PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017チャームスワップ・青い空へ

2017チャームスワップ・青い空へ

青い空へ
作者 ちえみさん
この作品をもらったラッキーな人 伸行さん

2017年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちらを参照。

今年の干支である「とり」にちなんだのか
可愛らしい鳥と、星型の穴が開いたプレートの2点セット。
作品タイトルは「青い空へ」。
鳥も星もどちらも空で輝くもの。なるほど。

2017チャームスワップ・青い空へ

鳥は空を映したかのような青い瞳が印象的。
鳥のボディの唐草模様は紐状にした粘土で作ってある。
エッジを立てるような唐草模様の作りがなかなかいい。
唐草模様だけでなく半球状のドットを散らしたことも洒落ている。
惜しむらくは、ドットがほぼ同じ大きさなのと
ドットがほぼ直線状に並んでしまったこと。
大きさと位置、それぞれずらすとまた違ったリズムが生まれるので
ここは今後の課題にして欲しい。
それにしてもよく磨いてあるなあ~!!
唐草模様やドットの周りが大変磨きづらいのだが
ここまで綺麗に仕上げたのは立派。

2017チャームスワップ・青い空へ

気になる裏側はこのような感じ。
チェーン通しを見せたくない場合は
このように裏側にチェーン通しをつけるというお手本のような作り。
主にチェーン通しを見せるとデザインを壊す場合に
このような方法をとるが、特に今回の鳥の場合
見える位置にチェーン通しをつけると
頭に穴を開けなければいけなかったりするので
それは避けたい、という作者の意図はとてもよくわかる。

注目して欲しいのは目の裏側。
銀粘土に合成石を留める場合、石の高さと同じ厚みがないと
キュレット(ラウンドブリリアントカットのとがった部分)が
飛び出してしまい、服や肌を傷めかねない。
かといって、全体を石の高さと同じ厚みにすると
その分重くなるし、今回のように使用する粘土に制限がある場合
厚みを増やすと鳥のサイズが小さくなってしまうので
石の裏側だけ厚みを増やすという方法は有効だ。
これを表側につけると覆輪枠のように見える。
ただし、今回のように石が目を模している場合
表に枠ができると鳥の表情が変わるので、表にするか裏にするかは
制作者が慎重に決定する必要がある。
今回は裏に作って勿論正解だと思う。

今回このチャームを受け取ったのは伸行さん。
レディースで使えるもののアレンジが抜群にうまいので
どのようなアクセサリーに仕上げるか、大変楽しみ。

・情熱(伸行→ちえみ)
・ミニバラ(Massayo→みのり)
・ジョーカーとウサギ(みのり→Y香)
・トランプマークチェーン(Y香→輝子)
・天使のはね2(輝子→Rika-C)
・Swing bird(Rika-C→Massayo)
関連記事
web拍手

| 生徒作品 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT