PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

朋有り遠方より来る

ポーセリンの教室に、以前の生徒さんが遊びに来てくれた。
ポーセリンも銀粘土も、たまに卒業生が顔を覗かせてくれることがある。
ベビーカーに乗っていたお子さんが大きくなっていたりすることにビックリしつつ
元気で過ごしている姿を見せてくれるのはとても嬉しい。

今回の生徒さんは4年ほど前、旦那様の勤務で海外に引越しになり

「必ず帰ってきますから!それまで教室続けてて下さい!!」

と言い残して去っていった。
毎年クリスマスカードは下さるけど住所はない(笑)
なぜならあまり郵便事情がよくないエリアで、届くとは限らないから、とのことで。
4年ぶりに会うと言うのに、まったく変わっていなくてビックリするやら嬉しいやら。
旦那様の勤務が終わって日本に帰ってこられるのかと思いきや
実はまた別の国へ行くのだが、日本を出た時に大学に入った息子さんが
この春から就職し(4年ってそういう長さなのだ!)
勤務地によってはアパートなどを契約したりしなければいけないので
それを見届けてから旦那様を追って出国するとのこと。
そんな忙しい合間を縫ってわざわざ遊びに来てくれた。

「ああ~、この匂い懐かしい!!」

絵付けに使うオイルやブラシクリーナーの匂いすら懐かしかったらしい。
大都市ならば海外でも絵付けが習えるところはあるのだが
なにせ窯で焼成しなければ作品が完成しない、というのが
ポーセリンペインティングの場合ちょっと厳しい。
久々に教室の様子を見て、別教室の展示会にもご一緒して
皆さんの上達具合も確認し、またも

「必ず帰ってくるから教室続けてて下さい!!」

と言い残して去っていった(笑)
わたくしの大事な生徒さんであると共に、同じ道を志す仲間。
また一緒に制作できる日が来るのが楽しみだ。

それより何より、願いは一つ。
無事で、元気で帰ってきて欲しい。
お友達や家族、親戚が海外で過ごすすべての人の願いだろう。

世界中どこもが平和で安全で
アートやクラフト、スポーツなどの趣味を
心置きなく楽しめる毎日であって欲しいものだと切に願う。
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT