PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キャリーカート用画材バッグ

キャリーカート用画材バッグ

ボタニカルアートのクラスに行く時、画材を入れるためのバッグを作った。
画像が逆光になってしまって申し訳ない!

今までは、普段使っていないキャリーバッグに画材を詰めて運んでいたのだが
これがクラシックなトランクスタイルで、見た目は素敵だが結構重い。
わたくしのはキャスターが2輪のタイプだったのだが
先生がお使いのキャリーバッグは4輪タイプで、とても使いやすそう。
先生がお持ちのものは高級品で手が出なかったのだが
廉価版を見つけたので買ってみた。

元はこれ
画像は楽天市場さまより拝借

おおっ、これは軽い!いいぞいいぞ・・・と
さっそく開けてみるとなんとバッグ部分が上下2室に分かれている。
旅行の荷物を入れるには良いかもしれないが
これでは肝心のパレットやスケッチブックが入らない~~!!
うう、やられた!!販売サイトにはそんなこと一言も書いてなかった(TT)

そこで、このバッグ部分を外して
バッグはショルダーとしてもリュックとしても単独使用可と
これはきちんと書かれていた

スーツケースの上に乗せてキャリーバーに固定する
ナイロンのボストンバッグか何かを使えばいいわ、と思っていた。
ところがぎっちょんちょん
ぎっちょんちょん?
なんとこのカート、キャリーバーの間隔が普通のものより広いので
良く売っているキャリーバーに通して使うバッグが使えないのだ。

というわけで他に選択肢がなく、自作に至る(笑)

後ろはマジックテープで固定

キャリーバーの後ろと、荷台の下にマジックテープで留めるベルトをつけた。

中はこんな感じ

蓋のないただの四角い袋なので、上部が開かないように
これまたマジックテープ留めのベルトを。
開いたスペースにお弁当と自分のバッグを入れる(笑)
蓋をつけなかったのは、巻いた模造紙などを入れられるように。
厚い生地だとうちのミシンでは歯が立たないので
普通の布で縫って、中にボール紙の芯を入れてみた。
芯を入れてから思ったのだが、もしかしたら袋を縫わず
ダンボールでも良かったのかな??
それもちょっと面白そう。次の機会があったら考えてみよう。

今回は生地もマジックテープもボール紙も
すべて家にあった在庫で賄えたのでなんだか得した気分だ(^^)

問題は雨天をまったく考慮していないこと。
ビニール袋で凌げるくらいの雨ならば良いのだけれど
さて、梅雨時はどうしたものか(^^;)
関連記事
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT