PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オリジナルトラベラーズノート・本体

毎年、スケジュール帳を選ぶのが楽しいのだが苦心してもいる。
どれもこれも帯に短したすきに長し、といったところ。
わたくしの手帳に対する必要な項目は

・見開き1ページで1カ月がブロックタイプ
・土、日が月~金と同じ大きさ
・紙がクリーム色ではなく白

これでできれば嵩張らなくて、というものを探していたのだが
最近ブロック(1日分)を5分割して使うようになった。
1段目がダーリンの予定
2段目が午前の予定
3段目が午後の予定
4段目が夜の予定
5段目が継続の予定(旅行や出張や展覧会など)

この使い方だと、あまり小さいものでは老眼に辛い。
5分割を自力でするのが面倒なので
できれば最初から分割線が入っていると楽・・・って

そんなものあるわけない

ではどうするか。

1)比較的条件に近いもので妥協する
2)この際自作する

ここ数年、1)を選択していたために手帳ジプシーが続いてしまった。
ならば今こそ

「欲しいものがないなら自作すべし」

の法則ではないか、と立ち上がってみた。
気付くの遅い!

しかも、9月の段階で来年4、5月のスケジュールを検討する必要があったので
まだ売り場にたくさんの手帳が並ぶ前にどうしても手帳が必要だったのだ。

で、色々検討した結果、サイズその他が一番自分の要求に近いかも、と思ったのが
ミドリさんのトラベラーズノート
ここで「あれ?どこかで聞いたような?」と思われたあなたは
かなりの実験室通。
そう、以前トラベラーズノートのパスポートサイズを使ったことがある。
当時の記事は こちら
大変、持つのが楽しいノートなのだが
様々なスケジュールが増えたうえに老眼の進んだ今このサイズは正直厳しい。
オリジナルサイズの月間ダイアリーのブロックが5分割されていて
紙の色が白なら(実際はクリーム色)そのまま使えるのに!という感じ。

というわけで、これっぽいものを作ってみた。

オリジナルトラベラーズノート

・・・パソコンでプリントして切ったものを重ねて綴じただけにしては
思っていたより良い仕上がりに!!
自作なので数字や文字のフォントや曜日表示の色に
好きなものを選べるのはとても嬉しい。
オリジナルは縦の余白に他の月のカレンダーが記載されているが
メモができるようにそのままスペースをあけた。
余白を右にするか左にするか悩んだが、今回は
ご本家とは逆で左に余白を。
中綴じなので、印刷する時には右と左が関係無い月
~たとえば左半分が4月で右半分が8月とか~
なので混乱しそうだったが、これは絵本の授業の時の
どのページに何を割り当てるか、という作業が役に立った。
それでもうっかり4月に31日を作ってしまって、あとからピョンタシールを貼ってごまかした(^^;)

オリジナルトラベラーズノート

表紙は家にあった色画用紙をカットして使用。
本物のトラベラーズノートはホチキスで綴じてあるのだが
うちのホチキスではまったく歯が立たなかったので
目打ちで穴を開けて木綿糸で糸綴じにした。

オリジナルトラベラーズノート

スケジュールは項目ごとに色分けしているのだが
多色使いでもなかなか良い感じ!
ウキウキしながら

「見て見て~!(^^)」

と友人happyちゃんに見せたら

「スケジュール帳自体はとてもいいけど、このままだと
 貧乏くさいからカバーを作った方がいいわよ!」

と言われた。
わたくしの友人は、みんな優しいが容赦がない(^^;)
だがそこが良い!

というわけで、次回はカバー&付属品編をご紹介!

色画用紙、インクジェットプリンタ用紙、木綿糸
2014年9月 制作
関連記事
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT