PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KY運転

先日、車を運転中のこと。
右折して進入した道の対向車線が
信号停止の車でかなり長い列になっていた。
そこで横断歩道の手前で速度を落とし
徐行して通過すると、助手席に座るダーリンが

「りかし、今KY運転をしたね(^^)」

は?KY?
最近あまり聞かなくなったけれど
空気読めない(く)うき(よ)めないのKY?

えーっ、何かまずかった?と聞くと

「えっ、褒めたんだけどなー」

KYのどこが褒めてるの?と重ねて聞くと

危険予知(き)けん(よ)ちでKY、らしい。
そういう言い方聞いたことない!と言っても
ダーリンは業界的には使うんだと主張。
一体どこの業界なのだ(^^;)

もっとも、昔「CDは何の略か」と言うお題(?)で
家族全員違うものを挙げたことがあったっけ。

弟:コンパクトディスク
わたくし:チェックディジット
母:クリスチャンディオール
父:コストダウン

前提条件の揃わない略語は意思の疎通が取れないと納得した。

ところで横断歩道手前で速度を落としたのは
車を運転する方はすぐピンと来ると思うのだが
車が停まっていると、その間の横断歩道から
人が出てくるかもしれないので
安全確認のため徐行したというわけ。
普段車を運転しない人は
ドライバーから見ると結構怖い動きをすることがある。
車は急に停まれません!!
ドライバーも気をつけるけど、歩行者も気をつけてほしい。
どうせなら
今日も良く見て(き)ょうも(よ)くみてご安全に!!

★2017.9.6 追記★
危険予知をKYと言うのは、建設業界や工場など
安全管理が大切な、危険が伴う現場では
昔から使われている言い方だそうです。

本当に業界用語でした!!

うちのダーリン、シレッと真面目な顔してホラを吹くことがあるので
「また騙そうとして~!」と流してしまった。ゴメンネ、ダーリン<(_ _)>
しかしこれで、この先更に本物情報なのかホラなのか
見分ける難易度が上がってしまった・・・。

情報をお寄せくださったぴちぴちビーチ様、ありがとうございました(^^)/

関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT