PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

CC project 2015・ゆき丸

以前ご紹介したCC(クリスマスケーキ)project 2015の作品を個別にご紹介。

ゆき丸

***************
ゆき丸
作者 亜理沙さん

ゆるキャラを目指している
感情表現苦手な雪だるま
チャームポイントはご自慢の鼻
***************

前回ご紹介した良子さんのスキーでジャンプは3段のスノーマンだったが
こちらは2段の「ザ・雪だるま」。
この企画で動き始めた時
被るのを防ぐため誰がどのモチーフを作るか割り振るか?
という意見も出たのだが
教室での様子を見ていて
たとえ同じモチーフを複数の人が選んだとしても
それぞれ作るものはまったく別のものになるだろうと予想できたので
割り振るのではなく、それぞれ好きなものを作ってもらうことにした。
今回モチーフとして被ったのはこのスノーマンと雪だるまだけだったが
お二人それぞれ、見事に個性を発揮して
まったく違う作品に仕上げてくださった。素晴らしい。
この教室のセールスポイントは「生徒の個性を伸ばす」
つまり、全員作風が違うことなので(笑)

全体が敢えて平面的に作ってある中、唯一立体的なのが
「ご自慢の鼻」。
角度を変えてみるとわかるだろうか。

ご自慢の鼻

ニンジンを挿して鼻にしました、という感じが
ものすごく良く出ている。
雪だるまくんのご自慢のパーツだけはあるなあ(笑)

鼻以外のパーツを平面にしたことで得られるものは
アクセサリーとしての圧倒的な使いやすさ。
これまでご紹介したものは比較的小さなサイズで
その場合は立体感が面白さ(=魅力)となるが
この雪だるまはアクセサリーとしては大きめに作ってあるので
使いやすさの点で平面にしたのは大正解。

また、平面にしたことでこの雪だるまが
ちょっとクッキーのような造形に思えてくる。
クリスマスケーキの飾りは
マジパンの人形やプラスティックのツリーなどの
立体的なもののほか
チョコレートプレートやクッキーなどの平面的なものもあり
「クリスマスケーキの飾り」というお題で
クッキーを連想させる雪だるまというのは
2重の意味で大正解。
そういう視線でこの作品をもう一度見てみると
目とボタンに入れた合成石がまた
クッキーに入れたドライフルーツのようにも見えてくる。

チェーン通し

裏側にチェーン通しが付いているので
ペンダントとしてもバッグチャームとしても使用可能。

亜理沙さんはまだ経験は浅いが、よくぞ期限内に
しかも初心者には難しい大きいサイズに挑戦してくださった。
成長著しい彼女の今後の活躍が楽しみである。


☆ 2016 2/21~3/5 まで JOYFUL-2 新田店 B教室前ブースにて展示中!
  是非実物をご覧下さいませ。

ゆき丸展示中

クリスマスケーキプロジェクト2015
・フェアリーブーツ(輝子)
・ぐうたらサンタ(伸行)
・スキーでジャンプ(良子)
・Gift for a King(Chad)
・凍(友代)
関連記事
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT