらく安静期間ですが、今までからするとかなりの前進です。
このまま回復してくれることを祈るばかりでおります。

たくさんの方から励ましのお言葉を頂きまして
それにどれほど助けられたかわかりません。
本当にありがとうございました。
もう少し闘病生活が続きますが
ひとまずご報告まで。

Rika実験室主任研究員 Rika-C
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT