PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マツイ棒・改

「うわばみ」と言われるほど1日お茶を飲んでいるわたくし。
車で移動できるところには以前こちらでもご紹介させて頂いた
タンブラーを持参。
なぜ車の時かと言うと、これ結構重いので
自分でずーっと荷物を持っている電車移動の時は
あとから重さがずっしり来るのだ。まるで妖怪・子泣きじじいのように。
子泣きじじい・夜道で赤ん坊のような産声を上げる老人の姿の妖怪。
泣いている子泣きじじいを見つけた通行人が憐れんで抱き上げると
体重が次第に重くなり、手放そうとしてもしがみついて離れず
遂には命を奪ってしまうという恐ろしい妖怪。


重さを無視すれば、保温性が大変素晴らしく
冬はホットで、夏は氷を入れてアイスで楽しめる。
しかし、中身が紅茶か麦茶なので、洗っても洗っても茶渋がつく。
これがティーカップならメラミンスポンジで簡単に落ちるのだが
なにせ手が途中までしか入らないのだ(涙)

使用前

下半分に茶渋が残っているのがお判りいただけるだろうか。
残っているところが手の入らない部分なのだ。
まるで線引きしたかのように茶渋が残るのが
なんともクヤシイ。
ううう~、家具の隙間だったらマツイ棒があるのに。

ん?マツイ棒??

ご説明するのも今更なのだが、もしかしたら若いお客様が
ご存知ないかもしれないので念のため。
マツイ棒とは、女優の松居一代さん御考案の掃除道具。
割りばしや菜箸にいらない布を巻き、その上から輪ゴムを巻き付けて固定した
隙間掃除に大変便利な道具。

マツイ棒なら作ればいいじゃないか!
そして、布じゃなくてメラミンスポンジを使えばいいのでは!?

というわけで、作ってみた。

マツイ棒・改

そして使ってみた。

使用後

!!行ける!行けるわ、これ!!!
1枚目の画像との差を比べて欲しい。新品同様ではないか♪
ああっ、なぜ今まで思いつかなかったかな~。
それともわたくしが知らなかっただけで、世の中では既に常識なのだろうか??
あり得る!(^^;)
家にあるもので簡単に作れて、なおかつ効果抜群って
こんなに嬉しいことはない。
ありがとう、マツイ棒!
ありがとう、松居一代さん!!
多分ここをご覧になってはいないのだが(笑)

これでもうタンブラーの茶渋は怖くない!
関連記事
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT