PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その発想はなかったわ

先日、某大手100円均一ショップにて。
色々なものがあるなあ、と商品を眺めながら店内を歩いていると
目に飛び込んできた金属製で円筒形のツール。
台紙には 「fried oyster ring 」 との表記。

・・・牡蠣フライリング?
え~・・・、牡蠣フライを作るどの工程でどうやって使うの?
としばし頭をひねっていると、台紙になにやら写真がついている。
えっ、でもこれは牡蠣フライじゃなくて
どう見ても人参と玉葱の掻き揚げだよねぇ。

掻き揚げ・・・かきあげ・・・

あっ、牡蠣揚げ!?

なんのことはない、どうやら掻き揚げを牡蠣揚げと誤解した翻訳らしい。

これを翻訳した人が、掻き揚げを食べたことが
ないのだろうな、ということはよくわかった(^^;)

そして、日本語を外国語に翻訳する場合
外国語の知識は勿論なのだが、日本語(と文化)の知識がないと
うまくいかないのだなあ、ということを妙に実感する出来事だった(笑)
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT