PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウンウンなんちゃら改め

今更感のある記事だが、今年のうちに(笑)

今年11月30日、ウンウンなんちゃらの一つである元素番号113番、ウンウントリウムが
正式に「nihonium(ニホニウム)」、元素記号「Nh」と決定した。
ご興味のある方は「ニホニウム」や「元素番号113」で調べていただくとわかるが
この元素の合成成功については米露共同チームも名乗りを上げていて
命名権について長いこと争ったり
過去に元素を発見しながらそれが認められなかったりといった歴史があるので
日本が合成に成功したと認定され、初の新元素命名権を獲得したこの
ニホニウム(元ウンウントリウム)。
申請どおりの名前が決定し、関係者一同安堵していることだろう。

時間も費用も掛かる基礎研究で成果を上げることは大変なことで
何かあると

「それなんの役に立つの?」
「今必要なの?」

とカットの対象になってしまいがちなので
特に予算決定権を持つ人にこの分野への理解が低いとそれはもう・・・!
こうした結果が出ることは本当に誇らしい。
こういうことをきっかけに理科に興味を持つ子供が増えていくといいなあ。

そしてもう一つ。
短い人生の間に結果が出なくても
その人生をかけて地道に時間の掛かる研究を続けている人たちがいること
その人たちの研究が次世代やその先でようやく結果を出せる
大事な大事な礎を作っているのかもしれないということを
どうか頭の片隅に入れて置いていただければ。
ある結果を求めて一生かけた研究が、実はその結果に
絶対結びつかないものだったとする。
その研究は、無駄なのではなくて、次世代の人が
「それ以外を選択すればいい」という
重要なデータになることもあるのだ。

ついつい数字や結果だけが重要視される世の中だが
そういったことを超えて研究に身を捧げられている
名前が出てこないたくさんの研究者の方々を尊敬しています。
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT