PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今月の生徒作品2015年10月・神降臨

神降臨

タイトル 「神降臨」
作者   伸行さん
制作者コメント 西洋では竜(悪)東洋では龍(善)
          とされているがこれは東洋の龍

          ありきたりな作品の龍の胴を
          チェーン通しにすることで
          オリジナリティを出してみた
          取り外し可能なので
          長くも短くもできる優れもの
          
デザインの良さとアイディアの豊富さに定評のある伸行さんだが
この作品も、良くぞこの形を思いついた!と舌を巻いた。
伸行さんには今までに何度もよくこういうアイディアが湧くなあと
ビックリさせられているのだが、これはまた別格という感じだ。

神降臨

構造はこちらの画像のほうがよくわかるだろうか。
龍の胴体を、二つの短い円筒を繋ぐことで表現している。

龍を全体像で作ると、小さくなるので迫力が減る。
かといってこの龍の頭のサイズで全体を作ると重くなりすぎる。
そこで伸行さんが考え出したのが、サイズ感を殺さずに
軽量化する今回の構造だ。

背びれと鱗を持つ円筒形は、軽いが十分に龍の胴体を見せる。
丸カンでつないで可動式にしたことと
チェーン通しになっている上の円筒は斜めにまきつけたことで
ゆったりと体をくねらせながら、その部分が雲間から覗く
龍の姿をイメージさせるではないか。
実用に耐えうる軽量化を実現したうえで
龍の姿と迫力もしっかりと見せる、大変すばらしいデザインだ。

伸行さんは特に気負うこともなく飄々と作品を作り続けているが
この作品でさらに新しいドアを開けたように思う。
龍のごとく、これからも更に高みを目指してほしい。

神降臨

☆過去の「今月の生徒作品」はこちら
  すべての生徒作品はタイトル画面下の「研究発表会」からどうぞ
関連記事
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT