PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミステリーナイト

先日車を運転中、カーラジオから

「ミステリーナイト」

のCMが流れてきた。
多分FM群馬かNACK5のどちらか。

わたくしとミステリーナイトのおつきあいは結構古い。
参加型推理イベントで、ホテルで(大抵の場合)殺人事件が起こる。
探偵(参加者)は残された手がかりや現場検証、合同捜査などを元に
事件の真相を推理し、逮捕状を作成する。
翌日解決編が上演され、

「そういうことだったのか・・・!」

と、また衝撃が走るのだ。
そこそこ良いホテルに泊まりながら、捜査と推理で忙しく
ほぼ徹夜になると言うこのイベント。
ダーリンを誘ったら

「なんで折角いいホテルに泊まって徹夜しなきゃいけないの!?」

というもっともすぎる理由で断られ(笑)
もっぱら会社の同僚や友人たちと参加してきた。

実はこういうイベントがある、と言うことを最初に知ったのは中学生の頃。
ニュースの海外情報として、イギリス郊外の古城を舞台に
こういった推理イベントがあって、というのが紹介されていた。
なんて面白そうなんだろう!
大人になって英語が出来るようになったら参加してみたい!!と
中学生のわたくしは激しくそう思った。

大人になっても英語はちっともできるようにならなかったのだが(爆)
会社勤めをしていた頃、同じ部署の先輩が

「こういうイベントあるんだけど興味ない?」

と、まさにこのミステリーイベントが日本のホテルで開かれることを教えてくれた。
先輩は泊まりイベントだから大抵の人に断られるだろうと思いつつ
だめで元々、の気分で誘ってくださったらしいのだが

「実は中学生の頃から・・・!」

と、ものすご~い勢いで食いつき(笑)
6人メンバーを集めてチーム参戦した。

最初の年は勝手がわからず大苦戦。
でも面白さが病みつきになって何度も挑戦し
最高成績では発起人の先輩が最優秀名探偵賞
わたくしが優秀名探偵賞をダブル受賞するところまでいった。

その後、メンバーそれぞれが結婚したり転居したりと色々あったり
ホテル側がイベントをやめたりしたので
別のホテルのイベントに切り替えたり
まったく別の仲間と出かけたりしていたのだが
一番気に入っていたホテルでのイベント
~ここは、仕込みの役者さんがディナーテーブルに紛れ込んでいるので
それまで普通に推理を話し合っていたのに
いきなり隣の席から立ち上がって台詞を話し始めたりするし
握手を求めに来た出演者が友人と握手をしたまま
いきなり苦しみだして絶命し(芝居上の話です)
友人がいきなり容疑者にされたりとものすごい臨場感があって気に入っていた~
が宿泊なしの短時間イベントになって中身が薄まったこと
なにより夏は油絵で忙しく身動きがとれなくなったことで
ミステリーナイトに参加しなくなって数年が経つ。

でも、あの脳みそに汗をかくくらい考えて考えて
睡眠不足でフラフラになりながら
思考も推理もめちゃくちゃになる快感(?)は
とても楽しい思い出だ。

そうか、今年もどこかでミステリーナイトがあるのね、と
しばし懐かしさにひたりながらラジオのCMを聞いていると

「ミステリーナイトツアー2015
稲川淳二の怪談ナイト!」


・・・そっちか!! orz

ミステリーって確かに推理ものだけではなく
オカルトや超常現象を指すこともある単語だったわ(^^;)
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT