PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パールのサイズ

化粧品の容器に、使用量の目安が書いてあることがある。
ありがたいのは「1円玉大」「500円玉大」という
硬貨サイズで書かれているもの。
基準がはっきりしているのでわかりやすい。

困るのが「パール大」。
パールなんて、種類を拡げれば直径3mmくらいから
15mm以上まであるじゃないか。
化粧品メーカーさんはどのパールをイメージしているの!?

調べてみたら、化粧品で「パール大」と書かれている場合
直径10mmの球体、1.5g らしい。
直径10mmのパールってそこそこのお値段がするよね。
化粧品メーカーさん、太っ腹!!

どうやら、硬貨サイズで書かれているのは
化粧水や乳液などの比較的粘度の低いもの
小豆、米粒、パール、さくらんぼ、マスカット
などと表現されるのは
ジェルやクリームなど粘度の高いものらしい。
立体にこだわったのだな、と言うのはわかるのだが
特にパールみたいなサイズの範囲が広いものは
むしろわかり辛くなるので
「直径何mmくらい」とか、サイズ感を図示してもらえたほうが
ありがたいのだけどなあ(そういう製品もある)

化粧品メーカー様、ご検討いただけませんでしょうか(^^;)
関連記事
web拍手

| 雑記 | 05:55 | TOP↑|

PREV | PAGE-SELECT | NEXT