PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今月の生徒作品2011年11月・仔猫

今月の生徒作品2011年11月・仔猫

タイトル「仔猫」
作者  Massayoさん
制作者コメント ブラジルに住んでいる11歳の従妹Anaは
          アクセサリー作りが好きで
          時々郵便でわたしにプレゼントを贈ってくれます
          この仔猫は彼女のために作りました

ミニマリズムの極みとでも言ったら良いのだろうか。
必要最小限のラインだけで作った仔猫。
頭、ボディ、尻尾、どのラインも
ため息が出るほど優美だ。
首に巻いたリボン?首輪?は
作り手としては接続を安定させるためのパーツとわかるが
それを抜きにしても大変良いアクセントになっている。

今月の生徒作品2011年11月・仔猫

裏側にチェーン通しを作ってあるのだが
このラインまで見事に美しいカーブを描いている。
こういうところで手を抜かないのはさすが、の一言だ。

銀線をロウ付けすれば簡単に作れそうに見えるが
ボディから尻尾へ一瞬膨らんで徐々に細くなっていく
自然な太さの変化、こういうところが
なんとも言えず美しい。
もちろん彫金ならば銀線にやすりをかけて太さの変化をつけることは可能だが
銀粘土を素材に手作業で紐を作る時の
微妙な力加減で出るこの太さの変化が
理由はわからなくても見る人に心地よさを感じ取らせる。
銀粘土作家としては「うまい!良くぞ作ってくださった!」と
唸らせられる一品だ。

充分なセンスと実力を持ちながら
なかなかご自分の作品に納得できないMassayoさん。
そこが彼女の実力向上の原動力ともいえるが
ただただ眩しいばかり。
わたくしが作品を褒めるのは決しておだてているわけではなく
その人の作品が素晴らしいからなのだが
果たしていつになったらそこを納得してもらえるかな?(^^;)


今月の生徒作品2011年11月・仔猫


☆過去の「今月の生徒作品」はこちら
  すべての生徒作品はタイトル画面下の「研究発表会」からどうぞ
関連記事
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT