PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アマニ油

最近オメガ3で話題になっている(?)エゴマ油とシソ油。
血液をさらさらにする、高血圧を防ぐなど色々な効果があるといわれているのだが
ポーセリンの生徒さんのお母さんのが医師に薦められてシソ油を摂るようにしてから
血圧と体重がするりと落ちた、ということで教室内で俄然注目されるように。
それはそうだ、テレビの情報より実際の知人に効果があった、という情報の方が
インパクトが強いもの。

ところが、いざ探し出してみるとエゴマ油(=シソ油)はほとんど欠品状態。
たまに置いてあるな、と思うと産地表示がなかったり(ちょっと怪しい?)
原産国・中国。
・・・中国に恨みはないのだが、食品関係で信じられないようなことが色々あったので
やはり中国産の食品は避けたいのが正直なところだ。
まじめな生産者の方には本当に申し訳ないのだけれど。

で、エゴマ油がないので似た効果のあるものということで
アマニ油を買ってみることにした。

アマニ油
画像は日清オイリオ様より拝借

我が家にも血圧や血糖値に不安な人物がいるので
試してみよう、ということで。
ちなみにこの商品も産地表示はないが、メーカーサイトのQ&Aに
材料の亜麻はロシアかカザフスタン産、とあった。
・・・とりあえずよしとするか(^^;)←いい加減だなあ

1日にティースプーン1杯を生で摂取すればよい、とのことで
サラダにかけているが思ったほどクセや臭みはない。
実家の両親にもオリーブオイル代わりにサラダにかけるといいよ、と
渡したのだが、母にいたっては

「ティースプーン1杯くらいならそのまま飲めるわよ」

とのことだ。

で、そんな話を油絵のセミナーで休憩時に話したら
その中にいた一人が

「アマニ油って、リンシードだよね?」

これもアマニ油

リンシードオイルというのは油絵制作などで使う乾性油で
大雑把に言うと絵の具をやわらかくして塗りやすくするための油。
ボトルを確認してみると確かに
「成分:精製アマニ油」と書いてある。
 
前述の人物、追い討ちをかけるように

「××先生が若い頃海外でリンシードが高価で買えなくて
 食用のアマニ油で代用して描いた、って話してたよ」

当時その国では食用のアマニ油の方がお安かったらしい。
現在日本ではもちろん食用のアマニ油の方がお高いのだが
アマニ油を食用にする文化が日本になかったからなのだろうか。

リンシードオイルには結構前からお世話になっているのに
アマニ油とまったく結びつかなかったなあ。
画溶液と食品が元は同じと言うのはちょっと微妙な気分だ(^^;)

言うまでもないが、画溶液などの工業用リンシードオイルは
精製の時に食品衛生基準を満たしているとは限らないので
絶対食用にしてはイケマセン!
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT