PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

可愛くない

ポーセリンペインティングではマスキングテープを良く使う。
食器に部分的に色を入れたい時
例えばディナープレートのリムだけを淡い水色にしたい、などの時に
境界線に貼るのだ。

ある授業の時、急遽マスキングテープが必要になった。
教室のあるJOYFUL-2新田店は
関東最大級の品揃えを誇るクラフト材料店の一つなので
こういう時は教室のドアを開けて、店舗フロアに行けば
いろいろなものを見つけられるのでとっても便利だ。

ただ、このお店でちょっと困ること。
結構な頻度でレイアウト変更がある。
ようやくどこに何があるかが頭に入ったところで
売り場レイアウトがガラッとかわって探し出せなくなることしばしば。

「またレイアウト変更ですって?わたくしになんの断りもなく?」

というわたくしに、生徒さんが「あなた、誰」と突っ込むところまで
もはや様式美のレベルなのである(^^;)

こういう時は、お店のスタッフさんに場所を聞いてしまうに限る。
ちょうど良い具合に、クラフト担当のスタッフさんが通りかかったので
さっそくマスキングテープの場所を聞こうと思った。
・・・のだが、ひとつまずいことを思い出した。

わたくしが探しているマスキングテープはこれ。

質実剛健!
画像はamazon様より拝借

3Mさんの「のり残りの少ないマスキングテープ」。
色々なクラフトにかかわる人なら、一度くらいは手にしている
縁の下の力持ちだ。

ところが、最近「マスキングテープ」と言ったらこんな感じ。

可愛いv
画像はNAVER様より拝借

インテリアや収納、デコレーションなどさまざまな使い道があるし
わたくしも良くお世話になっているのだが
今わたくしが求めているのはこちらではなく
質実剛健、実用一点張り(?)の前者なのだ。

誤解なくこちらの場所を聞くためにはなんと説明すれば?
・・・と、頭の中で逡巡すること約1秒。
わたくしの口から出た言葉は

「可愛くないマスキングテープは
どこですか?」


・・・うん、確かに一発で理解はしてもらえた。
だが、言うに事欠いて「可愛くない」はいかがなものか。
なんでも「可愛い」という若いお嬢さんや梅宮辰夫さんのようではないか。

※何でも可愛いという梅宮辰夫さんの動画はこちら

実用一点張りでもなんでも、大好きだ、のり残りのないマスキングテープ(懺悔)
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT