PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

学問ノススメ

大人になってから、改めて何かを勉強したいと思ったことはないだろうか。
わたくしは、ある。
そこで、武蔵野美術大学の通信教育課程に2年編入し、3年かけて卒業した。
美大の通信の場合、スクーリングと提出物が半端な量と内容ではないので
一般的に考えられていた通信講座より大変だったが
それでも通学の4年間に比べたら学費は大幅に安上がりだったので(←超重要)
大変ありがたかった。

ただし色々縛りがあって、たとえば古典技法だったら
フレスコ・テンペラ・モザイク・ステンドグラスの中から一つ選択なのだが
あれもこれも受講したい!と思っても、1年間で履修できる授業数に上限がある上
スクーリングが他の学年での必修科目と重なっていたりすると
どうしても複数受講することは出来ない。
卒業してから、1科目だけの受講が出来たらいいのに!とも思ったが
そういうシステムはなかった。

そんな感じで、大学に行くほどじゃない、というか全部ではなくて
「この項目だけ集中して勉強したい」
という内容をお持ちの方っていらっしゃるのではないだろうか。
そんなあなたにぜひおすすめしたい!

gacco

gaccoの前に、まずはMOOCを説明しよう。
ウイキペディアによれば
Massive Open Online Course (MOOC、ムーク) または
Massive Open Online Courses (MOOCs、ムークス) は
インターネット上で誰もが無料で受講できる大規模な開かれた講義のこと

一般には大学レベルの内容で、インターネットを通じてオープンにアクセスできること、
インタラクティヴなこと、コース修了の認定証を発行することといった特徴がある。
経済的、その他の理由で学習の機会がなかった若い人に新たな機会を
与えられるほか、生涯学習としても認知されている。

このMOOCというシステムを最初に知ったのは何かテレビの番組で
世界中の大学のアートの授業を家にいながらにして受講できると言うのが衝撃だった。
受けてみたい!でも英語の壁が・・・と思っていたら。

日本にもJMOOCという日本語版の組織が2013年に設立された。
そしてJMOOCが2014年4月から開講している
大学教授陣による本格的な講義を誰でも無料で受けられるウェブサービスが
gaccoなのだ!
(他にもOpenLearning, Japan、OUJ MOOCというのがあって
gaccoはNTTドコモ社とNTTナレッジ・スクウェア社が提供、
OpenLearning, Japanはネットラーニング社が提供、
OUJ MOOCは放送大学が提供しているのだが、自分が受講したのが
gaccoだったので、とりあえずgaccoのご紹介。)

詳しくは上のリンクからgaccoサイトを見ていただくのが一番だが
無料で出来る会員登録をして、受講したい講座を選ぶ。
するとその講座によって、複数回の講義動画にアクセスすることができ
(開講中は何度でも視聴可能)
内容に合わせた課題を提出したり、テストを受けたりする。
講座によって合格ラインの条件が決められていて、これをクリアすると
終了証が発行されるーというのが大体の流れだ。

わたくしは、自分が興味があったのと
第2の母校である武蔵野美術大学への敬意を込めて(笑)
武蔵野美術大学通信教育課程の
「カタチで意味を伝えるピクトグラム」という講座を受講した。

内容を理解しているかのテストのほか
実際に課題にあわせたピクトグラムを作成し
それを相互採点して平均値をとるというシステム。
相互採点なのでどういうタイプの人に採点されるかで多少左右されるが(笑)
他の人から複数の意見を聞けるのは貴重だったし
自分には思いつかない発想の作品があったりして大変勉強になった。

ここで重要なのは、テストも課題も提出締め切りがあること。
いつまででも良いと、結局は取り掛かれないことになってしまいがち!
でも締め切りがあれば、どうにかスケジュールを組み込もうとする。
実際に提出間際に実生活のほうで色々忙しいことが発生して大変だったりしたが(笑)
そこは皆さん同一条件だし、通信の時もそんなことがあったなと
懐かしく思ったりした。
(いいペースと完成度で進んでいたのに、身内に不幸があって
結局はその授業の単位がとれなかった、とか。)

そもそもこういった通信の授業スタイルは
人によって向き不向きがあると思うのだが
たとえばスクーリングに通う時間は取れないけれど
隙間時間を活用すれば受講の時間は取れる、と言う方にはおススメ。
なんといっても受講料無料と言うのは大きい!

受講者が増えれば内容が拡大して、さらに色々な講義が増えるはず。
あなたの興味を引く分野があるかどうか
是非一度gaccoのサイトを覗いてみて欲しい。
わたくしも、次はどれを受講しようか検討中である(^^)
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT