PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

端革の化粧ポーチ

表

端革シリーズはこれで幾つ目かなあ。
持ち歩き用の化粧ポーチを作った。
今回は留め金が純銀のオープンハートというところが個人的ポイント。

裏

構造はメガネケースの時と一緒で
袋状にしたものを紐でくるっと巻いて留めるタイプ。

蓋の裏にミラー

蓋の裏にミラーを貼ったので、コンタクトレンズのずれを直すとか
口紅を直すくらいならこれで行けるし、鏡を持たなくてもOK!

中身はこれだけ

ちなみに中身はこれだけ。
上のハート形のが脂取り紙代わりのスポンジ。
洗って再利用可能。
左のジッパー付きビニールの中は
コットンと、カットした綿棒。
コットンは片方切って、間にルースパウダーを少し入れてある。
パウダーを叩きたい時に、これを軽く揉んで使うと
なんとパフ&パウダーの代用に!
綿棒がカットしてあるのは、アイメイクがよれた時に拭き取るのだが
結構な確率で片方しか使わなくて
使ってないもう片方がもったいないが、汚れた綿棒は持って歩きたくないので
それならいっそ!と切ってしまった(笑)
あとはリップクリーム、グロス、口紅、櫛。
年齢のせいか、真夏でもなければそうそうメイクが崩れなくなったので
良いのだか悪いのだか・・・(^^;)
だんだん持ち歩かなければいけない化粧品が減ったのは助かる。
口紅を入れられる薄いパレットがあればさらに減らせるのだけど
市販品はそこそこの厚みがあるので、口紅を持ち歩くのと大差ないのが残念。

バッグの中身、このシリーズがじわじわ増殖中。
あまり色が氾濫しない方が目が疲れないのでちょっと楽(笑)

端革、革紐、2重カン、銀パーツ(自作sv999)
2014年10月 制作
関連記事
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT