PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

食べられないビュッシュ・ド・ノエル

食べられないビュッシュ・ド・ノエル

クリスマスケーキとして定着した感のある薪を模したビュッシュ・ド・ノエル。
もちろんこれは食べられない。
もちろん言うな

以前某所にこの画像を載せたら

「すごく美味しそうなのに、向こうに見える木工用ボンドが
無視できない存在感」

と言われた(^^;)

ロールケーキ部分は紙粘土、クリームはタイルの目地止めなどに使う
シリコンコーキング剤。
全体を粘土にすると乾燥に時間がかかるので
実際粘土になっているのは左右の切り口と上に載っている切り口部分だけで
中央部分は、フラワーアレンジメントで使うオアシス(給水スポンジ)。
クリームをマットに見せるためと埃よけで、仕上げにシッカロールを振りかけた。

見た目は満足のいく出来になったのだが
とにかく匂いが強烈!部屋中がシンナー臭くて酔っ払いそうに。
ダメだ、窓を開けて換気を・・・と思ったら
この時家の外装工事中で窓を開けられないうえ
開けると更にシンナー臭いという、逃げ道なし状態だった。

で、このフェイクのクリスマスケーキは何に使うかというと
銀粘土教室の生徒作品用アクセサリースタンド。
実際どうなったかは、次回ご紹介するのでお楽しみに(^^)

紙粘土、シリコンコーキング、オアシス、木工用ボンド、シッカロール。
2015年10月 制作
関連記事
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT