PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リードディフューザー

捨てられない瓶

長い間捨てられずにいた瓶。
これは何かというと、義妹ちゃんがプレゼントしてくれたリードディフューザーだった。
中にフレグランスオイルが入っていて、リードという長いスティックを挿しておくと
それがオイルを吸い上げて良い香りが漂う、というもの。
香りはすっかり楽しみ終わったのだが、綺麗な瓶なので捨てられず、かといって
使い道も思いつかず(^^;)

ところが、何かの記事でリードディフューザーは自作できるというのを読んだ。
ならば、作ってしまえばこの瓶そのままつかえるじゃないか!ということで
レッツ実験スタート(笑)

材料

用意したのは出来上がりを入れる瓶(今回2本作る)と
無水エタノール、フレグランスオイル、手前にある細長いのが
ラタンスティック(リード)。
竹串で代用可能、と書いてある記事もあったが吸い上げが不安な気がしたので
今回は無印良品さんの専用スティックを購入。
フレグランスオイルも無印良品さんのもので
別に持っている電気式のディフューザー用に買ったもの。

混ぜ混ぜ~

作り方は、無水エタノールとフレグランスオイルを9:1で計量して混ぜる。以上!
このシンプルさが素敵(*^^*)
ただし、普段何滴単位で使うフレグランスオイルを10mlって恐ろしい量だった!!

できあがり!

混ぜた液を瓶に移し、リードを挿して完成!
リードの本数で香り方を調整するのだそうだ。

元々リードディフューザーだった透明な瓶はちょっとおめかし。
銀粘土講師のプライドに懸けてここは純銀のチャームで!

おめかし

・・・というのはウソで、たまたま使っていないチャームがあったから(笑)
銀のチャームは空気中に放置しておくと硫化して黒ずむので
本当は銀以外のチャームを使ったほうが手入れが楽だ。
わたくしの場合、他にこれと言ったものがなかったのと
職業柄、銀の手入れがあまり苦にならないので。

エントランス

こちらは玄関正面に

バスルーム

こちらは洗面台に。

香りが昇ってくるまで(リードが吸い上げるまで)2~3日かかったが
今はふわりと良い香りを漂わせてくれている。
火も電気も使わないので安全でどこにでもおけるのもgood。
1週間ごとに、リードの上下を返すと良いらしい。

ちなみに使っている香りは無印良品さんのスゥイートオレンジ。
オレンジや桃や林檎といった果物の香りが好きなのと
食べ物の香りだと、食事やお茶の場所に漂っていてもあまり邪魔にならない気がして。
バラやラベンダーも香りとしては好きだけれど
食事の時はちょっとなあ、と思ったことがあって
それ以来なんとなく果物の香りを選ぶことが多い。
今回は玄関とバスルームだからバラやラベンダーでも問題なかったのだが
元々ダイニングテーブルそばのディフューザー用に買ったオイルだったので
ばっちり果物の香りだった、というわけ。

さて、どれくらい香りが持続してくれるかな?
しばらくは楽しめそうだ。
関連記事
web拍手

| 作っちゃいました・その他 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT