PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蓼科日記・2

金曜日は蓼科レポート!というわけで今回もよろしければお付き合いのほどを。
ちなみに前回記事はこちら

エアコンをつけっぱなしにしないと眠れないという
灼熱地獄が続いていたが、標高が高いとこんなに涼しいのか。
布団のぬくもりが気持ちよい、むしろ寝相が悪いと寒いという感覚は久しぶり。
そして、エアコンで温度調節して眠る日々って快適なようでいて
体に疲れが溜まっているのだと気づいた。

久々にスヤスヤ安らかな眠りを満喫した蓼科の朝。
朝食を済ませた一行は一路霧が峰へ。
途中で展望台に寄る。

お天気が残念

眺めるのにはちょっと残念なお天気。
もし晴れていれば

晴れていたらこんな感じ

この看板のように名峰が望めたらしい。

さて、霧が峰車山肩の駐車場に車を停め、しばし歩みを進める。
わたくしは後悔した。だって

美しい!

エ~デルワ~イス♪

色鮮やか

可憐

綺麗な花がたくさん!ああ、スケッチブックと鉛筆と定規を持ってくるべきだった!
植物画は実物大で描くので定規が必須アイテム
いや、行程的にたとえ道具を持っていてもスケッチしている時間は
なかったはず、と無理やり納得する(T▽T)
描こうと思ったら自分だけ別行動で半日もらわないと無理だなあ。

トレッキングできます

この先はコースによって30分から数時間単位のトレッキングができるらしく
きっちり山装備の方から軽装の方までさまざま。
わたくしは体力がない、持久力がない、根性がないの3拍子揃っているので
言い切るな!
最初からトレッキングしようという気すらないのだが
日頃山を歩いているT先輩やI 山さんなら
軽く踏破しちゃうのだろうなあ、と山道を眺めた。
写真を撮ったときはいまひとつの空だったが雲が切れると日差しがきつい。
紫外線に刺される感じで肌がヒリヒリする。
うーむ、これも標高が高いからなのだろうか。

休憩がてらお茶にしよう、ということで
コロボックルヒュッテのカフェへ。

看板

コロボックルヒュッテ

こんなにしっかりした看板があるのに、建物に向かうには
駐車場への道からちょっとはずれて入り込むので
実は来る時には気づかなかった。

可愛いv

入り口脇のミニ植木鉢人形も可愛い(^^)

デッキスペース

テラス席でお茶がいただける。

車山湿原が見える

テラス席からは車山湿原が見える。
はるか彼方にトレッキングする人が豆粒サイズに見えたり。
天気が良いと絶景だろうな、でもそうすると紫外線を痛く感じそうだ。

高原牛乳&アイスココア

画像に写っているのは高原牛乳とアイスミルクココア。
どちらも美味しかった。
ちなみにこちらで飲み物に使用しているミルクは
すべて高原牛乳とのこと。Viva、地産地消ー!

駐車場に戻ると、車のアンテナで休憩中のお方が

とんぼが

このトンボ、まるで倒立するかのようなポーズなので
休憩中なのかトレーニング中なのか(笑)

・・・と、長くなってきたので今回はこの辺で。
続きはまた来週!
関連記事
web拍手

| 行っちゃいました | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT