PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

必要は学習の母

友人パリジェンヌちゃんの旦那さまはフランス人である。
彼が好きな日本料理はズバリ「ラーメン」。
それ自体はよいのだが、パリジェンヌちゃんにとって困ったことがひとつ。
日本へ旅行中、どこへ行っても彼のリクエストは「ラーメン」。
せっかく旅行先で、その土地の美味しいものを楽しみにしていても
すべてラーメンになってしまうのはやはり困りもの。
ラーメンはラーメンでもちろん美味しい。
だが、行先によってはお好み焼きだったり湯豆腐だったり
みそカツが食べたいことだってあるではないか。
そこでパリジェンヌちゃんは

「残念だけど、この辺にラーメン屋さんはないわ」

と言って、土地の名物料理に誘導していた。
ところがあろうことか、彼が日本語の

「ラーメン」

という文字を読めるようになってしまったのだ!!
恐るべし、ラーメンへの情熱。
そういえば、あるアメリカ駐在員のお子さんが
幼稚園へ行った最初の日に覚えてきた英語は

” It's mine !! (それは私のよ!) ”

だったという話を思い出した。
おもちゃの取りっこで必要だものね。
来日した外国人力士が最初に覚える日本語は

「イタイ(痛い)」

だと聞くし。これも身を守るために確かに必要。
うーむ、まさに必要は学習の母。
・・・こういうの、語学学習に応用できないかなあ?(笑)
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT