PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

嬉しいような、悲しいような

先日、友人パリジェンヌちゃんが一時帰国したので
プチ同窓会状態になり、友人達と大変楽しい時間を過ごした。
パリジェンヌちゃんはいつも
「何か買ってきて欲しい物ある?」
とリクエストを聞いてくれるので
皆それぞれお願いするのだが
最近支払いが「子供の研修旅行の残りがあった!」などでユーロになっているのが笑える
わたくしは大抵チョコレートをお願いしている。
サロン・デュ・ショコラに出店する日本にはないショコラティエの
美味しそうなものをお願いすると
パリジェンヌちゃん自身も面白がってご家族用に買ったりしているようだったが
今回は

「パリの街のスーパーマーケットで売ってそうなチョコレートをお願い」

とリクエスト。彼女が選んでくれたうちの一つがこれだった。

キャラメルクラッシュが最高!

モノプリというパリ中に店舗展開している有名スーパーの
プライベートブランド商品。
カリカリのキャラメルクラッシュが入ったミルクチョコレートで
キャラメルとチョコレートが大好きなわたくしにとってスマッシュヒット。
これは美味しい・・・!次回もお願いできるようにとパッケージを保管しておいたら
なんと!地元イオンのチョコレートコーナーで発見!!
目が点になりましたとも。
何やらモノプリとイオンで提携があるらしく、他にも何種類かモノプリのチョコレートが。
し、知らなかった~~!

お気に入りのチョコレートが手軽に近所で手に入るのはとっても嬉しい。
嬉しいのだが同時に同じくらい悲しい。
なんだろう、このチョコレートそのものが好きという点では
近所でいつでも買えるのは嬉しいのだが
「パリのスーパーで買ってもらった」という付加価値が消えてしまうのが悲しい。

「白い恋人」は札幌で、「萩の月」は仙台で、「生八ツ橋」は京都で、
「もみじ饅頭」は広島で、「博多通りもん」は博多で買えるのが嬉しいのであって
たまに物産展で見かけて地元で買える分にはラッキー!と思うけれど
地元スーパーに常設されてしまうとありがたみが減るとでも言おうか。

流通の便が良くなると思わぬ弊害(?)が起こるものだなあ。

ミルクとダーク

そうは言いつつ、折角買えるなら買ってみたくなるのが人情というもの。
ミルクチョコレートとダークチョコレートを買ってみた。
このパッケージデザイン、とっても好み。

ところで「提携」というならパリのモノプリで
イオンのプライベートブランド商品が売られているのだろうか?
売られているなら何が??
チョコレートだとしたら、日本のチョコレートは
パリジャンやパリジェンヌに受け入れられるのだろうか。
そのあたり、とっても気になるところだ。
関連記事
web拍手

| 食べちゃいました | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT